2017年01月28日

no-title

2017012806480000.jpg
posted by 裸木 at 06:50| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

流血

天気が心配だったが、雪も降らないし、寒いだけかと思いきや、
二つお隣の市内では、屋根に雪が積もり、庭には雪だるまが見えたり。
そんな中で今年一発目の早朝競歩のお時間。去年からこちらの問題で
すっぽかしていた業者からやっと品物を譲り受け、内容はまあ…あれだったけれど、
次回また宜しく!な感じという事で。途中、爪と皮膚の間を深く切ってしまい、
流血したままいろいろ物色していたようで、知人業者の「血ぃ出てますよ!」
の一言で気が付いた。寒さで悴んだ手は切った感覚がなかったようで、
手に持ってた白い袋に自分の血が派手に流れて付着していた。
本人より周りが驚いたようで、自然とティッシュや絆創膏を差し出され、
とりあえず頂いたティッシュで鼻をかむと「いや、違う」と突っ込まれたが、
血が乾いてるので拭きようがない。傷口がズキズキと痛むことはないので、
まあ大丈夫だろう。この程度の怪我で済んでよかった。これでひとつは終わる。
その後、妖怪繋がりの知人と新年のご挨拶し、しばらく立ち話。
去年の掘り出し物、ジャガーバックスの妖怪本をそこそこ手ごろな価格で
入手した知人は、この本を買って以来、他の古い怪奇児童書系が気になりだし、
欲しくなってきて困ってますと、非常によくわかる悩みを打ち明けてくれて、
私がこの手の本に手を出さない理由そのままじゃないかと、ホッとした反面、
やはり羨ましい、とも思ってしまった。あの当時の妖怪や幻獣系の絵は、
とにかく惹き付けるし、一度はまると大変な事になりそうで。頑張って下さい(笑)

お昼過ぎに帰宅。昼飯食べて図書館へ。残念ながら欲しい資料はなかった。
ある程度は資料等で知識を得て、出来れば現地に行き、第六感を頼りに
感じるままに行動した方が自分には合っているようで、ただの理屈めいた
内容の文を読んでもあまり意味はない。あとは夢がとても重要な役割を
果たしてくれている。その為には余計な気は入れないようにしないと。




聴いたCD
Limbonic Art - Ad Noctum - Dynasty Of Death
Limbonic Art - Ultimate Death Worship
Paradise Lost - Icon
Tiamat - Clouds
Crossing The Bridge -The Sound Of Istanbul-
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

古本市

2017010618100000.jpg

昨夜から気温が下がって冷えた為だろう、去年捻挫をした足の甲に微量の
痺れが出てしまっている。足首からふくらはぎ周辺をマッサージしても変わらず。
幸い痛みはなく、今朝には消えていたのでホッとしたが、今日は昼間に腹を下し、
その後に久しぶりの肋間神経痛。あちこち痛くなり、このまま酷くなると
蕁麻疹にでもなりかねない覚えのある不快感もある。何とかもがいて30分後に
は普通に飯を食べて治った。急に寒くなると体調を崩すとはこういうことか。

朝から今年一発目の肉体労働。疲れて汚れただけで何もなし。でも感謝。
夕方、スーパーへ買い物に行くと、何やら催し物広場に人だかりが。
あ、古本市がやってる!と慌てて群れの中へ突入し、1時間ほど壁に
張り付いて本の背ばかり見つつ、4冊取って400円也。古本屋ツアーさん
のようには行かないけれど、読みたい(かな?)くらいの本は買えたので、
まあ良しとしましょ。チェーン店の安値本の流れのような品がほとんど
だったけれど、でも朝一なら何かあったかも。いや、本の専門の方なら
きっと良本の一冊くらい買えたかもしれない。など考えても仕方ないので、
今夜はディープな歴史関連の本は読むのをやめて、買ったばかりの本、
カラーブックス『一軒宿の温泉』でもボケっと眺めて読もう。
昭和の旅先でのお土産品店や温泉宿なんかが写っている本や雑誌に弱いのです。

2017010618350001.jpg


今日聴いたCD
Paradise Lost - Icon
Tiamat - Clouds
「アンネの日記」オリジナル・サウンドトラック
posted by 裸木 at 18:35| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

初詣

IMG_0012.JPG


午前中、今日は外に出るもんかと決めていたが、明日の朝食用の食パンが
ないことに気が付き、仕方なく、近所のコンビニへ食パンを買いに出掛けた。
で、コンビニまで歩いて行く道程は、近所のお寺の方へと続くコースであるので、
今年は行く予定ではなかったが、先にお寺さんでお参りしてからコンビニに寄ろう
と決め、いつもの近所のお寺へ初詣。お天気いいのもあって、なかなかの賑わい。
来る予定では無かった為、賽銭で小銭を使い果たし、おみくじをするのに万札を
だすのは少し悪いような気もしたが、受付をしているお寺さんの子供(中学生くらい)
に一応大丈夫かと訊き、問題ないですよな感じだったので、一万円札を出し、
お釣り受け取って念のために枚数を数えると、千円札が10枚ある。あれ?と思い、
もういちど数えても10枚。で、小銭も500円玉が1枚、100円玉も10枚あった。
もちろん子供の目の前で数え、「多く貰ってるよ」と言い、ちゃんと返したのだが、
知らぬ間に子供の背後にご住職(お父さんだと思う)が立ち、心配そうに子供の
後頭部と私の顔をちらちら見ていた。年明けの昨晩から今までの事を思うと、
やらかしてる確率が高そうで、こちらが心配になってしまった。とにかく、
1回おみくじを引かせて頂き、今年はなんと大吉。先の正直な申告が効いたのか
どうかはともかく、これは幸先が良い。参拝後に日本中を云十年と出店して続けている
知人の露天商夫妻に新年のご挨拶。恒例のダーツをやらされ、3本投げて見事23点。
未だにおっちゃんの点数の付け方が分からないが、3本ともど真ん中にやや近かったか。
「ネットで見たけど他所では除夜の鐘禁止とか」と愚痴をこぼすので、頷きつつ、
適度に切り上げ(話が長いのです)、参加賞の飴をもらい、お寺を後にした。
コンビニに寄り、食パンとドーナツを買い、ぶらぶらしながら帰宅。
昼飯にかぼちゃの煮物をつついた。さて、昼寝でもするか、と思い、布団に入ると、
隣から掃除機のフウウォ〜ンという音が。どうやら早起きするのが常の新興宗教の
婆さんの家から聞こえてくる。ここは歳神様を吸い取るのが教えなのか。
掃除機が終わると、次はベランダで布団を叩き出すという…夢に出てこないようにと
願い、布団にはいった。昼寝では夢はみなかった。


今日聴いたCD

Kari Rueslatten-Demo Recordings 1995
posted by 裸木 at 17:50| モスクワ 🌁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

ソイ

2016122818440000.jpg

掃除抜け出し昼にアウトレットへ。寒い中、いろいろ物色したが、何も買わず。
でも、りんくうタウンは色々と思い出が詰まっている場所なので、来るだけで
満足したかも。昼にソイバーガーを食べてみたかったという理由でモスバーガー。
ライトなベジ野郎にはちょうどいいメニューかも知れない。厳しい人には×だけど。
帰りは危うく空港行きの電車に乗りそうになり、何やってんだかと思いながら帰宅。
昔も間違えたことがあったような記憶が…帰ると加門七海さんの本が2冊届いてた。




今日聴いたCD
Barney Kessel - Perfect Jazz Collection
posted by 裸木 at 18:53| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

一年

2016122720000000.jpg


今日でお仕事はほぼ終了。面倒だと思いつつも、帳簿付けしながら今年を振り返り、
「忙しいはずだ」と納得。明日は在庫の整理と掃除の予定。正月は猫とごろごろしたい。
しかしこの一年の諸々の罪穢れを祓う為、お参りに行かなければとも思うのだが、
この機会に音楽の方もやりたいし、また、身体も休めたいとも考えてるので、
時間が取れるかどうか。でも長瀬神社さんへはちゃんと一年の締めくくりとして
参拝に訪れたい。ここまでお世話になった神社さんはないですから…
この一年も変化の年だった。様々なモノが取れ、まだその状況に身体が慣れてないので、
現状は裸のようで少し危なっかしい。昔よりも自分が弱体してるようにも感じる時が
多々あるが、以前には麻痺して気が付かなかったことに関して、自分でも矢鱈に敏感に
感じ取れるようになり、拒絶反応というべきか、これはこれで困ったもの。
ただ、過程として必ず通らないといけない状態とは思っているので、来年の課題として、
遣り甲斐のあることがひとつ増え、一年間の自分との闘いとしてやる気がでてくる。
鏡をみればいつでも闘う相手がいてますよ、ということで。さて、映画でも観よう。


今日聴いたCD
Barney Kessel - Perfect Jazz Collection
posted by 裸木 at 20:26| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

年の瀬

四連チャン無事かどうかはともかく、本日で終了。
昨日は今年最後の早朝競歩。普段より二割増しでご機嫌な方が多かった。
が、W氏の愚痴をこぼす、逃げたくても逃げられない台湾ハーフ知人…
彼は人当たりが良すぎて、骨董やら古物関係の仕事は向いてないんじゃ?と思う。
が、本人、その辺りは気にしていない模様。しかし、かつての合奏相手、
W氏の「裏の顔」の続報を聞かされると、笑うやら呆れるやら…昔から妙な商売根性、
ここで「中国人だから」とは言いたくないけれど、だからこそ言われんように
しとけよと思うのだが、本人はそんな事お構いなしの自己中まっしぐらで…
オムツ転がしのオマヌケな話から結●詐欺とか…この2件に巻き込まれそうになり、
「駄目だ此奴は」と思い、見切りを付けて離れたわけだけれども。詳しく書いたら
刺激的で笑えるとは思うのだが、年の瀬のどさくさ紛れに書くのは今はやめておこう。

呼子の民芸品あげた妖怪仲間の知人は、「実は家にこれがあって」と笑顔で見せてくれた
写真には、5センチくらいの小サイズ呼子の民芸品と私があげた呼子のツーショットが
写ってあり、思わず「わー!」と声をもらしてしまった。あのサイズは初めてみた。
なんでもお父さんが昔にお土産として買ってきてくれていたものらしく、私の呼子を
見るまで記憶から消えていたようだった。「妖怪が呼んだのかも」と笑いながら
言っていたけれど、そのとおり!やはり呼子だけに呼んだと、これをあの場で
思いつき言わなかった事に今頃、後悔している自分がいる。


今日は業者仲間らと最後の商売を。某社長、父から継いだこの会社をここまで
大きくした話等を長々とし、業界の裏側を覗かせてもらえたみたいで面白かった。
大きかろうが小さかろうが、考え方に共通点が多々あってなんだか嬉しい。
社長が話している最中、思わず「風の中のす〜ばる〜」と喉に水平チョップしながら
歌おうかしらと思った。



IMG_0003.JPG



今日聴いたCD
Al Viola - Solo Guitar
Barney Kessel - Perfect Jazz Collection
Crossing The Bridge -The Sound Of Istanbul-

タイトルとか書くのが面倒くさいという理由で書いてないけれど、家でいる時は
クラシックもよく聴いている。ホルストの惑星はあと3枚ほど聴き比べたいのがある。
posted by 裸木 at 16:57| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

中古

シリアのニュースを見聞きするたびに、言葉失くして黙々と作業する週。

昨日はお外でひっくり返し作業。中古屋なので、中古を漁り仕入れる。
昔から金の無さから自然と本も古本屋で、レコードも中古のレコードとか
ダビングしてもらったりが当たり前で、ごく普通に中古を触りながら現在まで
来たので、中古を買っても作り手の側にお金が入らない、という意識が特に
ないまま、今に至ってる。自分が何だか好きなもの売る中古屋、のような者に
なってるし、中古は中古同士の世界がまたあるので、私はそちら側の人間だし、
まあ、その辺は他の方にお任せして、許してください、と。こんな事を現場の
年配の方々に話しながら、手を汚しつつあれこれと喋っていた。


今日は今年一番の寒さ、のような。外で聴いたWolves in the Throne Roomの
『Celestial Lineage』が初めてしっくり来たように思う。買って聴いた時は
悪くはないけど、もうひとつピンと来ず、カスカディアンてこんな感じなのかしら?
と1バンド、それもアルバム一枚で判断するのは間違ってると思いつつ、うーんと唸り、
しかし気になってまた手に取る音源、といった感じの印象で、正直、ブラストはいらん
と思っていたが、やはり冬との相性が抜群にいいらしく、肌を切るような冷たい風の中、
この音の世界観にどっぷりと浸れた。素晴らしい。もう少し手を伸ばしてみよう。
でもどっから手を付けていいのかさっぱりわからない、正直。絶対はまる音がある筈。

本は今日から井上靖氏の『ある偽作家の生涯』を読み始める。もう少しはやく読む
筈だったが、つげ義春先生の『つげ義春とぼく』をだらだらと読み出し、読み終わると
加門七海さんの『心霊づきあい』を改めて読みはじめ、その中での対談のひとつ、
大森亮尚氏との話で出てくる、氏の著書、『日本の怨霊』がどうも気になってしまい、
しかし私の場合はある意味、手に取るのは覚悟のいる本だなと思い、躊躇していたり。
で、何気に柳田国男の『遠野物語』をパラパラと読み返していると、ニホンオオカミ
の話で引っ掛かってしまい、そこに2,300匹の群れに襲われとあるが、オオカミ、
それもニホンオオカミがそれ程の大群で行動をしていたのか?と疑問に思い、
色々と調べてずいぶんと横道にそれてしまっていた。こういう事が多い人〜。
ただ、今後のお題にする予定なので、もっと本を漁って読まないといけない。

さっき実家から帰宅。母親元気、親父は軽いオトボケは残ってるけど、まあまあ
大丈夫なレベルなので、今は安心できるかと。しかし、帰り際に私に言った言葉が
「お前、注文がさっぱり来んやないか。・・・もう看板返しとけ。金取られて赤字
やろうに。な、もうやめておけ」と一瞬、何のことを言ってるのか分からなかったが、
自宅の方にお客から電話で注文が来ると思い込んでいるらしく、電話がまったくない、
それなら看板を外せ、という事らしい。母親曰く「これくらいならよくあるわ」と。

今日聴いたCD
Wolves in the Throne Room - Celestial Lineage
Tiamat - Clouds
posted by 裸木 at 19:33| モスクワ ☀| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

付き合い

IMG_2081.JPG

加門七海さんの『心霊づきあい』やっと買った。普段、ここに書かれてる
内容のような事が自分に起きてもなかなか喋る機会がないので、この本を読む
ことによって、喋れない欲求が少しは解消できる。加門さんの著書は共感できる
話が多いので、自分にはある意味、心の支え的なものになっているかも知れない。
文庫版の方を注文した記憶があったのだけど、届いたのは単行本。確認すると、
私の勘違いだった。嗚呼。文庫版の方も見掛けたら買ってしまうかも。

いまだ気力体力ともに少し不調気味な感じだけど、今月の仕事面は好調なので、
まあ、良しとしよう。調子悪い時もあるさ、と軽く思うくらいでないと。


昨日今日と朝から出掛けて掘り返し作業と競歩の時間。煩わしい事柄はあるが、
合間に親しき知人らとの会話で救われたり、猫保護の方から嬉しい連絡を頂き、
「よかったなあ〜」としみじみ感じたり。紹介したバザーの場で里親さんが3件
決まったのはほんとに嬉しい。何気ない切っ掛けでどう広がるかなんてやって
みないと分からないので、今後も持ち前?の肌感覚を利用して少しでもお手伝い
出来たらなと思う。今年もあと20日余り。会いたい人にはもう会った感じだし、
あとは焦らず自分のペースでやっていきたい。

今日聴いたCD
Peter Green - End of the Game
Pink Floyd - Meddle
Black Sabbath - Heaven And Hell
Ray Sandoval - Proxima Parada
Ray Sandoval - The Mirrors of Life
posted by 裸木 at 19:38| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

阪神

梅田に出てから頼まれていたものを探し出し購入。その後、阪神で出店されている
りっきぃさんに会いに行こうと阪神百貨店へ。まったく山勘で「8階だ」と決め、
8階で店を探すが見当たらず、ネットで確認すると4階に店があると分かったけれど、
今度は逆方向に歩いてしまい、きらきらふわふわ?してるランジェリー売り場を通過する
羽目になり、嗚呼、慣れない場というものはこんなものだと思い歩いてると、気が付けば
お店の前までたどり着いていた。7,8年振りになるのか、前回は私がビンテージ系の
ファッションドールの山を確保し、テンション高いままその足で梅田まで出て…確か、
会いに行ったのは覚えております。突然お邪魔したにもかかわらず、何故かあの場所で
食がテーマの話で盛り上がり、『肉談義』ではお二人の強いこだわりにたじろいで
しまいましたが、手に取って見る可愛くて丁寧な作りの作品には決してお世辞ではなく、
「凄い」の一言でした。個人的には15センチのベアが「ちょこんと机に座らせて飾ると
いい感じ」と惹かれるものがありました。今日はほんと会えて嬉しかったです。
また機会があればお邪魔致します。帰り、先の話に影響されてか蓬莱の豚まんが
食べたくなった。今は軽い菜食主義なので食べないけど、忘れられん…



posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

映像と活字


2016111720050001.jpg

朝からあちこち走り回る日々。しかし夕暮れには帰宅。野良猫的人生。
合間に小津安二郎監督作品の『東京物語』『麦秋』の2本を鑑賞。
原節子よりも笠智衆という俳優の熊本訛りと佇まいに惹きつけられ、
知らぬ間にじんわりと感動している自分がいた。長太郎さんごめんなさい。
それとDVDで『じゃりン子チエ』の1巻と2巻も郷愁感に包まれながら観る。
この歳になって、ここまで笑いながらアニメを見るとは思ってもなかった。
劇場公開版よりもこの最初のアニメ版が好き。テツ役の西川のりお最高です。
本は筒井康隆『筒井康隆全漫画』アフリカの血(少し諸星大二郎チック)、
カンニバリズム・フェスティバル(一コマ風刺漫画)の2作が好みだった。
あと友人に貰った山田 洋著『自然形体療法』、それと『南海鐡道案内
(全)復刻版』を少し読む。先日買った井上靖氏の本もはやく読みたい。
超自然的な事が最近減ってるので、今のうちにこっそりと普通の本を読む。
先月から流れが変わってきたのは明らか。でもどうせまた「どうにかしてくれー」
と彷徨える者が来ると「はいはい…」となるし。そうなるとまた嫌な寝不足になる。
今は楽しい寝不足。次は録音の方向へ。

今日聴いたCD
Graveland - The Fire of Awakening
Praying Mantis - A Cry For The New World
Queensryche - Empire
posted by 裸木 at 20:06| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

小津もの/命日

2016111321160000.jpg

■日曜日■

暖かいと思ってたら肌寒い日曜の早朝。しかし9時を過ぎた頃には気温上昇で
暑くなってるに決まってると予想し、Tシャツに薄い上着を羽織って出掛ける。
朝一から自分の趣味に走り、小津ものなどビデオテープを大量に確保。
帰りは重くなるのにと思い、また、川崎長太郎先生には申し訳なく思いつつ、
初の小津安二郎の映画。DVDは捨て値のような価格で出回っているのに、
何故にVHSなのか。好きだから、VHSビデオテープ。ただそれだけの理由。
周囲には誰も愛好者のいないビデオテープ。孤独な収集もの。馬鹿者。
そういや前日、ちくま文庫の小津安二郎の本を手に取り、「…要らんな」と
購入を見送ったばかりだった。ああ、また来たかの関連ものの繋がりが。
で、本の相場なんて知らんと書いたら、興味惹く郷土本を見つけて購入。
いつもながら物との出会いは面白い。帰りは汗をかきながら10キロ超えの
荷物を抱えて昼前に帰宅。今日も色々な方に感謝。


■月曜日■
今日は飼い猫サモスの命日。5年目。好物だった鶏のササミを買ってきたので、
コンロで焼き、サモスの写真の前に供えた。フィオは食べないが、ネオは少し
だけ焼いたササミを食べていた。天気がわるくてデカイ月は見えないけれど、
何だかサモスの命日らしい日だなと感じた。


聴いたCD
Master's Hammer - Jilemnicky Okultista
Panopticon - Panopticon
The Gipsy Kings - Very Best of the Gipsy Kings

posted by 裸木 at 19:52| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

個室

111108005186.jpg
ネオは座布団や小さな布の上が好きで、時々コースターの上に前足を乗せてる
時があって笑ってしまうくらい行儀がいい。フィオは使わないギターケースに
布をかぶせた即席の遊具でよく遊んで暴れてる。



IMG_1615.JPG




2日前から寝つきが悪いと思っていたら、軽い風邪。昔から風邪になると
眠りが浅くなってしまうようで、余計に治り難くて困ったもの。

今日は朝から重い荷をひっくり返したりと毎度のお手伝いの日。
『じゃりン子チエ』のレンタル落ちのバラ等いくつかあったので引き取り。
ときめくような昔の玩具や雑貨類はなし。今時、色んな業者が間に入ってるし、
そんなしょっちゅう「これは!」という物がある訳もなく。いや、ないか。
でもハズレばっかり続くと、冷静に見たらそうでもないやろ、と自分自身に
突っ込みを入れてしまうようなものでもときめく瞬間があったりするので要注意。
常に脳内フラットで冷静になれることがいちばん良いだろうけれど。

そういえばTwitter、面白みがよく分からないまま、適当に書いて画像あげたり
しているけれど、元々、多数がいる場のようなものが好みではないので、
やってみたけどネット上でもやはりそれは同じなようで。なので、ここで独り
何か書いてるのとほとんど変わらず。あまり意味のない書いては流れていく
ような垂れ流し的なものだろうから、場の確保だけはとりあえずしておこうかと。
元々それでやり始めたし、それと情報拾うにはいいし。まあ、ネコさんたちのこと
もあるし。嗚呼、扉を閉めた自分の部屋のようなこのブログの方が落ち着く(笑)
さて、今夜は『じゃりン子チエ』を観よう。数少ない好きなアニメのひとつ。


今日聴いたCD
喜多郎/空海の旅
Nahash - Wellone Aeternitas
Poccolus - Ragana
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

ポータブルCDプレイヤー

2016110619080000.jpg

先日ブログに載せたSONYのCDウォークマン、あくる日にノイズが発生し、
しばらくすると動作が止まってしまった。写真が嫌だったのか、残念ながら
壊れたようで…数年前に100円で買ってから、地面に何回か落としたりしたけど
特に異常もなかったので、耐久性に優れた機種だったのかも知れない。
じゃあ、同じ物をヤフオクで買おうかと見てみたが、ありゃりゃ新品の価格が
高騰しており、とても買えない。中古はだいたい3000円くらいみたいだけど、
100円で買ったのもあるし、そもそも新品が中古の値段くらいで売ってると
勝手に思い込んでいたので、中古をその値段で買う気にもならず。
あ、そういや、音飛びしやすいけど500円で買ったPanasonicのやつが
家に眠っていたと思い出し、物置を探すとあった。さっそく使ってみると、
やはり少しの振動で音が飛んでしまう。歩いてる時は使えんなーと諦めたが、
先週末の狩りの時にPioneerのものを300円で見つけてしまい、動作確認して購入。
何種類かあるコラボのシリーズのようで、音は良いけど無駄にデカくて少し重い。
で、ごちゃごちゃ付いてるボタンを触って試していると、音飛び防止機能の
スイッチが付いていた。そうか、この手のポータブルのものは確か付いていたんだと
Panasonicの方を確認すると、音飛び防止の機能がちゃんと付いていた。
そのスイッチをオンにすると音も飛ばなくなり、別にpioneerのものを買わなくても
よかったという…壊れたソニーのものは元々音が飛ばないように設計されてるのか、
そういったスイッチなどはなかったので、長い間そういう便利なものがあること自体
忘れていた。SONYは何かと使い勝手が良かったんだと、壊れてから気が付くという
後の祭り状態。自覚はないのだけれど、実は親父と同じくオーディオは好きなのかも
知れない。碌に説明書も読まず、まともに直せないくせに機械ものの腹を開けて
弄ってしまう癖も同じ。時折、天然なところとか…最近、やはり親子なんだなと、
この歳になって気が付く事が増えた。「怒ってる」と勘違いされる口調は母親譲りか。


今日聴いたCD
Panopticon - Panopticon
Enisum - Samoht Nara
自分の思い描いていたカスカディアンブラックメタルサウンドとは違ったけど、
Panopticonは普通にカッコよかったので気に入った。これだけ細分化してる
ジャンルなので、どこかに自分に合うバンドなり音(2000年以降出した)がある
筈だと思うのだけど、黙って過去に戻り、Poccolusとか聴いてる方がいいのか。

Outrage - Spit
何気に久し振り。前作をリアルタイムで嵌って、旧作品はそれから聴いて好きになり、
このアルバム聴いてガッカリして自分の中のアウトレイジが止まった作品。
改めて聴き返してみても、やはりサウンドプロダクションが自分にはきつかった。
オーディオに付いてる変な音質加工されるボタンを押したみたいな音に聴こえる。

喜多郎/空海の旅
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

大日

IMG_1417.JPG

朝4時起きの5時に家を出る。天気が予報と違い、ちょっと怪しい日曜日。
阪和線で天王寺まで行き、地下鉄谷町線で大日駅へ。7時前に到着。
巨大なイオンを右手に2キロほど歩いて今日の会場へ。誰もいない…
係の人つかまえて尋ねると、ここはみんな来るの遅いと。しきりに誘いを
掛けてくれていた知人業者は「ここは早いでー、7時に来たらええ」との
言葉を信じた私がマヌケだったのか。自分には何が楽しいか分からない
ラウンド1の店内で暖をとるよりも、外のひえひえの階段に腰を下ろし、
持ってきていた本を読みながら時間を潰す。その間、屋上にある会場に
向う車の少ないこと。こらあかんなーと思ったが、秋は駄目だとの持論
を唱えてるので諦めも早い。が、やはり面白くないには違いない。
案の定、数も少なくダメダメムードの緩すぎる空気の中を散歩し、
適当に知人なんかを捕まえ、時間をなんとか潰した。このままじゃ
どうもならんなと隣の商業施設内にあるリサイクルチェーテンを覗き、
散々しばいた後、今日のメインの黒屋さんへ。すでにふらふら状態で
あれだけ一度行けば道に迷わないと言っていたにもかかわらず、
途中で迷ってしまった。電話を入れてどうにか辿り着き、店で探し物の
CDを調べてもらい、数枚購入。大石くんの長崎県五島の話が興味深く、
何か分かればまた是非とも聞かせて下さい!次回はあんぱん忘れないようにします。
帰り、眠くてふらふらしながら電車に乗り、天王寺駅まで30分強掛かる谷町線に
揺られながら居眠り。途中から眠気覚ましで購入したばかりのNahashのCDを
聴いたら一気に目が覚めた。当時、プロコピーのカセットテープでよく聴いて
いたのだけれど、タイトル見てもイマイチ記憶が戻らず、家にあるものと同じか、
果たして持ってないものなのか自信なく買ったのだが、買って正解。感涙。
なんかもう懐かしの玩具見て「昔持ってたよなー」のおっさんの状態に近い。
最近、無駄に涙もろい。そろそろラッキョウが転がるのを見て泣く日も近い。



今日聴いたCD
Ray Sandoval - Proxima Parada
Orphaned Land - Never Ending Way of Orwarrior
Nahash - Wellone Aeternitas
posted by 裸木 at 20:40| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学祭

IMG_1415.JPG

■土曜日■

朝から猫さん助けの為にちょっとだけ学祭でお手伝いの日。
しかし荷運び不要、との声に都合よく狩りへと気持ちが切り替わり、
2時間徘徊するも小物などを買ったくらいでこれといった収穫は無し。
もちろん秋は駄目、と思っているので、想定内のことではあったが。
学生たちがやっている、売り上げを赤十字に寄付という場所で
ザ・マイケル・シェンカー・グループとグラハム・ボネットのEPを2枚購入。
聴きたいというよりも、ビニールに印刷された『楽しいレコードの店 ワルツ堂』
の文字に惹かれてしまい、買ってしまった気がする。すでに疲労が。
10時過ぎたので、そろそろ帰ろうかと思っていると、知人女性にえらく気に入られ、
断る隙もなく助手席に連れ込まれるようなかたちになり、次の会場までドライブ。
「デートや」「おにいちゃん触っちゃろ」など言われ一体どうなるかと思ったが、
終始、謎めいた濃い人達の話題をしながら何事もなく(ボディタッチは多かったが)
収穫もなく昼過ぎに帰宅。ねこさんたちの事で進展あるかも、今日の日を教えて
置いて良かったな、等々あるのだが、最後の半拉致に脳内は持っていかれてしまって
おり、疲れているのに妙に寝付けない夜だった。嗚呼。

今日聴いたCD
Gorefest - False
Carcass - Heartwork
posted by 裸木 at 19:00| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歩き昼飯

2016110614120001.jpg
posted by 裸木 at 14:15| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大日

2016110608180001.jpg
posted by 裸木 at 08:20| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日

2016110605240000.jpg
posted by 裸木 at 05:25| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

西高野街道

2016110508220000.jpg
posted by 裸木 at 08:24| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする