2017年07月19日

巨匠の黒い弦

IMG_2619.JPG

久し振り過ぎるくらい交換してなかったクラシックギターの弦。
真っ黒くすんだダダリオさんとお別れして、巨匠の黒い弦に戻した。
ノーマルテンションのダダリオよりも少し細いゲージに思うのだが、
張りはオーガスチン黒の方が少し強め。まあ、2種とも柔い弦なんだけど。
音色の違いはきっと弾き手にしか分からない程度のものかと思われる。
値段が安くて手軽に入手できるのでだいたいいつもこのスタンダードな
2種類の弦を買って使ってるんだけれど、ずっと気になってまだ試してない
サバレスやハナバッハはいつ買って張るんだかどうだか・・・
エレキも弾いてはいるんだけれど、一度このナイロン弦の魅力にやられると、
エレキやアコースティックの金属弦にはなかなか戻れないという・・・
でもあいも変わらず練習と作曲はやってます。

posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 音楽、楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする