2016年11月26日

祝山

IMG_1891.JPG

加門七海さんの本2冊読み終わる。『祝山』、私の身辺で起こるような怪異が
普通に描かれており、まったく他人事とは思えず、おかげで一気に読み終えた。
Amazonレビュー(結局、ここを見るほかないので)を見ると、物足りないとか
言う感想も多いけど、本当の怪異はこんな感じ、だと思う。この手の怪異の
渦中に巻き込まれると、本当に大変なんですから!!!!
さて、ほんとこれと少し似たような出来事が再び始まってしまってるので、
これから忙しい時期になるというのに非常に難儀な話。ほんと私にどうしろと!?
加門さん自身が小説やエッセイの中で苛々したりキレたりしてるのがよく分かる。
でも首を突っ込んでるというか、私も隙が多いというか、注意していても気を抜く
癖があったりして、既にかかわってしまってるようで、夢でも私が仲介役になり、
「どうにかするから」とか言ってしまってるところが悲しい。しかし、なんで
あんな事言ったんだろうか。まあ、出来る事だけは、やる。それ以上は知らん。




今日聴いたCD
P-MODEL - Golden☆Best
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

災苦リング

2016112317420000.jpg
燃料補給。



祝日。2件はしごの早朝競歩。1件目、全くダメダメ。出てる店の人も準備を
しながら嘆いてる始末。じゃあ、早いとこ2件目に行くか、今日は自転車を
駅に停めてから電車に乗って行こうと決めていたので、自転車に跨ったら、
背後から東亜細亜ハーフの50代の知人が声を掛けてきた。「ここはあかんな。
今からあそこの場所行くやろ。自転車でいっしょに行こか!なあに、1時間も
掛からんよ、こっちこっち」と断る隙もなく、あれよあれよと引っ張られて、
片道約10キロを自転車で行くことになった。涙。今日は休みたかったのに…
知人の方は22インチか?!というくらい、小型でオンボロのママチャリ。
どうやら昔は空港の辺りまで自転車で行ってたらしい。それも折り畳み式で…
一昨日は骨董市、20日は同じようにママチャリでハシゴした後のようで、
まったくの疲れ知らずのその気力体力には恐れ入りました…そんなこんなで、
40代と50代のおっさんが肩を並べて朝から国道沿いをサイクリング。
今朝、目が覚めた時にはこんな事になるなんて思ってもみなかった。
しかし、得るものもあるというもので、知人ののんびりとしたベダルの
漕ぎ方は、実は長距離でも疲れない自転車の乗り方なのかも、とも思え、
向こうのペースに合わせながら、足には力を入れずにこちらも自転車を漕いだ。
あっという間とは行かないけれど、思っていたよりも早く別会場に到着し、
狙い物が違う知人とはこの場でお別れ。会話していても悪い気はしない方なので、
今日のこの誘いもきっと何かの縁だろうと言い聞かせていっしょにここまで来たが、
なるほど、私はいつも自転車を漕ぐ際、力を入れ過ぎていたので疲れやすかったの
かも知れないなと思った。別会場では懐かしい方が店を出しており、久し振りだし
少し多目にここで品物を買った。メタラーのN嬢も出ており、「勾玉探してました
よね?持ってきてますよ」と言うので、オニキスの勾玉ネックレスをひとつ購入。
帰り際、小銭を地面にパラパラとばら撒いては拾い、また危なっかしい手付きで
財布に小銭を入れようとしてまた落とすのを繰り返していたおっちゃんがいた。
よく見ると、昔わたしが出店していた頃によく銀行貯金箱を買ってくれていた
おっちゃんだった。少し躊躇したが、声を掛けると向こうも懐かしそうな表情をし、
挨拶もそこそこに玩具や漫画などの話を喋りまくる。歳を尋ねるとなんと今年で74。
うちの親父とあまり変わらないので驚いてしまった。確かに見た目は年相応だけど、
話す事が若い。企業物や鉄人などのブリキ玩具、石ノ森章太郎、水木しげるなどの
漫画の話がぽんぽんと出てくるので、うちの親父ならあり得んなあと驚きつつ、
楽しい時間を過ごさせて頂いた。しかし、今から思えば、自分の親と同じような
年齢の方に、かなり強引な売り方してたかもと過去を振り返り、反省した。
次にまた会った時はもっと話をしよう。こういう話ができる人はいないと
言ってたし、何となく親父と同じ雰囲気だったりするし、それに、似た兆候も
見られたし…これからこういう事、増えていくやろなあ…帰り道、当然の如く、
行きと同じ距離を自転車で走ることになり、冷たい向かい風と緩やかな上り坂
に体力を一気に奪われて、帰宅後、爆睡。早死。若死。夕方、なんとか蘇生。



今日聴いたCD
Ruination - Visionary Breed
Ray Sandoval - Proxima Parada


posted by 裸木 at 23:06| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

本とCD

IMG_1827.JPG

梅田を後にし、難波界隈を徘徊、デカイブックオフで加門七海さんの文庫本2冊を購入。
意気揚々と中古レコード屋も足早に回り、PoccolusとRuinationのCDを発見、
喜んで購入。Poccolusは特に探していたのでむちゃくちゃ嬉しかった。
理由あって手放したCDだけど、最近はこういった買い戻しの音源ばかり。
帰りの電車内はもちろん買ったばかりのCDを聴いた。


今日聴いたCD
喜多郎/古事記
Ray Sandoval - Proxima Parada
Poccolus - Poccolus
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 音楽、楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阪神

梅田に出てから頼まれていたものを探し出し購入。その後、阪神で出店されている
りっきぃさんに会いに行こうと阪神百貨店へ。まったく山勘で「8階だ」と決め、
8階で店を探すが見当たらず、ネットで確認すると4階に店があると分かったけれど、
今度は逆方向に歩いてしまい、きらきらふわふわ?してるランジェリー売り場を通過する
羽目になり、嗚呼、慣れない場というものはこんなものだと思い歩いてると、気が付けば
お店の前までたどり着いていた。7,8年振りになるのか、前回は私がビンテージ系の
ファッションドールの山を確保し、テンション高いままその足で梅田まで出て…確か、
会いに行ったのは覚えております。突然お邪魔したにもかかわらず、何故かあの場所で
食がテーマの話で盛り上がり、『肉談義』ではお二人の強いこだわりにたじろいで
しまいましたが、手に取って見る可愛くて丁寧な作りの作品には決してお世辞ではなく、
「凄い」の一言でした。個人的には15センチのベアが「ちょこんと机に座らせて飾ると
いい感じ」と惹かれるものがありました。今日はほんと会えて嬉しかったです。
また機会があればお邪魔致します。帰り、先の話に影響されてか蓬莱の豚まんが
食べたくなった。今は軽い菜食主義なので食べないけど、忘れられん…



posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神社

2016112118250000.jpg

早朝に手早く仕事を済ませてから、JR阪和線〜環状線〜近鉄大阪線と電車を乗り継ぎ、
東大阪にある長瀬神社へ。10月ここを訪れて以来、今回で二度目の参拝。
最初に手水舎で勾玉腕輪のお守りを清めさせて頂いた。先月、一度だけ腕輪の水晶が
くすんでしまい、酸化したような黄ばみがかった色になり、水洗い、石鹸、太陽光など
何をしても元に戻らず、思い当たる節として、ちょうど重たい方のものを憑けてきた時
だったので、それだけ守ってくれてるのかな、以前はこれを直で自分が被ってたのか等、
この手の話は聞いても、やはりいまいち信じていたわけではなかったが、実際、憑いてた
者が消えたなと自覚した頃、腕輪の水晶も元の透明度に戻った。それから現在まで水晶は
くすむ事なく綺麗なまま。さすがにこれは腕輪の効力を信じないわけがいかなくなった。
本来、手水舎の水でお守りを清めるなどは聞いた事はないが、何となく必要な気がして、
それからずっとここの手水舎の水でお守りを清めたいという気持ちが募っていた。
参拝後、来た道をてくてくと戻り、近鉄大阪線から環状線に乗り、大阪まで出る。
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

晩秋

IMG_1808.JPG

昨日は映画『晩秋』をビデオテープで観賞。原節子こわい!それに尽きる。
それといやーな地震。そのあとに見た、無責任な予言とやらに怒りが込み上げ、
元々、オカルト、スピリチュアル(ほんとはこの二つの言葉が安っぽくなって
使いたくないけど)などは言うまでもなくの人間ですが、さすがにそれ言って
どうすんの?自分の為に言ってるでしょ、といった風にとれる予言は大嫌い。
そんなものより、自分の五感と第六感をみがいてる方が良いと思う。
注意しなければいけないのは当然だし、その地域に住んでる人は言われなくても
そんな事は分かってるし。何が魔の水曜日じゃ、水曜日にあやまれ!と怒りながら
寝たにもかかわらず、朝の4時過ぎまで熟睡できたのは幸せだった。

今日は秋らしくハズレな日曜日。妖怪好きな方と喋って、自分らしく人形ひとつ買った
だけで小さく終了。すでに月の力は衰えてたのか、知人らは何となく元気がない日。



今日聴いたCD
Autopsy - Severed Survival
Death - Leprosy
Death - Spiritual Healing
Def Leppard - High 'N' Dry
Wolves in the Throne Room - Celestial Lineage
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

映像と活字


2016111720050001.jpg

朝からあちこち走り回る日々。しかし夕暮れには帰宅。野良猫的人生。
合間に小津安二郎監督作品の『東京物語』『麦秋』の2本を鑑賞。
原節子よりも笠智衆という俳優の熊本訛りと佇まいに惹きつけられ、
知らぬ間にじんわりと感動している自分がいた。長太郎さんごめんなさい。
それとDVDで『じゃりン子チエ』の1巻と2巻も郷愁感に包まれながら観る。
この歳になって、ここまで笑いながらアニメを見るとは思ってもなかった。
劇場公開版よりもこの最初のアニメ版が好き。テツ役の西川のりお最高です。
本は筒井康隆『筒井康隆全漫画』アフリカの血(少し諸星大二郎チック)、
カンニバリズム・フェスティバル(一コマ風刺漫画)の2作が好みだった。
あと友人に貰った山田 洋著『自然形体療法』、それと『南海鐡道案内
(全)復刻版』を少し読む。先日買った井上靖氏の本もはやく読みたい。
超自然的な事が最近減ってるので、今のうちにこっそりと普通の本を読む。
先月から流れが変わってきたのは明らか。でもどうせまた「どうにかしてくれー」
と彷徨える者が来ると「はいはい…」となるし。そうなるとまた嫌な寝不足になる。
今は楽しい寝不足。次は録音の方向へ。

今日聴いたCD
Graveland - The Fire of Awakening
Praying Mantis - A Cry For The New World
Queensryche - Empire
posted by 裸木 at 20:06| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

小津もの/命日

2016111321160000.jpg

■日曜日■

暖かいと思ってたら肌寒い日曜の早朝。しかし9時を過ぎた頃には気温上昇で
暑くなってるに決まってると予想し、Tシャツに薄い上着を羽織って出掛ける。
朝一から自分の趣味に走り、小津ものなどビデオテープを大量に確保。
帰りは重くなるのにと思い、また、川崎長太郎先生には申し訳なく思いつつ、
初の小津安二郎の映画。DVDは捨て値のような価格で出回っているのに、
何故にVHSなのか。好きだから、VHSビデオテープ。ただそれだけの理由。
周囲には誰も愛好者のいないビデオテープ。孤独な収集もの。馬鹿者。
そういや前日、ちくま文庫の小津安二郎の本を手に取り、「…要らんな」と
購入を見送ったばかりだった。ああ、また来たかの関連ものの繋がりが。
で、本の相場なんて知らんと書いたら、興味惹く郷土本を見つけて購入。
いつもながら物との出会いは面白い。帰りは汗をかきながら10キロ超えの
荷物を抱えて昼前に帰宅。今日も色々な方に感謝。


■月曜日■
今日は飼い猫サモスの命日。5年目。好物だった鶏のササミを買ってきたので、
コンロで焼き、サモスの写真の前に供えた。フィオは食べないが、ネオは少し
だけ焼いたササミを食べていた。天気がわるくてデカイ月は見えないけれど、
何だかサモスの命日らしい日だなと感じた。


聴いたCD
Master's Hammer - Jilemnicky Okultista
Panopticon - Panopticon
The Gipsy Kings - Very Best of the Gipsy Kings

posted by 裸木 at 19:52| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

爆買


2016111221160000.jpg

11月なのに暖かな土曜日。電車とバスを乗り継ぎ今日も朝から競歩へと。
天気よくのんびりムードと思いきや、ついにここに来たかの中国人の爆買い。
以前から見掛ける顔だったが、中身半透け状態で衣装ケース丸ごと買い、
店の人をうまく丸め込め、次から次とデカいケースが開けられることなく
店の隅っこへ除けられて行く…「あ、それはちょっと見たかったのに」と
いう半透けの物体を横目にしながら、ちょっと店の人にも同情したりして、
朝一からシラケムード。適当にそれらしい物を選んでるだけで、何も分かって
ないだろうけれど、早いとこ「あれダメだった」と諦めて、次なる金目の物の方へ
流れて行ってくださいな…その前に私が離れる方が良いし理想だけど。頑張らねば。
後は気候良いせいだろうか、スマホ片手のAmazon業者ぽい中年がいたりして、
時折みかけるそういった方は、必ずと言っていいほど、店主の目の前にして
スマホで片っ端から調べまくってる。さすがに露骨過ぎるし、同業者からすると
目利きの目の字もないのかと少々カッコ悪い。ちょっとこれは分からない的なものを
調べるのは理解できるけど、せめて好きなジャンルくらいある程度頭の中に
叩き込んどけよ〜と思いつつ、その方の脇から手を伸ばして残念ながら!
帯はなかったけれど、CD2枚つかんで購入。で、文庫本のところでまたその人と
被ってしまい、自分の好きな本は分かるけど、相場とかになると私は本の事は
ほとんど知らないので、未読だった井上靖氏の本と、漫画描いてたとは知らなかった、
筒井康隆の漫画を二冊100円で購入。何だか今日はこういう方が目立ってしまう日
だったようで、妙な疲労感のまま帰宅。帰宅後、先日のねこさんの事、親に送った
三重県のみかんなど、良い結果聞けたり、感謝されたりと嬉しい日でもあった。
荒んだ心が少し癒された。


今日聴いたCD
Death - Spiritual Healing
The Gipsy Kings - Very Best of the Gipsy Kings

posted by 裸木 at 21:21| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

個室

111108005186.jpg
ネオは座布団や小さな布の上が好きで、時々コースターの上に前足を乗せてる
時があって笑ってしまうくらい行儀がいい。フィオは使わないギターケースに
布をかぶせた即席の遊具でよく遊んで暴れてる。



IMG_1615.JPG




2日前から寝つきが悪いと思っていたら、軽い風邪。昔から風邪になると
眠りが浅くなってしまうようで、余計に治り難くて困ったもの。

今日は朝から重い荷をひっくり返したりと毎度のお手伝いの日。
『じゃりン子チエ』のレンタル落ちのバラ等いくつかあったので引き取り。
ときめくような昔の玩具や雑貨類はなし。今時、色んな業者が間に入ってるし、
そんなしょっちゅう「これは!」という物がある訳もなく。いや、ないか。
でもハズレばっかり続くと、冷静に見たらそうでもないやろ、と自分自身に
突っ込みを入れてしまうようなものでもときめく瞬間があったりするので要注意。
常に脳内フラットで冷静になれることがいちばん良いだろうけれど。

そういえばTwitter、面白みがよく分からないまま、適当に書いて画像あげたり
しているけれど、元々、多数がいる場のようなものが好みではないので、
やってみたけどネット上でもやはりそれは同じなようで。なので、ここで独り
何か書いてるのとほとんど変わらず。あまり意味のない書いては流れていく
ような垂れ流し的なものだろうから、場の確保だけはとりあえずしておこうかと。
元々それでやり始めたし、それと情報拾うにはいいし。まあ、ネコさんたちのこと
もあるし。嗚呼、扉を閉めた自分の部屋のようなこのブログの方が落ち着く(笑)
さて、今夜は『じゃりン子チエ』を観よう。数少ない好きなアニメのひとつ。


今日聴いたCD
喜多郎/空海の旅
Nahash - Wellone Aeternitas
Poccolus - Ragana
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする