2013年09月30日

日よう月よう


怒りで爆発日曜日。あそこまで怒る自分が異常だった。それくらい怒った。

生霊がらみの月曜日。死霊と思い込んでて、生霊と思ってなかった甘さ。
それが誰か分かって驚いた午後。あの夢からか…と後で気が付く鈍さ。
死霊=鳥肌立つ、生霊=鳥肌やぞくぞく感なし。かなり正解に分かる。

日曜の怒りの原因の人間に言葉を浴びせてややすっきりした。
普段は言わないし、自分の中で消化しようとする。相手を責めるばかりでなく自分も反省する。
しかし今回は怒りが全くおさまらなかった。お陰で答えが出たので結果オーライか。


◎頂いたKanashimiの音源、いい刺激になりました。
今夜からサバスの『13』を聴く。やっと買った…中古で。
posted by 裸木 at 23:14| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

望郷の詩

tombes.JPG

フランスのフィリップ・リオレ監督のデビュー作品。
少年がギニアへと強制送還される前夜(大晦日)に皆とこっそり空港を抜け出し、
パリの夜景を観に行く場面がとても印象的で、ここで流れるシャンソンがまた切なくて泣かせる。
このシャンソン、思わず音源を捜したけれど、サントラは出てないみたい。
仕方ないので毎度の如くギターでコピーして弾いてたら、自分が作った曲のコード進行が同じだった。
この監督の作品は『灯台守の恋』もお気に入り。映画の舞台であるブルターニュ地方のウェサン島。
ケルト文化が残る荒々しくも美しい島の風景がずっと心に残ってる。今夜も眠れなかったら観てみよう。

posted by 裸木 at 19:50| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

雪女怪獣

DSCF9829.JPG
9月販売分のウルトラ怪獣500円シリーズではイカルスとこのスノーゴンがお気に入り。
ムルチは途中まで帰りマンのムルチと思ってたら、知らないムルチだった。
商品写真を見たら何じゃこりゃといった印象で、実際見てみると角度によっては
悪くないようなという感じ。結局、買ってみたはいいものの、イマイチ好きにはなれず。
塗装はともかく、ムルチは口を開けてなくては。ゾアムルチも実際の着ぐるみはかっこいいのに。

最近は昔のソフビを見ても触っても惹かれることが減ってしまい、新旧まったくこだわらずに
買える範囲のものを摘んでたり。バンダイ、ポピー、ベアモデルのものに好きなのが多いかも。
ただ、ソフトビニールの感触と匂いだけは昔のものの方が好み。色々理由があるのは分かるけど、
どうも最近のは分厚過ぎるものとか、匂いというより臭いと書いた方がいいのもあったりする。



posted by 裸木 at 18:26| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

秋。

2013092621510000.jpg

昨日からギターの調子が大変よろしい。Wさんの二胡も良い音だった。



先日の失態はどこへやら、「風で飛ばされないように帰ってね」
くらくらふわふわしながら帰宅。風は冷たく寒いが顔はにやけてる。



posted by 裸木 at 22:14| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

光と闇

2013092521470000.jpg

音楽を作る、弾くのは継続していたけれど、夏辺りからほとんど音楽を聴く事がなく、
最近になってぽつぽつCDなんかを引っ張り出して聴き始めてた。
ギターは作った曲の再現の為、ちょっと弾き過ぎなくらい練習してましたが、
弾けば弾くほどアコースティックの音というのは奥が深い。


今夜はInfernal Necromancy/KanashimiのスプリットCDを。
わざわざ送っていただいたZDRさん、Kanashimiの方のご厚意に感謝致します。
ヘッドフォンでじっくりと聴かせて頂きます。
posted by 裸木 at 22:16| 音楽、楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

供養

2013092419460000.jpg

今日は水間鉄道に乗って水間寺へ。ここへ来たのは二度目。初回は自転車だった。
駅舎は雰囲気あるんだけれど、ベンチと自販機の空き缶入れがゴミが多くて汚い。
いくら街が寂れてるからといえ、参拝者が乗り降りする玄関が汚いと駄目でしょ。

2013092419470000.jpg


初めての事なので少し戸惑いながらもやること済ませて寺を後にした。
再び水間鉄道に乗り、途中下車して知り合いの古書店を営むテンペルさん家へ。
前回テンペルさんと会ったのは3、4年前だったか。はっきりした記憶がない。
月日の流れるのは早いもので、私が二十代の頃に知り合ったからもう15年は経ってる。
テンペルさんが別名で店舗営業していた時は、ここで時折バイトさせて貰い、
二階で音源を録音させて頂いたりと、とにかくお世話になってた。
今日は久しぶりにお話できてよかった。また遊びに行きます。


帰り、昼は何も食べてなかったので、遅い昼食に何故だかマクドナルドへ。
長いこと口にする事はなかったけど、気まぐれにマックダブルとポテトを食べた。
ポテトは意外と食べれるな、いけるな、と思いながら空きっ腹なので早々と完食、
次にハンバーガーを半分食べ終わった位で胃が既に膨らんでる感じで、
食べきる頃には「次たべるのは来年でええわ」と思った。食べ始めはよかったんだけど…
posted by 裸木 at 20:28| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

連休


2013091819570000.jpg
これはなかなかお気に入り。


◎土曜日◎
多忙疲労。しょうもない氣を受けてしまい、夜中に目が覚める。
それからしょっちゅうネオが耳元まできて「ネ〜オ〜」と鳴いて起こしてくれる。
それにつられたフィオが起きてきて、走り回って遊び出す。
腹の上に着地して怒られる前にダッシュでどこかへと逃げてゆく。
結局、朝まで眠れずに睡眠不足の日曜日。

◎日曜日◎
一ヶ月振りに朝の競歩。T氏やらどっかで見覚えのある顔がいっぱい。
一ヶ月あいて思うのは、皆の顔を見るのは一ヶ月に一度だけでいいかなと。
それが三ヶ月、半年、一年、サヨナラ、が理想。まだ遠いけれど。

帰宅後、予定が変わったのもあり、相談。

◎月曜日◎
携帯の電池の持ちが悪くなり、携帯ショップへ。
受付の子が丁寧で印象良かった。今までは運がなかったのか。
帰りにスーパーへ。店の隅っこでアルコール飲料の売り子が苦戦してる。
声が出てない以前にあんな隅っこに客は来ないだろうに。
こういう子を見ると、何だか可哀想になりついつい買ってしまいそうになるけれど、
アルコールは絶ったので買うのは無理。次はあんぱんでも売って下さい。

posted by 裸木 at 20:26| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

前進

2013092021290000.jpg



お彼岸なので、午後から実家へ。今日は初めて祖父、祖母、次姉の遺影が笑顔に見えた。
親父の片方の耳はほとんど聞えなくなっており、お惚けの加減もあまり笑えない。
ただ、とても珍しい事なのだが、長姉の亡き夫の夢を見たと話してくれた。
母親も終始落ち着いた雰囲気で機嫌がいい。なんだか穏やか。
帰る前になんとなく気まぐれに、なぜだか用事もないんだけど、長姉の家に寄った。
電話ではたまに話していたが、会うのは久し振りだった。
特にこちらからは話を振ってはいなかったのに、若い頃の母親の苦労話、
それと次姉の話をしだした。こちらが訊かないと話題にすることはなかったのに、
色々と教えてくれるかのように話が進んでいくので、途中で喋る長姉を遮って、
「なんで今日に限って次姉の話をすんの?」と言うと、夏にとある店で会った人が、
会話が進んでいくうちに次姉の同級生という事が分かり、葬儀まで出てくれた方だった。
長姉とは面識はなかったので、まったくの偶然。それでその日は次姉の話題を終始していたそう。
そういう事もあってか、私の知らなかった、ずっと聞きたかった次姉の話をたくさん教えてくれた。
今年で亡くなってちょうど30年目。私がどうにかしようと思い、考え出したのも今年。
書けないショッキングな内容も多く、またひとつやらなければいけない事も増えたけれど、
こちらの想いも通じたような事もあり、これで一歩前進したとみていいのかも知れない。
今日はとても気分がいい。9月も捨てたもんじゃないな!
posted by 裸木 at 21:57| 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

青年期

2013091921080000.jpg

映画『ミルク』、昨夜観るはずだったけど、野暮用が入ってしまい、先ほど鑑賞。
幼少期の『蜂蜜』とは違い、悶々とした日々を過ごすユスフの青年期を描いた作品。
冒頭の逆さ吊りされた女の口から蛇がでてくるのは結構ショッキングだったが、
これは青年ユスフの心理状態を表した夢だったのかなと思った。
自作の詩が雑誌に掲載され、それを持って炭鉱のような現場で働く詩人仲間に会いに行き、
互いに詩を見せ、静かに褒めあう姿にどこか暖かいものを感じた。一番好きな場面。
最後は母親との決別ととれるようなところで終わったが、早く続きの『卵』を観たくなった。
『蜂蜜』の時は思わなかったけれど、今回のは感情移入しやすかった。
posted by 裸木 at 22:04| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

ミルク

2013091822030000.jpg
お皿に入れた水を飲むのがネオの習慣になった。
フィオはティーカップ。


昨日で落ちてくれたようで、変な寒気はなくなった。
迷惑掛けるのでやはり用心しておかないといけない。しんどいしね。
今日は夜まで自宅カンズメ。買い物ついでに月を見ながらウォーキング。
今からトルコ映画のユスフ3部作のひとつ『ミルク』を観よう。
『蜂蜜』がかなりよかったので楽しみ。


posted by 裸木 at 22:27| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする