2013年06月30日

連想

2013063020260001.jpg

本日弾いた曲◎蘇州夜曲、竹田の子守唄、流浪歌、四季の歌、
アラ・ドス・ナモラードスのラジオのファド、マリオネットのユーラシアン狂詩曲。
最近はピックを使うことが少なくなって普段からギターは指弾きになった。
右手の爪も伸ばし、手入れしながら2年くらいは経つ。マカフェリの指弾きもなかなかいい。
ベース弾いてた頃も指弾きだったので、結局は元に戻ってしまうのか。
で、ベースの指弾き→速い曲を指で弾く→昔からかっこいいと思ってる→
ベースボーカル→スラッシュ、デス、ブラックメタル→そういやAncient Ritesの
ベースボーカルって指弾きだったよなあ→動画観る→メンバーも音も変わってて今さら驚く→
デモや1stの頃の何回聴いても印象に残らない→でも「もう一回」と思い聴いてみて同じ目に合う→
2ndも買ったが同じだった。でもなんか好きだったバンド。今日はこんな日曜日だった。
posted by 裸木 at 20:46| 音楽、楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

嗚呼、親父

2013062920430000.jpg

夢に出てきた人の事で、姉に電話を掛けた。言いにくい話ではあったが、何とか。
他、腰痛の事や猫の話など…
親父の話題になり、先日やってしまった最新の呆け話を教えてもらった。
親父が自転車に乗った際、信号待ちで止まる度に自転車から転けたらしく、
「こりゃあまた目眩の症状かあ。また何やら怖い病気かあ」
とネガティブな想像力全開で落ち込み、家に帰ってきたようで、
しかし自転車を自宅に停める時に、サドルがかなり高くなってる事に気が付いたようで、
(以前、私が親父の自転車を借り、サドルを高くして乗って元に戻してなかった)
「このせいでよろけて転んでたんか。あっははは」とひとりで笑ってたらしい…
自転車乗った時点で気がつけよ(泣)もう何が原因で最期がくるか予想がつかん。
偏食なのも直らず、また痛風一歩手前、医者に「栄養失調です」とも言われたようだった。
嗚呼、親父よ…
posted by 裸木 at 21:11| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

こもり日

2013062819560000.jpg

今日は自宅で久石譲氏のCDを。一日ネオとフィオを甘やかす。
最近、外で音楽を聴く機会が減った。(暑いのでイヤホンを耳に入れたくない)
そのかわりに電車内で本を読む事ができるのでよろしい。
今夜は『ホビット』を読むとしよう。
posted by 裸木 at 20:09| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

ういろう

挫骨の症状に苦しみながら朝から別件の仕事片付けて、昼過ぎに知人宅へ。
帰り、序でになわけでもない場所なのに、また和菓子屋へ行く。
店先を見ると、三笠焼がぜんぶ売り切れてるやないか。嫌がらせかっ。
「今日はもう売り切れちゃったの。代わりにこれ買ってって」「はい」
「手が冷たいですね」「冷え性なんです」「わたし健康なんです」「私は腰痛」
脚色ほぼ無しの妙な会話しながら、今日は見事にういろうを買って帰った。
これ以上どうなるわけでもないけれど、近いうちに落ちが待ってる気もしないでもない。
posted by 裸木 at 20:38| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

家族写真

2013062617010000.jpg
2013062617010000.jpg

先月から自分の幼少期の頃に撮った家族写真を飾ってある。
写真を飾った理由が、私が小学校の時に事故で亡くなった次姉との想い出、
というか、記憶がほとんどなく、いくら思い出そうとしても数えるほどしか出てこない。
二番目の姉は気ままに生きてきたのもあって、家にはあまり居なかったというのもあるし、
私の小学校時代は嫌なことや苦手なことを消し去る、誤魔化す事に精一杯で精神的に疲弊しきってた
こともあり、それであの頃の記憶があまりないのかも知れない。これも人間の防衛本能でしょう。
とまあ、暗い話になってしまいますが、家系のことでの繋がりを探るには不可欠なことでもあるので、
写真をいつもそばに飾っておけば、何か思い出したりするかも知れないと思い、ベッドの横に大きめの
額縁に入れた3枚の家族写真と、1枚だけ飼猫だったサモスの写真も飾ってある。
しかし、現在までほとんど何も感じず。元々、兄弟の年齢差が大きいと難しいのかも知れない。
posted by 裸木 at 21:51| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

ゲリラ

2013062519280000.jpg

昨日は鼻の下のストレッチへ。へらへらニヤニヤして喋ってると、
横から声を掛けてきた人がいた。誰かと思えば知り合いの女性。
この方にみつかったとなると噂として広がりそうな予感。邪魔するなよ。


夜、突然のゲリラ豪雨。5回くらいトイレへ駆け込む。パチ怪獣ゲリラ。
前日の疲労からか、期限切れ間近のチーズに当たったのか。
吐き気と頭痛はしなかったのが幸いだったが。

今朝は腹痛は回復してたので何とか食パンと紅茶を食べた。
食べた後はまだ少し違和感あるけど、この調子じゃ大丈夫そう。

夕方にWさんと合奏。土産に昨日買った三笠焼を持参。三笠のおっさん。
Wさんはどうも調子悪そうだったが、くらーい『四季の歌』を
わたしがジプシー・ジャズ風にアレンジしたやつを弾くと、
それに合わせて二胡を気持ちよさそうに弾く。これが弾いてて実に楽しい曲に変わった。
このシンプルな即興のアレンジは◎だった。あとは『蘇州夜曲』をゆったりと。

帰り、昨日の事を思い返してニヤニヤしてた。たまにはええやろ。
posted by 裸木 at 19:43| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

混ぜるな危険

DSCF8703.JPG

フラフラガタガタでお昼前に帰宅。
寝不足が当たり前のような日々になってるので、
昼飯をなんとか食べて一時間半ほど眠る。
夕方、用事で出掛ける。
帰宅後、井上靖氏の短編『ローマの宿』を読む。
氏がローマ滞在中に泊まる事となった宿の主人である
老婆カテリーナとのやり取りが妙に可笑しいけれど、
寂しげな老人の背中はどの国でも同じだと思い、切なくもなる。
でもこの短編もお気に入りになった。

晩御飯のメニューに買っておいた、かいわれ大根でアレルギー反応がでた。
いつもの喉の奥が腫れぼったい。かいわれはなった事がなかったのに...
疲れてるのもあるのか、あの辛味が駄目だったのか。好きなのにこれはちょっとチョック。
そういえば最近、歯磨き粉にもアレルギーのような反応がでたことがあった。
安いガードハローがほぼなくなりかけていたので、これまた安いホワイト&ホワイトを
2日ほど混ぜたりして使っていたら、舌の具合が変になり、鏡で見ると舌が荒れていた。
止めたらすぐに治まったのでこれもアレルギーなんでしょう。
どんどん免疫力が衰えてきてるような気がするんだけど、風邪は以前よりはひかなくはなった。
ただ、背中や腰痛の根本的な原因は歪みや筋肉以前に血流の悪さが原因かなあとあれこれ
言われ続けて今の時点ではそう感じている。数年前の冷え性は半端じゃなかったから、
今はあそこまで酷くはないけれど、まあ、色々と積み重なってきたんでしょう。
いい事も積み重ねが効いてくるけれど、わるい事も蓄積するので仕方ない事もあるにせよ、
出来る範囲で対処していきたい。くたばるにはまだまだ早い。

posted by 裸木 at 22:10| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

目線

hobbit.JPG
悔しかったんだろう、J・R・R・トールキンの小説『ホビット』購入。
映画がちょっと残念だったので、小説を読んでからもういちどDVDを観よう。
昨夜はシャマラン監督の『ヴィレッジ』を観る。この監督の映画ですきなのは
『シックス・センス』、『ヴィレッジ』、『レディ・イン・ザ・ウォーター』くらい。
『ハプニング』以降は出来が恐ろしくてみてない。詰めが甘かったり、失笑する場面も
多々あるんだけれど、何か瞬間的な閃きみたいなのを感じるので観てて惜しいなあと思いつつ、
割りと好きだったりします。何を偉そうに、また上から目線と言われますか。
これでも普通は見えない見ないところまで目を向けてみております。


posted by 裸木 at 21:34| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

惹かれる理由

2013062120350001.jpg
コーラ類の代用に最近はこれ。



肯定的な人と否定的な人の違いと共通点など…
昔と違い、一見、廃れているように見えるだけで実際はとても奥深くまで根付いているとか…





井上靖氏の『ダージリン』を読んで、小説家、元新聞記者という肩書き以前に
死者に対しての探求には深い思いやりや愛情を感じる。
これが井上靖氏の死にまつわる話などに惹かれる理由かと整理。
まだ書きたい事があるけどうまく書けないのでやめておこう。

これでまた氏が書いた晩年の『孔子』に繋がってしまう。
まだ短編集は読みきってないので、他のを読んでから孔子を読み直そう。
posted by 裸木 at 22:16| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

おっさんの乾燥


契約、守護、権力、驕り、祟り、衰退、破綻などなど。
以前よりもスッと入ってくるので面白いのだけど自分はこの中には含まれない。
今後はどうなるかは分からないけれど、何もない方が自分らしく生きれるかと。


映画『ホビット 思いがけない冒険』をやっと観る。
思っていた以上に普通な内容。長いので少しだれる。3部作の1作目だからこんなものか。
ドワーフが近所の住人に見えて仕方ない。この辺りで現実に引き戻される。
小説を先に読んでる方が映像化されたものを見れた喜びはあるかも知れない。
途中から他の事をやりながらみてしまった。
CGやデジタル映像?の事は詳しくないけれど、きれい過ぎてかえって薄っぺらくチープに見える。
最近のディズニーアニメーションを思い出してしまったり...
ギラギラのカッチコチしたファンタジーの世界には入れませんなあ。
LotR3部作の頃の映像がちょうどいいかも。なんとなくパソコンやネットの世界のようで
何でも新しいものを取り入れたりしてついていけないし、そこまで必要ないんじゃないかと
思うのはおっさんのせいか。まあ、もう一回くらいは観てみよう。
posted by 裸木 at 22:30| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする