2016年12月31日

大晦日

大晦日。いい天気。今朝、叔母が夢に出てきたので、独り暮らしで
何かと寂しかろうと思い、お昼前に叔母の住むマンションへと出掛けた。
元々痩せた体系の叔母は、更にやせ細っており、見るからに衰えているようにも
見えたが、精神的なところではまだまだ健在といった感じで、電話でもそうだったが、
会話している分には昔の叔母と何ら変わりなく、元気な様子ではあった。
半面、叔母の飼っている元捨て猫はかなり大きくなり、目も真ん丸で可愛く、
我が家のフィオと同じくらいの体系に育っていた(牛柄の肥満系の雌)。
叔母が溺愛しているのが猫を見ていて分かったし、家中が猫グッズに
なっているのも頷けた。テレビでは映画『天使にラブソングを』が放映されており、
それを見て「○○さん(叔父の事)とよく観たわ」と、叔父との想い出を少しだけ口にし、
自ら叔父の話題を出すのは珍しいな、と思った。「今があるのは子供の頃に二人に映画や
音楽とか教えて貰えたお陰やわ。ありがとう」と改めてお礼を言うと、叔母は黙ったまま
微笑んでいた。会話の半分は猫の話で楽しかったが、身体の具合はどうかと聞くと、
手足のリュウマチの状態を初めて見せてくれ、特にダリのような足指の曲がり具合を
知らなかった私は言葉を失ってしまった。やはり叔母とは定期的に連絡をとらないと
何かと心配過ぎる。リュウマチ以外にも悪いところも多いし…亡き叔父にも「頼む」
と言われているような気がしてる。「今度、猫グッズお土産にまた来るわ」と言い、
お昼過ぎに叔母のマンションを出た。今日は会いに行ってよかった。ほんとそう思う。

夕方まで遊女と稲荷系の神社の関係を調べる。表向きの話は大方分かっているけれど、
調べているのはあくまでも霊的な隠された部分を。大晦日でも相変わらずこんな事に
嵌ってしまっているという…適度にブレーキは掛けてますが。

音楽は聴かず。

posted by 裸木 at 23:03| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

方向音痴

2016123013510000.jpg


早起きして東大阪の長瀬神社へ今年最後の参拝に。いつもは近鉄の長瀬駅で
下車していたのだけれど、「JRの方が少し安くて便利やないか」と今ごろ気が付き、
JR阪和線〜JR関西本線〜JRおおさか東線でJR長瀬駅へ。事前に見ていた神社の場所と、
駅前の地図を見る限り、距離的には近鉄駅からも長瀬神社までは同じくらいの距離。
よし、と気持ちを引き締め歩き出したのだが、思いっきり反対方向へと歩いて行って
しまったという…我ながら酷い方向音痴。パンフでは赤い矢印でしっかりと右の方角を
指しているにもかかわらず、なんで左の方へと歩いたのか…自分でも謎。
普通に行けば一キロにも満たない距離を30分以上歩き、途中でサロンシップを
肩に貼りまくった洗濯物を干している最中の婆さんに道を丁寧に教えてもらい、
何とか長瀬神社へと行きついた。お参りした後、来た道を逆戻り、今度はスムーズに
駅までたどり着いた。次回こそはこれで行こう。次回こそ。
帰りは天王寺まで出て、阿倍野周辺のモールなどをぶらぶらと回り、ひとり買い物。
東急ハンズとLoftで猫グッズの多さにニヤけ呆れつつ、思わず一つ買いそうになった。
結局、ジャケット1着と小物を買って帰宅。自分にしては高い買い物かなとも思ったが、
特に気にもならず、欲しい物が買えた喜びの方が強く、いつもの参拝後のすっきりした
気分と合わさって上機嫌で帰宅。昼飯を食べて疲労感に襲われて2時間ほど眠った。
起きてからはエレキギターでの練習。すっかりアコースティックに馴染んでる身体には、
エレキのボディが薄くてとても弾きづらいし物足りない。



今日聴いたCD
姫神/縄文海流 -風の縄文V
Barney Kessel - Perfect Jazz Collection
posted by 裸木 at 19:54| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

俗悪


2016123013520000.jpg

午前中からお昼までの3時間。前日の続きで掃除と在庫整理。
フィオは掃除中、近くに来ては壁や床をカキカキとかいてる。
昔から一緒に掃除(の真似事)をするという、おもしろい猫。
他の猫から教わる事がなかった為、人の真似をいちばんする猫になった。
午後から昼寝。のはずだったのだが、私がベッドに寝転がると、
いつも腹にのぼってきて頬に頭を押し付けて、そのまま自分の頬を
私の頬にくっつけて寝てしまう。親馬鹿でもなんでもなく、いちばんリラックスした
表情で目を瞑っているので、そのまま寝かせてしまう。こちらは重い&首が少し辛いし、
見た目はややPANTERAのVulgar Display of Powerのジャケット状態。
ネオはこれをずっと見ているせいで、フィオが来るまでお腹には絶対のらなかったのに、
去年から私のお腹に乗ってくるようになった。でもネオのプライドだと思うけれど、
自分の顔を私には向けず、尻をこちらに向けて眠ってくれる(笑)



今日聴いたCD

Barney Kessel - Perfect Jazz Collection
Al Viola - Solo Guitar
Crossing The Bridge -The Sound Of Istanbul-
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

ソイ

2016122818440000.jpg

掃除抜け出し昼にアウトレットへ。寒い中、いろいろ物色したが、何も買わず。
でも、りんくうタウンは色々と思い出が詰まっている場所なので、来るだけで
満足したかも。昼にソイバーガーを食べてみたかったという理由でモスバーガー。
ライトなベジ野郎にはちょうどいいメニューかも知れない。厳しい人には×だけど。
帰りは危うく空港行きの電車に乗りそうになり、何やってんだかと思いながら帰宅。
昔も間違えたことがあったような記憶が…帰ると加門七海さんの本が2冊届いてた。




今日聴いたCD
Barney Kessel - Perfect Jazz Collection
posted by 裸木 at 18:53| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

一年

2016122720000000.jpg


今日でお仕事はほぼ終了。面倒だと思いつつも、帳簿付けしながら今年を振り返り、
「忙しいはずだ」と納得。明日は在庫の整理と掃除の予定。正月は猫とごろごろしたい。
しかしこの一年の諸々の罪穢れを祓う為、お参りに行かなければとも思うのだが、
この機会に音楽の方もやりたいし、また、身体も休めたいとも考えてるので、
時間が取れるかどうか。でも長瀬神社さんへはちゃんと一年の締めくくりとして
参拝に訪れたい。ここまでお世話になった神社さんはないですから…
この一年も変化の年だった。様々なモノが取れ、まだその状況に身体が慣れてないので、
現状は裸のようで少し危なっかしい。昔よりも自分が弱体してるようにも感じる時が
多々あるが、以前には麻痺して気が付かなかったことに関して、自分でも矢鱈に敏感に
感じ取れるようになり、拒絶反応というべきか、これはこれで困ったもの。
ただ、過程として必ず通らないといけない状態とは思っているので、来年の課題として、
遣り甲斐のあることがひとつ増え、一年間の自分との闘いとしてやる気がでてくる。
鏡をみればいつでも闘う相手がいてますよ、ということで。さて、映画でも観よう。


今日聴いたCD
Barney Kessel - Perfect Jazz Collection
posted by 裸木 at 20:26| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

年の瀬

四連チャン無事かどうかはともかく、本日で終了。
昨日は今年最後の早朝競歩。普段より二割増しでご機嫌な方が多かった。
が、W氏の愚痴をこぼす、逃げたくても逃げられない台湾ハーフ知人…
彼は人当たりが良すぎて、骨董やら古物関係の仕事は向いてないんじゃ?と思う。
が、本人、その辺りは気にしていない模様。しかし、かつての合奏相手、
W氏の「裏の顔」の続報を聞かされると、笑うやら呆れるやら…昔から妙な商売根性、
ここで「中国人だから」とは言いたくないけれど、だからこそ言われんように
しとけよと思うのだが、本人はそんな事お構いなしの自己中まっしぐらで…
オムツ転がしのオマヌケな話から結●詐欺とか…この2件に巻き込まれそうになり、
「駄目だ此奴は」と思い、見切りを付けて離れたわけだけれども。詳しく書いたら
刺激的で笑えるとは思うのだが、年の瀬のどさくさ紛れに書くのは今はやめておこう。

呼子の民芸品あげた妖怪仲間の知人は、「実は家にこれがあって」と笑顔で見せてくれた
写真には、5センチくらいの小サイズ呼子の民芸品と私があげた呼子のツーショットが
写ってあり、思わず「わー!」と声をもらしてしまった。あのサイズは初めてみた。
なんでもお父さんが昔にお土産として買ってきてくれていたものらしく、私の呼子を
見るまで記憶から消えていたようだった。「妖怪が呼んだのかも」と笑いながら
言っていたけれど、そのとおり!やはり呼子だけに呼んだと、これをあの場で
思いつき言わなかった事に今頃、後悔している自分がいる。


今日は業者仲間らと最後の商売を。某社長、父から継いだこの会社をここまで
大きくした話等を長々とし、業界の裏側を覗かせてもらえたみたいで面白かった。
大きかろうが小さかろうが、考え方に共通点が多々あってなんだか嬉しい。
社長が話している最中、思わず「風の中のす〜ばる〜」と喉に水平チョップしながら
歌おうかしらと思った。



IMG_0003.JPG



今日聴いたCD
Al Viola - Solo Guitar
Barney Kessel - Perfect Jazz Collection
Crossing The Bridge -The Sound Of Istanbul-

タイトルとか書くのが面倒くさいという理由で書いてないけれど、家でいる時は
クラシックもよく聴いている。ホルストの惑星はあと3枚ほど聴き比べたいのがある。
posted by 裸木 at 16:57| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

隙間風

IMG_0005.JPG

ゴロンと自分が生まれ落ちた日。落ちたというより、堕ちた、
と言った方が正しいような出来事もあったが、冷静にスルー。
知人の優しいフォロー、勝手に半額で売ってくれた知り合い業者、
旅行好きの知人にお土産をまた頂いたり、何故か優しくされた日でもあった。
買ったものは100均の円盤だけ。後はなし。何もなし。ほんとなし。
帰りは成城石井で牛乳を買った。後は別のスーパーで菓子パンひとつ。
ああ、チャン・イーモウ監督作品、高倉健主演の『単騎、千里を走る。』は
まだ観てなかったので嬉しい一枚。今夜、体力あれば観よう。

最近、新作が出たからとかじゃなく、時々来るMetallicaマイブーム中。
今朝の道中は『...And Justice For All』を。「ベースの音を探してやる」
という、よくわからないお題を現地に着くまで自分に課せ、意識を集中して
聴いていた。タイトルトラックの中間部とか、ベースの音がわずかに聴こえる
ところはあった(The Princeは除外で)。でもハイミッド辺りのみの痩せた音
しか聴こえないけれど。ドラムの音は個人的には別に嫌いじゃない。とりあえず
アルバム通しで聴いても疲れないのがいい。最近のカチコチ(という表現で分かる
かどうか)した音は疲れる。おっさんには空間が必要。隙間が。あ、隙間風が。

今日聴いたCD
Metallica - ...And Justice For All
posted by 裸木 at 12:56| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

今日聴いたCD

IMG_0070.JPG

師走になると、久石譲とか映画のサントラ、あとクラシックに手を伸ばす機会が増える。
今日はプロモ盤として、送って頂いたCDも聴いた。今聴いても十分刺激的過ぎる!
墓の前で罰当たりな事を、まあ、若い頃だからねえ、と思いきや、今年の写真かい。
とにかく今夜もう一度聴こう。昔、話には聴いていたライブ映像を収録している
DVDも観るのが楽しみ。いずれにしてもゼロ次元さんありがとうございました!
さて、師走の荒波に戻ります・・・

追記:今朝見た夢を思い出した。東方の音楽の知り合い達が家に来て、
バンドの話などをしているのだけれど、私は「ちょっと御免」と言い、
マウロ・パガーニのCDをかけながら梱包作業をやっているという…
すべて現状を表したかのような夢、か。ちょっと寂しい。
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 音楽、楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

バンダイの怪獣

IMG_2356.JPG

スカイドンの初版から3種並べて休憩。この辺りのバンダイ怪獣が収集の原点なので、
結局はここに帰ってきてしまうような気がする。眺め触れていて安堵感がある。
初期の特に昭和怪獣の旧造形のソフビ(あくまでバンダイ製のもの)は現状では
一時期の事を思えば人気もないようで、その分、集めやすいんだけれど、
外では出難くなってきてるし、ネットで買えば早いんだけど、それも自分には
つまらない。なので、たかがバンダイの怪獣ソフビとはいえ、見付けた時の
喜びは昔とさほど変わりなく、やはり嬉しいもの。特に初期の一回り大きく
シャープな造形と、キングザウルス期を想起させる暗いメタリックな塗装。
見た目がどこか中途半端なリアルさ(褒め言葉)で、目や歯などの塗装が一部
手塗りだったりするのがまた独特な雰囲気。個人的にはこのバランスがいい。

posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

美猫

1219100711985.jpg


来年15歳になるネオ。現在、人間でいうと70代前半といったところ。
親馬鹿と言われるだろうけれど、未だ「ハッ!」とするほど可愛い瞬間がある。
歴代の猫の中ではいちばん若々しさを保っているように思う。性格は少し我儘な
ところもあったりするが、そこがまた美人にありがちと言えばそれまでか。
今日も梱包している最中にビニール袋に入り込んで、カシャカシャと音を立てながら
楽しそうに遊んでいたので、紐をちょいちょいと揺らして誘うと乗ってきた。
いやあ、まだまだ若い。寝ている時間は増えたけど、まだまだほんと元気。
しかし、腕を伸ばした瞬間、目の下の皮膚を腕が持ち上げてしまい、たるみが。

posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする