2017年02月27日

散歩

2017022719570000.jpg



ここ10日ほど、山越え谷越えしてようやく今日の夕方に落ち着いた。
昼、親父の「一緒に歩いて買い物行くか?」の一言で、両親と店まで散歩。
親父のペースに合わせて山手の田舎道を歩いた。未だに雉が来るという、
雑木林の辺りを指差しながらガイドする親父を見て、まだ大丈夫かなと。
母親は怒鳴り口調には変わりないが、珍しく私とタッグを組んで一仕事を
終えたばかりの為か、先ず先ずの状態。悪い影も出てこないし。
今回は皆本幹雄先生(と呼ばせて頂きます)の本で乗り切ったように思う。
さて、一歩前へと進んだので、また次に行きますか。これからじゃ。

帰りの電車内はハイキング帰りの老夫婦らが多かった。時間あれば山へ行きたい。



今日聴いたCD
Metallica - Metallica
posted by 裸木 at 20:25| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

おたく


022512472116.jpg

金曜日◆
朝、猫譲渡の方と偶然会い、しばし立ち話。いつも明るくアクティブな方なので、
こちらも元気貰えた。気持ちのいい朝をありがとうございます。





ガラクタ整理のお手伝いをしていると、ここを出入りしている方と話す機会があった。
歳は私よりも一回り下、同人誌やプリキュア等のアニメなどが好きで、その辺りの
仕事をしているとの事。しかしこんな場所で、そんな方が、という驚きと共に、
そっちの世界には疎い私なので、玩具ネタを中心にねほりはほりと色々聞き、
ちょっと照れくさそうに、視線を反らしながらも教えてくれた。
年齢差はあるけれど、共通するネタとしてガンプラの話題になり、向こうから
「ネットで見たんですけど、当時は抱き合わせで戦車とガンプラの組み合わせなどで
買わされたってほんとですか?」との問いに、「それは知らんけど、予約分のガンプラ
の山を目の前に、仕方なくイデオン買って帰った」とか「メカニックのデカくて高いの
しか残ってないので買えなかった」「熱狂的なブーム過ぎてからジュアッグとか
アッグガイの妙なのが好きでよく買って作ってた」等と言うと、大笑いし受けた様子。
こんな感じで自分で喋ってて、あ、ガンダム好きな時期ってあったんだと今更ながら
古い記憶がよみがえり…まあ、ダグラムの方が好きだけれど。


土曜日◆
ヘロヘロな状態だけど、気持ち入れ替えて早朝競歩。いつものCD100均の方のところで
ごぞごそと数枚購入。たぶん、息子さんか誰かがネットでお仕事でやっていて、
そこから弾かれたものを基本的に売ってるぽい方。なので「お!」と思ってもジャケが
ダメージ多かったり、ディスク傷多数とか、レンタル落ちだったりなど、「お!」と
思わせるものは大抵が難有品だったりする。しかし、その中からこれは調べても分からん
かったなと思われるCDを1枚見つけた。その後、バンダイの怪獣ソフビ盛ってる方の
ところでガサゴソしていると、店の方が「まだあるんだけど持ってきてない」と言い、
ネットでまとめて落札し自分の欲しい分だけよけて、要らない怪獣をこうやって
売ってるんだと教えてくれた。昭和怪獣がお好きなようで、ちょっと目線を反らし、
照れくさそうに訥々と話してくれた。久し振りの怪獣ソフビ話、それもバンダイ製
の昭和ものが好き、というのが嬉しくなり、私の喋る量と内容の密度が濃かったのか、
いまいち会話が弾まないような感じではあったけれど。取り敢えず1体だけ買い、
またたくさん落札して持ってきてくださいとお願いしてきた。

久々にオタクな方達(お前もやろ)と喋り、気分転換になった2日間だった。
さて、本を読もう。





今日聴いたCD
Motorhead - No Sleep 'til Hammersmith
posted by 裸木 at 22:04| モスクワ ☀| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

2017022020030000.jpg

砂の嵐のトッピング。バニラビーンズではなかった…


昨日、春一番でお空が轟々と唸るほど天気も荒れ、我が家も波乱。
精神的なダメージを食らい、いつもの冷静さを失いかけたが、
あちらの方面、こちらの方面、両面を見つめながらやることを整理し、
何とか今日は落ちつけた。しかし、必ず忙しい時期に限って一波乱起きる。

今朝、夢で蛇を生きたまま喰らってるおっさんが出てきた。
何を意味する夢なのかと思わなくても、これはそのままか。
思えば去年、菊理媛命にお参りしたその日のうちに、飾ってある
家族写真の妙な部分に気が付いた。今までまったく気が付かなかったのに。
多分、教えてくれたんだと思う。それで昨日のおっさんが、そのものかと…


マイナンバーカードを役所で受け取った。こんなもの、とは思うが、
まあ、仕方がない。ただ、写真の背景にピンクはやめい。余計にゲイぽい。

2017022117480000.jpg

午前中、近所のお寺へ。もう梅の季節か。



今日聴いたCD
「アンネの日記」オリジナル・サウンドトラック
Dimmu Borgir - For All Tid
posted by 裸木 at 18:05| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

カランバ

IMG_0001.JPG



悩み考え続け、昨夜見た夢を思い返していると「あ、やられてる」と気が付き、
すっきりした本日の朝。だから身内は怖い。やはり黒い大蛇を見せるだけある。
みんな知らないし、理解しようともしない。でも自分はそれに気が付いた。
だから自分のやれることをやればいい。笑う奴は笑わせておけばいい。



さて、春の気配を感じる朝、自転車と電車で早朝競歩へ…
意外とお金を使いそうなブースもなく、退屈凌ぎに以前から映画のチラシを
売っているところで20枚ほど購入。1枚10円だというし、懐かしさもあって
カランバとか殺人魚フライングキラー、エンティティー霊体、ヘルナイト等々。
カランバはテレビでCM流してたよなあ。当時、友達と何かの2本立てか3本立て
の時に地元にあった映画館で観た想い出がある。そういや、この時代は学校の
通学路にポルノ映画の看板や宣伝ポスターを設置していたよなあ、等など、
20枚ほどのチラシを眺め、昔の記憶を思い起こしてひとり楽しんだ。
紙ものだけは、本以外は手を出さずにしようと思っていたのだけれど、
やはり懐かしさ(値段にも)には負ける。ただ、持って帰るのにビニール袋
に入れてくれたので、リュックの中だと他の荷物に押しつぶされるし、
そのまま袋を手に持ち、曲がらないよう気を遣うのがやはり少々面倒だった。


帰宅後、今週たまった売り物などのメンテ。後は梱包と帳簿付け。
30分くらい眠ったが、起きてからは南方熊楠の本の続きを読む。
今年はまた和歌山に行きたくなってきたな、こりゃ。



今日聴いたCD
Death - Individual thought patterns RE-ISSUE 2CD
Paradise Lost - Gothic
Ihsahn - The Adversary
posted by 裸木 at 21:30| モスクワ ☀| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

ジャンボマシンダー

IMG_0009.JPG

ではないけれど、邪魔でかい。でも弱い(材質が)。
posted by 裸木 at 20:28| モスクワ | 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

父親

IMG_0007.JPG


昼過過ぎ、携帯に叔母からの着信あり。良い話だといいのだけれど、
良い話があった事の方が少ないよなあと思いつつ、夜に電話を掛けた。
親父から電話があったようで、昨日、実家に様子を見に行った事を伝える内容だった。
あれからギロンを持ち出してガメラを突いたとかはなく、精神面よりも、
肉体的な衰えの方が気になったようだった。
親父は私が幼少の頃に仕事で椎間板ヘルニアを患い、当時はろくな治療法もなく、
治療のことで病院側と揉めた後、脊髄を削る?という、聞くだけで顔を歪めて
しまうような粗い手術を施されたらしい。現在に至るまで慢性的に痛みはあったが、
老いてからはその削ったカ所が陥没し、歩いてると腰が90度近くまで曲がってしまい、
そのまま歩けなくなる。ただ、椅子に座らせておにぎりを食べるとまた腰がまっすぐに
戻り、歩き出すという、吉本新喜劇のような嘘のような本当の話。
そんな過去の無茶な手術をしたにも関わらず、これまで好きな海山を十分に楽しみ、
去年は御先祖に呼ばれたのか、前日に「行こう」と思い立ち、慣れない電車で翌日には
鹿児島市内にある墓まで云十年振りのお墓参りまで済ませた。
ここまで持ったのはある意味、奇跡じゃないのか、だから今はもう仕方がないんじゃ、
というのが私と叔母の意見であった。ただ、近いうち、車椅子の生活になるのは目に
見えてるので、その準備もしなければいけないと。それは叔母にも言えるが…

母親とは揉めなかったか?との私の問いに、叔母は揉めることはなかったが、
親父の側で聞えよがしに現在の親父の変化を馬鹿にし過ぎと。それから昔の話に遡り、
母親は若い頃の方が常に苛々し、おまけに嫉妬深くて誰も近づけなかったと言っていた。
まあ、私の母親なので、できれば中立の立場で物事を見聞きしたいと思うのだけれど、
その事に関してはほぼ同意する。幼少の頃より、文房具ひとつ頼むのに鬼のような
形相でねめつけ、怒りを殺したような口調で渋々買ってもらってた記憶が染みついてる。
段々とそれが恐ろしくて学校からの連絡事項すら伝えられず、家と学校で二重に叱られる
日々が4,5年間は続いた。その間に精神面を救ってくれたのは叔父と叔母だったので、
不細工でも何とかここまで生きてこれたと言っても過言ではない。ほんと。
特別、家が貧しかったわけでもなく、後年、嫁姑の関係、叔母との確執の事を知り、
その為に日頃から苛々していたんだろうとは思ってみたが、今もそれは変わらないので、
皆、それぞれ癖のある性格ではあるけれど、母親に勝てる者がいるか?と訊かれたら、
きっと誰もいないだろうと思われる。本人曰く、子供の頃から朝晩の味噌汁に入れる
蟹を雨の日も風の日も五島の岩場にしがみついて獲ってたんやと。だから自分は強い、
と言いたいんだろうけれど、思わず指輪物語のゴラム(スメアゴル)を思い出した。
なんとも野性的というか、野獣な一面を持ってるというか。
それでも現在まで、母親は母親なりに奮闘はしているので、先日、新しいリュックが
欲しいと頼まれ、小型のしっかりとした作りのリュックをプレゼントした。
喜んでる時などは素朴な田舎の子供のようで、まあやり易いんだけど…
あと霊的な話になると、根底にご先祖同士の因縁(詳しく書くと長いがある意味面白い)
があると私は睨んでいるので、その為にごく普通にご先祖供養をしている。
ただ、私の出来る範囲は限られているので、やるだけの事はやって、あとはもう成り行き
任せにしようかと。徐々に介護の方に移行になるだろうし。まあ、頑張らねば。



追記:婆さんの生まれから亡くなるまでの話をちゃんと聞けたのは大きかった。
若い時に胃を患い、戦争帰りの近所の爺さんからモルヒネ貰って打ってたとか。
前日に倒れ寝込み、そのまま眠るように亡くなったとか。婆さんの想い出は
あるけれど、より身近に感じれるようになったので話してくれてよかった。
途中で種子島の話題になった際、ついつい「種子島といえば狗神憑き…」
と頭を過ったが、お前、今は余計な事を聞くんじゃないよと、第三の手で
頭を小突かれたような気がして叔母に尋ねるのはやめた。





今日聴いたCD

Paradise Lost - Gothic

posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

南方

IMG_0003_1.JPG

連日のゴタゴタ等で疲労蓄積、近所の内科へ。面倒やなあと思う診断あり。
昼、発送物を局に投げ込んだ後、モスバーガーに行ってソイモスとオニポテお持ち帰り。
オニモテなら嬉しいのに、という年齢でもなくなってきたな、と寂しくレジの女性に
もらったチョコレートを眺め、ポケットに突っ込んだ。
神坂次郎 『縛られた巨人―南方熊楠の生涯―』 が届いた。ぼちぼち読みましょか。



IMG_0007.JPG


今日聴いたCD
Winter - Into Darkness
posted by 裸木 at 19:49| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

妖怪と神獣

2017021221560000.jpg

早朝競歩の日。何かありそうで、特に何もない日。ただ、雨で伸びた分、
物は溜まっているので、「買って」「買え」「全部もってって」と言われたら、
「ノー」「いるかボケ」「はい」など冗談言いつつ、渋々引き取ったもので
背中も両腕も荷物でいっぱいな状態。これは買いだが難儀なものとして、
写真の紙ものオバケ郷土玩具を紙袋に挿したのだが、70p以上ある長さなので、
どうしても紙袋からはみ出てしまう。でも薄い紙で繊細なものだから、
下手に挟んだり押し込んだりするとすぐに痛む。仕方ないので、スーパーの
ビニール袋を頭に被せて連れて帰った。が、最寄駅に着いた途端、強風のイタズラ。
ビニール袋が派手に宙に舞い、それだけでも人々の視線が集まるというのに、
見事、大入道の顔がむき出しになり、ああ、もういいや、私は妖怪使いです、
はい、とか思いつつ、写真の状態で無事家にたどり着いた。



IMG_0008.JPG
IMG_0009.JPG


世界旅行趣味のご夫妻が、ミャンマーとオーストリア/ハンガリーから無事帰国。
ミャンマー土産として中国神獣ヒキュウの木彫りとミャンマーのアイドル歌手?のCD、
それとオーストリアのチョコレートを頂いた。ヒキュウとチョコは嬉しい。
でもこのミャンマーのハンナ・モンタナのようなCDはなかなかキツイ(苦笑)



今日聴いたCD
Sentenced - The Funeral Album

posted by 裸木 at 11:56| モスクワ ☁| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

月の魔力


C4YTCnVVUAAbrnH.jpg

昨日の大雪、あいも変わらず一時だけ吹雪いたのみで、
積もる事もなく寒いだけの一日だった。

夜、月明かりが眩しい。月と光に照らされた雲とのコントラストに
とても惹かれてしまい、寒さに震えながらも写真を数枚撮った。
なかなか妖しくも美しい。北欧ブラックメタルの世界。
ご機嫌でTwitterにアップして、色々と写真を拡大して見直すと、
またまた大小さまざまな顔が写っていた。いや、今回ばかりは
自然のイタズラだろうとは思ってみたけれど、ほんとブラックメタル
のジャケットに使用されるような雰囲気の顔が複数写っている。
これはこれで美しいかも知れない。それにしてもその手の写真が
よく撮れるようになってきた。なんの自慢にもならないが。

月より下の方を中心に拡大したりして見てください。

2017021122220000.jpg

今日聴いたCD
Amorphis - Karelian Isthmus
Ofra Haza - Kirya
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

異界

あっという間の木曜日。この時期は停滞気味の割に忙しくなるのが毎年の傾向。
2月に入ってから春の陽射し、空気を感じるので、気持ちが昂る時があるが、
動物的本能に従って素直に動いてしまうと、意外と駄目なのも例年どおり。
外では子供と年寄りが早くも春の気配を受け取り、何かと騒いでる。
我が家の猫フィオも、嬉しそうにベランダまで走っていき、ゴロゴロと
転がってる。でもまだ寒いので、5分くらいで慌てて部屋に入ってきてるけれど。

今ぼちぼち読んでる前田速夫著『異界歴程』の中で、民俗学者としての小泉八雲
(ラフカディオ・ハーン)の項目があり、その波乱に満ちた生涯に興味を抱いた。

この項目のところで、被差別部落を訪れたハーン氏が、ここで継承されてきた
口承文芸、『大黒舞歌』を披露して貰っている頁を読んでいると、頭の中で
和太鼓の音が鳴り始め、笛の音、それと唄が聴こえてきた。そのままずっと、
10分くらいだろうか、その音楽と唄が鳴り止まず、最後まで聴くことができた。
実際の『大黒舞歌』は知らないし、きっと違うんだろうけれど、このまま自分の
中の曲にできそうな気がしたので、忘れないうちにメモしておいた。

去年の暮れ、南方熊楠氏の事もあらためて調べてみるかと思い、
気になり出して調べると、なんと今年が生誕150周年記念にあたるという。
いつもの事ながら、しっかり拾ってしまってる自分に苦笑いした。
まずは伝記を読もうかと図書館へ行ったが、残念ながら置いておらず、
「なるべく店頭で」の願望も叶わず、最後の手段のAmazonで本を注文した。

そういえば『異界歴程』の本もネットで知り、図書館で借りたのだけれど、
借りて驚いたのがカバー写真が円空仏だったこと。ネットで見てたのが
去年でた復刊本の方だったので、カバーが円空仏とはしらなかった。
何やら自分が昔から惹かれているものに変わりはないんだなと、あらためて感じた。




今日聴いたCD
Amorphis - Karelian Isthmus
「安かった」という理由で買った国内盤には
『Privilege Of Evil』が収録されておらずがっかり。

Amorphis - Tales from The Thousand Lakes
posted by 裸木 at 20:22| モスクワ ☁| 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする