2017年08月07日

夏の本

今月は本ばかり買って読んでいる。皆本幹雄氏の著書は10冊を超えてしまい、
川崎長太郎本を抜く勢い。最近、どうしても心霊や民俗学の類に手が出るけれど、
一応、選んで読んでいるので、特に心霊関係の本は前もって下調べした上で買っており、
そうじゃないとなんでこんな本に時間と金を払わないかんのかとなるに決まってるので、
今のところハズレはひいていない。近年のスピリチュアル系の本は一冊も読んでない。
著者がブログをやっていたりするので、「面白い」と思えばブログを見てるけれど、
やはり「それは違うだろう」「一概に万人向けとは言えないだろうにそれを薦めるか」
等々、突っ込むところもあったりするので、さすがに本までは読みたくはならないかな…
そういやどこかで同じ心境になったなと思い返すと、以前、腰痛治療関係の記事を
ネットで漁っていた時と重なった。それだけ玉石混交な世界。油断ならん。

先日、お外の知り合いで『大地の氣』が話題になった。お外では初のこの手の話。
相手がどこまで理解してるんだろうかと探り警戒しつつ、以前からその方の年齢以上の
身体能力には感心していたので、「なるほど。だから元気なんですね」と納得した。





音楽は聴かず。
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする