2017年07月24日

公家

会う人皆に「今日も暑いですね」と言いたくないが言ってしまう日が続く。
お外作業と室内作業の連続は楽しいからやってられる。
そういやコーヒーは避ける傾向だったが、缶コーヒーをよく頂くので、
これは酒の付き合いと同じようなものかと思い、また飲むようになった。

先週の金曜日、種子島の中種子町役場に連絡を入れた。
すべての戸籍謄本を手に入れるには面倒な手間はともかく、
我が家の場合は何かとハードルがあり、そう簡単にはとれそうにない。
でも電話で現地の方と会話しただけで、親父の故郷の空気を少しでも感じたし、
また、今までは姿形さえ想像がつかなかった曾祖父以前の御先祖さんに
触れた気がして、「よっしゃ、やるぞ!」とやる気が湧いてきた。
単純な人間と言えばそれまでだけど、ここは素直な気持ちのまま
前へと進む方がいい。それと、私の姓名に込められた意味というのを、
ここまで真剣に考えた事もなかった。名付け親は親父と同じ工場に勤めていた
先輩なのだけれど、当時お世話になった方、というだけしか今は分からない。

その日の夜、お公家さんが3人、春のような暖かな陽気の川沿いを
少し弾むような足どりで楽しそうに歩いてる姿が夢にでてきた。
今までは夜の山中で武士が「〇△!!!」(私の姓)と叫び、
誰かが刀で切り殺される場面は見たことがあったけれど、
楽しそうな姿で出てきたのは初めて。これだけで嬉しい。
向こうにしてみたら「やっと気付いてきたか」という感じかも知れない。
一般的にはどうしても常識や先入観にとらわれ過ぎて、何かと理屈を
付けて片付けてしまうので、「気のせい」と言ってスルーしてしまうと
大切な物事を逃してしまう場合も多々ある。笑って済ませばそれで終ってしまう。
けったいなスピリチュアルかぶれなおっさんのようであるが(苦笑)
これが事実だから仕方がない。身をもって体験してる事をこれからも
ぼちぼち書いていこうかと思います。心霊写真の類はほどほどにしますが。


こういった良い事があると、それなりに御返しもしてくれる場合も
今まで多くて、今回もそういったお返しに恵まれ、また次に進めるかなと。



聴いたCD
Vahagni - Broken Compass
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする