2013年03月31日

ひょう

2013033121380000.jpg
むかしのレコード屋の包装紙。ガラクタに紛れ込んでたもの。
この手のものも面白いと思うと捨てきれず、ファイルしてる。

朝から雹(ひょう)が降った。大きさが飴玉くらいだった。
痛くはなかったが、おかげで服も何もかもびしょ濡れ。


帰ってきてからフィオとネオの機嫌取り、その後は押入れの整理。
整理を終え、ベッドに横になるとフィオが胸に乗ってきて、いっしょに仮眠。
寝起きは首と今回は左よりの背中が痛い。首筋を痛めてる影響だろう。

昨日に弾いていた曲を少しやってみる。まだ「何かに似てる」と感じるので、
もっとアレンジしなければ。アコースティックで自分が曲を作るという事に対して、
やっとひとつの山を越えれそうなところまで辿り着いたような気がする。
Wさんとの合奏は向うの帰国の関係で延び延び。色々たいへんですからねえ。
posted by 裸木 at 22:26| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

無事帰宅

2013033019240000.jpg
手術は無事に終わり、今朝フィオを迎えに行った。カーラー付けた姿にネオは怒りまくる。
フィオはカーラーは嫌がってるものの、帰宅後は落ち着くのが早かった。
心の成長、育ちも順調といったところか。


午前中は家の件で手続きなどを済ませる。その後は作曲の続き。
以前よりも納得できる音色で弾けるようになり、カセットで録音してみた。
さっきもその録音した曲を聴き返したけど悪くない。少しずつ理想に近づいている。
そろそろ死国の方にも連絡するかな。
posted by 裸木 at 20:40| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

跡地

2013032819300000.jpg

今年の初っ端から坐骨神経痛きたものだから、
体力なり極力考えて実家へ顔を出すのはやめていたが、
今日はたまたま和歌山県寄りの方面で用事あり、
近くまで来たついで、数ヶ月振りに実家へと行った。
親父はむくんでるのか、顔が丸くなってた。
母親も相変わらずだけど、少し疲れた様子。
元気ならそれでいいです。
実家へ行く途中、病院跡にできた幼稚園と老人ホーム跡の住宅街を見てきた。
ふたつとも子供の頃によく遊んだ場所だった。
写真の大きな木はその頃から生えていて、いちど落雷があり、折れた事があった。
老人ホームの霊安室跡の上には立派な家が建っていた。

さてさて、帰ってから憤慨する出来事あったが、「周瑜みたいに死んでしまう」
と言われたので冷静になった。ケチャップ噴いて憤死、とかは避けたい。
そんな事より明日はフィオが手術の日。CLANNADでも聴いて気持ちを落ち着かせよう。
posted by 裸木 at 20:06| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

あご

2013032721220000.jpg

今日はお昼に帰宅。一昨日にヘンテコな寝かたをしたせいで首筋を痛めた。
もうこれが自分なんだと言い聞かせあきらめる。


昼飯に母親の田舎から送ってきた長崎ラーメンを作って食べる。
飛び魚のだしのせいか後味がさっぱりしてて美味しかった。


夕方、ドラマ三国志を観る。赤壁の回が終り、怪しい司馬懿仲達が登場。
曹操と司馬懿のやり取りが可笑しい。今日で半分を見終わった。

posted by 裸木 at 21:46| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

すぐに横道

satyricon.JPG

最近は書かなくなった、駅前物々交換の方から手に入った。
初!SatyriconのCD...正確にはこれが出た当時、某ドラマーの人
との手紙のやり取りの際、互いのお気に入りブラックメタルの曲を
カセットテープにダビングしてよく交換してた時期がありまして、
彼がAbigorやDark Funeralとかの音源と一緒にこれを入れてくれてた
記憶がありますが、当時はまったくそそられるものがなかったのですが...
毒気が抜けきった?かのような現在、今さらながら聴いてみると、
非常にかっこよくて珍しく昨日から何回か聴いてたりします。
SatyrのWongravenは大好きで聴いてましたが、Satyriconの曲中に
Wongravenを想起させるところがあって、こうやって書いてると
WongravenのCDを引っ張り出して聴きたくなってきた。
所謂、名盤とかいわれてるものとか、基本的な有名どころのアルバムを
すっ飛ばして聴いてないのは結構ある。NagashのTrollよりも同じ
ノルウェーの2人組のデモしかでてない同名Trollの方を聴きまくってたり。
(先日、Youtubeでこのデモがアップされているのを見つけてにやけてしまった)

posted by 裸木 at 20:23| 音楽、楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

リットル

2013032519250000.jpg
記憶とはいい加減なもので、どこでどう間違えたのかこの兄弟怪獣の名前を
画像の弟リットルは正解、兄はデシリットルと最近まで思いこんでた。
もちろん子供の頃はちゃんとガロンだと知っていたのに。



今日は久々の重たい疲労感。左腰も痛み出してきたりして、
フィオといっしょに仮眠したら風邪をひいてしまった。
今月残り〜来月は気を引き締めなければいけないのにこれは情けない。
来月はいちばん悪い月のようなので、風邪くらいは明日には治ってるようにしないと。
posted by 裸木 at 22:11| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

Samson and Delilah


ぬるい朝。猫に変な目で見られながら太極拳やってから出掛ける。
Wさんに「練習やってる?」と聞かれたが、自分こそやってんのかと言い返すと
「わたし何でも弾けるよ」と朝から軽々と嘯いて今日はご機嫌な様子。
合奏、来週は1回くらいやっておかないと4月は出来そうにない。
テンション高めのT氏も終始機嫌よくお荷物抱えて帰っていった。

フラフラでお昼前に帰宅。塩焼きそば作ってひとりで食べる。
お好み焼、焼そばには昔から目がない。ご飯も2杯。
何故かたこ焼きでご飯は食べたいとは思わない。あれはおやつ。
音楽はTSCCのサウンドトラックを。日曜といえばこれ。ずいぶん世話になってる。
1曲目のShirley Mansonが歌う‘Samson and Delilah’のかっこいいこと!
何十回と聴いてるが飽きない。


posted by 裸木 at 23:15| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

駄目出し

2013032320490000.jpg

昨日の件は済んだと思っていたら、「まだ駄目です」と連絡あり、
もう一度、私だけが行く事になり、電車、バス乗り継いで出向いた今日。

昼はスーパーで買ったカレーパンと合わないのに選んでしまった缶コーヒー。
こういう日にベンチの片隅でパンかじってるのは何だか惨め。
普段はへっちゃらなんだけど…

帰り、不馴れなバス故に違う路線に乗ってしまい、すぐに間違えに気付いたので
乗車した停留所から一つ目で下車、さっき乗った停留所まで歩いて戻るという…
時間も小銭も体力もムダダ駄。一時間に一本程度しかバスがないので、
また一時間ほど何にもない停留所でバスを待った。「明日はゆっくりしたい」
とか昨日は書いたけど、停留所でゆっくりできた…願ったり祟ったり。
posted by 裸木 at 21:03| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

クッション

気が付けば桜が咲いてた。もうすぐ四月。
他人の心の内をよんだり、嘘を見抜いたりと疲れる。
あと今月はまだ色々と片付けなくてはならないことが多い。
何とか抜けきる夢を見てるので、それが現実になるように
気合い入れなければ。でも、さすがに明日はゆっくりしよう。

帰りにスーパーにより、イスに敷くクッションを探す。
坐骨痛人間なので、これは必要。これといった感じのは見付からなかったが、
理想的なものは電車内の座席。固めで適度に弾力があるやつがいい。
お尻が沈み過ぎるやつとかぜったい駄目。柔らかいソファーなんて死んでも座らない。
ついでに食品売り場で三色団子を買おうと思ったが、みたらし団子と粒あんが一緒の
奇妙な団子に惹かれてこちらを選んだ。先ほど1本食べたが、粒あんが甘すぎた。
普通に三色団子にすればよかったかも。
帰宅してから『アフガニスタンの詩』のCDを聴く。ここに収録されている曲は、
クラシックギターの弦を張ったマンドリンでずいぶんとコピー出来てきた。
音色的にも結構あってると思う。
posted by 裸木 at 20:44| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

団子2つ

DSCF7014.JPGDSCF7016.JPG

午後から結構な雨が降る。予定より帰りが遅くなり、ずぶ濡れになった。
猫も雨の日はよく眠るが、フィオは朝一から「遊んで〜」と足首にしがみ付き、
私の足を蹴ったり噛んだりとスーパーボールでの遊びをせがむ。


ドラマの三国志は赤壁の戦いの前まで観終わった。
趙雲が阿斗を救出する話では、まるで趙雲が主役のヒーローもののようなアクション。
その後のお約束の劉備が阿斗をポイと投げするところではどうしても笑ってしまう。
呉の周瑜役の方があまりかっこよくないが、嫁の小喬との会話を見てるとこんなもんで
ちょうど良いのかもと思ってしまった。

posted by 裸木 at 23:01| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする