2017年08月15日

遺影と新聞

IMG_3094.JPG



小学校内にある和室の部屋にいた。壁には数枚の遺影が掛けてあり、
入口の扉の上には「種子島新聞」という名の新聞と、力士の写真が
飾られていた。叔母が部屋に入ってきて、「種子島新聞」を壁から外し、
床に広げて見ている。暫くすると、新聞はそのまま放置し、部屋から出て行った。



これが夜明け前に見た夢。ちょっと意味は分からないけれど、御先祖からの
何らかのメッセージだろうと。じゃあ、食べきれないほど頂いた美味な蜜柑
があるし、リクエストされてたCDが入っていたので、あまり会いたいとは
思わないのだが、叔母に電話して持って行ってやろうか。ついでに何ぞ話が
聞けるかも知れないと思い、叔母に電話を入れ、お昼前に叔母の住むマンションへ。
少しこういった事が続いているので体調がイマイチになってきているのだが、
これはもう呼ばれるまま、時間と身体が許す限りやってやるかと…

最近、メルカリを始めた叔母。商売願望は昔からあり、その意欲だけは凄いなと思う。
そのせいか、前回あった時よりも生気があるように見え、多少、ホッとした。
持参した蜜柑とCDを渡し、メルカリの話を聞きながら話は叔母の兄にあたる、
私の親父の話題へ。何気に「最近、謄本から写した家系図を貰って」と切り出すと、
突然、「田舎にいっぱい土地あるよ」と叔母から話を切り出すではないですか…
続けて「資料とか兄ちゃんに貰ってるからちょっと探してみる」と言い、棚の引き出しを
開けて探す叔母。内心ガッツポーズ。おっしゃー!夢はこれか!しっかりご先祖から
来てるやないか〜と静かに喜ぶ。内容は二の次、とにかくメッセージがあり、
こちらもちゃんと受信できてる事が嬉しい。叔母が探している間、隣の寝室のドアが
開いており、何気に中を覗くと、叔父の遺影が低い棚に祀られていた、というか、
亡くなったペットの遺骨と位牌等と同じテーブルに置かれていた(苦笑)。
もう滅茶苦茶だけど、でも叔父の晩年の姿だと思われる遺影をみた瞬間、
目頭が熱くなり、涙が自然とこぼれてきた。ああ、ちゃんと叔父もいるんだな、と。

しばらくして叔母が種子島にある我が家の土地の資料を探し出し、見せてくれた。
前回、実家で見た土地以外に合計7カ所あった。もちろん税金掛からない、
そういった場所のものなのだけれど、前所有者の曾祖父の名ともう一人、
同じ姓の聞いたことがない名の方が載っていた。叔母からは分かる範囲で話を
聞き出して、土地の資料を頂き、お昼には叔母のマンションを出た。
さて、これをどうしろと?近い将来、親父がどうにもならなくなると、
元々「価値もない」と放置されている御先祖からの土地を調べるには
今以上に苦労するに違いない。そう思うと、先にそれを教えてくれてるのかも
知れないし、やはりまだこの先は分からない。でも、ちゃんと知っておかなくては
いけない事には違いないので、今日も導かれるままに行動して吉とでた。
でも少し体調不良気味。良い事があるとは言っても、こういった事を受信するには
それなりに取られるものもある…でも、まあいいか。明日か明後日には西之表の
事務所から連絡がある筈だし、何かまた分かる、繋がるかも知れない。

夢の『遺影』は御先祖の事と実際に見る事になった叔父の遺影で、
『種子島新聞』なるものは、種子島の土地の資料の事か。
夢で叔母が新聞を放置して出ていくのは、以前よりも土地に関心がなく
なったという事か(叔母もお金になると思っていたようです)。
ずいぶんと慣れてきたけど、久し振りにゾクッときた。


今日聴いたCD
Vahagni - Broken Compass
喜多郎/飛雲
posted by 裸木 at 20:26| モスクワ | 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

罪と憑

ここ数日、気温が少し下がっていつものお盆の季節らしい空気。
ただ、発掘現場では相変わらず暑くて大変だけど、
夏場はペースが落ちるのがほんと助かる。これが普通。
日本人は頑張り過ぎ。暑いなら休むというのが普通のはず。
神経症的日本人。なので、今朝も早朝競歩に出掛けた。
「買わなくてもいいんじゃ?」的な物を買い、空腹感を満たす。
これでまた積み罪円盤が増える。最近は積み本も増殖しているし…
でもCDと本から得られる事が今の自分にはとてもとても大切。
なので増えるのは仕方ないので諦めている。

朝一、常連氏の姿に異変。顔の半分、手足が痛々しいくらい傷だらけ。
「何もないところで転んだだけ」と。それも素面で疲れていたわけでもなく。
頬骨にもヒビが入っており、前歯も折ったとの事だった。聞いた瞬間、
あかんもん食らってるなと…マナーよい人だけど、私より行動範囲ひろく、
あちこち行くし、買うし、中古の物を頻繁に身に着けるしで…。
でもプライベートな場や職場ではどんな方になるのか知らないし。
まあ、何が原因かはすぐに分かるわけもないけれど、普通じゃない、のは確か。
ただ、余計な事を言うと嫌がるような気がしたので何も触れないようにした。

帰りにもうひとりの知人が「あのサングラスしてないやん」というので、
例の掛けたその日の夜に魘された話をすると、「ウソ〜ぜえったいあり得へん!
なあ、今そのサングラスどないしてん?」とさっそくあのサングラスの魔力に
惹かれ気味な知人。私もそれにやられて買って掛けたわけだけれど。
業者に譲る予定だからととりあえず断ったが、ただ、こういうタイプの方なら
大丈夫かもしれないので、霊障物譲渡リストに登録しておくことにした(笑)。
まあ、大抵は大丈夫かと…稀にある厄介な物はちゃんと供養に出しております。



帰宅後、汗臭い衣服を脱いでシャワー。今年になってから汗の臭いが酢臭い。
それでメンズファブリーズなるものを汗をかいたままのシャツに吹きつけたら、
これが最悪!月曜朝の生ごみ臭に悪化、本気でこのままビニール袋に入って
収集されてしまおうかと思うくらいヒドイ臭いだった。おっさん化加速の夏。



今日聴いたCD
Slayer - God Hates Us All
喜多郎/古事記
posted by 裸木 at 20:12| モスクワ | 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

土地


mokurenosho-2017-08-10T143A513A05-1.jpg

先週、種子島に放置中の土地の件で話があると親父から連絡があった。
「よし、この間の家系図のことで動かされたな」と思い、朝から実家へ。
3年前に届いてた換地計画などの資料を片手に親父が言葉を選びながら
話を進めていくと、すでに名義は変更済みだし、通知に記載されてる
内容の整備事業は終了していたけれども、現在はその土地がどのような状況
なのか分からないままなので、私が西之表にある整備課に連絡をいれる事になった。

話している間、親父はあまり話が通じないし耳も遠いのに、母親がまったく
関係のない話題でしょっちゅう口を挟んでくる。最後、今回は必要のない姉を
電話で呼び出すものだから、さすがに我慢の限界、堪えていた私の感情が爆発し、
「黙れ!」と怒鳴った。

ちょっと冷静になろうと思い、家の外に出て、そのまま1年振りに墓参りへ。
足を怪我して以来、避けていたけれど、お盆だしサラリとお参りすれば大丈夫かと。
さっきは家で怒鳴りはしたが、曾祖父、種子島、我が家の土地等、これだけで
去年よりご先祖との距離がぐっと近くなった事がなによりも嬉しい。
何度も「価値のない土地」だと語気を荒げて言う母親や、「お前行って住めや」と
ふざける姉には残念ながら理解できないだろうけれど、何気に家族の会話の中で
御先祖が話題になるのは(内容はともかく)悪くはないし、以前の事を思えば
明らかに変わってきている。今回の土地の件がでたおかげで、私が謄本をとる
ハードルも低くなった。まあ、何もかも自然と導かれるまま、といった感じで
受信率よくしておこう。それと惑わされないよう怒りをださないように。
「意地でも」とか「力尽く」などの行為は後でマイナスになって返ってくるので
あくまでも冷静に、淡々とやらねば。まだまだ未熟者だ。今回は反省。





イオンモールにこの春できた書店で加門七海さんの本を購入。
新しい書店で新刊本を購入するというのは自分にとって新鮮でいい感じ。


今日聴いたCD
Slayer - God Hates Us All

『Divine Intervention』聴いてからこれ以降は興味なくなってたんだけど、
300円で転がってたので買った。私の思考とタイトルが矛盾しているようにも
思うけれど(笑)他の未聴のアルバムも聴いてみたくなったくらいカッコいい。
Divine Interventionも今聴いたらどうなのか。
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

盂蘭盆



0809094052916.jpg

朝、某所で少々しばいてから、天王寺まで出向き、喉も乾いたし小腹も減ったので、
スタバで休憩。ただ不思議なことにここのスタバ、カフェラッテしか置いておらず、
屋外テラスでは向かいに座るうらぶれたおっさんが「のどごし生」片手に頭抱えてる。
「ふふん、こんなもんか、スタバ(ファミマ)は」と軽く嘯いた後、寺にお参りへ。




0809094012933.jpg

お盆には少し早いかなと思ってたけれど、全くそんな事もなく、四天王寺では今日から
万灯ロウソクだし、参拝客もそこそこ多く、今年もこの時期がきたなと実感。
手水舎で「クチュクチュ」と本気で口の中を洗うおばはん2人に挟まれたり、
鯉に餌を蒔くように賽銭を投げ入れる人、合掌している背後で「パンパン!」と
柏手打つ音が聞こえてきたりと、毎回、試されてるんじゃないかと思う安定の一心寺。
勿論ちゃんと参拝している方が多いと思うけれど、やはり異質な方が目立ってしまう。
四天王寺の方へ行き、六時堂でまずはお参り。そこにある知人の献灯灯籠を確認し、
次に亀井堂の馬頭観音さんにお参り、次に亀井不動尊でお不動さんにお参り、
その後、知人のお墓にお参り。お寺を2か所まわった後はモール周辺を徘徊。
本屋で加門さんの新刊買おうかと迷ったが、他に用事があったので本屋には寄らず、
Loftで頼まれものを購入し、天王寺駅構内の『麺家』で月一のカレーの日。
鶏のから揚げが乗っているカレーそばを注文し、食べた。美味しく食べたけれど、
南海そばの味がいちばん好きかも知れない。「汗くせ〜」と思いながら昼過ぎ帰宅。


0809094128421.jpg


今日聴いたCD
The 3rd and the Mortal - Tears laid in earth
Vahagni - Imagined Frequencies
Vahagni - Broken Compass
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

夏の本

今月は本ばかり買って読んでいる。皆本幹雄氏の著書は10冊を超えてしまい、
川崎長太郎本を抜く勢い。最近、どうしても心霊や民俗学の類に手が出るけれど、
一応、選んで読んでいるので、特に心霊関係の本は前もって下調べした上で買っており、
そうじゃないとなんでこんな本に時間と金を払わないかんのかとなるに決まってるので、
今のところハズレはひいていない。近年のスピリチュアル系の本は一冊も読んでない。
著者がブログをやっていたりするので、「面白い」と思えばブログを見てるけれど、
やはり「それは違うだろう」「一概に万人向けとは言えないだろうにそれを薦めるか」
等々、突っ込むところもあったりするので、さすがに本までは読みたくはならないかな…
そういやどこかで同じ心境になったなと思い返すと、以前、腰痛治療関係の記事を
ネットで漁っていた時と重なった。それだけ玉石混交な世界。油断ならん。

先日、お外の知り合いで『大地の氣』が話題になった。お外では初のこの手の話。
相手がどこまで理解してるんだろうかと探り警戒しつつ、以前からその方の年齢以上の
身体能力には感心していたので、「なるほど。だから元気なんですね」と納得した。





音楽は聴かず。
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

グラサン

IMG_2652.JPG

先日買ったサングラス(中古)。かなり気に入って磨いたり掛けたりしつつ
買ったその日の夜のこと。眠りについた瞬間、私の腹の上で横たわる黒い人。
重たくて苦しくて「グワッ!!」と叫びながら起きたら外れてくれたが、
起きた瞬間、「ああ、サングラスか…」と脳裏に過ったのでサングラスが
原因で間違いないかと…最近は中古のものは割と大丈夫だったのに。
異常に惹かれるには理由があるのかと。今は戻ってますが、掛けたその日
から数日、「目が鋭くなった」と二人に指摘されるという…確かに自分でも思ってた。
前の持ち主の人がどんな方だったか少しわかったので、その方の氣と相性よいと
思われる知人業者に譲ろう。こっそりと(笑)


今日聴いたCD
Vahagni - Imagined Frequencies
Vahagni - Broken Compass
posted by 裸木 at 20:09| モスクワ | 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

7月終わり

IMG_2820.JPG

今日で7月も終わり。掘り返し現場のオタク氏は先日あげたエレキングを
「ピンク色にしようと思うんですが」と私に言うので「タニシの卵みたいな色に?」
と返すと「そうです!」と。本音は出来ればあのまま飾ってほしいのだが、
ドピンクな色も案外、似合うかもしれないとも思ってしまった。


去年と同じく夏になると少し暇になるのか、異界の扉が開きやすいのか、
神社仏閣、宗教、民俗学、心霊関係の本や資料を借りたり買ったり、
家の棚から出して読むことが増えた。元々、好きなのもあるけれど、
日常的に身近で起きるようになってからは、引っ張られるように没頭してしまう。
読みながら身辺で起きる出来事と比較検証したりするのが楽しい、かも。
出来ればその場所まで行って…という願望も未だにあるけれど、
体質上、後々のお持ち帰りした時の大変さを思い返すと無理やな〜と
思う場所もあるので、好きな割に制限があるというのが残念。
まあ、本一冊だけでも「繋がる」ことも多々あるので、
その場所まで行かなくても&気を付けなければいけない、というのもありますが。


写真は去年、図書館で借りて読み、なかなか面白かったので買った本。
普通に興味の対象であるし、繋がりがあるので、遊郭などの資料本は
あと数冊は欲しいのがある。ネットでもディープな街並みなどを紹介している
サイトが面白くてよく見てるかも。

CDは以前から好きだったVAHAGNIのアルバムと、フライングでサンプルを頂いた、
国産ブラックメタルのコンピレーションCD。オリジナルのカセットと同じジャケで
CD化するとは(笑)ギターは相変わらずクラシックギターばかり弾いてる。


今日聴いたCD
Vahagni - Imagined Frequencies
V/A - Unholy Forces Comp #1
posted by 裸木 at 21:32| モスクワ ☁| 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

家系図

IMG_2717.JPG


昨日は引っ張られるように朝一から実家へ。どのみち、今週中に行く予定だった。
毎年のように月末の産土神社で執り行われる夏越大祓の日は都合が悪いので、
今日、手続きを済ませて、茅の輪の御守りを頂いてきた。
実家に寄り、遠く薄暗い記憶を頼りに「家系図が確かあったはず」と母親に
それとなく尋ねると、「ないわ!」と。しかし記憶の片隅に姉が家系図の事を
話していた映像が浮かぶ。ならば、仕方ない、姉に電話をし、うまく家系図の
話に持って行き、家系図も謄本もないが、紙に写したものはあると判明、
頼み込んでわざわざ持ってきてもらった。どうやら現在の家に引っ越しする際、
御先祖の戸籍と除籍の謄本を取っていたらしい。それらは現在は行方不明で、
両親ともに取ったこと自体を忘れいていた。今回は有り難いことに姉が当時、
それらを写してあったので、運よく見ることが出来た。これで一気に高祖父
の代までは一応分かったのだが…昔ならよくある事だけど、養子の連続で…
純粋な血の繋がりというものは高祖父で終わっている。でも高祖父の先も
分からないし、何とも言えない。ただ、血の繋がりよりも姓を継ぐのが
大事だと思ってはいたが、やはりこの滅茶苦茶な繋がりのように見える
手書きの家系図を見ると、かなり衝撃を受けた。おまけに叔母は兄である
親父の妹なのだが、父親が違うらしく、ここには載ってないし…
取り敢えずこれで一先ず我慢して、新たに自分で謄本をとった方がいいか…

その後、母親と姉が怪気炎をドロドロメラメラ上げ、叔母の悪口言いまくり、
終いには「〇〇(我が家の苗字)はお前も子もおらんからもう終わりや」
「そうそう、終わったらええ!」「終わらせいや、ワハハハ!」と酷い事を言い、
「宗教、神仏なんて生きてるもんにあるだけや。都合良いようにな」
「心ん中で手ぇ合わせてたらええんや!」と二人して私をキレさそうとしてる
のかと思うくらい悪態をつく。親父はその間、ニヤニヤしてるだけ(おい!)。
ここは冷静に聞き流し、適当に話を合わせて家を出た。家を出た途端、
ため息をつき、しかし手にしたメモを見つめ、何とかまた次に進めると
前向きに考え直し、炎天下の中、駅までの2キロ弱を歩いて帰った。

腕輪が切れたのはゴム紐が劣化してたのが原因だけど、切れる直前に目が覚めた
このタイミングに意味がある。地震の夢は現状に強い違和感を覚えたり、
身辺の大きな変化などの意味だったように思うけれど、多分、今日のこの事かと。
身近ではあるけれど、現在の自分は少し離れた、距離を置いた位置でもある。

聴いたCD
Vahagni - Broken Compass
posted by 裸木 at 08:07| モスクワ ☀| 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

腕輪

IMG_2711.JPG

夜中、ふと目が覚め、しばらくすると、左手首からボト、ボト、と
何かが落ちる鈍い音が。「あ、腕輪!?」と思い、灯りを点けると、
勾玉腕輪のゴム紐が切れ、水晶が外れていた。一年持たず・・・
その後、愛知県で震度8の地震の夢。
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

公家

会う人皆に「今日も暑いですね」と言いたくないが言ってしまう日が続く。
お外作業と室内作業の連続は楽しいからやってられる。
そういやコーヒーは避ける傾向だったが、缶コーヒーをよく頂くので、
これは酒の付き合いと同じようなものかと思い、また飲むようになった。

先週の金曜日、種子島の中種子町役場に連絡を入れた。
すべての戸籍謄本を手に入れるには面倒な手間はともかく、
我が家の場合は何かとハードルがあり、そう簡単にはとれそうにない。
でも電話で現地の方と会話しただけで、親父の故郷の空気を少しでも感じたし、
また、今までは姿形さえ想像がつかなかった曾祖父以前の御先祖さんに
触れた気がして、「よっしゃ、やるぞ!」とやる気が湧いてきた。
単純な人間と言えばそれまでだけど、ここは素直な気持ちのまま
前へと進む方がいい。それと、私の姓名に込められた意味というのを、
ここまで真剣に考えた事もなかった。名付け親は親父と同じ工場に勤めていた
先輩なのだけれど、当時お世話になった方、というだけしか今は分からない。

その日の夜、お公家さんが3人、春のような暖かな陽気の川沿いを
少し弾むような足どりで楽しそうに歩いてる姿が夢にでてきた。
今までは夜の山中で武士が「〇△!!!」(私の姓)と叫び、
誰かが刀で切り殺される場面は見たことがあったけれど、
楽しそうな姿で出てきたのは初めて。これだけで嬉しい。
向こうにしてみたら「やっと気付いてきたか」という感じかも知れない。
一般的にはどうしても常識や先入観にとらわれ過ぎて、何かと理屈を
付けて片付けてしまうので、「気のせい」と言ってスルーしてしまうと
大切な物事を逃してしまう場合も多々ある。笑って済ませばそれで終ってしまう。
けったいなスピリチュアルかぶれなおっさんのようであるが(苦笑)
これが事実だから仕方がない。身をもって体験してる事をこれからも
ぼちぼち書いていこうかと思います。心霊写真の類はほどほどにしますが。


こういった良い事があると、それなりに御返しもしてくれる場合も
今まで多くて、今回もそういったお返しに恵まれ、また次に進めるかなと。



聴いたCD
Vahagni - Broken Compass
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする