2016年03月30日

Insanity of Slaughter




ここ数日はInsanity of Slaughterばかり聴いております。
2枚リリースCDのうちコンピレーション・アルバムの『1998-2000』収録の#1と
#2のデモでは、彼らが影響を受けたヨーロピアンスラッシュ+ハードコアぽい
ボーカルスタイルが、日本の初期スラッシュメタルを想起させ、自然と笑みが
こぼれてしまう。初期衝動的な勢いの中にも、キレとフックのあるリフや曲構成に
唸らされながら、徐々に北欧ブラックメタルの音に近付いてゆく楽曲も、これでもか!
といった感じで再録を繰り返し、磨き上げていく気迫が音に込められており、
その前向きな姿勢が実にかっこいい。もう一枚のお蔵入りになっていた『Be at a loss』
ではボーカルも含め一点の曇りなく、完璧にブラックメタルの音になっており、
最後に収録されてる2002年のライブにしても、99年に大阪の弱小カセットレーベルが
リリースした、素晴らしき内容のSplitライブ音源よりもさらにバンドとしての成長、
ライブでのかっこよさが如実に伝わってくる。その『Be at a loss』、最終章に相応しい
完成度で、今回世に出たことでバンドとしての有終の美を飾っていると思う。

初めてInsanity of Slaughterの音に触れる方は、先ずは『Be at a loss』から
聴いたらいいかと思う。個人的に先の大阪弱小テープレーベルが関わった、
Black Eyes' AggressionコンピとドイツのPagan Winterとのライブスプリット
カセットがいちばん思い入れがありますが、初期のスラッシュ色が強い頃と、
最後の『Be at a loss』は聴いた事がなかったので、今回聴けてとても嬉しかった。
初期の音源は当時、The Berserk氏に「過去のものも聴かせてほしい」と頼んだように
記憶しているけれど、やはり過去より現在を追及するバンドだった故、聴く事は
出来なかった。また、『Be at a loss』の音源に関しては、これ書いてるおっさんが、
非常に危なっかしい状況に追い込まれ失踪中だった為、存在すら知らなかったという…
なので、本来はその弱小テープレーベルがこの素晴らしいバンドを最後まで責任持って、
それもテープではなくCDで(当時はプレス代が高く…いや、金がなかったのが大)
リリースし、サポートしなければいけなかったんだと、今回初めて(初めてかっ!)
気が付いて、今更ながら反省しております。あとコンピの方も。(ふらふら不安定な
人間はレーベルしたらあかん)なので、今回この2枚のCDをリリースしてくれた
Zero Dimensional RecordsにはGorugothの時と同様、とても感謝しております!










mokurenosho-2016-03-31T153A573A47-1.jpg

今日の出来事。過去のものが動き出すと、毎回こういった事が起きる。
これは古物に限らず。もちろんこんな場所にいたらいかん、ということで確保した。


posted by 裸木 at 22:41| モスクワ | 音楽、楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

ポニー

2016032820520000.jpg

土曜日。朝からT氏に拉致され海側の会場に捨てられる。
目隠しされないだけまし。だから何?といった感じの成果で
帰ろうかと思ってると、知人が店を出しており、スニーカー処分市。
去年の12月に買ったプーマが早くも底に危ない兆しが見え始めてたので、
じゃあ、このよく分からないポニーというハイカットシューズを知り合いだし、
買ってやろうかと値段を聞くと「500円でいいよ」というので購入。
プーマとポニー。何だか自分らしいような気もして軽く満足して帰宅。


日曜日。朝から空模様を気にしながら出掛け、早朝競歩。
下車した駅前で、何となく顔見知りといっただけで避けてる局人と偶然会い、
「こんな朝からここで何してんの?」と言いたげな怪訝な表情で見られ、
「せ、性格が滲み出てるなこの野郎(野郎ではない)」といった感じでこちらも
「なんだこの野郎(野郎ではない)」と睨み返した。ふふふん。

この日はあれこれ小物買い足し、大物なんてあるわけなく、小物。あるだけマシか。
T氏はどうも春らしく、想い人に恋わずらい状態で、ああ、これはこれは…
終始無気力な表情をし、落ち込んでるのかと思えば、何となく柔らかな笑みを
浮かべてたりして、唐突に、珍しく自分から好きな映画の話を語りだしたりもし、
最後は私に「ありがとう」と意味不明に感謝をしてたり。大丈夫か…


月曜日。朝から支払いと引き落としの確認数件で白目剥いたまま買い物へ。
そこでは白目が半回転し、元に戻るようなことがあり、ささくれた気分に落ちる。
普段は考えもしないし言わないが、今日は言わせてもらいます。人類滅びろ。
 


本は神道のしきたりのものを読み直してる。以前よりも吸収率がアップしている
自分に気が付き、神道に関する内容ならたいてい面白く読んでいる最中。
たくさんの気付きを与えていただいた故皆本氏に感謝。



この3日聴いたCD
Insanity of Slaughter - 1998-2000 / 2CD
Insanity of Slaughter - Be at a loss
後日あらためて感想を書きたいと思います。

喜多郎/古事記
posted by 裸木 at 21:51| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

ビニール化&CD化

2016032520490000.jpg


まさかこれが塩化ビニールになるとは…滅茶苦茶うれしい!
Insanity of Slaughterは未聴音源が多く、ひとつは2CD!
しかしDemoをこんなに出してたとは。今から聴くのが楽しみ。





長生きはするもんだ…感無量です。本当にありがとうございました!



今日聴いたCD

喜多郎/古事記
喜多郎/マンダラ(8cm CDシングル)
posted by 裸木 at 21:11| モスクワ | 音楽、楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

ここ二日


2016032319440000.jpg
最近お気に入りの樹脂製のコースターと。

昨日は無理やり時間を作り、昼に実家のお墓参りへ。どうにか彼岸に間に合った。
実家に顔を出し、母親の肉料理攻めに遭い、久々の肉に参った。しかし残さず頂く。
そのあと、年末に向けての独りかくし芸大会の準備。まだ準備というのが歯痒い。
買いなおしたDimmu Borgirの1st聴きながら、夕方帰宅。疲労抜けず。



今日、朝一から嫌な感じのナビの文を読み、イラつく。疑問に思うなら、
同意するのを拒否すれば良いだけのことなのに。遠まわしに吊上げ行為を
疑ってるようにも思え、失礼極まりない。吊上げ行為、一番嫌いなのに。
聞かれたことを丁寧に答えたら、分かりましたとだけ返事あり、少しの謝罪もない。
ただ、購入意思はあり、評価は無しでと。連絡くれず消える方より質が悪い。
なるほど、四桁パーフェクト評価の裏側を見せてもらった。


昼飯食べてると、ZDRの大石君から電話。灰色な気分を一蹴するかのような
テンション上がる話を教えていただき、感謝感謝。やはり行動力ある方の
話を聞くだけで、こちらもやる気が湧いてくる。頑張らねば!

夕方、局やら店やらあちこち買い物に回り、帰ってから巨匠アンドレス・
セゴビアのCD聴きながら、前に仕入れてきたちょっと変な楽器に弦を張った。
ひとつはまあ、バリトンウクレレと同じ、もうひとつは子供用だから5フレットまで、
という仕様なんだろうけれど、フレットレスにもなってる、かなり自分向きの(苦笑)
ウクレレ+ギター。ちょい玩具ぽいし、音もまあ、売りも…、とは思うものの、
やはり好きなので、数十年経ってる弦のままで売る事は出来ないし、小サイズの方は
ウクレレ弦で済むけど、大サイズの方はこれにあうテンションの弦がなかなかない…
売れんかったら私物行き、か。ま、それでも良いけれど。また変てこコレクションが
増えるだけ。そんなのばっかり。20年後は実家がパラダイス化するな、たぶん。


2016032421240001.jpg


今日聴いたCD
Dimmu Borgir - For All Tid
Graveland - Carpathian Wolves
Andres Segovia - Art of Segovia
posted by 裸木 at 22:15| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

半チャック物語

2016032119570000.jpg

振替休日の月曜日。景気が良いし働こうかしら的な感じで、
天気がいいので部屋に籠ろうかしらと言い、朝から作業。
昼に抜け出して買い物へ。今日はどうにも人当たりが悪いらしく、
人嫌いになりそうな日。まあ、そんな日もあるさと諦めよう。ふふん。
帰宅後、ズボンのチャックが半分開いていた事に気が付いた。
夕方、どうにか光が見えてきたので、『じゃりン子チエ』のDVDを観る。
漫画も読んでたし、テレビ放映時もよく見てた。
ソフビ万博の存在を初めて知った。が、興味ないもののようだった。
先週はスーパーフェスティバルがあったことを今日知った。
今も昔も自分にはあまり関係ない場所なんだろうなあと。
楽器弾けず。まあ、そりゃそうだろ。

今日聴いたCD
Dimmu Borgir - Stormblast 2005
posted by 裸木 at 20:52| モスクワ ☀| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

彼岸参り

2016031919480000.jpg

今朝はなぜか空手の試合をやっている夢をみた。初カラテ。
相手とはなかなかいい勝負で、最後まで勝敗は決まらなかった。
次の場面では皆本幹雄氏が出てきて、なんだろうか、晩年のお姿か、
それとも霊幽界での現状なのか、少し辛そうなお姿で霊査されていた。
最後に亡き叔父が出てきて、夜の街をいっしょに歩いていたところで覚めた。
夢の意味は分かり難いけれど、叔父に関しては、お彼岸だから、ということで、
今日は休みの予定を変更し、お昼前から一心寺へお墓参りへ出掛けた。
さすがお彼岸の土曜日。どこへ行っても人がごった返し、境内でケンカしてる
夫婦二組はいるわ、泣き叫ぶ子供はいるわ、NHK大河ドラマ「真田丸」と
ゆかりあるお寺とのことで、マイクで寄付を求めているし、なかなかカオスな
タイミングに来たらしく、ある意味、一心寺らしい雰囲気だった…


2016031919490000.jpg

一心寺を後にして次は四天王寺のお墓参りへ。こちらも当然ながら普段よりも
人は多く、知人の墓前でもいつもより短めにお参りをし、次に馬頭観音さんの
場所でもお参りし、後はあいにくのお天気で店数は少なかったが、露店を見て
まわった。出店している知人2人に挨拶しながら歩いてると、遠くの方で手を
降るおっさんがいたと思ったら、Yさんだった(苦笑)しまった、忘れてた、
と思っても先に見つかってしまったのでもう遅い。「久しぶり〜」と言い合い、
立ち話。まーた新しい彼女が横に座ってたりして、Yさんは還暦はもう過ぎてる
筈なのに妙に若い。毎年のように人魚を獲って食べているに違いない。
でもなんだかんだ言って、売ってるもののセンスは相変わらず独特でいい感じ。
結局、露店では見事、手に取るものもなく、欲しいと思う物もゼロだったので、
お金も使わずそのまま電車に乗って帰宅。やはりぶらぶら歩くのは平日に限る。



最近、家にある『古事記』と図書館で借りていた古事記(タイトル忘れた)、
あと今日借りた『古事記・日本書紀を歩く』をペラペラ捲って読んでる。


今日聴いたCD
喜多郎/古事記
喜多郎/ベスト・コレクション
身殺/輝流(CD-R)
Mortes Saltantes/黄泉還り(Yomi kafeli)
posted by 裸木 at 20:22| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

念力集中

2016031718380000.jpg


朝から年末の独り隠し芸大会に向けて、世界中のあらゆる生命から
少しずつ氣を分けて貰いながらのスプーン曲げの練習(ちょっと曲がった)。
今日みんなが疲れてるのはこのせいです。私も疲れたので、プリンで休息。


今日聴いたCD
喜多郎/古事記



posted by 裸木 at 18:46| モスクワ ☀| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

自由人同士

2016031616140000.jpg



昨夜まで猿のように磨き作業やり、最後にジャンクな初代リカにカビキラー…
色んな意味で怖がってしない方が多いだろうけれど、かれこれ千に届きそうな
数は触ってるので、慣れたもの。綺麗になるかは別問題ですが…





今日は呼ばれてたので天王寺方面へ。小腹空いていたので、
以前から気になってた、ちくわパンを近所のスーパーで購入。
カレー、マヨネーズ、ちくわ、クロワッサンの味。54円(税別)の味だった。




途中下車し、あっちこち寄り道し、ガサゴソと石を漁ってると、
世界旅行してたレコードコレクター氏に遭遇。「後ろ姿で分かったで」と。
子供のように何買ったのか見せ合いしたりして、暫し自由人同士の雑談。
昼過ぎに知人の店に行き、出してきたものを拝見、何ともビミョーなものを
渡され、ビミョーな金額払い、うーん、と唸りつつ、何だか嬉しいものではある。
知人は金の勘定を素で間違えて二度お金を取ろうとして苦笑い。
「最近ほんとにボケてきた」と言ってたが、どうぞ店でトラブらないように!
汚ない段ボール箱とプチプチで包んだままの物を抱えて今から電車で帰えります。


2016031616140000.jpg



今日聴いたCD

喜多郎/古事記
Limbonic Art - Ad Noctum - Dynasty Of Death
posted by 裸木 at 16:36| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

昭和レトロで休息

2016031523160000.jpg

整理してると、どうしても残り物が...いや、捨て値なら持っておこうか、
的な、自分がなんとなく気に入ってしまってるチープな昭和のものを並べ休息。




2016031523230000.jpg
最近、妙に嵌ってきてる自分がいて怖い、観光キーホルダー。

2016031523230000.jpg
同じく観光地の絵葉書。デカい富士山の絵葉書を見つけた時は即買いした。
即買いって…と知人に笑われたが、気にしない。

2016031523230000.jpg
震災前まで喜多郎さんがライブをやっていた同じ富士の五合目の空気の缶詰。
昔「売って」と言われて手放して非常に後悔してたので、これだけは売るまいと
決めてあるが、次に「欲しい」という方がおられるかどうかは...


2016031523230000.jpg
2016031523230000.jpg
パッケージの写真にやられてひとめ惚れ買いしたポケットオセロのレディース版。
珍しい、のか、雑誌an・an版という…さて、少しは旅した気分になったので、
とりあえず眠りましょう。明日がある、明日が。

posted by 裸木 at 23:48| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

春寒々

2016031318190000.jpg

肩こる朝。柔軟と筋トレやってネオと遊んでからお出掛け。ちょっと寒い。
T氏と私からゲイ疑惑を持たれてる常連氏、日に日に服装が私と同じになる。
以前、私の背後に立ち(物色中で気付かず)こちらのケツを凝視してたらしく、
それから何故か私の恰好を真似し始めたようで、最初はT氏が冗談を言っていると
思っていたが、こりゃどうもそんな感じがせんでもない(汗垂)、とも取れるような
気配も感じてきて、今日はとうとうヒゲまで生やしてきていた。勘弁してくれ…
昨日に続きあれこれ買い、「ほな次いこか〜」と連行され、そこでも小銭落とし。
小腹がすいてきたなと思ってる時に、パンとラーメンを売ってるばあさんがいて、
「残り1個やから80円でええわ」と言いながらすでに金くれと手を出しており、
迷う暇なく80円渡し、ここで本日の週刊食べ歩き奇行。期限長いパンだったけど、
意外と美味しかった。結局、二日連続で大荷物になり、季節外れの「merry christmas」と
印刷された赤い大袋をさげて帰宅。帰ってから中身が透け透けだったことに気が付いた。
昼飯を食べて、買い物に出掛けて、夕方まで1時間仮眠。メールの着信音で起床。
誰かと思えば、以前付き合いのあった旧友だった。どうもほんとに発病したぽく、今回も
何事もなかったかのように、自分の事を書いていた。職は見つかったのかとか、話相手は
いないのか、などとついつい心配してしまう、させる奴だと思ったが、話すとずけずけと
こちらのことばかり訊き、あとは他の愚痴ばかりで、今回はメタルの話を書いており、
2年連絡なかったのに、突然またその話題というのがなんとも悲しくなり、10代の頃に
一緒にグダグダと馬鹿やってたし、どうにかしたいけど、離れるにはそれなりの理由
がまたあるもので…心配だけど、今回も言葉が見つからず。これはどうもつらい。




今日聴いたCD

喜多郎/古事記
喜多郎/ベスト・コレクション
Metallica - ...And Justice for All
posted by 裸木 at 19:08| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする