2016年05月27日

忘却



2016052717440000.jpg


木曜日。お天気のせいか、気分が優れない日。夢もどうも霊夢のような
ものが1週間ほど続いてるし、答えを探りながらもやることやって過ごす。

午前中、スーパーへ。冷蔵庫が小さいので、時間があれば毎日のように
食料の買い出しに行く。この日は猫、特にネオの大好物の鰹節が無くなり
かけていたので買う予定だった。しかし、他の買い物しながら考え事し、
その時にこのくず餅が目に留まってしまい、この時点でかつお節の事を
すっかり忘れてしまって、帰宅してからネオに鳴かれて買い忘れてたのに
気が付いたという…やはりメモしておかなければ。

2016052717440000.jpg

ネオに「鰹節を買い忘れるクズ〜」と言われながら、くず餅を食べた。





今日はガラくたチェックと引き取りに知人のところへ。個人的に欲しいものはなく、
頼まれ物にかするもの&義理のような感じで適当にガラ買い、後は旅の話をしてた。
午後から銀行3つと郵便局1つをはしご。今からギター。今日は練習、といった感じ。

映画は『ムンクの叫び』を観賞。チープでやるせない内容だったけど、ちゃんと撮れば
もっとよくなったんじゃないかと観終った後に感じた。あと前に『サンゲリア』のDVDを
買った300円均一のところでクローネンバーグ監督の『ビデオドローム』を拾った。




ヤフオクの1期ガラモン、そのまま汚れも落とさず壊れたままの方がぜったいいいと
思うんだけど。あれもリペされ接着され偽物の尻尾つけられたりして、それだったら
コピー品のもので十分だろうに。



今日聴いたCD
Arcturus - Sideshow Symphonies
Destruction - Thrash Anthems
posted by 裸木 at 18:23| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

梅雨前

2016052317350000.jpg

梅雨を感じる一日。5時には起きていたが、今日はエンジンは切ったまま。
昼前にスーパーへ買い物に行き、きし麺(半額30円)とエビ入り天かす等を買い、
家で熱いうどんを作って食べた。昼食後はギター弾いて、思い出したかのように
手元にある数冊の日本の山々の本を手に取って気になる頁を開いて読み、またギター
を弾く、というようなことを繰り返したが、どうにもギターの音が調子悪く、
集中力に欠け、気分も乗らない。せっかく時間を作ったのに勿体ないけれど、
こういう時は弾かない方がいい。
夕方前、図書館に行き、ナショナル・ジオグラフィックの5月号を借りて
館内で1時間ほど読んでた。耳に嵌めたままのイヤホンからはイエペスの
ギターの音が流れたまま。週末はまたどたばた珍道中になるかと思うので、
明日もまた集中してやりたい。

今日聴いたCD
Arcturus - Sideshow Symphonies
Narciso Yepes - Romance D'Amour
喜多郎/古事記
posted by 裸木 at 20:55| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

弟子入り

昨日は早朝競歩の日。ほんと何もなく、ハズレ系義理で買ったのみ。
こんな日はT氏と馬鹿話に花が咲き、昔から女性目当ての助兵衛な目的で来る、
缶コーヒー片手の小さいおっさんの事を彼は「センパイ」と知らぬ間にそう呼ぶ
ようになり、「今日はセンパイ来てないなあ」と寂しそうに呟くのだった…
弟子入りも近いか。

昼に帰ってから昼寝もせずに室内で色々と作業をやったりしたので、
結局寝たのは日付が変わってから。おかげで今日は疲労がきつい。
やはり少しでも仮眠してリセットしておかないと翌日の効率がとても悪くなる。

曲の練習も終わったし、今夜は映画『愛のむきだし』の続きを観よう。
『紀子の食卓』は観終ったが、やはり『恋の罪』と『ヒミズ』がベストか。


IMG_9533.JPG

先日入手した毛長マンモスのソフビ。かなり出来が良くてお気に入り。
恐竜シリーズ出してたメーカーのもので、製造も2005年だから同時期。
ただ、調べてもシリーズには毛長マンモスがなく、おまけに他の恐竜は
日本製なのにこれは中国製だったりする。タグ穴が確認できるし、
造形も荒木一成氏だと思うんだけど、ネット上ではデータが見つからない。
たかが10年前くらいの玩具なのに何も分からないとは…やはりリアルタイム
で見て触って脳内に記憶しておくのが大事かと思う。



2日間聴いたCD
Motorhead - Everything Louder Than Everyone Else
個人的にはこのまえ買いなおした極悪ライブよりもこのライブ盤が好み。
スタジオ盤は『Another Perfect Day』が思い入れもありベスト。

喜多郎/古事記
喜多郎/ベスト・オブ・シルクロード
珊瑚抄〜三線による島の唄集〜
posted by 裸木 at 20:28| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

土日

2016050817220001.jpg

朝から引き取りで天王寺まで。内容も重さもたいした事ない荷物だったので、
そのまま難波周辺をうろつき、何が売られてるのか現行の玩具のチェックも兼ね、
久し振りにトイザらスを覗こうとしたら、まだ開店前なのに入り口に行列が
出来ており、並んでる方々の雰囲気がちょっと一緒に待つのはためらいを感じ、
家族連れとカップルに交ってパークスを徘徊。適当に時間潰してトイザらスに
入り、あれこれチェックしつつ、全く興味のないスターウォーズの巨大な
フィギュアが1666円?だかでたくさん売られており、サイズと安値に驚き、
「外で間違って買いそう」とか思いつつ、先ほどの行列の原因はHot Wheels
と判明し、「人気あるんやなー」とこれもまた興味の対象外故、見もせずに
気が付けばあっという間に店の外へ。お昼前に難波を出て南海高野線に乗り、
乗り換え地点の三国ヶ丘駅構内にある天牛書店の古本180円均一に引っ掛かり、
二冊選んで手に抱えてると、横で熱心に骨董本を読み漁ってる方がおり、
誰かと思えば、以前百貨店で骨董品を売っていた業者だった。顔見知りという
だけで互いに会話することはまずないけれど、熱心に調べものをしており、
意外と勉強家なのかもしれないと少しだけ感心した。



IMG_9307.JPG

日曜の今日は早朝競歩の日。連休などであちこちで歩き、連発してるので、
本音は休みたいのだが、身体が言うことを聞いてくれず、いつもの柔軟と
筋トレしてから出掛けた。売り手買い手も疲労感残る感じで、少しのんびり
した雰囲気だったが、知人らとだらだらにやにや喋りながら、少ないながらも
個人的に探してたものがあり、おお!と心の中で叫び、喜んで購入。
ついでに三和銀行のベレー帽の犬貯金箱も300円だったので買った。
これ、500円にしたらなかなか売れず、結局300円でぐるぐる回される
ような存在だったりするんだけれど、昔から結構好きな銀行貯金箱。
いまこそこの手の企業物は集めるにはいい時期だと思い、時々買ってます。

レミーにケツを蹴り上げられながら、昼前に帰宅。昼間はずいぶんと
暑くなってきたので、フィオは女子なのに恒例のおっぴろげ。
ネオは嫌そうな表情で椅子の上から眺めてる。フィオはまったく気にせず。
おおらか?に育てる事ができた、かな…


2016050817220001.jpg

土日聴いたCD
Motorhead - No Sleep 'til Hammersmith
Insanity of Slaughter - Be at a loss
喜多郎/古事記
posted by 裸木 at 19:46| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

毎年恒例

2016050319560000.jpg

柔軟筋トレし、早朝から恒例のイベントへ。年々涸れて面白みが激減してるけど、
ここでしか会えない人もいるしで、やはり、とりあえず、義務的に行ってる。
LAメタル好きのN嬢と久しぶりに会い、朝7時から勾玉とメタルの話。
ぐるぐる回ってなんにもねえなあとぼやいてると、軽い人だかりの場所が。
何かと思えば映像系円盤などがたくさん並んでおり、T氏含め数人は
袋片手にご清算済み状況。値段を見ると1枚10円!?しかしよく見ると、
ジャケコピー+CDRの焼いたものも結構混じってる。先に何があったか気になるが、
残り物ラインナップからして、さほどたいしたものは無いかなと「10円だし」
と呟きながらコピー品だけ避け、いくつか残ってるものを拾い、最後に清算して
もらっても200円程度で済んだ。後でT氏が何を買ったのか見せてもらうと、
タダと安値には尋常じゃない手の速さの彼ゆえに、中身も見ずに適当に選んで
買ったようで、最近のB級のよく分からないサスペンスとSFがほぼ占め、それも
コピーだし…と思いきや、ひとつだけ草g剛のドラマのボックスセットが
混じっており、「これで十分得したな」というとホッとしてる彼であった。
が、その次に現れたDVDのタイトルが『13歳』。「おい」と突っ込み、
彼は「えっへへへ」と久々のベロのような照れ笑いをこぼしていた。
お巡りさんを呼ぶのも面倒なので、「反省しろこのやろ」と言い、
グランドのアドバルーンに括りつけてきた。
2016050319560000.jpg


他、別の紀州ハンター氏のブースで最近の発掘品などの話をしたり、譲渡会の方と
また猫の話題で盛り上がったり、友人に買っていった物も思いのほか喜んでもらえ、
なかなか楽しい時間を過ごせた。個人的な買い物は昔のシャム猫の置き物だけ。
よくある動物陶器のJAPAN製のものだけど、シャムの子猫は見たことなかった。
なかなか可愛い。


今日聴いたCD
喜多郎/ベスト・オブ・シルクロード
喜多郎/古事記
posted by 裸木 at 21:09| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

5月はじまり

2016050218070000.jpg

連休中休みの日。晴れて暑い。コンビニで買ったコーヒーで休息。



ガラクタお片付け屋さんから円盤系20枚ほど仕入れ。相変わらずの怪しい状態。
雨濡れ、中身違う、乾燥した虫混入などのものも含めて…今回盤面に傷がないのが幸い。
一枚だけ喜多郎のCDがあったのでそれだけ私物にした。ベスト盤だけど再録が入ってる。
中国ハーフの貴金属業者の知人と久々に会う。去年から色々と苦戦してるようだけど、
頑張ってほしい。人が好過ぎるところが見てて危なっかしいけれど。とにかく生きろ。







2016050218070000.jpg


2016050218080000.jpg

帰宅してから猫をベランダに出して遊ばす&日向ぼっこ。
ネオは粗塩の前でしょっぱい顔をして寝てる。ネオは今年で14歳。
歳なので眠ってる時間が増えた。少し細くはなったけど、まだまだ元気。
明日は毎年恒例のイベントへ、4日は予定あったけど馬鹿らしくなってお休み。



今日聴いたCD
Halford - Live Insurrection
Insanity of Slaughter - Be at a loss
喜多郎/ベスト・オブ・シルクロード

posted by 裸木 at 18:53| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

積みディスク

2016042721410000.jpg

かまってくれないとウサギのぬいぐるみを抱いて拗ねるの図。

積みCDではなく、観れてない山積み状態のDVDの中から映画をいくつか鑑賞。
北野武監督作品の『アウトレイジ ビヨンド』は前作の方が刺激的で好き。
『テルマエロマエ』は原作は読んだことないけれど、上戸彩じゃない方が
よかったんじゃないかと。それ以外はまあまあ楽しめた。
『死霊館』は先週いちど見始めたんだけど、観ている途中、背後に嫌な気配が
したので観るのを止め、本日あらためて鑑賞。以前から気になってたので楽しみに
していたのだけれど、やや期待外れだったかも。まあ、こんなもんかーと。
今夜はこのまま眠るのは勿体ないので、もう1本何か観たい。
本は佐多稲子さんの『私の東京地図』。佐多さんのは二冊目になる。
大正から終戦までの約三十年間の東京懐旧といった内容。
そういや、同時代の大阪版『私の大阪地図』みたいな本はあるんだろうか。
あれば読んでみたい気がする。あとは皆本幹雄氏の本が安くあったので購入。
今日はギター弾かず。明日は弾くかな。


今日聴いたCD
喜多郎/古事記
posted by 裸木 at 22:02| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

メガネ



2016042319170000.jpg

あまりにかっこよくて買ったティラノサウルスのソフビ。セガの景品のもの。
このサイズと出来で千円くらいで買える。

晴れ。恒例のT氏に拉致され、海辺に棄てられる土曜日の朝。
T氏は視力が0.2まで落ちたようで、今日がメガネデビューの日となった。
「オレが今まで見てきた世界は何やったんや!?ああ?あんな事こんな物まで
オレは見過ごしてきたのか?!くっそう、あんな良いもの(ピンク系)を、
お前は独り占めにして黙ってみてたのか〜」と私を無言でねめつけるT氏だった。
帰り際、懐かしい玩具知人に遭遇。私より歴がある、所謂、HGやM1号バブル期に
豪勢に買っていた方。現在は売り辞めてゆるりと買いばかりだと和やかに話す。
しかし、某リサイクルチェーン店などの、値だけ見て付けて汚いまま並べ、
買値は昔の古本屋なみの、でも買取は手広くやるもんだから、場を荒らしてる
だけなんじゃないの?!と私と少々語気を荒げつつ、最後は「馬鹿らしいですね」
と苦笑で〆た。それでもどうにか隙を見つけてやっていきますよ。


今日聴いたCD
Judas Priest - Screaming for Vengeance
Obituary - The End Complete
Funeral Moth - transience
Insanity of Slaughter - Be at a loss
posted by 裸木 at 19:26| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

春うらら

2016040217350000.jpg

昨夜は映画『ハートロッカー』をDVDで観賞。戦争ものの映画では好きな映画のひとつ。
朝から柔軟、筋トレ、鉄棒、最後の仕上げ、かかと落としの練習をしようかと
思ってると、私の横に車が停まってT氏に拉致された。今日は珍道中の日だったか。
先日、どうも恋の病か元気がなかったので、彼が戦争ものの映画でいちばん好きだという
『プライベート・ライアン』のDVDが在庫にあったので、目を覚ませこのやろ、
とばかりに気付け薬としてDVDを処方したら「うあ、ええの?!やった!」と
やる気、元気、勃●というくらい回復した模様。これで元気が出すぎて、
無防備にアタックしなければいいけれど。まあ、砕け散るのもありだが…

現場ではいくらか返す気持ちも含めてガラクタひとやま義理買いし、数人と雑談。
桜がちょうどいい感じに咲いており、話す人みなご機嫌な様子だった。




今日聴いたCD

喜多郎/古事記
The Hurt Locker - Original Motion Picture Soundtrack
Vomit Remnants - Indefensible Vehemence
Insanity of Slaughter - Be at a loss
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☔| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

彼岸参り

2016031919480000.jpg

今朝はなぜか空手の試合をやっている夢をみた。初カラテ。
相手とはなかなかいい勝負で、最後まで勝敗は決まらなかった。
次の場面では皆本幹雄氏が出てきて、なんだろうか、晩年のお姿か、
それとも霊幽界での現状なのか、少し辛そうなお姿で霊査されていた。
最後に亡き叔父が出てきて、夜の街をいっしょに歩いていたところで覚めた。
夢の意味は分かり難いけれど、叔父に関しては、お彼岸だから、ということで、
今日は休みの予定を変更し、お昼前から一心寺へお墓参りへ出掛けた。
さすがお彼岸の土曜日。どこへ行っても人がごった返し、境内でケンカしてる
夫婦二組はいるわ、泣き叫ぶ子供はいるわ、NHK大河ドラマ「真田丸」と
ゆかりあるお寺とのことで、マイクで寄付を求めているし、なかなかカオスな
タイミングに来たらしく、ある意味、一心寺らしい雰囲気だった…


2016031919490000.jpg

一心寺を後にして次は四天王寺のお墓参りへ。こちらも当然ながら普段よりも
人は多く、知人の墓前でもいつもより短めにお参りをし、次に馬頭観音さんの
場所でもお参りし、後はあいにくのお天気で店数は少なかったが、露店を見て
まわった。出店している知人2人に挨拶しながら歩いてると、遠くの方で手を
降るおっさんがいたと思ったら、Yさんだった(苦笑)しまった、忘れてた、
と思っても先に見つかってしまったのでもう遅い。「久しぶり〜」と言い合い、
立ち話。まーた新しい彼女が横に座ってたりして、Yさんは還暦はもう過ぎてる
筈なのに妙に若い。毎年のように人魚を獲って食べているに違いない。
でもなんだかんだ言って、売ってるもののセンスは相変わらず独特でいい感じ。
結局、露店では見事、手に取るものもなく、欲しいと思う物もゼロだったので、
お金も使わずそのまま電車に乗って帰宅。やはりぶらぶら歩くのは平日に限る。



最近、家にある『古事記』と図書館で借りていた古事記(タイトル忘れた)、
あと今日借りた『古事記・日本書紀を歩く』をペラペラ捲って読んでる。


今日聴いたCD
喜多郎/古事記
喜多郎/ベスト・コレクション
身殺/輝流(CD-R)
Mortes Saltantes/黄泉還り(Yomi kafeli)
posted by 裸木 at 20:22| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

念力集中

2016031718380000.jpg


朝から年末の独り隠し芸大会に向けて、世界中のあらゆる生命から
少しずつ氣を分けて貰いながらのスプーン曲げの練習(ちょっと曲がった)。
今日みんなが疲れてるのはこのせいです。私も疲れたので、プリンで休息。


今日聴いたCD
喜多郎/古事記



posted by 裸木 at 18:46| モスクワ ☀| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

花粉舞う

2016022819160000.jpg


けだるい朝。筋トレやめて軽いストレッチのみで出掛ける。
二日続けて特に何もなく、普段世話になってるという暗黙の了解、
これが裏目に出ることあるけれど、とりあえずジャンク義理買い。
ワンピースのおっさん「〇〇さん、ワンピースね、段ボール三箱
あるんだけど、買わない?〇〇さんだから安くしとくよ」と
まだ売ってなかったんかい。あれから一年以上経ってるような…
確か、素人が引っ越しするときに買い取ったと言ってたが、どう考えても
自称素人に「買わされた」ような感じの値段だったような気が。
CDまとめ買いの第二弾。よくも悪くもなく。今回は1枚当たり80円。
お天気いいので知人らは機嫌がいい。T氏もブッシュマンの真似はしないが、
先ず先ず。私は頭痛が消え、何となくふらつき残るもまあまあ。
個人的に欲しいものは買えず。





5日前の夢。人気のない薄暗い雑居ビルの一室で、歩行人形がひとりで歩いてる。
気味悪いなと思ってるのに、吸い寄せられるようにそちらの方へふらふらと
歩いていってしまい、人形に手をつかまれて驚き、一声あげて目が覚めた。
長い間この手の夢は見なかったが、正直、久しぶりだったから怖かった。
人形遣いとしてはちょっと情けないが。まだまだ。そういやもうすぐ雛祭りか…


今日聴いたCD

喜多郎/古事記
Limbonic Art - Ad Noctum - Dynasty Of Death
krisiun - Southern Storm
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

ヘッドフォン

2016021522530000.jpg

このあいだ、ちょっと面白いデザインだと思い、200円という捨て値もあって、
断線しててもいいかと購入。知人らと「ぜったい外に音がもれる」と笑いつつ、
どんな音質だろうかと興味深々だったのだが、先が標準ジャックのタイプなので、
まだこれで音楽を聴けてない。とりあえずはギターアンプで音の確認のみしただけ。
今時はどれもイヤホンなんかのミニピンジャックなので、逆パターンの変換プラグ
は手持ちでいくらでもあるけれど、ピンジャックに変換する方の物は持っておらず、
ちゃんと試したいなら買わないといけない。日本橋に出向いた時にでも安いの探そう。
ちなみに70年代頃のものだそうで、音は高音きつめで昔のヘッドフォンにありがちな
ものだと、コレクションしている方のブログには書いていた。


朝から晩まであちこち出没し、ばたついている二月。今月で落ち着くといいな。
食事は軽いベジタリアンで貫いているものの、凝った作りの料理に掛ける時間も
ない事から、玄米の基礎だけは崩さぬよう、さっき食材と共に買ってきた。
基本食(あんぱん?)さえあれば、無理して下手な料理を作らなくなるかと。
でも今日の昼はふらふらで作る気力なく、助六寿司と味噌汁。
寿司はあまり好みではないものの、近所のスーパーの助六だけは好きだったりする。
スーパーの帰り、本屋に寄ってレミー追悼記事を立ち読み。それと新刊コーナーで
『残穢』の文庫本が売られてるのに気が付いた。そういや映画版はいま公開中だったか。
文庫本はまたいずれ買おう。個人的には『営繕かるかや怪異譚』の文庫化を待ってる。
本は皆本氏の著書を三冊目に突入。あとは移民関連の本も借りたので読み始めた。

そういや思い出したことがひとつ。昨日、いつもの鉄棒にぶら下がってると、
目の前に小学生低学年ほどの女の子が現れ(霊じゃないです)、人懐っこい
無邪気な笑顔で真横で鉄棒にぶら下がろうとする。昔なら、変な顔でもして
笑わせることくらいはしただろうが、このご時世、おっさんがそばにいるだけで
何を言われるかわかったもんじゃなく、近くではその母親だろうか、
誰かと立ち話をしている声も聞こえ、親からしてみたら見知らぬ中年男と喋る
我が子というのもやはり心配になるだろうと思い、ここはその子供と目も合わさず、
親がこちらに気が付く前にさっさとその場を立ち去った。馬鹿らしい話。




今日聴いたCD
Bathory - Nordland T
Bathory - Nordland U
The Hurt Locker - Oliginal Motion Picture Soundtrack
posted by 裸木 at 18:02| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

本とラジカセと祠

2016020718320000.jpg

以前から持っているものとはカバーや中の写真も少し違っており、
もちろん好きな本というのもあって、二冊目だけど「買っておこう」と、
三原色看板の古本チェーン店ではない、普通の古本屋にて二百円で購入。



2016020718310001.jpg

知人の回収業者が「そこにあるやつ適当に好きなの選んで」とのことだったので、
CDとカセットテープ、それとメンテする道具一式持参で5台のCDラジカセをチェック。
写真のやつがいちばん綺麗で音もよかったので、知人に千円渡し、安く貰った分、
お礼も兼ねて、残りのCDラジカセの音のチェックとクリーニングをした。
最近、クラシックを聴く機会が増え、特にホルストの『惑星』とドヴォルザークの
『新世界より』のちょっとした聞き比べに嵌ってる。先日読みえた佐伯 一麦氏の
『遠き山に日は落ちて』、前回読んだ『ノルゲ』。この二冊の中で、特に『ノルゲ』
には頻繁にクラシックの話が出てくるので自然と気になり、『遠き山に日は落ちて』
はタイトルが元々ドヴォルザークの家路に歌詞を付けたものだし…という流れで。
とりあえず、再生機を変えたらずいぶんと細かな音まで聴き取れるようになったし、
これでカセットテープの方も気兼ねなく聴けるというもの。知人には感謝。



今日は早朝競歩。電車降りると吹雪いてた…どうやらピンポイントでの雪だった模様。
雪を浴びながら現地まで約三キロ弱歩き、終われば南海電車に乗って実家最寄駅で下車。
子供の頃に住んでいた場所で少し調べたい事があり、その周辺を散策したのだけど、
今は異常なくらい住宅が密集してしまっており、思うように調べることができなかった。
あと、私が住んでた家の近所に小さな祠が昔からあり、当時から放置されてるような
雰囲気だったけど、今日みたら直視できないほど酷く朽ちており、30年は誰も触ってない
ような状態で、あれほど異様な朽ち方の祠は初めて見た。何も入ってない状態で朽ちた
のではなく、中に何かが棲んでいる状態のまま屋根や壁が崩れ、扉は内側に折れ曲がって
閉じられており、なぜか外からの圧力で内側にへこみ閉じられたのではなく、内側から
扉を引っ張って閉じたような気がしてならない。写真なんてまず撮るもんじゃないし、
じっと見るだけでも危ないのが分かったので、とっととこの場から引き揚げた。
今日は何も憑いてきてませんように。帰りは山手のJR阪和線まで歩き、電車で帰宅。
我ながらよく歩くおっさん。

今日聴いたCD
Swing - Soundtrack
posted by 裸木 at 23:13| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

徘徊

2016012717000000.jpg

先日、1枚300円均一で拾った『サンゲリア』のDVDを鑑賞。
有名なイタチザメvs海ゾンビのシーン。少し弱ったサメが可哀想に思え、
当時、どんな具合で撮影していたのか気になるところ。子供の頃に観た時は
何も思わなかったのだけれど。2枚組の方に収録されてる特典映像では、
その辺りのこと解説してるんでしょうかね。


2016012716580000.jpg

今日は毎月恒例、叔父の墓参りとたいへんお世話になった知人の墓参りへ。
寒さも和らぎ、場をわきまえない人々も今日は居らず、静かにお参りできた。
それからいつものコース、徒歩で天王寺から日本橋〜難波辺りを徘徊し、
かなり細かくチェックしつつも何も買えず、カプセルトイの『ネコずし』と
『猫のダヤン フィギュアコレクション』に惹かれたが、値段で我に返った。
そういやパディントンベアのガチャもあってちょっと意外だった。一昔前はそんなに
人気なかった気がしたけど、以前よりもなんだか需要あるような感じなのかも。





2016012716580000.jpg

帰りに昼飯抜きで歩いてたので空腹で我慢できず、スーパーに入ってパンを物色し、
普段は買わないヤマザキのランチパック( 明石焼き風味とそばめし風味)を購入。
ヤマザキ、不二家、メグミルクはどうも毛嫌い気味なのだけど、今日は総菜パンを
食べたくて買ってみた。「ずいぶん前にパンに挟まれて死んだ焼きそばの味」
と少々文句言いつつ、古びた商店街で歩き食い。定番のあんぱんにすればよかった。



最近、霊関係の本でほとんど同じ見解の方の本を見つけてしまい、その本も
読んでいるのだけれど、佐伯一麦氏の『遠き山に日は落ちて』と、
『それでも三月は、また』を図書館で借りたので、また読む楽しみが増えた。
映画観る、本を読む、パソコン弄る、頑丈な目があと3つくらい欲しい。
音楽はメタルを聴くのは少し離れ気味、その分、作る方はじわじわ進めてる。

ここ3日間聴いたCD
Latcho Drom - Original Soundtrack
posted by 裸木 at 17:57| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

あたたか

2016012410520000.jpg

寒波だ雪だと言われたわりにはたいしたことなく、寒いだけのこの地。
早朝競歩は電車内で中止を確認し、やむえず途中下車。軟弱め。
降りた駅の前には暖かそうな手作りパン屋があり、「外は寒いからおいで」
と手招きされているかのように店内へ。普段はこの手の店にはあまり縁は
ないのだけど、入ったからにはとりあえず、あんぱんひとつ購入。
いつからか、「とりあえずビール」、ではなく、「とりあえずあんぱん」になった。


今日は叔父の月命日。3日前に夢で叔父が出てきた。部屋の中を西日が照らす昼下がり、
ふとガラス戸棚に映る叔父に気が付き、反対側を確認すると、叔父はいない。
でもガラスには、叔父が両手で膝を抱えて座り、少しはにかんだ様な笑みを浮かべ、
こちらをまっすぐに見ることはないが、しっかりと意識しているのが分かったので、
「いつも見守ってくれてるんやな」と伝わってきて泣けてきたところで目が覚めた。
起きた後には涙が止まらなかった。でも、とても静かで、温かな雰囲気の夢だった。
その日、前から難儀してた件がすべてスムーズに解決し、改めて叔父に感謝した。
今日は行けないけれど、今月中には墓参りに行こう。



今日聴いたCD
Arkona-Slovo
Swing - Soundtrack


posted by 裸木 at 11:19| モスクワ ☀| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

鳩の翼

2016011922300000.jpg

好物のひとつの紅しょうがの天ぷら。関西でしかないとか…
さすがに今日は寒かったので、歩き食いせず、家に持ち帰って食べた。




夕方、日本での難民認定のハードルの高さの理由を知りたくて、
ネットでの関連のニュースなどの記事を探しては読み漁る。以前と比べて、
最近は国内よりも海外のニュースに目を向ける方が多くなった。

小説『ノルゲ』を読み終える。この本に限らず、日本人が他国で暮らす話は
いつみても興味深く、面白い。著者にも興味わいたので他の本も読んでみよう。




2016012119480000.jpg


映画は文豪ヘンリー・ジェイムズ原作の『鳩の翼』をDVDで観賞。
アリソン・エリオット目当で観たのだけれど、思いの外たのしめた。
このおっさんは、せつなく、やるせない話に弱い。



そろそろ先月のペースで日記を書くのはやめて、また以前のように
とろとろペースに戻します。変なスイッチ入ればまた毎日書きますか。
まあ、気分次第という事で。


今日聴いたCD
「アンネの日記」オリジナル・サウンドトラック
posted by 裸木 at 20:11| モスクワ ☀| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

緑色玩具

2016010520230000.jpg

■今日、友人が買ってきてくれてビックリしたブルマァクのイカルス星人。
以前持ってたやつはずいぶん前に売ってしまったので、また何か特別な時にでも
入手出来たらと思っていたら、普段は買わない人からまさかのプレゼント(なのか?)。
動物関連の話やニュースでちょっと苛々していたところだったので、さっき風呂に入る
ついでに洗ってやると綺麗になって、浴槽の縁に乗せてぼけーと眺めて和んでしまった。







■話変わって、日本のブラックメタルのインタビューが載ってるサイト、
少し読み辛かったので、ちゃんと全部見たかは怪しいけれど、たぶん読み終えた。
個人的にInfernal NecromancyとKanashimi、あとS.A.Musicの浅井さんの記事が
興味深かった。ブラックメタルとは?の問いで「アート」という答えに共感。






■夕方、慌てて局〜スーパー〜図書館へ。図書館で先月号のナショナル ジオグラフィックを借り、
文庫本1冊を取り寄せしてもらった。今年も「昼間は歩け、夜は読め」で行きます。生きます。


今日聴いたCD
Bathory - Nordland I
Impellitteri - Stand in Line
posted by 裸木 at 21:18| モスクワ ☀| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

ペーパーハウス

2016010312220000.jpg

「人生というものは…まるでソフトクリームのようだ。甘く、冷たく…」等と、
ブツブツ脳内で呟きながら、春の陽気の三が日の終わりに初歩き食い。美味い。
午後、人の波を掻き分け掻き分け、街中を徘徊し、正月でも頑張ってる知人業者に
お土産めいたものを渡し、じゃあ、物々交換だ、といった感じで物も安く売ってもらい、
めでたく初買いを終えた。こちらもガソリン入れてもらったので、また動かなければ…

2016010318320001.jpg

昨日は疲労が抜けずにほぼ寝正月。ビデオテープで88年のバーナード・ローズ監督作品
『ペーパーハウス霊少女』を観る。思春期に差し掛かった少女の不安定な心の内面を
巧なプロットと映像で描き出したファンタジーの佳作(ちょいホラー?)。
上記のパッケージ裏解説そのままで素晴らしい作品(音楽はハンス・ジマー)なんだけど、
ジャケット下の少女の写真やサブタイトルの「霊少女」といい、ホラーとして売り出そう
というのが見え見えのセンスの無さに、内容が素晴らしいだけに「阿保か」と思わず言いたくなる。
去年辺りにめでたくDVD化され、恐ろし気に写ってる少女の顔はうつむいてる写真と差し替え
られていたので、まあよかったとは思うけれど。しかし映画ソフト化の際のジャケットセンスの
無さは毎回文句を言いたくなる。せっかくの内容を台無しにしているものが多いなと思う。
ソフトよりも案外、パンフレットに使用されている表紙の方がよかったりなど多々あったり。
前にも書いたと思うけれど、好きな映画のDVDを買ったときにジャケットが気に入らないと、
パンフレットなどの資料を使ってジャケットを自作していた知人がいたのを思い出した。
今ならその気持ち、よく分かる。今夜はジョン・カーペンター作品の中で評判がイマイチな
『光る眼』を観よう。昔、テレビで観たような記憶があるんだけれど、すっかり内容忘れてる。



今日聴いたCD
Le Coran - Cheikh Abdelbasset Abdessamad
Meridian Pain - Far East Barbaric Black Deathrash
posted by 裸木 at 19:21| モスクワ | 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

元日

2016010119230000.jpg

初夢はリッケンバッカーのベースを猟銃のようにかまえたレミーのお姿。
自分らしくないような夢だったが、レミーはレミーのままだった。

遅めに起き、いつもの食パンとコーヒーで朝食を済ませ、出歩くつもりではなかったが、
あまりに気持ちのいい元日の空だったので、ぶらっと近所のお寺へ初詣。
道すがら、昨夜から聴いている加古隆氏の曲、映画『阿弥陀堂だより』の
「風のワルツ」と昨晩書いたNHK『にんげんドキュメント』のテーマ曲、
「黄昏のワルツ」。向かいからこちらへ歩いてくる、ちょっと陰りのある
爺さんと、その背後には山門が見え、元日で晴天の日ではあるけれど、
ここまで加古さんの曲がぴったりな瞬間もないだろうと、妙に感動してしまった。
これくらい音楽と映像がしっくりくる日本映画に今年は出会いたい、とも思った。

境内では露天商夫妻が大晦日から店を出しており、今日も毎年同じセリフの
「よっしゃ!〇△さん、投げてみなはれ!」とダーツ投げを勧められたりした。
仕事のことなどを少し話した後、お参りと恒例のおみくじ。今年は半吉だった。
大吉が出るよりも、これくらいが人生らしいし、やりがいもあるというもの。


昼食後、夕方まで1時間ほど昼寝。疲れがたまっているようで、起きるとだるい。
ギターを少し弾いた。エンジンはまだ切ってるので、今夜も早めに寝よう。


今日聴いたCD
加古隆/風のワルツ
Halford - Crucible
posted by 裸木 at 19:59| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする