2017年06月17日

宗派

夜、ゴミ出しに行った帰り、郵便物を取りにポストの場所まで
歩いて行った。ポストの前にきた時、背後に気配を感じて振り返ると、
一瞬だけ黒い人影が見えた。それとほぼ同時に肩から背中辺りに
ゾワゾワゾワ!といつもの悪寒が走った。「しまった…」と思ったが
すでに遅かった。自宅に戻るまでの間もゾワゾワが止まらない。
今回はちょっと酷いなとこの時点で分かる。夜のエレベーター内や
階段付近は溜まってるので近寄らないと決めていたのに・・・
少し気を抜いたらこれだから参った。以前は深夜にエレベーターに
乗った途端、同じような症状になり、今回同様、かなり重かった。
この1週間前から体調もイマイチで、肩が異常に重く、倦怠感も酷かった。
で、こうなったら仕方ないので、いつもの憑いてる者との自己流の対話をする。
心の中で問うよりも、声をだして問いかける。ビンゴの場合はすぐさま
悪寒が全身を駆け抜ける。違う場合はまったく反応がない。これを繰り返し、
だいたいは何者かの見当がついたのだが、すぐに出ていく気配はない。
そもそもさっき憑いた者が反応してるのではなさそうで、以前から憑いてる者が
強く反応している様子(さっき憑いた者の詳細は不明のまま)。これは本で
読んだとか誰かに教えてもらったとかじゃなく、経験で身に着いたやり方。
ただ何がいくつ憑いてるとか詳しくは分からないし、これで離れてくれる
とも限らない。現状でたぶん複数憑いてる気がする。

去年の今頃、家系の関係からくる霊的な事柄で展開があったが、
今年はまさかの展開で、その続き、我が家系、私のルーツというのが
はっきりしそうな予感がする。ここ数年、主に我が家の神道のことばかり
勉強したり調べたりしていたけれど、母方の仏教、及び宗派などは
特に気にもせずに知らないままだった。宗派の違いでの相性の悪さなんて
考えもしなかったが、去年辺りからやりだした事で、色々と憑いてきたり
降り掛かる出来事があり、過去にあった出来事とも照らし合わせると、
すべてにおいて共通点があった。この辺は今は詳しくは書けませんが。
私が両極端な様々な事や人物に惹かれながらも、自らくっ付いたり
離れて行ったりを繰り返している理由が、実はここにあったんじゃないかと。
もちろん自分の性格上、そうなってると理解した上で(今まではこれ)。
ただ、もしこれが事実はっきりすれば、色々と腑に落ちる事が多い。

そもそも婆さんが親父と母親が一緒になる際、猛烈に反対した話は
昔から聞かされていたが、嫁姑の仲の悪さは婆さんが亡くなった今でも
母親の中では続いてるし、叔母との関係も同じく悪いまま。
ごく一部の方に見てもらった、母親の頭に写る複数の顔の写真に気が付いてから、
もともと御先祖同士が仲が悪く、争ってるような気はしてたし、
それ以前に見た夢でも御先祖同士の争うようなものも見ている。
で、その間にいつも挟まれてあっち行っては嫌になり離れ、また引っ張られたり
と繰り返しているのが私の状況で、その背景には対立している者がある、と。
今は勝手なこじつけのような書き方しか出来ないけれど、ここで強引に探っても
なかなか答えが見付からないのは今までの経験上わかってるので、
意識だけは高めておいて、後は自然に呼ばれるまで何もしない方がいい。
今年こそはこの纏まらない、なに言ってんのこいつ?みたいな話をしっかり
まとめられるような気がする。まあ、あまり詳しく書けない事もあるので
妙に伏せたような文にもなってるのでありますが。
さて、いっぱい憑けてるおっさんはこれからどうなるやら。

posted by 裸木 at 22:35| モスクワ ☀| 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする