2012年03月31日

開花

P2012_0331_154051.JPG

風邪がまだ滞在中。薬を飲むと軽くなる。毎度の長引くパターンか。

頭まで疲れてる時ほど忘れ物をしてしまう。
それとも昨日のウクレレ群が素敵過ぎてうっかりしてたのか。
今日は昼まで荒れ模様だったが、朝から知人の所まで用事を片付けに。

3月も終わる。相変わらず時間が経つのが早い。
いつもこの時期になると、思い出すのが小学校の時の校長の言葉。
年明けの朝礼の際、「1月は行ってしまう、2月は逃げてしまう、
そして3月は去ってしまう」と、毎年言ってたように思う。
じゃあ4月は何や?と。直ぐに思い浮かぶのが、死か。
夢的に言えば再生を意味するので、まあ、流れからして間違いではない。
再生、始まり。さて、死からうまく転換させねば!
posted by 裸木 at 19:51| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

専門店

P2012_0330_144657.JPG

昼下がり、ぶらっと駅前通りを自転車で徘徊。


風邪をひいてしまった。昨日の夜に何となく調子が悪いと感じていたが、
疲れと花粉のせいやろと思って油断したのが失敗。
飲みたくはないけれど、早く治したいので薬に頼る。

朝から練習。2時間くらいか。ナイロン弦を弾く機会が増えた。

昼からルナバリの件で割りと近くにある専門店へ。
近くなのに初めて店に入った。店内には素敵過ぎる小さな弦楽器群。
もっとハワイ色強いかなと思っていたけれど、色んなタイプがあるのね。
お店の方も親切丁寧。楽器が好き!と言うのが伝わってきて良かった。
良いお店でした。
posted by 裸木 at 20:23| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

黒い瞳

P2012_0329_112817.JPG

今日は午前中はのんびりと作業。

身体も頭の中も冴えない。寝不足。
変な夢を見ると少し続いて見てしまう。
心身共に休まないと何事もうまく回らない。


昼から知人業者の店へ行く。特に用事があるわけでもなく、雑談。
先週で終了した場所の話題になり、さて、これからどうすんの、どうしよう、
というのも飛び出したが、「心配せんでもロープ、刃物、劇薬、
いざとなれば何でも揃ってあるやんか」と、普段は笑いながらこんな事を言う私。
これくらい崩さないと付き合えませんのでねぇ...



外で聴いてたのは『Black Eyes' Aggression 』のコンピレーション。
The Under,Insanity Of Slaughter, Crifotoure Satanarda, Infernal Necromancy, Gorugoth, Hurusoma, Holokaust Winds、Old Serpentが参加したカセット。
どの音源も今聞いても十分楽しめる。特にThe Under、Crifotoure Satanarda、
が聴いていてちょっと燃えた。それと某関東のTのメンバー2人がやってくれた
Old Serpent、ボーカルスタイルを変えてるのでTを知ってる人でも分からなかった。
このカセットの中にある写真、確か『The Night And The Fog』だったか、
の写真を真似た記憶があります。私は写ってませんけど。
「何で仕切ってたあいつ来ねえんだよ」と言ったとか、言われてたとか。
それにこの当時はくだらない事もよくやったり言ってましたね〜。
それがとても楽しかったのです。とても。


posted by 裸木 at 17:02| 音楽、楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

悪夢

DSCF0982.JPG
夕方、ささくれた木を少しだけ削った。
後はブリッジをどうにか入手してから。



嫌な夢をみた。
学生だった頃、家に出入りしていたチンピラのおっさん。
ちょっと気を付けなくては。

この夢を見てから、あの頃の事を思い返すと、
やはり色々と酷い事がたくさんあり過ぎてる。
のりピーがやった騒ぎどころじゃありません。
しかし、嫌な夢だった。
posted by 裸木 at 20:00| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

魅力的な音

P2012_0325_064741.JPG

空気は冷たくても紫外線がきつくなってきた気がする。
アカオニにならないよう、そろそろ気をつけないと。

朝から昼まで走り回る。支払いだけはいつまでたってもブルーにさせる。
午後から玩具や雑貨の修理と手入れなど。少し緊張した。

作業中、STINGのMercury FallingとRay SandovalのMi Ofrendaを流す。
Ray Sandovalは去年聴いた時よりも嵌まってる。
本人がこのアルバムの解説で、9.11の事や、人間の自由について、
物質的な物だけでは幸せにはなれない等の事を語っており、
聴いていて惹き付けられるのは、それらが音に込められているからか。
ああ、他のアルバムも聴いてみたい。
posted by 裸木 at 20:18| 音楽、楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

お別れ

DSCF0980.JPG

昨日は多忙、疲労。
8年続いた場所が終わった。
上からの命令で強制終了のようで。
改革との名の下に...相変わらず強引ですな。
復活を願いたいところだけど、どうなんだろうか。

T氏は最初会った時から考えると肥ったなあ...
今後、彼の楽しみがなくなったので本当に心配でもある。
会う機会も減る。


最後に知人業者から素敵な弦楽器を頂いた。
ウクレレなんだけれど、バリトンサイズ。
デッドストックだけど訳有り。
ブリッジが剥がれていてないのです。
でも、とても珍しい、貴重な物だと思う。
特にウクレレに詳しい訳でもない私が持っていて
良いのだろうかと思うものだと思います...
もちろん直して使わせて頂きます。
本当にありがとう御座いました。



今日も多忙、疲労。
身殺MISOGIの「輝流」が聴きたくなり、
外ではずっと聴いていた。
自分的にはこの後に出たアルバムよりも好み。
空気感、雰囲気が独特。
最後のBURZUMのカバーまでそれが漂ってる。
posted by 裸木 at 20:01| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

P2012_0324_172304.JPG

暖かくなってくると冬より体調は良いが、
さすがに身体にガタが出始めてきた朝。
ここで無理をすると、去年と同じ目にあう。


叔母の状況が気になり、悩んだ末、メールをする。
直ぐに返事が返ってきて、まだ入院中だとの事。
酷くなったリュウマチと腎臓病の検査などだが、
来週退院とはいえ、もう1ヶ月は経つんじゃないか。
去年の叔父の通夜の時も心臓に水が溜まっていたらしい。
また会いたいとは言ってたが、こちらも敏感な得意体質なので難しい。
それと、私が叔母と会った事を母親が知れば、血管がぶち切れるかも知れない。
真面目な話、母親の方の体調が悪くなる可能性大なので、やはり難しい。
叔母は釘を刺しても寂しさ故のおしゃべりなので、必ず会った事を喋ってしまう。
普通なら別に会えばいいし、嫌なら断ればいい。当たり前のこと。
それが出来ない、させない、立場になってしまってるし、雰囲気になってる。
そもそも、叔母の容態など直接本人に訊かないと分からないのが変。
叔父の時のような流れは避けたいが、どうしようもない時もある。
だから、極力若い時から云々〜、私が時々書いてある事につながる。
当然ながら、亡くなってからじゃ後悔しても遅すぎる。
その後、出て来られてもこちらが大変だし。本当に大変ですから...

年々、過去の関係の整理を厳しくしていってるのもこの延長にある。
孤独感にはやはり辛さはつき物だし、それに慣れるのもなかなか難しい。
いつもどこかにそれらの感情は抱えたまま、前進していくしかない。
過去も現在もこれが自分の創作意欲の源かも知れない。
posted by 裸木 at 20:26| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

目玉が6個

一日中、雨。今日は行きも帰りもバス。
車中で小説読んでいたらちょっと酔ってしまった。
指輪物語、次は「二つの塔」の最終巻へ。
あちこちで目が疲れるので、携帯、パソコン、
本用の目玉があったら便利なのに。あと4つは要る。


完成が見えてきた曲があるので、脳内では自分の曲を。
昨日聴いていたのはKanashimiのRomantik Suicideと8センチMCD。
Samayoiの時にも感じたのが、曲の展開と長さが絶妙というか、
普通この手の曲はダレそうなのに全くダレないという。割とシンプルなのに。
MCDの方のような音のバランスや音質で過去の曲も聴いてみたいけれど、
その時にしか生まれない雰囲気がそれぞれあると思うので、
そういうのを望むのはちょっと違うかも知れない。
いずれにしても、お気に入りです。

さて、私もやらねば。

posted by 裸木 at 21:47| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

激走

extras.JPG

最近になって初めて観たBBCのエキストラ。
自分にとって妙に現実味があって嵌まった。お気に入り。


昨夜はとある発送物でありえない大失敗をしてしまい、
深夜の1時半にそれに気が付き、慌てて自転車で夜の街を激走。
幸い、集荷が明日の朝とのことだったので助かった。
いやー、冷や汗あぶら汗サイクリングでかいた汗。
ベリーダンスの音楽なんて聴いてる場合じゃなかった。
二度とこんなミスをしてはいけません。反省。
ベリーダンス怖い。


posted by 裸木 at 20:01| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

ベリーダンス



トルコ音楽やロマ音楽などに使われる楽器、
(ウードとかクラリネット)の事を調べていたら、
ベリーダンスに行き着いてしまい、じゃあ、試しに1枚聴いてみようかと、
安くて曲数多いコンピレーションを適当に選んで買ってみた。
内容は想像してたのに近かったからハズレではなかったが、
音質がちょっとまずい。音がけっこう割れて歪んでる。
民族音楽って音が悪くても案外大丈夫かなと思っていたけれど、
これはちょっとイマイチだった。安いだけあった。
やはり事前に調べてから買わないと駄目ですね。
posted by 裸木 at 23:48| 音楽、楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする