2016年11月14日

小津もの/命日

2016111321160000.jpg

■日曜日■

暖かいと思ってたら肌寒い日曜の早朝。しかし9時を過ぎた頃には気温上昇で
暑くなってるに決まってると予想し、Tシャツに薄い上着を羽織って出掛ける。
朝一から自分の趣味に走り、小津ものなどビデオテープを大量に確保。
帰りは重くなるのにと思い、また、川崎長太郎先生には申し訳なく思いつつ、
初の小津安二郎の映画。DVDは捨て値のような価格で出回っているのに、
何故にVHSなのか。好きだから、VHSビデオテープ。ただそれだけの理由。
周囲には誰も愛好者のいないビデオテープ。孤独な収集もの。馬鹿者。
そういや前日、ちくま文庫の小津安二郎の本を手に取り、「…要らんな」と
購入を見送ったばかりだった。ああ、また来たかの関連ものの繋がりが。
で、本の相場なんて知らんと書いたら、興味惹く郷土本を見つけて購入。
いつもながら物との出会いは面白い。帰りは汗をかきながら10キロ超えの
荷物を抱えて昼前に帰宅。今日も色々な方に感謝。


■月曜日■
今日は飼い猫サモスの命日。5年目。好物だった鶏のササミを買ってきたので、
コンロで焼き、サモスの写真の前に供えた。フィオは食べないが、ネオは少し
だけ焼いたササミを食べていた。天気がわるくてデカイ月は見えないけれど、
何だかサモスの命日らしい日だなと感じた。


聴いたCD
Master's Hammer - Jilemnicky Okultista
Panopticon - Panopticon
The Gipsy Kings - Very Best of the Gipsy Kings

posted by 裸木 at 19:52| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする