2012年02月29日

DSCF0441.JPG

忙しいのは結構だけど、身体がきつい。
前より自分のメンテは意識してやるようになった。
やらないと。まだ弱いけれど。

長袖のTシャツを2枚買った。
無地でロゴが付いてないスポーツメーカーのやつ。
ブラックとグレー、各1枚ずつ。480円。

一昨年くらいからか、今まで黒一色に近かった服装が嫌になり、
ブラウンやグレー、モスグリーンとかを選ぶようになった。
ただ、いつまでも昔のシャツとか着てる方なので、
まだまだタンスの中は真っ黒け。
色んな物の整理を兼ねて、そろそろ捨てないといけない。
posted by 裸木 at 20:33| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウクレレでマイナー

P2011_1127_124535.JPG
修理前(汚れだけは徹底的に落とした後、グラグラしてたネックを外した状態)

DSCF0466.JPG
修理後(タイトボンドとクランプ+ゴムで接着。がっちりくっ付いた。
さすがにギターのように大きいのはまだまだやれません。)

DSCF0467.JPG

音色が南国でも、弾くと哀愁あるメロディになってしまう。
メジャーよりマイナー。
ウクレレでもけっこう合ってたりします。


ここ一月はクラシックギターをほぼ毎日練習。
あとはマカフェリに持ち替えて練習。
夜は音が駄目だから、エレキをアンプに繋げずに練習。
空いた時間にドタールかこのウクレレを弾く。時々マンドリン。
だいたいこんな感じ。去年よりまた上達したと思う、全般的に。
ただ、去年から作ってる曲を録音するにはもう少し腕を磨かないと
いけないので、それの準備でもある。今年中には録音できるようやってます。
posted by 裸木 at 20:11| 音楽、楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

両面

P2012_0225_082441.JPG
以前なら絶対ここでは寝る事はなかった。
クッションの上に乗ることさえ嫌がり、
ピョンと逃げるように飛び降りていたが、
今では眠るし、私のお腹の上でもうたた寝したり。
やはり一匹になると色々と変化がある。



今日は知人と終始立ち話。お陰で気も紛れたし、楽しかった。
ありがとう。



夢と人の氣を感じ取る感度がこのところ凄い。
今までで一番強くなってる。
ただ、余計なものも多くて、これがいかに大変かも分かった。
間違っても自分が優れてるとかではなく、
むしろその逆だからこそ分かる事でもあり。
言葉ではやはり説明し難い…いずれにしても、こんな事はよし悪しです。
posted by 裸木 at 20:58| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

続:叔父から甥へ

Image0027.JPG

セキレイに続き、動物に和まされる日々。
家ではネオに癒される。
痛みだらけの体と心に優しい。

実家の件で静かだったのは一月だけだった。
後は去年の延長。まだ大きくは動けない。
時期を見つけるしかない。



先日書いたトルコの音楽ロードムービー、やはり素晴らしい。
サイトがまだあったので貼ります。
http://www.jvcmusic.co.jp/ctb/index.html
ブレンナ・マクリモンとセリム・セスレルがいちばんお気に入り。
誰も興味ないだろうけれど。


甥からの感想。
D.A.Dとジャーニーは気に入ったが、
パンテラ、メタリカが休む暇なく辛かったらしい。
Osmoseコンピはぜんぜん駄目だった。
サバスのベストはネヴァー・セイ・ダイ以降は聴けたと。

普通の耳で安心?したけれど、実家で少し聞かせた時に、
どんなジャンルの音楽にでも真剣に耳を傾ける姿が印象的だった。
今迄からすれば想像できなかった。



私は亡くなった叔父に音楽と楽器を教えて貰った。
そのお陰で現在の自分がいる。
そうじゃなければ、生きていなかったような気がする。
知らない間に、今は自分が叔父になり、甥に音楽を少し教える立場になった。
こうやって、少しでも家族の方向を変える事が自分の役目。
生きてる間、出来ることはほんの少しだけど、
影響は大きいかも知れないし、まして、亡き叔父とも私は違うので、
私がいる限り、悪い方向にはさせないようにしようと思う。

色々困難なことも多いので、精神も肉体も出来るだけタフにならないといけない。
ネガティヴな音楽、映画、小説、好きなものはたくさんある。
ただ、実際に自分がそういった思考では何も変わらないし、変えられない。
自分には、甘えた弱音を吐いてもそれを補えるモノが無さ過ぎる。
だから前へと進むしかない、という答えが自然と出るのです。

posted by 裸木 at 20:29| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

セキレイ

P2012_0222_160608.JPG

道の真ん中にセキレイ一匹。
逃げないので不思議に思うと、
屋台のおっちゃんが餌付けしていた。

P2012_0222_160617.JPG


健気にご飯待ちしている姿が可愛らしかった。
体力消耗、寝不足が続いているので、少し和んだ午後。



帰宅後、ヤマハのダイナミックギターの鉄弦を外し、
クラシックギターの弦を張ってみた。
今まで一度もクラシック仕様にした事がなく、
このギター、サイドとバックがカエデの単板なので、
なんちゃってフラメンコギターのようにならないものかと。
実際はフラメンコとは違うけど、さすが音がデカイ。
音の立ち上がりも良いし、しばらくこれで弾いてみよう。

最近聴いている音楽は相変わらず『海の上のピアニスト』のサントラ。
映画と音楽のバランスが自分の中でいちばん合っている。
音楽がよくても、映画の内容と合ってなかったら観てられない。
もちろんその逆も。同じ監督や作曲家でも自分に合ってないものもあるし、
お気に入りを見つけるのは意外と難しい。

後はブラジル版マンドリンのバンドリン奏者、エヴァンドロの『ショリーニョス』。
今はこの辺が聴いていて落ち着く。
posted by 裸木 at 20:00| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

どこの家かは分からないが、部屋に入ると、
自殺か何かで死んだとされる、親族か知り合いの血だらけの死体が二体。
シートだけが被せられ、そのまま通夜をやる。

その後、ずいぶんと座席が高いショベルカーに乗る。
運転手は別で居る。途中、ダンプカーに煽られ、
運転手が負けじとショベルカーを走らす。(少し面白い)

次は高い竹馬に何故か乗ったまま横断歩道で信号待ち。
竹馬から落ちたが、特に怪我などせず、ホッとする。


何かひとつ解決するような感じではあるけれど、
やはり不安定さは隠し切れない感じか。
posted by 裸木 at 22:44| 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

怒鳴る

2回怒鳴りながら夜中に起きた。
自分でもはっきりと分かる声で。
明らかに誰かに対してのストレス。

やはり気は抜けないし、深入りは出来ない。
自分が係われることは、甥にCDを貸す。
ただそれだけが今は良いんだろう。
普通の行動が出来ない、させない異常さ。

posted by 裸木 at 21:26| 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

鎮静

Image0027.JPG

日曜日。早朝から急ぎ足。荷が重い。

午後から実家の方へ。甥に会いに行く。
CD、何を選んで良いのかよく分からず、
かなり適当にHR系を12,3枚くらい選んで甥に渡した。
実家の自分の部屋に置いてあるCDラジカセで軽く試聴させたら、
Mr.Bigのベストは一発で気に入ったようだった。
Osmoseのコンピレーションも1枚持っていったので、
取りあえず1曲目のImmortalを流すと「地獄のような音」との事。
すべて持って帰って聴いてみたいというので全部渡したが、
どれがどう気に入るか私も楽しみではありますな。
音楽が救いのひとつとなれば嬉しい。まあ、楽しんで下さいな。

帰り、親父に近況を訊く。叔母の件は何とか上手くいきそうな気配。
珍しく、親父の口から他にも色々と話が出たが、
今日は二人っきりだったのが幸いだった。
特に叔母の事に関しては実の妹というのもあり、話が通じやすい。
親父以外が居るとまったく話にならないし、終始叔母は悪者になってしまう。

足りないところだらけ、心身ともに傷だらけ、重症な一家だと思う、我ながら。

ただ、今日は割りといい方向へと行きそうな話題もあったので、
しばらくは何も起こらない事を願うばかり。
まあ、そんなに甘くはないけれど。



posted by 裸木 at 20:38| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

叔父から甥へ

P2012_0217_144426.JPG

雪がちらつく日。
用事で心斎橋へ。業者の知人と会う。
お互い、ジャケットなんぞ羽織ってたりして。


用件済ませたところで、携帯に着信。
珍しいことに、下の甥っ子からだった。
兄貴が家を出て、寂しくなったのかと思ったが、
用件を訊くと、「洋楽のCDを貸して欲しい」と。
少し驚きつつ、なにが聴きたいの?と尋ねると、
「ニッケル・バック」とこれまた意外な。
まったく洋楽なんぞ聴かなかった筈だが、
前に家を出た時に会ってた友達が聴いてたりして
影響されたんだろう...きっと。しかし、ニッケル・バックか。
話し難そうだったのもあり、メールで聴きたいのを書いて
送ってくれと伝え、電話を切った。
直ぐにメールが届き、読んでみたらこんな事が書いてあった。
「あとはビリージョエルやリンキンパークやらゼブラヘッドは4枚持ってるけど、
書くのもややこしw上げたらキリないwサンズオブエンジェルズとか〜」
顔文字はどうやって書くのか知らないから省略。

SONS OF ANGELSだけ知らなかったので、今調べたら北欧のメタルか、
後はHARDLINE関連のバンドやないか...
しかし、急激に叔父の趣味の方向に接近してきたなあ。
これは面白い流れになってきたと、叔父の顔はニヤニヤしてしまう。
家族の事で書く日記では久し振りか初めてか、嬉しい内容。
ニッケルバックは1枚あったので、今度上げよう。
あとは適当に洗脳させるか。

まあ、あいつの事だから飽きるような気もするけれど、
良いんじゃないかな、とりあえず。
ほんと、少し明るい話題ができた。嬉しいな。
でも、横槍だけは気を付けよう。油断ならん。



posted by 裸木 at 19:32| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

クロッシング・ザ・ブリッジ

というトルコはイスタンブールの音楽ドキュメンタリー映画を観る。
4回も。
これがツボ。

ジャケットのブーツィー・コリンズが使ってるベースみたいに派手な
エレクトリック・サズを提げて写ってる女性からして普通じゃない。

P2012_0215_183408.JPG

ちなみにこの女性は映画に出てきませんが、
エレクトリック・サズは出てきます。

通常のサズを弾きながら歌うおっさんのかっこ良いこと。
ウードを弾きまくるおっさんの素晴らしいこと。
ギブソンとかフェンダーのエレキ、マーチンなんかのアコギには
全く萌えない身体になってしまいましたが、これは大変です。




posted by 裸木 at 18:41| 音楽、楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする