2016年02月28日

花粉舞う

2016022819160000.jpg


けだるい朝。筋トレやめて軽いストレッチのみで出掛ける。
二日続けて特に何もなく、普段世話になってるという暗黙の了解、
これが裏目に出ることあるけれど、とりあえずジャンク義理買い。
ワンピースのおっさん「〇〇さん、ワンピースね、段ボール三箱
あるんだけど、買わない?〇〇さんだから安くしとくよ」と
まだ売ってなかったんかい。あれから一年以上経ってるような…
確か、素人が引っ越しするときに買い取ったと言ってたが、どう考えても
自称素人に「買わされた」ような感じの値段だったような気が。
CDまとめ買いの第二弾。よくも悪くもなく。今回は1枚当たり80円。
お天気いいので知人らは機嫌がいい。T氏もブッシュマンの真似はしないが、
先ず先ず。私は頭痛が消え、何となくふらつき残るもまあまあ。
個人的に欲しいものは買えず。





5日前の夢。人気のない薄暗い雑居ビルの一室で、歩行人形がひとりで歩いてる。
気味悪いなと思ってるのに、吸い寄せられるようにそちらの方へふらふらと
歩いていってしまい、人形に手をつかまれて驚き、一声あげて目が覚めた。
長い間この手の夢は見なかったが、正直、久しぶりだったから怖かった。
人形遣いとしてはちょっと情けないが。まだまだ。そういやもうすぐ雛祭りか…


今日聴いたCD

喜多郎/古事記
Limbonic Art - Ad Noctum - Dynasty Of Death
krisiun - Southern Storm
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

頭痛

2016022722550001.jpg

休みなく走り回り、今日は休みたい、と思いきや、T氏から珍道中のお誘い。
「はい、行きます」と返事し、堺市の海側へ…しかしこれといって何もなく、
デアゴスティーニの大映ガメラや妖怪シリーズのDVDだけがたくさんあり、
(返品ものが流れてきたやつぽい) 安いが微妙(うまい値付)、まあ、持ってるし、
スルーし、帰る間際に知人が来たので、ダリの話少ししたりして、
前から売れ残ってたCDを2枚600円で購入。フリマじゃやはり売れ難いか。
あとはトルコ製の小銭ケースなど小物買い、昼前に戻る。
そのまま自転車に乗り換えて別の用事へ。帰宅後に頭痛が酷くなり、ダウン。
肩凝りと眼精疲労からくる頭痛…悪い二日酔いの気分。デコに冷えピタ貼り、
ベッドで横になる。これはもう駄目か、遺書を残さないとなどと考え、
「あの机の引き出しは開けたらあかん」とか。など考え唸ってると、
フィオが冷えピタに興味持ち、デコにアタックしてくる。 辛いが笑った。

夜8時に起き、復活。気だるさ残るが、これで明日も頑張れる。




今日聴いたCD
喜多郎/古事記
Limbonic Art - Ad Noctum - Dynasty Of Death
posted by 裸木 at 23:20| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

行脚

2016022215510000.jpg
1本200円、2本で500円






何とか昨日で仕事を片付けた。それと刑務所に深刻なものを持っていき、一先ず休憩、
とも行かず、三浦友和、今日は叔父の月命日なので、一心寺と四天王寺へお墓参りへ。


2016022419030000.jpg



次に用事を頼まれてたので、天王寺から地下鉄で梅田の阪急へ…
用事終わった後、叔父が好きだった天ぷらカレーそば(都そば)で昼食。
昼だけベジタリアンはお休みした。食後は近くのまんだらけへ。行くのは半年ぶりか。
特にほしいものはなく、無駄に金を使わずに済んだ。店を出てから電車使わず
心斎橋まで歩いて行き、中古レコード屋数件と、別店舗のまんだらけ等を覗きつつ、
小腹空いてきたので、コンビニで定番のあんぱんを買い、歩き食いしながら
難波〜日本橋界隈のお店十数件をチェックし、爆買い客の価格設定のような、
そうでないような値段にしかめ面し、ただ単に欲しいものが置いてないだけ、
かもしれないけれど、個人的に面倒な「やはりネットしかないかぁ」と呟き、
一階がさっぱりなCD、二階がDVDに変わってたあの店では、ミミズバーガーと
人間ミンチをでかいモニターで繰り返し流しており、とうとう気が触れたかと思った。
帰りは通天閣の下をくぐり、天王寺公園内を抜け、JR天王寺駅まで戻って夕方帰宅。

2016022419030000.jpg

2016022419030000.jpg

明日が唯一のお休みとなる予定だがどうなるか。しかし今月は歩き過ぎ。

ちなみにヘッドフォンの変換プラグは地元の楽器屋で、安物定番、
貧乏人の味方、ケーブルだけは使っちゃいかん(長い)、キョーリツ
のものが300円で売ってたので買って使ってる。特に問題なく快適。いい音。



数日の間聴いたCD
喜多郎/古事記
Black Sabbath - Technical Ecstasy
Limbonic Art - Ad Noctum - Dynasty Of Death
Tyrant - Under The Dark Mystic Sky
Total Misanthropy - The Dawn Of A Black Age(CD-R)
Ozzy Osbourne - Scream
Swing - Soundtrack
posted by 裸木 at 20:41| モスクワ 🌁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

猫の時間

2016022308340000.jpg2016022308340000.jpg





222で猫の日だと聞いて飛んで帰って遊んでまた飛んで行って今また電車の中。
二月は楽しい(白目)。さて、今から河原に行って石を拾い、売らないと。
posted by 裸木 at 20:26| モスクワ ☁| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

ヘッドフォン

2016021522530000.jpg

このあいだ、ちょっと面白いデザインだと思い、200円という捨て値もあって、
断線しててもいいかと購入。知人らと「ぜったい外に音がもれる」と笑いつつ、
どんな音質だろうかと興味深々だったのだが、先が標準ジャックのタイプなので、
まだこれで音楽を聴けてない。とりあえずはギターアンプで音の確認のみしただけ。
今時はどれもイヤホンなんかのミニピンジャックなので、逆パターンの変換プラグ
は手持ちでいくらでもあるけれど、ピンジャックに変換する方の物は持っておらず、
ちゃんと試したいなら買わないといけない。日本橋に出向いた時にでも安いの探そう。
ちなみに70年代頃のものだそうで、音は高音きつめで昔のヘッドフォンにありがちな
ものだと、コレクションしている方のブログには書いていた。


朝から晩まであちこち出没し、ばたついている二月。今月で落ち着くといいな。
食事は軽いベジタリアンで貫いているものの、凝った作りの料理に掛ける時間も
ない事から、玄米の基礎だけは崩さぬよう、さっき食材と共に買ってきた。
基本食(あんぱん?)さえあれば、無理して下手な料理を作らなくなるかと。
でも今日の昼はふらふらで作る気力なく、助六寿司と味噌汁。
寿司はあまり好みではないものの、近所のスーパーの助六だけは好きだったりする。
スーパーの帰り、本屋に寄ってレミー追悼記事を立ち読み。それと新刊コーナーで
『残穢』の文庫本が売られてるのに気が付いた。そういや映画版はいま公開中だったか。
文庫本はまたいずれ買おう。個人的には『営繕かるかや怪異譚』の文庫化を待ってる。
本は皆本氏の著書を三冊目に突入。あとは移民関連の本も借りたので読み始めた。

そういや思い出したことがひとつ。昨日、いつもの鉄棒にぶら下がってると、
目の前に小学生低学年ほどの女の子が現れ(霊じゃないです)、人懐っこい
無邪気な笑顔で真横で鉄棒にぶら下がろうとする。昔なら、変な顔でもして
笑わせることくらいはしただろうが、このご時世、おっさんがそばにいるだけで
何を言われるかわかったもんじゃなく、近くではその母親だろうか、
誰かと立ち話をしている声も聞こえ、親からしてみたら見知らぬ中年男と喋る
我が子というのもやはり心配になるだろうと思い、ここはその子供と目も合わさず、
親がこちらに気が付く前にさっさとその場を立ち去った。馬鹿らしい話。




今日聴いたCD
Bathory - Nordland T
Bathory - Nordland U
The Hurt Locker - Oliginal Motion Picture Soundtrack
posted by 裸木 at 18:02| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

食事

2016021412330000.jpg
2016021412330000.jpg

玄米切らしており、白米も炊き忘れてた昨日の晩飯。
ちくわにメリケン粉まぶしてフライパンで焼いたもの。
足りないので、インスタントの味噌汁に素麺を入れたものを追加。



2016021412330000.jpg

今日の昼は昨夜のごはんを反省し、ブロッコリーとトマトを買ってきたはいいが、
献立を全く考えておらず、ニンニクとトマト、玉ねぎをバターで炒め、
先に湯がいてたブロッコリーの残り湯で家に残ってたパスタを茹でて食べた。
何故かバターが邪魔してる妙な味になってしまい、お湯に塩を入れすぎた為か、
一味唐辛子とトマト、大目の塩分でタバスコ風味にもなっており、美味いのか
不味いのか、よくわからないまま完食。横の豆腐の上には毎日食べてるとろろ昆布。
しかし、どれも盛り付けが酷い。ちくわは特に(苦笑)以前、他人のブログで料理の
盛り付けを見て、「汚いなー」と笑っていたが、いざ自分の作ったものを見ると、
いい勝負してる。朝から晩まですべてひとりでこなしてると、食事がいちばん
手を抜いてしまう。金曜日はみごとカップ焼きそばだったし。さて、今夜は…


今日は早朝競歩。非常に生暖かい二月。怪しげな極薄ヒートテックもどきの半袖の上に、
薄手の長袖Tシャツだけで出掛けた。全く寒くない。もちろんズボン履いております。
空模様を気にしながらもぼちぼち人が集まり始め、ひと月空いてた会場だったので、
ご機嫌な方も多くて、こちらも喋っていて気分もまずまず。ただ、相変わらず出物は
どれもこれも小振りで「よ、よっしゃ、飲んだジュースと電車賃は浮いた!」に
毛が生えた程度、まあそれはそれ、予想通りだし、といったいつもの日曜の朝だった。
T氏も最近はご気分斜め、憂鬱さが漂っていたが、今日は回復しており、一安心。

昼前に帰宅して荷物の整理。寝たいのだが、猫が遊んでほしそうに甘えるので、
ベランダにだして遊んであげた。春のような暖かい日だからうきうきしてるようで、
そんな姿を見せられると後回しにもできず。やはり猫は我が子のようにかわいい。
昼飯に「めんどくせー」とぼやきながら先のパスタを作って食べ、1時間昼寝。
起きたら梱包作業と仕入れた物の手入れ。中古の物はできるだけすぐに手入れする。
これやらないと他の氣が部屋にこもるので非常によろしくない。これに尽きる。


今日聴いたCD
Flotsam and Jetsam - Doomsday for the Deceiver
Newsted - Metal
Metal Church - Blessing in Disguise
Metal Church - The Human Factor

posted by 裸木 at 20:01| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

異形好き

2016021111400000.jpg

先日の複数写っていた動物霊の写真、削除。この忙し時期に何やってんのか!?と
自分に言いつつ、皆本氏の心霊本を読みだした頃から、こういう筋書きが出来て
たんだろうと、途中で気が付いた辺りから徐々に現状が把握できるようになり、
何とか昨日、出ていった。元々、憑きやすい体質の上、あちこちダークゾーン
入りつつ、あれこれと掘り返したりしているもので、前々から憑いてたのか、
そこまではよくわからないけれど、皆本氏の本が切っ掛けで見えてきたように思う。
本を読むことにより、自分の内側にいる者が表面化したものだから、写真に写ってた
者たちが寄ってきた、私の方から近付いてしまった感じかなと今は思ってる。
ただ、皆本氏も書かれていたけれど、人間はしょっちゅう憑かれたり、またそれらが
離れていったと思えばまた別のものが憑いたりと、そんな事を繰り返してるのも多いと。
それは前から私も感じていることだったけれど、氏の著書を読むと、現世での見えない
者の影響力は、想像以上に強いものだな、と改めて思った。まあ、だからといって、
仮に霊が憑いて影響を及ぼしてる、と言われたところで、「別にこれでいいよ」
と思うならそれでいいんだと思う。身体の不調と同じで、場合によっては必ずしも
完治させなきゃいけないものでもないし、上手い事付き合っていくのがベストかと。
ただ、何にしても原因というのがあるので、それを知ったからにはやはり出来るだけ
やらねばいかんなあと、我が家系の過去と現在を見て痛感している。
ちなみに皆本氏の著書を読んだのはまだ二冊目だけど、自身の体験エピソードは
何故か色情系が多く、こんな描写はよけいやろ(苦笑)と時折、突っ込むことになるし、
タイトルやカバー絵がいかにも、といった風の胡散臭さがあり、普通の人が読むと、
先の色情霊の話などであまり良い印象は持たれないかも知れないけれど、しかし、
何かを信仰しなさいという押しつけもなく、どこか研究家肌のところもあり、
一本筋が通って生真面目さが伝わってくる。何となく漫画家つのだじろう先生を
思い出してしまった。真面目=天然、といったら叱られますけど、そんな感じ、かも。
さて、私の場合はマイナスのものから出来るだけ距離を置いた方がいい、と思われる
体質なのだけれど、それは無理というもの。幼少時から妖怪と怪獣などの異形の者が
支えてくれた力は大きいし、そういった映画、音楽が大好きでいまだ惹かれっぱなし。
これはやめられんのです(笑)ということで、やっと入手した食玩のチブル星人の
ミニソフビ(おお、無理やり)。定価400円を出し渋り、中古で出るやろと待ってたら、
100円で買えた。ついでに同時期に出てた再販のグドン。これは成型色違いで初版より
濃い目のカラー。現在、ミニソフビは130個(色違いなど含む)を超えたくらい。
2016021111410000.jpg


今日聴いたCD
Ozzy Osbourne - Scream
Tyrant - Under The Dark Mystic Sky
Swing - Soundtrack
posted by 裸木 at 12:36| モスクワ ☁| 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

本とラジカセと祠

2016020718320000.jpg

以前から持っているものとはカバーや中の写真も少し違っており、
もちろん好きな本というのもあって、二冊目だけど「買っておこう」と、
三原色看板の古本チェーン店ではない、普通の古本屋にて二百円で購入。



2016020718310001.jpg

知人の回収業者が「そこにあるやつ適当に好きなの選んで」とのことだったので、
CDとカセットテープ、それとメンテする道具一式持参で5台のCDラジカセをチェック。
写真のやつがいちばん綺麗で音もよかったので、知人に千円渡し、安く貰った分、
お礼も兼ねて、残りのCDラジカセの音のチェックとクリーニングをした。
最近、クラシックを聴く機会が増え、特にホルストの『惑星』とドヴォルザークの
『新世界より』のちょっとした聞き比べに嵌ってる。先日読みえた佐伯 一麦氏の
『遠き山に日は落ちて』、前回読んだ『ノルゲ』。この二冊の中で、特に『ノルゲ』
には頻繁にクラシックの話が出てくるので自然と気になり、『遠き山に日は落ちて』
はタイトルが元々ドヴォルザークの家路に歌詞を付けたものだし…という流れで。
とりあえず、再生機を変えたらずいぶんと細かな音まで聴き取れるようになったし、
これでカセットテープの方も気兼ねなく聴けるというもの。知人には感謝。



今日は早朝競歩。電車降りると吹雪いてた…どうやらピンポイントでの雪だった模様。
雪を浴びながら現地まで約三キロ弱歩き、終われば南海電車に乗って実家最寄駅で下車。
子供の頃に住んでいた場所で少し調べたい事があり、その周辺を散策したのだけど、
今は異常なくらい住宅が密集してしまっており、思うように調べることができなかった。
あと、私が住んでた家の近所に小さな祠が昔からあり、当時から放置されてるような
雰囲気だったけど、今日みたら直視できないほど酷く朽ちており、30年は誰も触ってない
ような状態で、あれほど異様な朽ち方の祠は初めて見た。何も入ってない状態で朽ちた
のではなく、中に何かが棲んでいる状態のまま屋根や壁が崩れ、扉は内側に折れ曲がって
閉じられており、なぜか外からの圧力で内側にへこみ閉じられたのではなく、内側から
扉を引っ張って閉じたような気がしてならない。写真なんてまず撮るもんじゃないし、
じっと見るだけでも危ないのが分かったので、とっととこの場から引き揚げた。
今日は何も憑いてきてませんように。帰りは山手のJR阪和線まで歩き、電車で帰宅。
我ながらよく歩くおっさん。

今日聴いたCD
Swing - Soundtrack
posted by 裸木 at 23:13| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ステッカー


先月の夜の倉庫整理でギターが1本あった。
エエ音で鳴るんだけど、ステッカーが…




2016020718270000.jpg

FernandesのBurnyってちゃんとキャラクターがあったのかと初めて知った。
さすが(昔フェルナンデスに抱いてたイメージどおり)冴えない。
でも十代の頃、Burnyのサンダーバードベースを弾いてた時期があった…








2016020718270000.jpg

鳥羽水族館の『いたずラッコ』…このラッコと聞いて、いまだ連想するのが、
悲しいかな、おっさんが三助してた『おひるねラッコ』を思い出してしまう。
ロン毛縛り、Cathedralのシャツ着て走り回ってた…そういや職場のフロントに
X Japanのファンの女子がいて、偶然、その子もJAVAの会員だった事があった。








2016020718270000.jpg
2016020718280000.jpg

お次はキョンキョンと中森明菜。こんな髪型してた頃、『ザ・トップテン』だったか、
生中継で岬町に来て、灯台の上でキョンキョンが歌っていたことがあり、
「家の近く(ではない。距離感おかしい)に小泉今日子が!」と興奮した覚えが。
でも、二人ともとくにファンでもなかった。








2016020718280000.jpg
最後は何故か映画『南極物語』のタロとジロ!このステッカーだけ綺麗に
剥がして再利用できないものかと、真剣に考えた四十代であった。

昔のものはダメージがあっても味と思ってこれくらい楽しみましょう。
posted by 裸木 at 19:51| モスクワ ☀| 音楽、楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

四季八苦

2016020317590000.jpg

近所の電気屋前に報道陣が数人いたりして、何となく外が騒がしい。
痛々しくて見てられないしほっといたれよとは思いつつ、有名人だから仕方ないか。
しかし、人の不幸で飯喰ってる輩が一番のゲスだと思うのだけど、これも仕方ないか。


週の初めからバタバタしつつも、外で知り合いの美人さんと情報交換などしたり、
猛烈に頑張ってるZDR氏からカッコいい円盤の写真見せてもらったり、あとは…
特に喜び事なく、ただただ慌ただしいだけ、か。面倒な時期を過ぎれば、
また走り回るであろう、春がやってきて、あっという間に桜の花は散り、
気が付けば沖縄が梅雨入り、雨で早朝競歩の日のお休み増えだして、
仕方ないなーと呟いてると、セミが鳴きだし、霊が増えてきたなーと感じる頃は盆。
霊と暑さに軽く悩まされて凌いでいるうちに外から太鼓の音。ああ、そろそろかと
構えているうちにお祭りが終わり、過ぎ去った後は静けさが戻る分、寂しさも感じ、
この時から秋らしい空気にもやっと触れたような気もし、毎年、お呪いのように呟く
「これからこれから」のセリフを口走り、走り回っている内にまたひとつ歳をとり、
今年も路頭に迷わず過ごせた、感謝、と思いつつ、近所のお寺から聞こえてくる
除夜の鐘に耳を傾け、猫を撫でながら、あんぱんを頬張る。
…この中にどこにアレを放り込むことができるのか。アレを。


さて、今日は節分。関西なので、晩飯に恵方巻きを食べましょ。
今年は常世の国の方角だったかしら。


今日聴いたCD
Throneum - Pestilent Death
posted by 裸木 at 19:44| モスクワ ☔| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする