2015年11月30日

訃報

2015113018430000.jpg

著名人の訃報を知っても、悲しいとはあまり思った事はないけれど、
水木先生の場合は自分にとって育ての親の内のひとりだったので、やはり悲しい。
でも、これは現世でのお役目を終えられたという事なんだろうと…
水木先生、今まで本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。


今夜はゲゲゲの鬼太郎を観よう。
posted by 裸木 at 20:41| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

ネオとフィオ

2015112815580000.jpg
2015112815580000.jpg

バタバタとした週だった。合間、ギター弾く時間の替わりにネコと遊ぶ。
最近はフィオの勢いが強く、一日一回、出来れば二回、本気で遊んであげないと、
フィオはネオを追い掛け回したり、意地悪をする時がある。
たいした事はしないけれど、ネオがフィオの事を本気で嫌がってるので、
助けてやらないとネオにストレスがかかってしまう。
フィオはネオと遊んで欲しい、構ってもらいたいだけなのに、
いつまで経っても猫同士の遊びが出来ず、好かれないままで可哀想でもある。
なので、フィオと遊んであげると、無邪気にボールなんかを追い掛け回してる。
ただ、こちらも気を入れて遊ばないとフィオに見抜かれて遊んでくれないもので、
そうすると、またこちらの顔色も窺いつつ、ネオにちょっかいを出しにいく。
だから私はフィオに本気で遊んでもらってる。…あれ、何か違う。




今日はT氏から誘われ珍道中へ。数年振りの会場は、見慣れぬ業者もいたりして、
意外と「お、」と言う物もあり、今年もあと残すところ数回だし、
雨が降れば終わりなわけで、じゃあせっかくなので買うかと財布の紐も多少ゆるく、
帰りは予想より荷物が増えていたりした。前日の寒さに脅え、無駄に厚着したかも
知れないと思わせる陽射しを感じながら昼に帰宅。
先日は長太郎さんの本も買った事だし、早々と独り気分は年の瀬、かも。





今週聴いたCD
Tyrant - Under The Dark Mystic Sky


15年振りくらいに聴いた。今聴いても恐ろしいくらいの完成度!
ここまで泣かせるブラックメタルというのも個人的に他にない。
あらためて久保さんの才能に脱帽した。このアルバム、現在はいつでも入手できる
かたちでないというのが勿体な過ぎる…それにしてもほんと素晴らしい内容のアルバム。
posted by 裸木 at 16:29| モスクワ ☁| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

ひかげの宿

2015112315000000.jpg


昨夜は珍しくyoutubeにて初見のギタリストを発見、これは!!とひとり興奮し、
その方の動画ばかり観る。うーん、CDで聴いてみたい、これは。

空模様が怪しい休日。朝から毎月恒例、叔父の眠る一心寺へお参りに。
今日は祭日とあって参拝する人も多く、平日なら割と閑散としている境内に、
ちょっと勘弁してくれと言いたくなるほど喧しい大人(日本の方)もいたりして、
軽く気持ち乱されつつ、叔父に合掌した。ついでに親父と叔母の近況も知らせた。
四天王寺のお墓にもお参りし、帰りに天王寺MiO内の旭屋書店に寄って、
川崎長太郎「抹香町」小説集 ひかげの宿/山桜を探すも売り切れだった。
店を出て、とりあえず昼飯にと、いつもの南海そばにて、かき揚げそばを食べた。
その後、先の本を買うために難波のジュンク堂まで行き、講談社文芸文庫から出ている
川崎長太郎の6冊がしっかりと並べられてある事に満足し、その中から『ひかげの宿/山桜』
を取り出した。仕事の御礼として頂いたQUOカードを利用し、定価よりもお安く購入。
ここまで通して『抹香町もの』を読むのは初めてだし楽しみ。今から一気に読みたい気分。


今日聴いたCD

Le Coran - Cheikh Abdelbasset Abdessamad
Bathory - Nordland T
posted by 裸木 at 19:08| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

ラーメンライス



今朝の夢。親父が沢蟹を捕まえ、「こいつをどっかに逃がしたいが、場所がない」
と言うので、「少し行けば小川があるから」と教えてる夢だった。
蟹の夢は初だけど、トラブルの暗示らしいので何だろうかと気にしつつ、
朝飯食べ、ネオと遊び、筋トレして早朝競歩へ。
相変わらず何もないなーと歩いていると、知人の店でモデルガンがあり、
T氏に譲るがボロいので要らないと言ったら、店の知人が自分のこめかみに銃口をあて、
「買ってくれんと…」と言うので「はよ死ね」とお約束の言葉返してあげた。わしも要らん。
しかし、朝からこんな事をしに来たんじゃないんだが…まあ、いいか。
結局、どうにか帰りは(ビミョーな)荷物を抱えて会場を出ることが出来たので、
やっと今月の低運気からは脱出か、もしれない。後は女運が戻れば。戻った試しがない。

昼に実家へ。母親と選挙の話をすると、珍しく私と同じ意見だった。
親父に脱腸の手術後の経過を訊いていると、「あのな、あいつらがな、
皆どこかへ引っ越してもうた。お前の言うとおりやった。ひとりも
この家には残っとらん。みんな居らんようなった」と言うではないか!
思わず心の中で「やった!」と声をあげた。処方された薬に効き目があり、
あとは入院と手術をした事により、何らかの変化があったのだろう。
また戻る可能性もあるけど、とりあえずは良かった。素直に嬉しい。
ただ、親父の耳の悪さとお惚けは相変わらずで、私が「風邪は大丈夫か」と訊けば、
「ハゲ!?」「いや、カ、ゼ」「うん?ハゲ?」(喉を擦りながら)「カ、ゼや」
「カワハギ?」とこんな感じだったので、やはり心配ではあるし、
寝るときは自分と母親の手首を紐で括って寝てるのは変わらずの様子だった。

昼飯は親父が好きなラーメンとご飯で快気祝い。 昔はサッポロ一番の味噌ばかり
だったが、今は明星のあんかけラーメン とろみしょうゆが好みらしい。
身体の事を思うと、ラーメンなどは避けた方が無難なんだと思うのだけど、
そんな事を聞く親父なわけがなく、特にインスタントラーメンだけは絶対やめない。
よほど好きなのね。
夕方帰宅。今朝の夢は親父のこの事かもな、とか考えながら選挙の投票に行った。



今日聴いたCD
Al-Namrood - Kitab Al Awthan
Dissection - The Somberlain
posted by 裸木 at 22:07| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

2015111922460001.jpg



一昨日、知り合いのお坊さんの店へ仕事を兼ねてお邪魔した。
残念ながら某寺の住職になる話が色々あって(檀家とのなんたらかんたら)
お流れになったそうで、ライブでのコラボの話も自然と流れ…仕方ない。
寺はかなり修繕して綺麗にしていたのにそれの経費もでないとかで…
こちらも聞いていて酷い話だと思ったが、それよりも、長年放置されていた
寺院内にある木々の伐採をやったその日の帰り、伐採を手伝っていた方が二人、
交通事故で足の怪我、もうひとりは自宅で足の骨を折ったという…
何の影響で喰らっちゃったのか知りたくなったけれど、あまり深入りすると
私の方にも来そうな気がしたので、ただ聞いてるだけに留めた。
生き念を飛ばして相手が何らかのダメージを喰らい、その分、自分にもしっかりと
返ってくるのは個人的にはよくあるのだけれど、所謂、「人を呪わば穴二つ」。
意外とこういう神仏系に障ってしまい、罰が当たるというのは経験はないかも。
まあ、詳しくは知らないので、神でも仏でもない他の者の可能性も十分にあるけれど。
罰が当たる…、何かやったけど何も起こらなかったと言う方は、自分には影響なくても、
自分の周囲にいる弱者や体質的に影響受けやすい方(これ書いてる人)など、
その辺りに飛んでる場合もあるし、実際は本人が喰らってても気が付かずに、
何らかの者がその人に憑いていて一見守護しているようにも思われるんだけど、
大抵はじわじわと憑いてる者に心身ともに蝕まれていってたりして、本人は最後まで
気が付かない、この場合は中の者が居心地いいので「気付かせない」の方が正しいかも。
それと、この手の話題に恨みでもあるのかというくらい執拗に否定する方にもしっかりと
憑いてる場合が多いかと。本人が気付いたり認めると、せっかくの居場所を追い出される
可能性があるから、というのが現在までの個人的な経験上での答え。結構、人間には色々な
者が自分に似たような者が憑いたり離れたりしてるかと。それに気が付くから良いという
わけでもないし、何か憑いてるからダメ、というわけでもないんだけれど。
しかし、文にするとなかなか上手く書けないのが歯痒い。この辺でやめておこう。


こんな事書いておきながら、最近はBlack Metalに回帰してきている自分がいたりして。
でも新しいものには着いて行けず、昔聴いていたもの、特に初期衝動的な音源に惹かれてる。




今日聴いたCD

Infernal Necromancy/Kanashimi - 光と闇
Infernal Necromancyは音が変わる前の方が個人的に好きだったんだけれど、
聴く時期によって好みなんて変わるもので、最近は近年のメロディックな音にも嵌ってきた。

Dissection - The Sombrelain



posted by 裸木 at 23:05| モスクワ ☁| 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

覗き屋

2015111523430000.jpg

2ヶ月ほど前から、以前から気になって仕方がなかったイスラム教の事を
もっと知りたくなり、図書館に行ってはその手の本を読み漁り、ネットでも
様々な情報を拾いつつ、頭の中で整理したり、最近はクルアーン(コーラン)
のCDを毎日聴いていたりする。それもあってフランスのテロの件は、
ニュースを見るたびに気持ちも重くなり、複雑な想いにかられてる。





さて、気分転換の早朝競歩の日。朝、電車からホームに降りて歩いてると、
真横を中学女子二人が慌てて走っていき、階段を駆け下りて行った際、
ひとりが切符を落っことしていった。どうやら降りる駅を間違えたらしく、
反対ホームに移動していたので、落とした切符を拾って渡してあげると
「あ、ありがとうございます!」と体育会系らしい明るく元気な声。
先週に引き続き、もう今日の役目は終わったか、と思った。
春と秋はT氏に連れまわされる期間なので、この日も泥だらけの道を歩きハシゴ。
しかしまだまだスッカスカ。毎年の事なので慣れてるけれど、やはりつまらない。
そんな退屈な時に目に留まったのが、女性ばかりを見に来る覗き屋のおっさん。
かれこれ10年以上前から朝早くから各会場に現れては、缶コーヒー片手に
女性の谷間目当てでうろつき、ターゲットを見つけると、口に持っていってる
コーヒーがフリーズしたまま見入ってる。私が出店していた頃、夕方になっても
会場をうろついていたりした。このおっさんはこんな事を10年以上も続けているのか…
この日はT氏もこの覗き屋のおっさんウォッチばかりしており、こんなおっさんに気が
いってる事に我ながら嗚呼、駄目だ駄目だと呆れ、知人業者と立ち話したりして打ち消した。
唯一たのしいのは、T氏と子供の頃に戻ったかのような話ができる事。この日も大いに笑った。
リラックスできる友というのはほんと有り難い。感謝。



夕方、叔母から電話。商売をしたいらしい。以前なら止めたが、よほどの事ではない限り、
余計な口出しはやめておこうと決めていたので、聞かれたことだけ教えて電話を切った。
妙なトラブルだけは避けて欲しいけれど、ある程度は覚悟しておこう…


2015111523430000.jpg

玉子牛乳は摂っていてもB12がかなり不足なので、毎日、海苔と煮干しを食べることにした。



今日聴いたCD
Dissection - The Somberlain
Le Coran - Cheikh Abdelbasset Abdessamad
posted by 裸木 at 23:46| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

アマゾン

2015111417220000.jpg

先日、業者から買ったレコードに混じってた2枚。あとは洋楽のフォークやロック系。
ピンクフロイドのEP2枚が盤だけ、とか嫌がらせかっとかよくある話。
選別されてこっちに流れて来たなー系だと思うけれど、付き合いで買ったった。
写真の仮面ライダーアマゾンは、20年くらい前、知り合いの家で聴いた以来。
アマゾンの声は未だにこっちが怪人の声じゃないかと思ってしまうくらい危なっかし。
野獣の中で育った野生児の設定だから日本語を喋っても片言だし。
ライダーものには元々あまり興味がなくて、昭和ものは当時リアルタイムで
観ていたと思われるものは記憶から消えてしまって覚えていないし、
たぶん小学校時代に平日の夕方あたりにやっていたと思われる再放送の分で、
極薄ら観たような気がするくらい。ほんと気がする程度の記憶。他のウルトラや
東宝、大映の怪獣や妖怪もの、バロム1やキカイダー、後は鬼太郎なんかのアニメは
好きでよく覚えてるのだけど。今回レコードを聴いてて、アマゾンだけは観てみたくなった。





2015111417220000.jpg

ヘッドフォン装着でエレキギターを真剣に弾くのは数年振り。主にクラシックギターしか
弾いてなかったので、エレキが異常に弾きやすくて時間が経つのが早い。弾き出すとずっと
弾いてるので、途中で「遊べ」とフィオが猫パンチを浴びせにくる(素直に殴られてる)。




2015111419260001.jpg


最近このパンが美味くてよく食べてる。焼かずに食べた方が好み。






今日聴いたCD

Al-Namrood - Kitab Al Awthan
Dissection - The Somberlain
Halford - Live Insurrection
Le Coran - Cheikh Abdelbasset Abdessamad
Casa de los Babys(カーサ・エスペランサ 〜赤ちゃんたちの家〜
オリジナル・サウンドトラック)
posted by 裸木 at 18:00| モスクワ 🌁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

ビデオとレオ

2015110920420000.jpg

以前、ゲイリームーアのビデオテープを再生したばかりに壊してしまった
Panasonicのビデオデッキの代わりに、先月MITSUBISHIのビデオデッキを買った。
中古だけど調子もよく、満足はしてるけれど、早送りと巻き戻し、あと
ストップボタンを押した時の音がうるさくて、大丈夫なのか少し気にはなる。
現在売られてる再生専用(さすがに今は録画機能は不要か)ビデオデッキも
最初から音がうるさいものもあるようなので、これも元からかも知れない。
そう思うと、壊れたPanasonicのものはかなりよかったように思う…

最近、どちらかと言うと重い内容の本などを読み過ぎているので、
少し気分を変えようと思い、『ウルトラマンレオ』の第一話と第二話をビデオテープで観賞。
前から特撮系の番組などを観ると、子供と一緒、単純なもので、登場する怪獣や
ヒーローもののソフビ、立体物を引っぱり出して眺めたり、持ってなかったりすると
ちょっと欲しくなったりする。なので、ウルトラマンレオに出てくるものを…と思い、
ポピーのキングザウルスシリーズのものを並べて見たけれど、このシリーズ、
残念ながらレオ怪獣が出てなかったりするので、普段はあまり惹かれることのない
ヒーローソフビだけを眺めることになってしまう。好きではありますが。
これの横に並べて似合うのは、バンダイのロンの初版カラーくらいか。
タカトクのマグマ星人は悪くないけど少し小さいし。他のものは横に並べても
造型や色合い的にイマイチなバランスになるような気がする。

何気にウルトラシリーズは初代とセブン以外はだいたいビデオテープで持っており、
ただ、かなりの量になるので、さすがに家には置かずに別のところに保管してる。
こうやって書いていて気が付いたのが、前から日本映画は嫌いと言いつつ、
怪獣や妖怪ものの映画は好きだった事を思い出した。あれは別ものとどこかで思ってたのか。
まあ、どちらかというと映画ではなくテレビ番組やドラマのものが多いけれども。
笑えるか、怪獣出て暴れるか、怖いか、今のところ良いと思えるのはそんな感じかも。


今日聴いたCD
Al-Namrood - Atba'a Al-Namrood
3rd(までしか聴いてないけど)以外ではこのデビューEPがお気に入り。
Le Coran - Cheikh Abdelbasset Abdessamad
Mar Adentro(海を飛ぶ夢 オリジナル・サウンドトラック)
Casa de los Babys(カーサ・エスペランサ 〜赤ちゃんたちの家〜
オリジナル・サウンドトラック)
映画の方は監督のジョン・セイルズと俳優陣らの自己満足的(特典映像での
監督と女優達の満足気に話している姿をみて思う限り)なもので終わって
しまってる感じがしてもうひとつ足りないように思ったけれど、使われていた
音楽はとても印象に残っていたので、先日見つけて購入した。4日連続聴いてる。
posted by 裸木 at 22:08| モスクワ 🌁| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

近郊行脚



■譲る■

2015110119180000.jpg

3日祭日。昨日は久々に自転車で旅。体調管理しながらも気力体力が妙にある。
しかし、なーんにもない。びっくりするくらいスカ。やはり今月の運気には逆らえぬか。
なので、こういう時は他人に親切にする事を心掛けている(この日から)ので、
個人的に興味範囲外(しかし妙によさげなものが入ってそうな箱)を譲ったり、
電車内で老人に席を譲ったりなどして運気の低下をリセット。お陰で気持ちが軽くなった。


2015110411490000.jpg

帰る途中の某所で妙なお店の看板を発見。単にフィギュアを陳列してるだけのお店なのか、
メニューのネーミングがそれっぽいのかなどとどうでもいい事考えながらどうにか絞りだして
掘り返した荷物などを持って帰宅。




■見舞い■

4日。お昼、入院している親父の見舞いへ。自己判断で脱腸の手術をする事に決め、
先月末から入院。母親からは「お前は来んでええ!」とか「叔母には知らせるな」と
前もって言われ、先日、叔母と揉めた時の話になり、「私は子供を犠牲にして一生懸命
這いつくばって働いてきた!」等とやっと認めやがったなこの〜と勢い余って問題発言を
連発していた母親ではあったが、この日、事前に連絡せずに親父の見舞いに行くと、
普通に病室の番号などを教えてくれたりして、カッとなったら勢いで物事を言う性格は
70代になっても相も変わらずで、この人は長生きするやろな、とつくづく思わされた。
肝心の親父は、3人部屋での病院生活で、他の患者は終始イヌの真似をする重度の認知症
の方だったりして、現在は薬の投与でかなりまともな思考に戻ってる親父とは言え、
以前の自分がこんな感じだったのか、進行するとこんな状態なのかなどと初めて客観視でき、
後に控える手術の事も含めて当初は気持ちが沈みがちだったが、2、3日もすると慣れてきて、
受付の若い看護婦と鼻の下伸ばしながら立ち話したり、部屋にくる看護婦に訳のわからない
ジョークを飛ばして困らせたりと、親子というのはやはり似てるものだと痛感した息子だった。
親父は明日が手術だと言い、私が母親の話をし出すとレビースイッチが入ったらしく、
例の家に入り込んでくる人たちの事を喋りだしてしまった。やはり『母親』がどうもまずいな。
しかし、目の前で長い間ふたりだけで言葉交わす事は滅多とないわけで、まあいいかと。
どうも話を聞いていると、はるか昔に大陸から船で渡ってきた民族が、我が家系の血が欲しい
為に家に寄ってきているとかそんなイメージが浮かび、解釈できた。また少し見えてきた。



2015110515410000.jpg

夕方、知り合いの店にお邪魔しておばちゃんと立ち話。ここのコロコロに太った柴犬、
保健所から譲り受けた犬だそうで、それでまた話が盛り上がった。おばちゃん優しいとこあるな、
などと感激しながら犬がおとなしい事をいいことに頭を撫で続けた。ほんと可愛い犬。

2015110515410000.jpg

夜、壊れたビデオテープを分解移植修理。これは以前大量に引き取ったビデオテープの残り。
閉めた店にずいぶん通ったりして、売れるものはあらかたヤフオクやほかのところで売ったので、
残ってるのはDVD化されてないけどあまり値がつかないものとか(こういうのが多い)、
DVDも安く売ってるけれど、観るだけだしビデオテープでいいか的なやつとか、
後はこのジャケがエエんじゃ!なあくまでも独りっきりでしか楽しめないコレクションが残ってる。
幸い、レンタル回数少な目のものが多くてかなり綺麗な状態で残ってるものも多かった。
ちなみに修理したのはテレビドラマ『TRICK』。そういや日本のドラマは好きなの多いかも。
後はエレキギターの弦の交換。張り替えて1時間ほど弾きまくった。スイッチ入ってきたな。






■手術■

2015110119180000.jpg


猫たちが専用のホットカーペットを取り合い喧嘩しそうになるので、ホームセンターにて
小さいホットカーペットを買ってきた。フィオには小さいが(笑)ネオにはピッタリ。
これで喧嘩せずにすむ。夕方、母親から電話。手術は無事に終わったそうだ。
10日退院予定。今夜もギター弾こう。






数日間聴いてたCD
Darkthrone - Under a Funeral Moon
Al-Namrood - Kitab Al Awthan
Orphaned Land - All Is One
Garbage - Not Your Kind Of People
Evan Lurie - Selling Water By The Side Of The River
Le Coran - Cheikh Abdelbasset Abdessamad
Mar Adentro(海を飛ぶ夢 オリジナル・サウンドトラック)
Swing(僕のスウィング オリジナル・サウンドトラック)
おくりびと-オリジナルサウンドトラック
posted by 裸木 at 19:46| モスクワ 🌁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

構内

2015110119170000.jpg

土曜日。早朝より紀州へ。今日はいつもの駅に降りずに終点の和歌山駅まで。
車中、迷彩パンツの横ポケットからCDウォークマンをゴソゴソと取り出して、
カバンからディスクを出そうかなと思ってると、向かいの座席の寝ぼけた顔の
高校生男子が、私のCDウォークマンに釘付けになっているのに気がついた。
どうやらCDウォークマンが珍しいらしい。「今どきそんなデカいもの持ち歩いて
聴いてるんすか、おっさん」といった感じで、だんだんと半笑い気味の表情に。
すまんが、円盤かテープから音がでてこんとなんとなく不安な世代なもので、
ダウンロードして聴くとかどうにも薄気味悪くてあれこそオ、オカルトだ、
などと思って敬遠したまま時が止まってしまってるおっさんなんでそっとしといてくれ、
とこんなこと書いてるとふと思い出したのが、昔、平凡か明星にCCBのリードギターの人が
カセットテープの手動巻き戻し機なるものを自慢のアイテムとして紹介してた事があった。
ウォークマンで巻き戻しすると電池が減るので、これは便利なものだと思ったもので。



2015110119170000.jpg

2015110119180000.jpg

2015110119180000.jpg




お城バザーを午前中に切り上げて和歌山駅に戻り、次はたま電に乗り込み、イベント会場へ。
そこでハンター氏とヘラヘラと雑談し、途中で木の神様・五十猛命が祭神の神社へお参りに。
神社を出て、行きも帰りも満員のイチゴ電車に揺られて和歌山駅まで戻り、夕方に帰宅。
10月終わり。





2015110119190000.jpg

日曜日。T氏と珍道中へ。大学のキャンパスを歩きたい!との熱望を以前から訊いていたので、
じゃあ、学祭のバザー見に行きますかと車で出掛けたのだが、案の定、お約束の道に迷い、
予定より30分遅れて現地に到着。次に駐車場を見つけるのに難儀し、さらに20分ほど彷徨う。
ようやく空きの駐車場を見つけ、徒歩で大学までが結構遠く、「運動不足や」と嘆きながら
歩くT氏の歩調に合わせ、今日はのんびりコースかなと気持ちを切り替えた。
バザーでT氏は目当てのものがあったらしく、大きな紙袋をさげてご機嫌になっていたが、
キャンパス内を歩きながら大学への妄想ふくらました会話をし、学生らに羨望と少々の
劣等感を抱きつつ、二人とも最初は笑顔だったが、だんだんと表情も曇りがちに
なってきたりして、「帰えろか…」「…うん」と言葉少なく呟いて大学を後にした。
しかし、若者の氣を吸収したT氏は「ハシゴや〜」と帰りたがる私を拉致し、次の会場へ…
そこの会場で私がいつも腰に付けてるカギがないことに気が付き、慌てて探すことになる。
結局、買い物した袋に入っており、見付かって一安心。この件でT氏は昔に財布を落として
しまった話を聞かせてくれたのだが、落とした場所がストリップ劇場の椅子の上だったという、
最後の財布の行方よりも、場所がストリップ劇場だったというのがいかにも彼らしくて、
これが話のオチのように思えてしまった。…さて、11月の始まり。明日はギター弾こう。






2日間聴いたCD

Obituary - Slowly We Rot
Al-Namrood - Astfhl Al Thar
Al-Namrood - Estorat Taghoot
Vengo soundtrack
posted by 裸木 at 23:27| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする