2017年04月29日

オカマとイタチ

IMG_0767.JPG


死亡遊戯2日目。
出入りしてる歳下のオタク氏、売り物の自転車をメンテナンスしたのは良いが、
磨いているうちに自分が気に入り、社長に値段交渉、お安くゲットしていた(笑)
お昼に抜け出して飯を買いにスーパーに行くと、ミニスカートを履いた中年女性がいた。
その方、少し前屈みになっただけで、後ろからピンク色の見せパンが丸見えだった。
と思っているとその方がこちらを振り返った。濃厚な化粧を施したオカマさんだった。
へ〜こんなところにもこういう方が居るんだなあと妙に感心して、そそくさと買い物
済まし無人レジに並ぶと、先のオカマさんが「ちょっと!バーコード読まないじゃ
ないの!!」とブチ切れており、店員2人が対応していたが、2人もピクリとも表情を
変えずに処理をしていた姿に必死に耐えてるなと感じ、野次馬根性、しばらく様子を
見守ろうかなとも考えたが、はやく戻らないといけない事を思い出し、速足で店を
でた途端、私が我慢の限界、崩壊した。仕事に戻ってひとり倉庫内で売り物の磨きを
していると、目の前をササッとイタチが横切った。一瞬、動物霊か?と考えたが
(イタチは多いんです)、明らかに生きてるイタチだったので、その辺によく
棲んでるとは言っても、こんな目の前にいるのを見たのは子供の時以来だったので、
ちょっと得した気分になった。帰りに滅茶苦茶にされたギターを裸のままお持ち帰り。
とにかくボロボロで滅茶苦茶に使ったもので、若気の至りというか、鼻毛の祟りレベル
の酷さ恥ずかしさ。ヘッドロゴ削ってアントニオ猪木のシール貼るとか。これを裸で
持って電車に乗るというのは、何かの罰ゲームしかなく、こうなれば他人の視線を
無視するか、DQN風に振る舞いながら開き直るか(どういった姿か自分で言ってて
不明)、考えるまでもなく、前者で通した。ああ、私が裸ではなくギターが、です…


今日聴いたCD
Tyrant - Under the Dark Mystic Sky
Crossing The Bridge -The Sound Of Istanbul-
Dhama Suna - Tibetan Institute of Performing Arts
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする