2016年06月29日

梅雨の時期


0629092955242.jpg

心霊研究の為にヒマラヤへ、きのう帰国。日本は蒸し暑いな〜。
明日は磁場の狂いがどれほどなのか、100均の方位磁石もってローマへ。
ああ、日帰りで世界旅行とは忙しい、忙し〜。



「わしが引き取らな誰が買うねん、値段関係なくやります、表も裏も綺麗にして
人形の次の行き先決めてあげるのは使命ですからね。ただね、持って帰るのが
恥ずかしい通り越してかなり危なっかしいので、透けない大きな袋に入れて」
と頼んだのに、その場には半透明の袋しか見当たらず、持参のエコバッグ2つで
どうにか中身が何か分からないよう隠して(隠してるつもり)帰宅。
写真、人形慣れしてないと(ほんと大きいので)ちょっと引くかも知れないけれど、
手入れして乾かしてると、フィオがかなり驚いた様子で近付いてきた時のもの。
80年〜90年までくらいのものですかね。気に入ってくれる所に行ってもらえたら。


今日聴いたCD
Metallica - S&M

許可/悲歌〜二胡(胡弓)無伴奏作品集
中国・南京生まれの二胡奏者、許可さんのソロ。
私が好きな曲、二泉映月を無伴奏でやってるので購入。
個人的にはこの曲はもう少しゆっくりの方が好み。
しかし、梅雨の時期に二胡の音色を聴くと気持ちが鎮まる。
posted by 裸木 at 19:51| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

潤滑炭酸人形

2016062416470000.jpg




初の指板潤滑保護剤。先日、他のメンテ用品と新品を2個で100円で購入したのだが、
これ使うと、弦の感触どうこうよりも音色が変わってしまうような気がして駄目。
基本、弾いた後によく拭いておけばOKな筈だし、これは余計なものを買ってしまった。
おまけにフローリングの廊下でシュッと使ったので、床がすべるすべる(苦笑)
いつものように猫のフィオが勢いよく走ってきてほんとにちょっと滑ってた。

ペプシストロング5.0GVゼロ、確かに炭酸は強めだけど、さほどキツくもなく。
よく分からないので、今度T氏に飲んでもらおう。もちろんよく振ってから。
「カロリーゼロは死ね!」の彼だから、もちろんゼロじゃなくノーマルで。

映画のDVD観賞。先日みてイマイチだった『死霊館』のスピンオフ的作品、
『アナベル死霊館の人形』も観賞。なんでその人形が欲しかったのかしら、
と誰しもが突っ込むほど、最初から怖いものとして作られた人形なので、最初から駄目。
元はラガディ・アンの人形のようなので、もしかしてそのまま使うのはまずかったのか、
でも最初からチャッキーかLiving Dead Dollsみたいなのは白々し過ぎてと思ってたら、
しっかりLiving Dead Dollsで出てたのか。商品化を狙ってあのお姿だったりして。
いや、近年の特撮物のようなわけないか、多分。映画自体は「怖いの見たい〜」くらいの
人にはちょうど良いかも。ちなみに「生きてる人の方が怖い」と言う話を聞きますが、
そういう人にその手のものも憑いてるから怖いんじゃとため息セットで言いたくなる。




062314211917.jpg

聴いたCD
「チャングムの誓い」オリジナル・サウンドトラック
「千と千尋の神隠し」サウンドトラック
「篤姫」オリジナル・サウンドトラック
「アンネの日記」オリジナル・サウンドトラック
喜多郎/古事記
劉明源/弓弦楽の神手
Ron Carter - Friends
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

納豆

0619151911191.jpg

ネオ。最近はよく眠るようになったり、毛並みや体つきを見てると歳取ったなあ
(これ言うと引っ掻かれる)と感じる時は増えたけれど、遊ぶときは子供の頃と
同じ表情や仕草をしてくれる。まだまだ健在という感じで、何だかホッとして和む。





昨日、右足の指の付け根辺りを痛めてしまった。前日に椅子の脚にその辺りを
ぶつけ、特に何ともなかったのだけど、昨日、歩いている時にその部分が痛くなり、
骨は大丈夫そうなんだけど、歩くたびに曲げるところなので、けっこう難儀かも。
まあ、こんなものは自慢の超能力神通力霊能力で治すだけ、なわけないので、
手持ちの湿布薬じゃ剥がれやすいし、何年振りかにエアサロンパスを買ってきた。
今週は梅雨らしい天気だし、週末もまた怪しいし、身体を休めるにはちょうどよろしい。
と思ったら、今日は午後から良いお天気。もったいないので外の用事を早めに済ませた。


用事の帰り、スーパーへ買い物に行った。最近お気に入りだった、ねばうま納豆が
近所ではどこも置かなくなってしまい、非常に残念。この店ではあまり売れんかったんか
と思うと、あれを美味いと思っていたのは私くらいだったのかとか、あれ置かないとか
どうかしてるんじゃないかしら等々、部屋の片隅でひとり納豆をかき混ぜながら、
粘々とした愚痴をブツブツと言いたくもなるが、仕方なく代わりに何かないものかと
選んだのが、京都の鶴の子納豆というもの。試しに何種類か買って食べて見たものの、
どれも豆が潰れたようなものや、固いのが混じっていたり…期待はずれだった。
しばらくは納豆のお気に入りを探すことになりそう。実はそれが楽しかったりもする。

今夜もギターの時間。


今日聴いたCD
ZIGGY - Order-Made
hide BEST ~PSYCHOMMUNITY~
Ray Sandoval - Suenos
喜多郎/古事記
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

祥月命日



土日続けて競歩お休み。でもあまり休めないという…
今日は次姉の祥月命日なので、朝から墓参りへと出掛けた。
きっと今日を境に妙なこの倦怠感からは脱すんるんじゃなかろうかと
思いながらも、珍しくふくらはぎの張りが酷くて足どりが重たい。
何とか墓地まで到着し、2基ある我が家の墓に手を合わせた。
その後、爺さん婆さんのお墓と並ぶ、ひと回り小さな次姉のお墓に手を乗せ、
心の中で語り掛けてみた。自然と湧いて出てきた言葉は、約34年の間、
次姉の悲しみ、寂しさ、悔しさをちゃんと理解してやれてなかった
謝罪の言葉ばかりだった。そして、出来るだけ今よりも楽な方へと
歩めるようにすることを固く誓い、墓地を後にした。
墓地の敷地を出た途端、ふくらはぎの張りがすっきり取れていた。
そのまま実家に寄って両親と軽く話した。親父のあの症状がまた少し出る
時があると母親と本人も言っていたが、話を訊く限り、まだ大丈夫そう。
ただ、話し相手がほぼ母親だけなので、他の人とも会話した方が何かと
良さそうな気がした。今年に入ってから出入り激しく忙しくしているので、
親父としゃべる機会が減ってきてるのもあり、今後の為にももう少し会って
話を訊いてやるだけでもしないといけない。昼時には実家を出たのだが、
タイミングが悪く、もの凄い土砂降りにやられた。おかげでズボン、鞄、
それと雨の日用のボロくたのスニーカーがずぶ濡れ。この濡れたスニーカー
と言えば、去年、あまりの臭さに電車内で次々と乗客が避難してしまった
テロリスト仕様のナイキを思い出し、これは明日よく洗って干さないと大変だ、
金龍ラーメン周囲の再来かと少し恐ろしくもなったが、いや、そうか、これで
ラーメン屋が出来るかもしれないとまた悪質でくだらない事を雨宿りに入った
スーパーの軒先で妄想し、時間を潰した。もっとまともな事を考えましょう…


今日聴いたCD
Limbonic Art - Ultimate Death Worship
Arcturus - Aspera Hiems Symfonia
posted by 裸木 at 22:12| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

天と森

IMG_0250.JPG

結局、我慢できずに橘克英編著『皆本幹雄の天からのメッセージ』をネットで購入。
田中 惣次著『日本の森林を考える』は図書館で借りてきた。
『皆本幹雄の天からのメッセージ』は自分としては珍しく、一日で読み終えた。
所謂、霊能者には本物と偽物との線引きは難しい(そういった類の人には良くも
悪くもその人を利用する霊が憑いてるものなので)と個人的には思っているけれど、
皆本氏は数少ない本物、と言い切れる方のひとりだったように思う。
ただ、お賽銭奨励に関しては、この手の方が「お金」を連呼すると、正直、どうしても
胡散臭く感じると思うし、私も話が出るたびに読んでいて引っ掛かるところではあった。
氏の他の本も読んだ上で頭の中でまとめておかないと、やはり「お金」の話は悪い印象を
与えるかも知れない。まあ、それで理解できないならそれまでのこと、といった感じかも
知れないけれど。個人的に儲け話や、物の価値を値段で決めるような話が飛び交うような
場所で生きているので、余計に金の話は嫌気が差して敏感になってるのもありますが。
あと、これは霊能者の方に言えることなんだけど、やはり背負わせられてるものが
あまりにも多く、そして大き過ぎて、肉体も精神もかなり無理をされていたんだなと。
なので、この本を読んでいて、少し辛くなる時があった。
しかし個人的には、今後の生きていく上での道をさらに広げてもらえた本ではある。
ちなみに前に書いたけれど、私は別に新興宗教に入ってるわけではありません(笑)
家が神道なのに、今まで無頓着でほとんど何もしてなかったけれど、色々なことがあり、
また、自分でも様々な体験をするようになってから、ここ数年は、自分のルーツ、
ご先祖の事をもっと理解し、そして供養しなければと強く思うようになった。
皆本氏も特に何かを崇拝したり祭壇に祀るのではなく、自分に関係のあるご先祖を
ちゃんとしていれば大丈夫、とのことを他の著書で書いていたので、この辺りも
私が感じていたことと一致して嬉しかった。あと幕末明治以降の西洋文化が入ってきた
日本よりも、それ以前の日本こそ本来の日本人の姿があるといった事も書かれており、
それも個人的に同じように感じていたところだった(今かなり省略して書いてます)。
もう一冊の田中 惣次著『日本の森林を考える』も先の皆本氏の本と自分の中では
深く繋がるものが多くて、読んでる最中。これは後日ちゃんと買いたいと思う。


今日はギターの弦をやっと買えたので、今のうち交換して色々と準備しないと。
また週末は欲望の世界へと戻される(苦笑)


今日聴いたCD
Limbonic Art - Ultimate Death Worship
喜多郎/ベスト・オブ・シルクロード
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

交渉癖

2016061416450000.jpg

お天気が怪しいと言われて休めるかと思っていたら、昨日も早朝競歩の日。
昔から知ってる骨董のおっさんは、知人のカメラコレクターをキレさせたようで、
カメラ氏になんで怒ったの?と尋ねると、「値段、いつまで経っても言わんから」
との返答で、これはこのおっさんの昔からの質の悪い癖というか、やり方で、
自分から値段を言わずに相手に言わせて、OKなら売る、気に入らない値段なら
「それやったら止めとき」と片手で追い払うしぐさし、後は一向に交渉に応じない。
私も昔は何回もそれで苛々し、自宅まで言って山盛りガラクタ買わされた事もあり
(ガラクタは化けたけど)、その時期はそれなりの良い物を持ってたので、
断られると悔しかったりもしたが、今は老後の楽しみの片手間でやってるような
品揃えで交渉するまでもないし、もう昔話だったのだけど、相変わらずのようで。

この日は、はしごはしごの汗だくで、帰りは大荷物でT氏に「ここで勘弁せえ〜」と
会場近くの駅前に棄ててもらい、かなり恥ずかしい恰好で電車に乗って昼に帰宅。
荷物のおかげで近所のスーパーへは寄れず、改めて昼食などを買いに出掛けた。

スーパーの雑誌コーナーで、最近たくさん出てる猫の雑誌を立ち読みした。
流行りに乗った、特に動物を流行らすというのははっきり言って気に入らない
事が多々あるんだけれど、猫の場合は別、かも。所謂、雑種の猫がメインの
ような感じだし、なんせ写真が良いのが多く、パラパラと見終った後、
自分の顔がニヤニヤしているのが分かり、「こらあかん」と表情を戻そうにも
しばらく「やっぱ猫はかわいいな」といった表情でカゴ持ったまま店内を徘徊。
やはり猫はかわいい。ありきたりの言葉で嫌だけど、癒されてる自分に気が付いた。



月曜日は筋肉痛の身体をほぐしつつ、鬱陶しい雨の中、Manowarの
"Louder Than Hell"を聴きながら、夕方まであちこち走り回る。
このアルバムは聴いてるとじっくり熱くなってくる感じがお気に入り。
知らぬ間に机の下で拳を強く握りしめたりして独り熱くなってる(笑)
さすがにいきなりブラストで飛ばす音には着いていけない時が増えた。


聴いたCD
Manowar - Louder Than Hell
Destruction - Thrash Anthems
Geneva - Further
Alcest - Souvenirs D'un Autre Monde
喜多郎/古事記
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☀| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

部活

2016061119040000.jpg

旭山動物園のホッキョクグマのチョロQ。ジャンクで拾ってたものを
リペイントし、タイヤ交換もした。前から動物ものに弱いところがある。



蒸し暑い朝。ストレッチと筋トレし、「そろそろ来るか」と構えてると、
「はよ乗らんか〜」とT氏の声が聞え、首根っこつかまれて毎度の拉致。
「前にオレの車にジャッキーチェンのシール勝手に貼ったやろ!しつけじゃ〜」
と海辺に棄てられた。オリビアニュートンジョンのシールには気づいてない模様。
日が昇るにつれ、蒸し暑さが増し、久し振りの汗だくになった競歩。
何かあるようで何もないような、いまいち気分も乗らないまま終了。
以前からここの場所はあまり好きじゃないし、本当は来たくはないのだが、
友達との付き合いで来てるというのが正直なところだったりする。
帰りの車中では、中学時代でのクラブ活動の事が話題になった。
私はサッカー、柔道、卓球、柔道以外はまずまずだったのもあったが、
どれも長続きはしなかったし、中2の終わりでバンドを始めたため、
部活はやらなくなった。これだから特にいい想い出もない。
T氏は将棋クラブと防犯部だったそうで、部に入った理由が
「金が一切かからない」というのを聞き、ネタでもなんでもなく、
厳しい環境で暮らしてたのが伝わってきて、せつない気持ちになった。
そういった理由があって、剣道部やサッカーなどはやってみたかったが、
道具一式を買って用意しなきゃならないので諦めたようだった。
話を聞いてると、人間の虚しさの感情が押し寄せてきそうになったので、
すぐさま気持ちをそらして別の話題に切り替えた。最近、人の心、感情を
読むのが前よりも鋭いというか、強まってるので、うまくコントロール
しないと自分がいちばん辛くなってくる。そのせいで、余計な霊や氣を
憑けてきやすく、結局、自分ひとりが馬鹿をみる破目になる。そんなことで、
やはり今日はひとつ憑けてきてしまっていたので(夕方まで気が付かず)、
祓言葉を唱えて外した。祓う方の力も少しだけ強まってるので、
何とか大丈夫、といった感じ。この手のことを信じない方からすれば、
馬鹿な話のように思うだろうけれど、皆本氏の著書を読んでからは、
自分の思ってた事、やってきた事は間違いではなかったんだと確信。
ちょっと余計なことを書いたけど、やはり本当なので書いときます〜


今日聴いたCD
Arcturus - Aspera Hiems Symfonia
hide BEST ~PSYCHOMMUNITY~
交響組曲「ドラゴンクエストW」導かれし者たち
posted by 裸木 at 20:13| モスクワ ☔| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

棚の整理

IMG_0145.JPG

ご先祖、家族に関する霊夢を連日見たことを書いてもまだ纏まらないので、
とりあえずどうってことない日常の話を。
昨日、電車に乗った際、向かいに座ってた多分ブラジル系の若者が、
篠山紀信か葉加瀬太郎を意識してるのかというくらいの姿をして
いらっしゃって、影を見るだけでも誰か分かるなあと、とぼけた事を
考えてると、隣の車両からこの若者の一見して母親(Messiah Marcolin風)
と分かる方が歩いてきて、その子の隣に腰を落ち着けて私の方を何故か
じっと見つめてくるので、異様な迫力の二人にやられてしまい、ぐったり。

最近、CDとDVDの棚を整理しなければ聴きたいCDが見つからない現象が
起きてきた。売り物と玩具に関してはきちんと管理はしているのだけど、
ディスク関係はさすがにまずくなってきた。ちゃんと分類わけしてても、
どこかでいい加減になってきて、どの引き出しあけても『トリック』の
ビデオが出てくるとか、よく分からない収納の仕方になってる。
整理ついでに聴かないやつは処分の方向に、と思いつつ、サントラのCDを
触りだしても売却していいのがほとんどないという困った状態。
まだまだ思い入れのあるやつが多くて、今は処分出来そうにないかも。


整理してたら失くしたと思ってた(苦笑)GenevaのCDが出てきた。
もちろん嬉しくなってさっそく聴きながら棚の整理をした。

この日聴いたCD
Geneva - Further
Alcest - Souvenirs D'un Autre Monde
どうしてもこの2枚を続けて聴いてみたかった。
posted by 裸木 at 20:16| モスクワ | 音楽、楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

狼の子

IMG_0077.JPG

狼少年ケンの世代じゃないし、想い出もまったくないのだけれど、
この小さな子狼ソフビ、可愛くて気に入ってしまった…なんじゃこの可愛さは!
長年、民芸品の中に埋もれていたので、しばらく家に滞在して頂きましょう。



梅雨に入って疲れがでたのか、昨夜は布団を蹴って寝たせいか、
珍しく軽い風邪をひいてしまった。あんぱんとニンニクとあれで治しましょう。


今日聴いたCD
Arcturus - Aspera Hiems Symfonia
Tyrant - Under The Dark Mystic Sky
チューブアンプのような美しく歪んだ声を堪能できる2枚。

posted by 裸木 at 20:49| モスクワ ☔| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

梅雨入り

2016060612300000.jpg

土曜日。朝から池田市で知人と会う。ひっさしぶりやな!と言い合い、
近況語り合いつつ、要件済ませて別れる。次はいつ会えるやら…
昼にミナミ、日本橋界隈を徘徊。玩具屋と中古レコード屋など中古屋を回る。
中古CD3枚購入。Arcturusの1st(1000円)とThe 3rd and the Mortalの
2nd(500円)は買い戻し、Blood Ceremonyは500円だったというのもあるが、
前から聴きたかったのもあって喜んで購入。Arcturusは再販よりも自分が持ってた
オリジナル盤が欲しかったのでかなりうれしい。CDとは言え、この時代の空気を
音以前に物から感じたい。そういった聴こえない、見えないものも込みで楽しむ主義。

さて、ふらふら空腹状態でウロウロキョロキョロしながらVolks前に着たら、
どこかで見たことのある車が停まっており、運転席を見ると知人業者だったので、
声を掛けたら「あー!こんなところまで?!どこでも出没するなあ!(笑)」
と言われつつ、テンション高いまま10分ほど喋べる。また宜しくお願いします!
あれこれ必要なものを買い足しつつ、空模様も怪しくなってきたので南海高野線
で帰路につく。途中の乗換駅で最近楽しみのひとつ、天牛書店の古本市に立ち寄り、
500円均一の日かあ、あ、でもこれは欲しいな、これは500円ちゃうやんか、
など脳内でブツブツ呟きつつ、今日はやたらに海外の精神世界、超常、オカルト系
が充実しており、パラパラ捲りながらも引っ掛かったカ所を熱心に立ち読みし、
30分ほど滞在。結局、一冊も買わずだったが。皆本幹雄氏の本はあと数冊
読みたいのがあるのだけど、氏の著書だけに、外での出会いを期待したいので
ネットではまだ買わないようにはしている。この日は見つからなかった。残念。


日曜日。梅雨の初めらしく、雨模様で早朝競歩はお休み。昨日は飛ばし過ぎて
この日は朝から疲れが酷い。室内作業もほどほどに、だらりと一日過ごした。



2日間聴いたCD
Bathory - The Return......
Arcturus - Aspera Hiems Symfonia
The 3rd and the Mortal - Painting on Glass
Blood Ceremony - Blood Ceremony
Tyrant - Under The Dark Mystic Sky
posted by 裸木 at 13:37| モスクワ ☀| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする