2013年12月31日

大晦日

2013123116420001.jpg

今年の年越し蕎麦はカップ麺。たまにはいいでしょ。


大晦日らしい空気。今日と明日の元日、お盆、それと地元の祭りの朝。
これらの日には独特な空気、静けさがあり、特に祭り開始前の早朝は異様なものを感じてる。


朝から買い物へ。途中、骨董関係の知り合いに会い、適当な挨拶して別れる。
スーパーでいつもの食料買い、帰宅して昼飯。そのあと『遊星からの物体X』を観る。
SF/ホラー系監督の作品はジョン・カーペンターが好み。
あとダリオ・アルジェントとか。そういやホラー映画で思い出した事がひとつ。
十代の頃に彼女を連れて初めて観に行った映画がスティーヴン・キングの『地下室の悪夢』だった。
二人とも口数少なく映画館をでた記憶が。


音楽はMONOのアルバムとロードオブザリング二つの塔のサントラを聴いた。
今日は映画も音楽も暗め。

夕方にコンビニで今年最後の発送手続きを済ませる。明日は家でこもる予定。



それではよいお年を。
posted by 裸木 at 19:22| パリ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

掃除

2013123018510000.jpg

午前中は掃除。床を拭くと、フィオが床を拭く真似をする。
何故か興奮して走り回る。その後、ご飯を食べてる。
壁を拭くと、フィオは同じように壁をなでなでしてる。
何故か興奮して走り回る。その後、ご飯を食べてる。
洗濯機の下のゴミを取ってると、フィオは腕を突っ込んできて、
同じくゴミを触る真似をする。(スーパーボール1つ発見)
やっと疲れてカーペットの上で寝転ぶ。で、満足したらしい。
その間、ネオはずっと電気ストーブの前でボ〜としている。
ネオはマイペース。今日はAmazing Graceでも歌ってそうな後姿だった。
フィオはメロコアでも聴きながら暴れてる感じかも。なんとなく。若い。
posted by 裸木 at 21:37| パリ ☁| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

性質

DSCF0837.JPG

◆今年入手したひとつ、詳細不明(私が知らないだけかも知れませんが)パチ怪獣。
ミニサイズながら造型が凝っていて、見ていて飽きない。
これが来てからというもの、何年も音沙汰なかったパチ怪獣が立て続けに入った。
様々な線を考えた上で、それでもやはりよく分からない現象が起きる。
でも自分の前に現れるのはやはりパチという...うれしいけれど。

◆元々、何にしても有名ブランド的なものにあまり興味がなく、脇役とか珍品好きなので、
楽器で言えば、ギブソン、フェンダーほぼ興味なし、MORENAとかMARUHAとかに興奮する困った性質。
もちろんそれらの良さは理解した上でのことだから、自分で言うのもなんだけど根っからなんでしょう。



◆神谷さんから頂いてからしばらく封印していた『江戸の重力』。
ここ数年、経験してきた色々な出来事あり、今が読める時期になったかも。
年末年始に再び読んでみようかと。読むもの増えそう。


DSCF0840.JPG


posted by 裸木 at 19:16| パリ ☔| 音楽、楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

勘違い


2013122820270000.jpg

雪混じりの寒い日。暇な一日、今日くらい寝て過すかと思ったが、
備品を買いに出かける事になり、午後からスーパーの100均へ。
買い物済ませて序でに小さめの書店で芸術新潮を探すとあった。
買おうかどうか迷ったが、懐の寂しさから、自然と脳裏に焼き付ける方向へとなり、
30分ほど立ち読みしてしまった。本屋の方、買わずにすみません。
原画が想像してたより大きく掲載されており、何回も読んだ事ある内容なのに見入ってしまった。
あれは良いな。写真のつげさんは、自身の書くマンガそのままのようなお姿だった。
そういえば私が雑誌を見入ってると、中学生くらいの女の子が「ヌード写真!フォ〜」と
言い放ち、歩いていってしまった。週刊誌のその手の写真でも見てると思ったんだろうか。
わたしゃ週刊誌の袋とじに文句を言ってるT氏か。
posted by 裸木 at 20:54| パリ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

値段


朝から知り合いのところへ。特に変りなく、来年もよろしくと。

帰りに本屋に寄って、昨日の芸術新潮を探してもやはり置いておらず、
今日は店員に尋ねると、「うちでは置いてません」だと。
近辺では割と大きな書店だったのに。帰りながらネットで先の本を
調べたら定価1400円と。普段は雑誌類を買わないのでよく分からないけど、
思ってたより高い月刊誌なのね。まあ、そのうち読めるだろう、きっと。

posted by 裸木 at 22:13| パリ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

整理しても残るもの

2013122619340001.jpg

今年の〆。ただ、この手のギターが似合わない。



夕方、今朝から傘を持たずに出掛けていたので、雨宿り序でに本屋へと入る。
昨日、『芸術新潮』という本で、つげ義春のインタビューが載っているとの情報みつけ、
これは読まなくては!と思い、雨宿りの本屋で探してみるが見付からず。
帰り道、雨を避けながら(無理)他の本屋にも行ったがここでも置いてなかった。
もしかして探すのが下手なのかも知れないけど、買うかどうか分からないものを
店員に聞くには悪いので、結局つげさんのインタビューは見れなかった。残念。
先日の長太郎さんといい、何だかそんな波が来てるのか。どんな波か分からんが。

一時期、もう自分には必要ないかもと思っていたけれど、
やはり、つげ漫画が好きだと出戻り。自分の中のものを整理してもやはり残ってる。
これは数年前にギリヤーク尼ヶ崎氏の踊りを見た時にもあった。
久し振りにギリヤークさんの踊りを目にした時、今まで気が付かなかった事が(あえて書きませんが)
どうしても見えてきてしまい、もう自分には合わないなと思ってしまったけれど、
今年、ギリヤークさんの役目というのを理解した時に、スッとまた自分の中へと入ってきた。

posted by 裸木 at 20:09| パリ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月25日

クリスマスは風邪

2013122520450000.jpg
猫クラッカー。



風邪がまだ治らない。時折ある寒気と関節のダルさ、かなり気分悪い時あり、
これは熱があると思い体温を計ると平熱しかなかったり。ちょっと変な風邪。

毎年、昨日が今年の締めのような気がする。誕生日というのはそうかも知れないけど、
時期的にも自分の場合はどうしても今年一年を振り返り、締めてしまう。



今日もGarbageを聴いていた。シャーリー・マンソンの声は不思議と癖になる。
今年だったか久々に出た新作はまだ聴いてないけれど。
あと無理やり音楽繋がりで、Marionetteの野外ライブを逃したのは痛かった。
割りと近くでやっていたにも関わらず、ある事にお熱で気が付いた時点で終わっていたという。
Marionetteのホームページ観てて、あ!?と声を上げてしまった。
来年こそは観たい。ほんと好きだから。
posted by 裸木 at 21:05| パリ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

41歳

2013122421540000.jpg
41歳になった。今年は内面に色々と変化があった年だったので、
歳をひとつとっただけで、去年よりも重みを感じてしまう。
20代前半から30代半ばまでのあっぷあっぷで出鱈目な生き方を思えば、
たかが41でもよくここまで息してこれたものだと思ってしまう。
何者かに、これからも、感謝。


朝から慌ただしくて今日はくたくた。治ったと思っていた風邪が振り返し、夢も最悪。
良いことと言えば、モンテールのカステラケーキを食べたことか。
値引きシールの貼られてないものは美味かった。T氏に自慢できる。


◆追記: 昨日聴いたのはGarbage『 Bleed Like Me』。異常にテンション上がるアルバム。

今日は私の誕生日でもあり、叔父の月命日でもあるので(命日は叔母の誕生日でもある)、
生前、好んで食べていた金つばと、似合うだろうという理由で、
水色の花を買ってきてテーブルの上に供えた。ここ2年で大きな変化と成長があったのは、
叔父のお陰といっても過言ではない。感謝。
posted by 裸木 at 22:16| パリ ☔| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

立ち読み


遠出したくなるほど穏やかでいいお天気。
気持ちを落ち着けて近所での雑用と家での整理。
夕方、本屋に行き、雑誌「BRUTUS」を立ち読み。
川崎長太郎、つげ義春の事が少し書かれているらしいとの事で、
読んでみたものの、期待とは違う内容だったのでがっかり。
つげさんが長太郎さんの小説や生き方が好きなだけで、『無能の人』や
二人が似ているとかなんて思ったことはない。お二人の作品は好きだけど。
なかなか同じような意見を持った方の話にはめぐり合えないもので。
posted by 裸木 at 19:56| パリ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

1222194312901.jpg


年内最後という事なので、早朝の競歩。
今年後半より『姿勢正して歩く』という事をまじめに考えはじめ、
自転車よりも徒歩と電車を頻繁に使うようになった。

いつもの如く、特に何もなく、横のスーパーでT氏と飲み物と甘い菓子買い、
じゃあ、何も無いし、そろそろいい時間だから帰ろうかと思っていたら、
T氏から「乗って行く?」との誘いあり、じゃあ、お言葉に甘えてと助手席に乗り込み、
「例のスーパー近くでいいから」と行き先つげると、「最後やから行こか。付き合え〜」
といい、自宅を飛ばされ、私の好みではない神社の寂れきった市へ連れて行かれた。
どうやらここで今年の締めとして、裏街道を回ってるエロい円盤を購入する目的らしく、
暇をもてあまして「椿の花がきれい」とか思ってた私の後ろの方でゴソゴソと、
今年最後の強運をキレイさっぱり使い果たしたようだった。

どうもT氏とは縁が切れてしまいそうで、なかなか切れることがない。
友人にも「縁があるんでしょ」と言われたこともあり、まあ、不思議な関係。
初めて会ったのは確か8年前。来年でもう9年目になるか。
あれからそれぞれ変わった事もあり、また変わらない事もあり、
体型だけはかなり増量した様子で、最近の彼の姿はミシュランか
ドゥボーイのキャラクターのような雰囲気になっている。
その体型気にして、自傷ネタに走る傾向あり、毎回それを聞かされる度に、
ピエロの舞台裏を見せられているかのようで、寂しく感じる時もある。
まあ、程よい距離で来年もまたよろしく。ありがとう。
posted by 裸木 at 20:08| パリ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする