2018年06月17日

団体

ほぼ毎日、ノラたちの為の見回りと塵・糞拾いを夕方にしてる。
その間に救出劇なども挟んで、これはまだ続いてるけれど、
専門でやってる方達も入っての今後の相談なども…。
普段は気持ちを鎮めるように生きておりますが、
やはり酷い人間に遭遇したり、知り合いからそういった人間の話を聞くと、
「やったろか」とか「指の1本やるつもりで念を7日間飛ばしてetc」とか
素で過ってしまう。本来はこんな奴。面倒くさい相手には口ではなく、
足が出てたような人間なので。それを20年くらいかけて修正したが。
そもそも団体所属でもなく、自主的にやっているのだけれど、
関係者はほぼ知り合いの方々で、迷惑かける発言や行為は当然ながら
ご法度なわけだし、そもそもノラ守りたかったら、腐ってるこの地域を
よりよく変えようと動き出したばかりなのだから、ほんと黙ってやれと
自分に言い聞かせて地道にやってます。が、動物に関しては簡単に
スイッチが入ってしまう。昔、公園でさまよってた人慣れた野良犬が、
私の目の前で保健所が捕獲して連れて行った時の場面が毎回浮かび上がる。
その時はこれ以上、動物を飼えなかったのもあり、捕獲されるのを止める
勇気もでなかった自分自身に腹立たしく、何よりもこちらを見ながら
泣き叫ぶあの犬の事が目に焼き付いて未だに忘れられない。
元々、人と話すのは好きだけど、団体やチームなどに所属するのが
好きでない人間なので、基本、ひとりには違いない。
言いたい事は山ほどあるが、黙っとけ!ということです。

posted by 裸木 at 00:00| 鹿児島 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

処理

仕事終えて、夕方にネコ現場。餌やりさんが周辺から脅されたりと冷たい
人も多い地区なのだが、数日、視察を兼ねて見ていると、餌の容器や食べ残し、
あと猫の糞尿が目立つ。容器類は頑張ってる方や、病気の猫を病院へ連れて
いったりしている方はきちんとやってくれているのだが、気まぐれにあげる人や
あとどうしても糞尿に関しては後回しか放置になっている状態だった。

苦情を言われるには必ず理由がある。考えるまでもなく汚物がひとつの問題。
客観的に見ていて、「自分のできる事は…」と考え、目の前にあるのは「掃除」。
という事で、これから掃除をする事に決めた。来月、こういった問題のお話が
初めてこの腐りきった市で開かれるので、これから、といった感じだけど、
地道にやっていきます。ちなみに私がたまに手伝いしてる方たちが手術など
をやってくれていますが、何せ数がまだまだ多すぎる。ただ愚痴を言うのは
輩でも出来る。しかし24時間、猫を見守れるわけじゃない。なので、
何を言われても(クレーマーは女性狙っていう人ばかりですが)低姿勢、
または無視を通し、ガンジーな姿勢で黙々とやります。
善意でやっている方たちの足りない部分をサポートするのが自分の役割かと。
書きたい事はあるけど、まだやめときます。

この日、車に轢かれた仔猫を初めて回収した。
posted by 裸木 at 00:00| 鹿児島 ☔| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

訴え

IMG_9428.JPG

夜、玄関前に立っていると、仔猫が一匹、足元にまとわりついてきてうなされた。
ここで目が覚める。あきらかに猫の関係が憑いてきてるなあと思いつつ、
吸い込まれるようにまた眠りにつく。すると、ベッドに横たわっている状態の
私のお腹や胸元に仔猫が二匹、くっついてくる。ここでまたうなされて目が覚めた。
ああ、母猫がいなくなり、側溝のパイプに隠れていたあの仔猫達だとすぐに気が付いた。
昨日から雨。雨が降ると、当然ながらパイプからは水が流れでてくる。
心配で仕方ないが、どうにか生きていてくれと願いながら明け方近くに眠った。

夕方、時間が空いたので猫たちを見に行く。やはり、いない。餌やりさんらに訊ねても、
やはり見当たらないという。たぶん、あの夢が最後だったんだろうと思う。
ただ単にお腹が空いて出てきたんだろうと。とても切ない気持ちになった。

やり場のない怒りもあり、実家に戻り、やっと受け取った怒号のCDを再生し続ける。

*親父は初のリハビリへ。抵抗すると予想していたが、「綺麗なお姉さんが迎えにくる」
と言うと、「穴釣りに行ってくる」と言ってすんなり迎えの車に乗った(笑)

posted by 裸木 at 00:00| 鹿児島 ☔| 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

におい

昔から鼻がよく利く。物に移ったわずかなにおいなど、
周りに言っても「におわない」というが、私には分かるくらい。

霊的なものの『におい』というのもある。この霊的なにおいの事で、
以前、ちょっとした面白い出来事があった。

知人の車に乗せてもらった時に、助手席には知人の母親が座っていた。
介護が必要なお年寄りなので、少し出掛ける時でも、母親の気分転換も兼ね、
いっしょに出掛けるそうだ。3人で話のできる話題を引き出しながら、
知人の母親も私の事が気に入った様子で、言葉の節々に好意的なものを感じる。
しばらくすると、車内が何やら臭う。あ、これはオナラの臭いか。
いや、もしや…これは、と考えてると、知人が「あ!お母さん、やったな!」と
どうやら母親さん、オナラ以上なものが出たらしい。3人で慌てて窓を開けるも、
車内では臭いが充満していた。私は友達の家に行くため、その人の家の近所で
車から降ろしてもらった。友達の家にお邪魔し、しばらく談笑していると、
何やら先ほどの臭いがする。「あれ!?」と焦る私。友達も臭ったようで、
「なんか臭くない?!」と言ってる。なので、先ほど車内であった事を話すと、
友達曰く「お婆ちゃんに気に入られたからついてきてるん違う?」と
笑いながらも真面目に言う。じゃあ、生霊なのか、しかしなんで糞の臭いまで。
もちろん、私の持ち物や衣類などを調べたが、臭いが移っているわけではなく、
友達の部屋にあの臭いが漂っていた。結局、徐々に薄れて数時間後に消えた。
友達はえらい迷惑(苦笑)この出来事は最後まで答えが出ず。



最近、近くのノラネコの事を少しだけお手伝いしている。
昨日も見回りを兼ねて、ごはんあげてくれてる方達と色々やっていたのだが、
生まれて間もない赤ちゃんがおり、その子たちに幼猫用のパウチを
あげてるのを見ていたせいか、今日のお昼近くまで、
部屋と私の周囲が生臭く、あの猫のパウチのにおいが漂っていた。
我が家にも猫がいるし、開けてないパウチはあるけれどもそれのわけもなく、
もしかしてどこかで吐いたものでもあるのでは?と探したが見つからず。
ああ、これはたくさんの猫が死んでいる現場なわけだから、たぶん憑いて
きてるんだろうと思い、買い物がてら、外で歩きながら禊祓いを唱えた。
すると、家に帰る頃には生臭いにおいはなくなっていた。

昨夜は枕元に物思いにふけるメガネの女性と猫が一匹きてたし…
憑いてくるのは予測していたので、いつもの事のように対処したが、
臭いの事は忘れていたので、しばらくは「まさか」の思いだった。
怖い出来事ではないけれど、ずっといるとやはりよくないので、
離れてもらうしかない。もちろんこういった事は誰にも言わないけれど。
こっちの活動は地道にやります。

posted by 裸木 at 20:08| 鹿児島 ☁| 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

境界人

私が好きな霊能者、皆本幹雄先生の著書の中で、
「猫と人形は駄目だ!」とあるんだけど(苦笑)霊能者の位置、
それぞれ能力に違いはありますが、そういったものを極力排除して
常にクリアな状態に持って行かないと普通の人以上に惑わしがくるし、
下手すると命をとられてしまう。私も猫と人形に関しては霊的な体験が
たくさんあるし、皆本先生の仰ることは重々承知しているのですが、
それでも「好き」というのがぶれずに残っているので、収集しております(笑)
まあ、普通の方には分からないだろうし、それはそれでいいかと。
その方が楽な事が多いし。自分は異界へ行ったり現実に戻ったり。
日々の生活の中でも様々な方々と関わる様になってきた。でもどこにも所属しない。
前はどっちもつかずなこの立場を「中途半端な人間」と自己評価してたけれど、
「マージナルマン」という言葉を聞いて、これは自分の事だと気が付き、
安堵感に包まれ、心が軽くなった。やはり束縛されない自由なのが自分自身だなと。
母方は浄土真宗、父方は神道。これに気が付いた時もハッとさせられた。
日常にある出来事もこれが根底にあるので引っ張られたり、痛い目にあったり(苦笑)、
どうしようかと悩んでいたが、やはり、境界人という言葉に救われた。
気を付けなければいけないけれど、これでいいんだと。これが自分だと。


posted by 裸木 at 21:25| 鹿児島 ☀| 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陶器の猫

IMG_9192.JPG

以前から目に留まったもの、売れ残ったものなどもありますが、
動物の木彫りや陶器のものなど気に入ったものを集めてる。
ソフトビニールの動物ものも好きなんだけど、収集範囲から
外れるようになってきた。写真の猫は指くらいの大きさの陶器製。
去年から某ミナミのリサイクル系?なんでも屋で売っていて、
毎回、手にとるものの、何となくいまいちピンと来なくて、
そんな事を繰り返すこと数回、「なかなかええ雰囲気してる」と
やっと気が付き、連れて帰ってきた。店の雰囲気、ディスプレイの仕方、
値段、その時の本人の気分など購入する気にさせる条件は色々あるので、
まあ、何というか残っていてくれてありがとうと今は思うこの猫。
昭和ものの猫は探せばあるんだろうけど、この時代、犬の方が多くて
意外と出会う確率は低め。写真は売れ残りの木彫りの犬といっしょに。
一刀彫、ドイツのオストハイマーが欲しい。あれは素晴らしい。
posted by 裸木 at 21:13| 鹿児島 ☀| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

ウクレレ教室

2018052611560000.jpg
posted by 裸木 at 20:56| 鹿児島 ☀| 音楽、楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

日東のガッパ

IMG_8763.JPG


やっとこさきた日東ミドルサイズのガッパさん。
不細工で似てないけどずっと欲しかった!
ヤフオク使わずに自力で探す(待つ)もんだと。

後は河田の方の羽広げガッパ。昔に売ってしまったので、
また出会いがあれば買いたいと思う。




posted by 裸木 at 21:35| 鹿児島 ☔| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

メカゴジラ

4月の末だったか、久しぶりにうなされた。
寝ている状態で、膝から下が勝手に宙に浮きはじめるので、
抵抗するもまったく力が入らず、ゆっくりと足が浮いてゆく。
何とか力を振り絞って足をベッドの方に戻してると、
ふっと何かがゆっくり抜けていくのがわかった。
ここで目が覚めたのだが、左側の壁に黄色っぽい光が浮かんでいる。
その光が、ウネウネと何かの姿を形成し始めたかと思うと、
また何かよく分からない靄のようなものになり、再び靄が動き始めると、
人間?というよりも動物、キツネとか犬に近い獣の横顔が現れた。
ただ、この何者かの横顔を見た時、最初に思ったのがメカゴジラ(笑)
しばらく頭の中はメカゴジラだった(実際は動物霊だと思います)。

恐怖心はほとんどなく、抜けていった(出て行った)解放感の方が強かった。
ここしばらくは運気も下がり気味で、体調がもの凄く悪かった。
なので、メカゴジラが出て行った時にああ、こいつが原因かと。
この夜を境に気力体力回復。運気も少しよくなってきたようだ。


憑いてきた場所は心当たりあり。やはりあっちの活動かー。
認めたくないけれど、自分の体質を考えて、運気下がるくらいなら
やはり距離を開けないと駄目か。せめて何か方法ないものか。





関係ないけれど、ここのブログがまたリニューアルで
編集画面が重くてとても面倒になった。
書きたい事は山ほどあるのにな。
別の所に行くかどうにかここ使うかはまだ決めてなく、
暇を見つけてもう少し弄ってみようとは思います。




今日聴いたCD
Orphaned Land - Unsung Prophets & Dead Messiahs

ここ最近でいちばん聴いてるアルバム。
来日公演に行けない事がこんなに辛いとは。
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

04月29日

mokurenosho-2018-04-30T213A523A08-1.jpg


posted by 裸木 at 21:59| モスクワ | 音楽、楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする