2018年06月08日

処理

仕事終えて、夕方にネコ現場。餌やりさんが周辺から脅されたりと冷たい
人も多い地区なのだが、数日、視察を兼ねて見ていると、餌の容器や食べ残し、
あと猫の糞尿が目立つ。容器類は頑張ってる方や、病気の猫を病院へ連れて
いったりしている方はきちんとやってくれているのだが、気まぐれにあげる人や
あとどうしても糞尿に関しては後回しか放置になっている状態だった。

苦情を言われるには必ず理由がある。考えるまでもなく汚物がひとつの問題。
客観的に見ていて、「自分のできる事は…」と考え、目の前にあるのは「掃除」。
という事で、これから掃除をする事に決めた。来月、こういった問題のお話が
初めてこの腐りきった市で開かれるので、これから、といった感じだけど、
地道にやっていきます。ちなみに私がたまに手伝いしてる方たちが手術など
をやってくれていますが、何せ数がまだまだ多すぎる。ただ愚痴を言うのは
輩でも出来る。しかし24時間、猫を見守れるわけじゃない。なので、
何を言われても(クレーマーは女性狙っていう人ばかりですが)低姿勢、
または無視を通し、ガンジーな姿勢で黙々とやります。
善意でやっている方たちの足りない部分をサポートするのが自分の役割かと。
書きたい事はあるけど、まだやめときます。

この日、車に轢かれた仔猫を初めて回収した。
posted by 裸木 at 00:00| 鹿児島 ☔| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

メカゴジラ

4月の末だったか、久しぶりにうなされた。
寝ている状態で、膝から下が勝手に宙に浮きはじめるので、
抵抗するもまったく力が入らず、ゆっくりと足が浮いてゆく。
何とか力を振り絞って足をベッドの方に戻してると、
ふっと何かがゆっくり抜けていくのがわかった。
ここで目が覚めたのだが、左側の壁に黄色っぽい光が浮かんでいる。
その光が、ウネウネと何かの姿を形成し始めたかと思うと、
また何かよく分からない靄のようなものになり、再び靄が動き始めると、
人間?というよりも動物、キツネとか犬に近い獣の横顔が現れた。
ただ、この何者かの横顔を見た時、最初に思ったのがメカゴジラ(笑)
しばらく頭の中はメカゴジラだった(実際は動物霊だと思います)。

恐怖心はほとんどなく、抜けていった(出て行った)解放感の方が強かった。
ここしばらくは運気も下がり気味で、体調がもの凄く悪かった。
なので、メカゴジラが出て行った時にああ、こいつが原因かと。
この夜を境に気力体力回復。運気も少しよくなってきたようだ。


憑いてきた場所は心当たりあり。やはりあっちの活動かー。
認めたくないけれど、自分の体質を考えて、運気下がるくらいなら
やはり距離を開けないと駄目か。せめて何か方法ないものか。





関係ないけれど、ここのブログがまたリニューアルで
編集画面が重くてとても面倒になった。
書きたい事は山ほどあるのにな。
別の所に行くかどうにかここ使うかはまだ決めてなく、
暇を見つけてもう少し弄ってみようとは思います。




今日聴いたCD
Orphaned Land - Unsung Prophets & Dead Messiahs

ここ最近でいちばん聴いてるアルバム。
来日公演に行けない事がこんなに辛いとは。
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

サクラサクラ

2018033019170000.jpg2018033019190000.jpg
posted by 裸木 at 19:21| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

店とモノ

IMG_7421.JPG


疲れが抜けない身体のまま週末を迎え、何もないのが定番となりつつある、
日曜恒例の狩りへと出掛ける。最近、私に「ヨコヒゲ」とあだ名をつけた
マリオ爺さん、生まれが熊本で、先の地震の際、1カ月ほど現地にて
ボランティア活動をされていたと言う。飄々としたふざけた爺さんと
思っていたが、これは意外で驚いた。本人曰く、東北の震災の時にも
地震発生から2カ月あまりで福島までボランティアとして駆け付けたらしい。
話を聞く限り、本当のようでかなりマリオ爺さんの事を見なおした。

さて、肝心な狩りはハズレ。いつものこと。ストレス買いの方々のみ、
買い物したものが入った袋を手に提げてる、といった感じ。
それでも一時間近く会場に居て、ほぼ手ぶら状態でここを後にする。
今日は天気も良いので、駅前周辺と学生時代に歩いた街を散策。
閑古鳥が鳴いてる駅前ではあるが、青春時代といえる時期を過ごした
街というのは、いつ来ても何とも言えない気持ちにさせてくれる。
ぶらぶら歩きまくった後、すっかり常連となりつつある、古本屋へ。
店主と昭和の漫画家や特撮ものの話題などし、結局、収集モードと
なってきている、水木しげる先生のサンコミックシリーズの1冊、
『怪奇死人帳』を購入。どうやらサンコミのカバー絵の雰囲気に
やられた模様。内容はどこかで読んだものが大半ではあるけれど、
当時モノに触れて読んでこその読後感がある。アンティーク系の
ものが好きな方には理解できると思う。初版に拘らなければ、
そこそこの状態のものが数百円ほどで買えるのもいい。
もちろんそうじゃないのもありますが。あとはひばり書房とかの
ホラー漫画もかなり惹かれるのだが、これは今は抑えておこう。
範囲内のモノを吸収し、満足したところで店を出る。
しかし本日の掘り出し根性が満たされておらず、最後に駅前の
レコード屋へ。ここなら何かまだ眠ってるんじゃないかと。
レコードは前に自分の中から『範囲外』と決めてあるので、
(理由はレコード見てると時間を喰うので他のものが見れない。
昔それで悔しい思いをし、反対に良い思いもした経験から)、
探すのはCDを。とか言いつつ、好きな音楽のものは基本、
ただ単に好きだから買う目線になってしまいがちなので、
なんで初期のUnisoundものがよくあるんだろう?とか邪念が
過りつつ、店主から現在の中古レコード屋事情などを聞かせて
貰ってると、会話している以上、これは手ぶらでは出れんなと。
そんな感じで非常に見辛い棚などを更に物色していると、
何故かGASTUNKのコーナーがあるではないですか…
見ると初期シングルコンピレーションのEarly Singlesと#9の
アルバムがあった。Early Singlesには先日、久々に聴きたいと
思い返していたロクfソノシート版のDead Songが収録されている!
これはもう買え、買うか、と決め、レジにて清算。
今月は新品でCDを買い過ぎなのでこれ以上、もう買わない、買わないで
おこうと思いながらもDead Songが聴ける嬉しさで帰りの足どりも軽い
(実際は疲労で重い)。ここの店は昔からレコードを抜かれた話は
聴いたリしてたけれど、店主さんの話を聞く限り、もうない確率の方が
高いだろうけれど、CDなら新品で面白いものが残ってる、かも。
気の良い店主さんなので今後もまた寄ろう。普通に客として買いたい。


IMG_7369.JPG

今日聴いたCD
Orphaned Land - Unsung Prophets & Dead Messiahs
Gastunk - Early Singles

posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

生存確認

2018022110430000.jpg

朝から毎月恒例の一心寺と四天王寺のお参りへ。
午前中に一心寺へ行くと、いつもよりも参拝客はまばら。
これはいいと本堂〜叔父のお骨仏に手を合わせ、一心寺を後にする。


2018022110430000.jpg

次に四天王寺へ。ここの馬頭観音さんと水かけ不動さんが好き。
心がとても静かになれる。最後、知人のお墓に行く際、
お墓の裏側にある、大きな弘法大師像の横で足が止まった。
普段はここで合掌することもなく横切っていたのだが、
今日は不思議と弘法大師さんに手を合わせる事にした。

2018022110440000.jpg
2018022110440000.jpg

お墓参りを済ませて、南海そばで月一のカレーそばを食べ、
そのまま帰る予定だったが、ウクレレ弦でも買いに行くかと予定変更。
日本橋界隈を徘徊し、ボークスで溶剤を買い、玩具屋をひやかし、
モンベルでちょっと買い物し、タワーレコードでOrphaned Landの新譜
ないかしらと探すも売り切れで、じゃあ、S.A.MUSICさんならあるかも知れんと
かなり久し振りに店にお邪魔する。浅井さんとお会いするのも何年振りだろうか。
会話の中でベース弾いて貰ってたY君、ドラムのK氏の名前が出てきたりして、
非常に懐かしいというか、何というか(笑)生存確認の為にもたまには
顔を出しましょう、出してください。はい。これからもちょくちょく
お邪魔致します。楽しいひと時をありがとうございました。
で、ウクレレ弦を忘れた。このおっさんはこんなもん。



IMG_6875_1.jpg

Orphaned Landの新譜は残念ながら売り切れで
(日本盤は翌日発売という事を後で知った。嗚呼)、

この日は他に気になってたもの、目に留まったものを4枚購入。

今日聴いたCD
伶楽舎 - 陰陽之占楽~安倍晴明占術と雅楽
Paradise Lost - Shades of God
Sungoddess - 残骸
Ampulheta - Disturbing
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☀| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

隠された日本

IMG_6253.JPG

五木寛之『隠された日本』シリーズの2冊が届いた。
昔、五木さんの本は個人的には重苦しい印象があって
避けていたのだが、行きつく先に氏の著書にぶつかるので、
じゃあ、先ずは『隠れ念仏と隠し念仏』を買ってみて
読み始めると、これがとても興味深く面白い内容だったので、
以前から気になっていた他の2冊も購入。このシリーズは
ちくま文庫から出てるので、大型書店なら置いてるだろうと思いきや、
意外と店頭には置いてなく、今回も仕方なくネットの古本を選んだ。
さっそく『サンカの民と被差別の世界』を読み始めたが、
やはりぐいぐいと引きこまれてしまう。氏が浄土真宗なので、
どうしても真宗寄りな内容になるところもあるけれど、
自分が仏教徒ではないのもあり、特に影響されるわけでもなく、
いい意味で距離を置いて読めてしまう。それと創作意欲が
湧いてくる内容なので、今夜も本の世界に浸るとしよう。


今日聴いたCD
Bathory - Hammerheart
Solitude - Reach for the Sky
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ 🌁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

徘徊


2018011620030000.jpg


今日は朝から去年の10月以来の一心寺と四天王寺の墓参りの日。
多忙だったのと、足のトラブル(足底筋膜炎とか踵も傷めたり等)で
仕事以外は遠出を控える日が続いていたのもあり、約2か月半振りに訪れた。

一心寺では相変わらず奇妙な参拝者がおり、カップルで手をつないだまま
ロウソクに火をともし立て、線香の煙を二人で仰ぎながら浴びて、
にこやかにお骨仏の前で「パンパン」と柏手を打つという事をやってくれるので、
このカップルからなかなか目が離せなかった。
たぶん、カップルでデートがてら一心寺へ、見よう見まねでロウソクと線香に
火を灯し、ご利益か無病息災の意味で線香の煙を浴び、神社とごっちゃになり柏手、
それで何か自分達の幸せを願うかのような表情で合掌、といった雰囲気だった。
あくまでも私の想像だし、身内の墓参りだったらいいんだけど、もしそうでないなら…
それと線香の煙を浴びるのは本来、清めという意味はあるけれど、実際はご利益とか
身体の悪い部分に浴びると良くなるとか、そっちの方面の意味しか考えてないやろ、
と毎回思ってしまう。そもそもここの阿弥陀如来は大勢の人の遺骨で作られた
お骨仏=お墓なんだし。あと周囲に浮遊霊などがどうしても集まってきてしまうので、
自ら煙を浴びたり、間違っても自分の欲を願うようなとんちんかんな行為はあんまり
しない方が無難ですよ、と。
お寺さんにそういった事を尋ねると、大抵は「大丈夫ですよ」と当り障りない事しか
返ってこないと思うけれど、霊とかそっちの方面が分かる人って意外といないもので。
とか他人の事を偉そうに言いつつ、私も叔父が亡くなってから覚えた事が大半で、
それ以前は知らない事の方が多かった。でも以前から気になってたので書いてみた。

2018011620030000.jpg

四天王寺の墓参りも済ませ、途中の南海そばにてかきあげそばを昼食とし、
そこから徒歩で心斎橋まで行き、久々にまんだらけグランドカオスへ。
見るものは毎回、企業物系、ソフビ系、ドール系。去年よりもやや安くなって、
数年前に戻りつつある感じかも。でも時期によって変わるしどうなんだろ。
そのまま天王寺方面に向かってぶらぶら歩き、難波の地下のお店で河童の三平
の狸を見つけたものの、やはり価格が定価の倍になってると手が出せず。
その後はいつもの日本橋界隈の中古CD屋さんを色々と回り、店の方々と会話を
楽しみつつ、数枚購入。あとはボークスとアゾン等で頼まれ物を購入し、
通天閣近くで足が少し調子悪くなるのを感じつつ、JR天王寺駅に戻り、
MIOの本屋でちくま文庫の五木寛之氏のサンカ本を探すも見つからず、
そのまま電車で帰宅。帰宅すると、猫のフィオが思いっきり甘えてくるのが可愛い。


今日は何も聴かず。


posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

リトアニア

降霊の日曜嫌々恐歩の日。前日までの寒気が少し緩まったせいか、
またはここでの新年一発目というのもあってか、何もなくても
ご機嫌な方が多かった。というか、さっそく微かに漂う春の陽気を
本能(動物的)で感じ取った方々がご機嫌、といった感じ。

旅行好き夫妻は次にバルト三国とポーランド辺りを旅する予定と聞き、
私が「リトアニア」を連呼し過ぎて若干ひき気味な様子だった。反省。
そりゃ、他人が旅行に行くという話だけで興奮し、自分が異国の空気を
体感したかのように満足げな表情をしつつ会話するとひくに決まってる。
リトアニア!のお土産お待ちしております(笑)



今日聴いたCD
Solitude - Virtual Image

posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

きかい


mokurenosho-2017-12-29T173A363A06-1.jpg


午前中、スーパーの一角で期間限定の古本屋が店を開いているので、
いちおう覗きに出向く。以前からちょくちょく出没している店で、
置いてある安値本と張り紙を見る限り、主に買取が目的のようではあるが、
本があまりにも場末の古本チェーン店の100円コーナーのようで、
量の割にまったく魅力を感じないけれど、やってる方々が廃品回収系か
ガラ屋ぽくて、壁にある張り紙「300円以上の本は買い取ります」という
文字を見て、どんな買い取り方をするのかちょっと気になってしまう。
やはりなんもないかと思いながらも一応、隅から隅まで棚を見て回り、
せっかくだからと以前から気になっていた井上靖『遺跡の旅・シルクロード』
など4冊を購入。友人が欲しがってたものが買えたので良しとしましょう。

午後、遅刻しつつも現場まで出向き、締めの片付けや雑用を済ませ、
ギター弾きながらオタク氏と雑談。内容は相変わらずアニメロボ系の
話題が多い。おかげで少しはロボット機械もののアレルギーは減ったか(笑)
でも車とかの乗り物系にはまったく魅力を感じないし、SF宇宙ものの
漫画や映画も今ひとつピンと来ない。スターウォーズとかもう無理。
スペースバンパイアとかスペースインベーダーなんかは大好きなのに。
機械ものより奇怪もの。絶対これだ、奇怪。奇怪なモノモノモノ。




IMG_5808.JPG

帰宅すると『シュピルマン:オリジナル・レコーディング』のCDが届いてた。
先日、やっとこさ映画『戦場のピアニスト』をDVDで観賞し、これは絶対
聴いてみたい!と思い、購入したもの。今も聴きながら書いてるが、
今夜はこれを聴きながら眠ろう。

今日聴いたCD
シュピルマン:オリジナル・レコーディング

posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

さよなら人類


IMG_5807.JPG


朝から局に荷物持ち込み、その足で整形に行き、痛み止めを処方してもらう。
必要ないかも知れないが、一応、念のための薬。頑張れ、足。
家で作業し、日が暮れてから戦う男のワークマンでインソールを調達。
先日、同メーカーのライトを買ったらなかなか良かったんだけれど、
靴によっては私の足が甲高甲広な為、窮屈になるので似たようなもので
少し薄いものをと写真のものを買ってみた。さて、どうなるか。
ワークマンを出てスーパーへ。途中、焼肉屋や回る寿司屋には
家族連れがたくさん。「家族がなんぼのもんじゃー」と呟き、
スーパーで割引になってる塩おむすび2個(薄いたくあん付)を買い、帰宅。
さっそく買ってきたインソールを試したり、晩飯に先のおにぎりと
インスタントラーメンを食べたり。猫には好物の缶詰を食べさせた。
風呂上り、ギリシャのジュラを弾く。就寝前は井上靖『孔子』。
この本を読むのはこれで何度目だろうか。心が静かになる。




今日聴いたもの

たま/さよなら人類 8cm CDシングル
たまに今更はまってしまった。
こんな凄いバンドだったとは…

自作デモテープのチェック
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

前夜祭


1223104408564.jpg

早朝嫌々競歩の日。朝、電車内のテレビを食い入る様に観る。
地デジ化になって以来、テレビとは疎遠なので、たとえば実家に
帰った時にはテレビがついてると、物珍しそうに観てる自分がいる。
テレビが恋しいか?と訊かれれば、「あんなもの時間の無駄だ」と答えてるが、
映像がデジタルになってからの人の顔などの映り具合が未だ新鮮で(苦笑)、
以前の映像とを脳内で比較しながら眺めてしまうような変な癖が付いてる感じ。
未だにハイビジョンに慣れないし。完全に止まってる。


現地では今年最後の土曜の祭日とあって朝からなかなかの混み具合。
旅行好き夫妻から「好きや言うてたから」と加藤登紀子のカセットテープ
を頂いた。CDで持ってるけどこれは嬉しい!ちょうどこの方に渡そうと
していた奥村チヨの全曲集CDを持ってきていたので、トレードという
形となった。加藤登紀子は昔のアルバムが何枚か欲しい。
後はヤドランカの去年でたベスト盤。『誰かがサズを弾いていた』
が収録されてるのでこれはほんと買わないと。

特にこれといって何もなく、たぶん古本屋ツアーさんの影響で、
横溝正史の文庫本が30円と捨て値だったので6キロ近く買ってしまい、
本は最高だけど、それ、利益にはならんやろうにどうすんの?
みたいな突っ込みを自ら入れ、いや、買う事によって吸収して
ゆくのがわしのやり方じゃ!と自分の心にやり返し、
もしかしておっさん寂しいんか?とまた心で呟く分裂気味な朝。
まあ、単に朝一から重い物を買ってちょっとした後悔しただけか。


その後、がさごそするものの、特になし。異常な人はいても異常なし。
知人の店などで立ち話したりして、さて、最後にぶらっと見て帰ろうかと
思ってプレステのソフトの合間にフェノミナのサントラが挟まってるのを発見!
「ありがとうございます!」と心の中で言い、店の人に100円を渡した。
ダリオ・アルジェント監督かゴブリンかジェニファー・コネリーからの
プレゼントかと思い込むようにしたいくらい嬉しいフェノミナのサントラ。



IMG_5715.JPG

帰り、さっそくフェノミナを聴きながら成城石井で大好物の
ホットビスケットを買って昼過ぎに帰宅。明日も気が向けばブログ書きます。


今日聴いたCD
Al-Namrood - Kitab Al Awthan
渓間のガザル〜カシミールのラバーブ
フェノミナ/オリジナル・サウンドトラック
加藤登紀子全曲集/百万本のバラ(カセットテープ)
posted by 裸木 at 19:48| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

無題

IMG_4355.JPG


◆今月は外も家の中も整理期間。今年初めに予測していたとおりなので、
特に何も問題なく、あれこれ引っ張り出しては処分(売る/捨てる)してる。
もうすぐ叔父の七回忌なので、気持ちはそちらに合わせてる。
そういえば、叔父が夢に出てきた。階段をかけ上がってきて、
私が生きてる事に驚いてると「○○(叔母の名)と入れ替わったんや」と言う。
今から一緒に出掛けることになっており、私は身支度をしながら叔父に聴かせたかった
CDを探しているうちに、叔父は車を止めてる繁華街の駐車場まで走って行ってしまった。

ここで目が覚めたが、ただの夢とは違うのが起きてすぐに理解できた。
ちょっと言い訳が可笑しかったけれど、元気そうな姿で現れてくれてよかった。
それだけで嬉しい。


◆今週の両親の会話。
親父「・・・お前は墓には入れん」
母親「わかったわ!よっしゃー!!それでええわええわ!!!海にでも撒いてくれ!」
親父「今からか?」
母親「な、な、なーんで今からやねん!アホか!!なんで今うちが死ななあかんねん!!!
ほんま、どつき散らしたろか」

もう笑うしかなかった。そういや以前親父がぽつりと言った言葉を思い出した。
「○○(私の名)、夫婦は、お笑いのコンビみたいなもんや・・・」と。
今度、母親の背後から粗塩でも振り掛けてみようかと思う(笑)
本気でいちど試したい。それくらいキツイので。
経験上、自分に付ける塗香はあまり効かなかった。日光にさらした粗塩がいい。




◆ラフカディオ・ハーン氏の『怪談・奇談』を読み終えた。42本の短編なんで
早く読み終えると思ってたけれど、電車内ばかりで読んでいたので少し時間が掛かった。
一見、昔話などで聞いた事のあるようなないような話なので、右から左へと流れるように
サラッと読んでしまうかと思っていたら、とんでもない。42編すべてに霊的な強い想いが
込められてあるように感じる。粉骨砕身の努力をそそいだ作品というのも納得。





今日聴いたCD

Ray Sandoval - a la naturaleza


posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

シャチ

2017100320550000.jpg

朝から実家へ。母親のポリープの検査結果があるので、家で親父と留守(親守)の日。
認知症を除外されて安心としたのかまたは残念だったかは分からないが、
我が家の女帝二人に次は精神の病のレッテルを貼られてる様子で、母親にとっては
都合いいかも知れない。が、現状、これで良いのかも知れない。
早い時間帯に母親帰宅。玄関から既に鼻歌を歌ってる・・・結果はもちろん良性。
一晩の検査入院の時もそうだったが、銭湯にでも行った帰りのような機嫌の良さ。
きっと私より長生きするんじゃなかろうか・・・帰り際、知人から教えて貰っていた
アルツハイマーに効くという漢方薬の事を話すと、それは処方されていないと。
じゃあ、次回の診察時に医者に出してもらったらと勧めた。知人の親族はそれで
幻視と幻聴が治まったらしい。相変わらず「それだけの原因やないんじゃ!」と
言いたいところだが、治まるならそれでよし、の方向で進めていかないとも思う。

昼から堺で用事。知り合いの店のようなところに行き、引き取りを…とはいかず、
また次回です、みたいな展開に馬鹿らしく思いつつ、そういや住吉大社が近かった
と思い出し、知り合いととっとと別れ、高野線に乗り込んだ。車内でハーン氏の本
に熱中していると、住吉東の駅で降りるはずだったのがなんと通過してしまい、
次の帝塚山駅で降りて歩くことにした。帝塚山の住宅街を抜け、住吉大社に到着。
本殿など参拝し、最後に樹齢千年を超える楠の大樹に祀っているお稲荷さんへ。
お稲荷さん・・・基本、避けるようにしていたのだが、どうも好かれてるのか、
縁があるようで、私もまあ、本音を言うと、嫌いというより好きだし、
ここは素直になってお参りして帰ろう。住吉さんのお稲荷さんなら怪しい類
ではあるまいしと思い、参拝。今まで避けていたのですっきりした気分になった。



IMG_4065.JPG

住吉大社を後にし、先の引き取りが空振りに終わったのもあって空腹を満たす為、
そのまま難波方面へ出掛けることにした。地下のいつもの玩具など売ってる
何でも屋さんで、子供の頃に和歌山の白浜か串本に行った際に買ってもらった、
香港製のゴムでできたシャチの人形が大量に売ってあった。これは以前から探求の品
だったので、とても気持ちが昂った!未使用だったけどかなり汚れとかあったので、
どれがいちばん良いだろうかと個体差の多いこの手のものを手にとり見比べ、
いちばん気に入ったやつを手にとり、レジへ。このチープなゴム人形で、
ここまでテンション上がる人間も珍しいに違いない。しかしこれはほんと探してた。
確か子供の頃の写真であった筈だが、実家に置いてあるようで今は手元にない。
他のはワニとペンギンがあったが、シャチとワニはたくさんあったのに、
ペンギンが少なかったのは、悪魔が取り憑いたかのような怖い目つきなので、
返って面白がって売れて行ったんではなかろうか、などと私以外は
考えない妄想をしながらこの店を出た。色々重苦しく暗い過去はあっても、
いい想い出だけはずっとそのままとっておこうと、シャチ人形の入った
袋の中を覗きながら思った。後は心斎橋、日本橋、天王寺など歩き、
夕方にJR天王寺駅へ到着。帰りの車内では、数件寄った中のある中古レコード屋
の店内で流れていた(シャツ見てかけてくれたのかも)バンドが気に入り、
その買ったばかりのCDを聴く。さて、また頑張りますか。


今日聴いたCD

SAMSARA - Inheritance Of The Soul
posted by 裸木 at 21:01| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

それはそれこれはこれ


2017100118080000.jpg


コーヒー飲んでブスーキ(ジュラ)弾くだけで元気になった。
血が騒ぐ音楽を弾くとほんと気力が回復する。
付き合いや職場は変えれても、親兄弟だけは変えられないので、
以前よりも増して家族との孤立感は感じるが、それはそれで現実だから仕方ない。
親父はまだ過去を反省した言葉を口にし出してはいるのでマシかも知れないが、
長年曲がり切ったものは力技で戻しても、結局は元に戻ってしまうから。
やることはしっかりとやって、後は自然の流れにまかせよう。
今はもう死者や物の怪相手のお付き合いの方が得意かもしれない(苦笑)



昨日は引き籠って部屋の整理や衣替えの用意など。上着を手もみで洗いまくった。
ビデオとDVDのモニターに使用してたブラウン管テレビが壊れたので、
そろそろ棄てなければと玄関まで移動させたら、猫2匹が名残惜しそうに
テレビ前に集合(笑)長年、猫たちのお立ち台としても活躍したからなあ…

10月1発目の早朝競歩は予想どおりのスッカスカ。お祭りが盛んなこの時期は、
そちらに氣が流れて駄目、というのが長年の持論。

選別された安い文庫本を大量に持ってきている知人のところで、
角川文庫ラフカディオ・ハーン著『怪談・奇談』を50円で購入。
ハーン氏(小泉八雲)の本は図書館で借りて読んでただけだったので、
これはこれで地味に嬉しい本を買えた。



今日聴いたCD

Al-Namrood - Kitab Al Awthan
posted by 裸木 at 19:31| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

名のる

IMG_3507.JPG

朝晩だけ涼しい日が続く。早朝から終末恒例の狩り。
特に何もなく、知人の店で談笑しながらのんびり狩り。
知人が「ナンノのフィギュア、お前買えよ〜」と嘆いてたのを無視し(笑)、
円盤のみチョイスして少し負けてもらい購入。買い手つかない南野陽子は
「どっかの年寄り捕まえて南田洋子の人形や〜言うてで売りつけるわ(笑)」
と言ってたが、本気でやりそうだ。いつも負けてくれてありがとう。

別の知り合いのブースで店番。ここの知人とは14年前からのお付き合い。
最近、互いの父親がアルツハイマーだ(だった)という共通の話題ができ、
そのことでしばし話し込む時があった。それ以来、やっとお互いの名前を教え、
長年「髭のおもろいおっちゃん」「ヒゲ生やした黒い服のにーちゃん」という
それぞれ勝手に付けていたあだ名をやめることにした。



2017090923400000.jpg

帰り際、着ていたサバスTシャツにハナムグリが二度もとまった。
昔からハナムグリは好きで可愛い虫だと思ってるので、しばらく
シャツにつけたままにしていると、自然とどこかへと飛んで行った。


画像は100円で買ったVANSのサングラス。性懲りもなくまた(笑)
今回は何もないだろうと思う、多分…


今日聴いたCD

Mike Oldfield - Tubular Bells
Bathory - Blood Fire Death
posted by 裸木 at 23:34| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

ロック解除

IMG_3241.JPG


土曜は雨に悩まされ、晴れたら暑いし、これといった拾い物もなく、いつもの事。
帰りに天牛書店で古本市をはしご。郷土資料や宗教、民俗学などのジャンルの
古本が多いので、天牛さんはほんと助かります。しかし、この日は人身御供、
巫女、山の暮らし等、惹かれるタイトルが多数あったものの、肝心な内容には
惹かれず、手ぶらで帰宅。来週は忙しいので昼から家の整理など。
まあ、物に呼ばれる時がくるまで待とう。強引はあかんのじゃ。

日曜日。すでに秋の枯れ気味なニオイがする早朝競歩。例年どおり。
ただ空気は割とカラッとしていて気持ちがよく、知人らと雑談日和。
先日、サングラスの霊障の話をした知人はまだ「あれは嘘やろう?」
と言っており、終いには「嫁にちょっとその話を聞かせてやってよう」
ときたので、知人の奥さんに黒い人が腹に乗ってた話をしてあげた。
二人して「ウソや〜」とは言うが、奥さんだけは表情が強張っていた(笑)
ほんと「信じない」と言う方はとことん信じない。私からすると、
現実に起こる出来事を否定するなんて変な人たちだと思うけれども。


今日は写真のティンバーランドのバックパックを500円で買った。
状態そこそこよく、30Lかもう少し大き目でいい感じ。
ちょうどバックパック探していたので嬉しかったのだが、500円だった理由が、
三桁のダイヤル式の鍵がバックパックの留め具に付いたままの状態だったから。
付いたままだと片方の留め具を使用することができないので安かったのだろうと。
なので、家に帰ってからはいつもの除菌と鍵開け(笑)「ダイヤル式の鍵の開け方」
で検索し、紹介されてるやり方で少し試したが、鍵の性能がいいのかまったく駄目。
なので、適当にダイヤルを回し、偶然だけど10分ほどで開けることができた。
まあ、夢の割には小さく良い事あったかな。





今日聴いたCD
Manowar - Kings of Metal
posted by 裸木 at 20:40| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

向日葵

2005_everything_is_illuminated_wallp.jpg


例年よりもかなり早く咲き終わったそう…今年も向日葵を見に行けなかったので、
好きな映画の向日葵を。


今日聴いたCD
Moonspell - Wolfheart
posted by 裸木 at 19:12| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

盂蘭盆



0809094052916.jpg

朝、某所で少々しばいてから、天王寺まで出向き、喉も乾いたし小腹も減ったので、
スタバで休憩。ただ不思議なことにここのスタバ、カフェラッテしか置いておらず、
屋外テラスでは向かいに座るうらぶれたおっさんが「のどごし生」片手に頭抱えてる。
「ふふん、こんなもんか、スタバ(ファミマ)は」と軽く嘯いた後、寺にお参りへ。




0809094012933.jpg

お盆には少し早いかなと思ってたけれど、全くそんな事もなく、四天王寺では今日から
万灯ロウソクだし、参拝客もそこそこ多く、今年もこの時期がきたなと実感。
手水舎で「クチュクチュ」と本気で口の中を洗うおばはん2人に挟まれたり、
鯉に餌を蒔くように賽銭を投げ入れる人、合掌している背後で「パンパン!」と
柏手打つ音が聞こえてきたりと、毎回、試されてるんじゃないかと思う安定の一心寺。
勿論ちゃんと参拝している方が多いと思うけれど、やはり異質な方が目立ってしまう。
四天王寺の方へ行き、六時堂でまずはお参り。そこにある知人の献灯灯籠を確認し、
次に亀井堂の馬頭観音さんにお参り、次に亀井不動尊でお不動さんにお参り、
その後、知人のお墓にお参り。お寺を2か所まわった後はモール周辺を徘徊。
本屋で加門さんの新刊買おうかと迷ったが、他に用事があったので本屋には寄らず、
Loftで頼まれものを購入し、天王寺駅構内の『麺家』で月一のカレーの日。
鶏のから揚げが乗っているカレーそばを注文し、食べた。美味しく食べたけれど、
南海そばの味がいちばん好きかも知れない。「汗くせ〜」と思いながら昼過ぎ帰宅。


0809094128421.jpg


今日聴いたCD
The 3rd and the Mortal - Tears laid in earth
Vahagni - Imagined Frequencies
Vahagni - Broken Compass
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

戸籍



去年、両親(両親の御先祖同士)仲裁の神様と言えば誰か!?と
急にひらめき思い出し、あくる日、菊理媛命が祭神の神社へ参拝に訪れた。
参拝したその日の夜、枕元に飾ってある昔の母親の写真の違和感に気が付き、
写真をネガ加工してみて驚いた。今までまったく気が付かなかったのに、
さっそく参拝した効果が現れたんだと思った。その後、菊理媛命から
白山信仰や朝鮮、被差別部落などの関連を後から知り、この1年ほどは
本やネットの資料などを中心に探して読んだりしていた。(こういった事を
調べるのは自分を含めた家系の事、ご先祖供養の事、出来る範囲で救いたい
という気持ちでやってます)今年になり、母方の故郷、五島の歴史、
特に裏側の歴史を探ってるうち、他方面(猫)で仏教の宗派の事を知り
(元々仏教徒ではないので疎かった)、そこからずるずると母方は確か
神道ではなかったと思い出し、母親に宗派の事をそれとなく尋ねると、
母親の記憶力と(別の力も働いてると思われる)あやふやな答えしか得られず、
しつこく訊くと鬼神のように切れる方なので(苦笑)、数少ない資料を元にして
自分で調べていくしかないかと思い立ち、先ずはやはり戸籍謄本を取ってから、
それからかな、と考えていたところ、そういや、菊理媛命の事をとっさに
思いついたのも妙な話だったな、もしこれが引っ張られていたとしたら、
なんで引っ張られたんだろうかと整理しながら考えると、五島列島と言えば、
朝鮮半島が近くにあり、ああ、これかも、と。じゃあ、母親の頭に写っていた
顔というのは母方の御先祖なのか。もしそうだとすると、やはり供養して欲しい
などの気持ちもあるのではないか。しかし、父方の方(神道)の御先祖供養なり
親父を助けようとするたびに妙な事がすぐに起こり、邪魔をしてくるのはやはり
御先祖同士の因縁を感じてしまう。まあ、去年のように身体壊すと元も子もないし、
力を抜いて、ぼちぼちまた調べようか、とりあえずできる事、戸籍謄本かなと
思っていた今日。晩飯を食べてると携帯に電話。嫌な予感を感じつつ、名前を見ると、
姉からだった。すぐに両親に異変があったんだとわかった。案の定、親父がハサミを
持ち出して母親と揉めており、荷物をまとめて明日朝に家をでる!といつもの騒動。
確かに何かあれば大変だが、これが初めての事ではない。両親とも一日くらいあれば
とりあえず気持ちが落ち着くのもだいたい予想できる。それなのに姉は数年ぶりに
電話を掛けてきて、今から私が様子を見てくるが、ほんまどうしようか、等と
両親の愚痴を始める。また、たいへんな状況ではあるのに、言葉の節々にどこか
この状況を楽しんでいるようにも聞える。これは以前にもどこかで感じたな…
ああ、叔父が亡くなる前日に姉と喋った時と同じ感覚だと思い出した。
隙があれば両親の悪口を言わそうとして、後日、私がこう言ってたなどと
余計な事を告げられるに違いないので、用心しながら当り障りなく言葉を交わし、
途中で私を馬鹿にするような言葉も笑いながら発せられていたが無視し、
もし悪い状況ならまたメールか電話してと言い、こちらから電話を切った。
とにかく冷静に、惑わされないよう進めていかないとあまり時間がない。


追記:改めて皆本幹雄氏の事をネットで検索していると、成申書房という、
皆本氏の著書を出版されてるところのサイトで、『稲盛和夫氏も心酔、
京セラ社屋の用地選択を託した…』などと記載されており、前々から
関西財界や著名企業の新工場設立に云々…とまでは載っていたので、
どこの企業だろうかととても気になっていたところだった。
興味出てきてとりあえず稲盛和夫氏のウィキペディアを読むと、
なるほど、納得できた。皆本幹雄氏がすぐれた霊能者だったことが
あらためて感じられて素直にうれしかった。


画像削除。
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

妖怪本


IMG_1757.JPG

梅雨の時期のせいか、という事にして、ここ2,3日体調がいまひとつ。
今日は早朝競歩の日。いつもの如く、あるような、ないような日。
妖怪好きな仲間より「お返しできてないから」との事で、水木先生の
妖怪百物語の本を頂いた。唯一、小学生の頃から持ってる本の復刻本。
これなら好きな時いつでも見れるので、同じ内容でもたいへん有り難い。
妖怪好きは妖怪でお返ししてくれるという、分かってらっしゃる。感謝。


IMG_1756.JPG

私は万年徒歩電車自転車男なので、昔からリュックは背負ってるけど
最近はリュックが流行りのようで、猫も杓子も背中に背負ってる。
今日は以前から気になっていたカナダのメーカーのリュックが
知り合いの店で値下がりしており、どうも自分の名のような
気がしてならないので、迷った挙句、買ってしまった。
ファッションセンターしまむら(笑)辺りで流通してたものかと
思うけれど、ここのメーカー、作りは悪くないしロゴが好き。
ただサイズの割にヒップベルトがないのがちょっと残念。使いますけどね。



今日聴いたCD
Dark Funeral - The Secrets of the Black Arts
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする