2013年10月31日

半音下げの歩み方

2013103121030000.jpg


明け方、関節のダルさと尿意で目が覚める。
寝ぼけた頭では、しばらくこのダルさが何なのか分からず。
腹痛からか風邪かセットなのか、取り合えず微熱あり、
筋トレで使ってる関節がダルくて少し痛さもある。
風邪薬を飲んでから別件の仕事で出掛ける。
30代で亡くなった方のようで、色々と話を聞いたり片付けたり...
昼には熱が37度までなり、ちょっとまずいなあと薬を飲む。
カイゲンの薬は自分に合ってるのか、すぐに効き目あるので何とか回復した模様。

夕方にWさんと合奏。ニ胡を半音下げチューニングにして音階もひねり、
気持ちよさげに弾きながら、「これでやってみよう」と難しいことを言う。
確かに音色がまったりとしてよかったのだが、こちらもチューニング下げて、
コードも変更なので頭を使いながらその場で合わせる。良いトレーニングではある。
先日からちょっと深い話なんかもしていて、3時間ほど喋りながら曲を演奏した。
いやいや、楽しかった。

帰りに某店へ寄ると、ネオとフィオが大好物な猫缶が半額でひとつだけ売ってあり、
それだけ買って電車に乗った。ジャケットのポッケに猫缶を入れてたもので、
下車する際に椅子から立ち上がると、入れ方が浅かったのか、猫缶が車内の床に落ちてしまった。
慌てて拾ったが、心の中で「猫のです、猫の。私が食べるんじゃありません」と呪文唱えて降りた。
腹が減ったので、自宅近くのスーパーの惣菜売り場でたこ焼きを買った。売り場で迷ってると、
店員のおばちゃんが「これ、いまから貼ってあげるから」と笑顔でシールを貼ってくれた。

自宅までの帰り道、暗闇えらんでたこ焼きを歩き食い。たこ焼き頬張りながら、
今年の残りは飛ばさずに、半音下げて歩くのもいいな、その方が合ってるかも知れないなと考えた。
posted by 裸木 at 21:43| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

回復

月曜に腹を下してから頭痛も酷くて不調だったが、やっと楽になってきた。
心乱れてふらふらしてる場合か。気持ちも入れ替えて、11月に向けて頑張らねば。
と簡単に出来るほど今回は楽じゃない。しかし、どこかで切り替えなければ。

posted by 裸木 at 20:59| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

本と映画

DSCF0445.JPG

J・R・R・トールキンの小説『ホビット』、主に電車に乗ってる時なんかに読み直してる。
ファンタジー系は読んでる間、現実から少し離れられるのがいい。
後は寝る前に相変わらず古い日本文学なんかを読み直してたり。
こちらは現実に近いものが多く、自分と重ね合わせたり出来るのがいい。
映画の場合は本より目が疲れるし、ハズレもあり、それに二時間は時間を取られる。
フランスなどヨーロッパの映画は90分くらいの適度な長さのものも多く、見ていてちょうど良い。
今夜は映画『パリ空港の人々』(またか)のビデオを観ましょ。

posted by 裸木 at 20:03| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

呼子の腹下し

DSCF0435.JPG

先週、出先でみつけたので確保。どうも呼子だけに呼ばれてるらしい。
全国できっと20人くらいは収集してる方がおられるかと...
嗚呼!ガイコクジンが買い漁って値を上げてしまう前に確保しないといかん!
と独り焦り、見つけ次第、確保するおっさんであった。さみしいのか。

悪夢霊夢率がやっと減り、睡眠もよくとれ、運気が少し上向きかと思っていたら、
煩いで不眠とか。笑えない。昨晩たべた季節外れのひやむぎが固すぎて消化不良か、
今朝から腹を壊して大変。朝から支払いに追われ、知人のところへ顔を出して利益分もらい、
午後から小一時間ほどフィオといっしょに眠った。起きてからまた出かけ、夕方にギター弾く。
今日聴いてたのはGORUGOTHのCD。Kojima氏から連絡きたので思い出して引っ張り出した。
当時聴いた時の衝撃を思い出す。いま聴いてもやはり本物。
posted by 裸木 at 20:53| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

毒蜘蛛哀歌

2013102619150000.jpg

早朝競歩中に買ったものにセアカゴケグモが一匹くっ付いてたので振り落とした。
このクモ、見たのは初めてだったけど、意外と小さくてカッコイイ姿だった。
他、半透明の大きなゴミ袋に買い物したものを入れられ、駅まで運ぶ。
ホームで待ってる間、電車内、家までの帰り道、ちょっと汗かきながら
何かまだ潜んでそうな物や、怪しげなものが透けて見えてるゴミ袋を抱えてる姿は
あのひとには見せたくないと、アレで煩うと、やっとこさ恥じらいがでてきた次第。
いや、そんなものは関係ない、わが道を行くのだと思いつつ、マイナー調の鼻歌で帰宅。
posted by 裸木 at 23:37| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

自由万歳

2013102619140000.jpg

朝からへこまされる。私の叔父の供養、叔母にたいする気遣いが気に入らないらしい。
昔の傷がまったく癒えておらず、みんな自分が傷ついた話ばかりで感情的なまま。
黙って母親の話を訊き、最後まで落ち着いて電話を切った。
子供の頃の自分は、この八つ当たりを受けながら育ったんだなあ…
取り敢えず、自分が怒らずに落ち着いて話を聞けたのが進歩かも。
やはり変われない人が多すぎる。残念。私がしっかりみてやらねば。


夕方にWさんと合奏。たっぷりとギターを弾く。終了後にドクドナルドで一服。
Wさんに家族と恋愛(笑)の話をした。長い付き合いだけど初めて。
前「家族で揉めるやつは阿呆よ」後「新月田さん、それはダメよ(笑)」

自由万歳との言葉で締め、他の客が捨てずに放置してある
ゴミとトレイをきちんと片付けて店をでるWさんだった。


感情が不安定な週だこと。さて、帰りましょ。



posted by 裸木 at 19:37| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

アングラモングリ

1025165752102.jpg
自分で弾くのはだいたいこの4本になりました。

久し振りに集中して曲の練習。雨でしっとり。
腹筋に力を入れて、あくまで身体は力を抜き、音に氣を込める。
自分に合った姿勢と音の出し方がやっと掴めてきた。長い道のり。

昨日の事を思い返すと、アングラな空気を吸った者は地上に這い出るのは難しいと痛感。
アングラな生き方をしている人間には難しい。地上は眩しかった...
音楽面は以前よりもアングラではないけれど、生きてる世界がなあ...
昔はぶっ倒れた場所にあのジャンルがあってピタリと嵌ったわけだけど、
そこからぐんと浮上したと思いきや、長居し過ぎてちょっとだけ浮き上がった低空飛行だった。
自分が川崎長太郎氏を好きな理由を再確認したかも。周囲に左右されない我が道を極めていこう。

今日はまたもやBLACK SABBATHの『13』を。ボーナスディスクの曲を聞いていると、
アイオミ先生のギターはアルバム本編よりも調子がいい(合ってる?)気がする。
アルバムもそうだけど、曲によってはロニーが歌った方が似合う曲も数曲あったりする。

さて、次はいまのテンションにちょうど合う、『過去のない男』のサントラを聴こう。
posted by 裸木 at 19:14| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

石ころダイアモンド

2013102419080000.jpg


出先からの帰り、雨宿りを口実に、ちょっと鼻の下を伸ばしに。
多少のじゃれ合いの会話しながら、距離が近付く感じが楽しいのだが、
何気に「家のひとは」との言葉が出て、すぐに別の言葉に訂正され、
今のは無かった事ね、という風に気を遣われるのが少し辛かった。
最初から分かってる事なんだけど…迷惑にならん程度に留めんとなあ…
何だか道端に落ちてる石ころの気分。意味は不明。せつねえです。
posted by 裸木 at 19:31| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

死に近く

2013102319420000.jpg

川崎長太郎氏の短編集がいつもの講談社文芸文庫から
12月に出ることを知り、いまから楽しみにしている。
絶筆の『死に近く』の他は何が収録されるのか。

写真は競輪場にて、すった後ぽい表情の川崎氏。
この後、小屋近くの小田原の商店街を何か大切なものでも失くしたような
表情で歩いていたんでしょうか。
posted by 裸木 at 21:42| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

三回忌

2013102217580001.jpg

今日は叔父の三回忌法要の為、ひとりで一心寺へ。いつもひとりですが…
長い列に並び、受付済ませ、本堂にてお経をあげてもらった。
その後、叔父の眠るお骨佛の前に立つと、自然と叔父の姿が浮かび上がり、
一緒に音楽を聴いたり、どこか連れて行って貰った良き想い出、
また、私の実家との関係が薄れて疎遠になっていってた晩年、
叔母とも離れ、最後は自殺ともとれる持病の放置で亡くなった事。
私と付き合いが戻っていたら、こんな苦しい亡くなり方はしなかったかも知れない、
いやしかし、それが出来る状況じゃなかったから仕方がないのだ、
など、ここ二年の間、時折このような事を考えてしまう。
もう分かっている事だし、普段は悲しみを引き摺ってるわけではないのだけど、
やはりこのお骨佛の前に立つと、毎回、涙が出てきてしまう。

「俺らは子供がいてへんから、墓だけはお前に見てもらおうかと思ってるんや」
子供の頃、叔父夫婦は私にこんな話をしていたが、まさか本当になるとは思ってかった。
posted by 裸木 at 20:24| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする