2018年04月21日

大腸部


実家から電話。親父が私が死んだので、葬式やらないかんと言ってるとか。
なので生きてる証拠にちょっと喋ってくれ、と母親から親父に電話交代。
しかし、電話にでる前に親父の苦笑いした声が聞えてきた。
ああ、また母親に呆けた振りしてやり過ごしてたんだろうと分かった。
一応、私が「大丈夫やからな、また顔見せるから」と言うと、
「大腸が悪い?そうか、菌がいっぱいおるからな」と返してくる。
なのでそのまま大腸の話へとなった(苦笑)
野獣と結婚したから色々おかしくなっても仕方ないか。
細かく言えば(霊的な事)長くなるので、面倒な時はこれくらいで
自分の中でも済ますようにしてる。実際、表面上はこんなものだし。


今日聴いたCD
Orphaned Land - Unsung Prophets & Dead Messiahs

posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

偶然が重なる


IMG_7908.JPG

寒の戻りの早朝競歩の日。朝から何もない気配。
しばくにも何も無さ過ぎて、「まーたそんなものを」なブツ2点、
知人業者より「引き取って」と言われた人形類少々でここは終わり。
「セルロイドの人形」と聞いてたのだが、よく見るとイタリア製の
ハードプラスチックだった。雰囲気は悪くないし、青い瞳のスリープアイがきれい。
この手の作りの人形は雰囲気もの的なところもあるので、最初に見た時に
良い顔しててホッとした。洒落た木枠ケースも付いてるし、しばらく置いておこう。
この辺りは売ると安いしねえ…

知人らと別れ、年一のお城のイベントへ。お昼前には気温も上がってきて体調も回復。
軽く露店をしばき歩いてると、商店街の路地裏の片隅に知人が出店しててびっくり。
「なんでこんなとこ出てるんですか?!」と思わず聞いてしまったほど場違い(苦笑)

さて、そろそろ小腹がすいてきたので、帰る前にスーパーに寄って、あんぱんと
飲み物を買って店を出たところでメール。誰からかと思えば、先日、偶然にも
駅ホームで再会した、ねこさんところを辞めたご夫妻からだった。
何でもさっきまでいたイベント会場に来てると言うので、それならばとUターン。
会場に戻って歩いていると、なんともうひとり会の女性とバッタリ!
なんじゃこの日は?!と驚きつつ、ご夫妻らと合流。軽く会話しながらも
腹が減って死にそうだったので、ビニール袋からあんぱんを取り出して
所かまわず食べだす私。これは誰も止められん。ガソリンないと正午で電池が切れる。

しばらく陶器市などをぶらぶら歩きながらみんなで談笑。小一時間の合流であったが、
とても充実した時間を過ごせた。しかし、ねこさんところを手伝い始めると、
毎回、別の力が働いてるなーと感じる出来事が起きる。それがプラスであってほしい。

今日聴いたCD
MESHUGGAH - obzen
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

最終日とお参り

IMG_7205.JPG

疲れ切った身体なのに歳のせいか、5時には目が覚める。
ふと、今日で終わりを迎える場に顔を出しとこうかと決め、
その後はひと足早くお寺へ彼岸の墓参りコースかな、
そうせんと今日くらいしか時間がないな、とか考えながら、
早朝、まずは弁天町へ向かう為に満員電車へ乗り込んだ。
途中、車内でくしゃみが出そうになり、今日は生憎マスクを忘れてる。
このままくしゃみをしたら、さぞ迷惑そうな視線を浴びる事になるだろう、
それに向かいに立つ初老の後頭部に鼻水と唾を吹っ掛ける事になる。
これは何としてでも堪えなくては!と気合いで新今宮くらいまでは
頑張っていたのだが、気合いが緩んだのか「は!!クニャン」という
変な言葉を発してしまった。最初「は!!」は素のデカイ声、
その後は蚊の鳴くような声で「クニャン」。これならくしゃみを
した方がマシだった。どうも最近、間抜けなことばかりしてる
気がする。先日は乾燥した足にハンドクリームよりも乳液の方が
良いんじゃないかと思い、100均で乳液を買ってきた。
さっそく蓋を開けて容器を逆さまにし、手のひらにトントントンと
乳液を出して…と思ったが、これがでてこない。おかしいな?と思い、
トントントン!と激しく手のひらに振り落とすも乳液は出てこないので、
きっと固まってるに違いないと容器をニギニギへこませながら振ると、
ドバッ!と容器の先から大量の乳液が飛び散り、頭、顔、服、ズボン、
壁に吊ってあるマンドリン、もちろん壁など四方八方に乳液が飛び散った。
しばらく呆然とした後、容器の先にさらに小さな蓋が付いてる事を知って
ひとり苦笑い。猫たちが見守る中、虚しく拭き掃除をした。

話を戻して、最終日の弁天町。知人らと挨拶、合間にだらだらと喋り、
財布を出すこともなくあっけなく終了。まあ、こんなもんか。
剛腕業者と学生時代のバンドの話(彼もベーシストだった)をし、
今はマーカス・ミラーとヌーノをよく聴いてるようで何気に渋い。
ここを10時前には離れ、天王寺駅構内で早めの昼食。
「めん家」はカレーが薄いと思いつつ、完食。やはり南海そばが
いちばん良いか。食べ終わってあとはいつものコース。
IMG_7207.JPGIMG_7212.JPG


彼岸時は混雑するので早めに、という同じ考えの方が多く、
天気がいいのもあり結構な人出だった。それでも割と静かにお参りができた。
最後にキューズモールにハルカス、フープなどを徘徊。
フライングタイガーコペンハーゲンが気になり、商品を見てみるが、
いつみてもイマイチ好きになれない。悪くないのももちろんあるけど、
全体的に安っぽいし。抱くイメージとは毎回ちがうというか。
フープはビームスが撤退していたが、ハルカスの影になった
この場所が悪いよなあ。Columbiaもタワーレコードも心配。
そのタワーレコードでOrphaned Landの新譜を見つけ、年に一度
あるかないかの国内盤の新品を購入。レジに並ぶと、前の60代後半
くらいの男性が6万ほどのCDやDVDをお買い上げ。なんのCDだろと
ちらと覗いてみると、YESなどのプログレ系。気持ちのいい買いっぷり。
IMG_7216.JPG

今日聴いたCD
Orphaned Land - All Is One
Orphaned Land - Unsung Prophets & Dead Messiahs

posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

歩行の日々

IMG_7199.JPG

あまり休む間がない2月から3月。あちこち身体を痛めながらも
週末三連チャンもどうにかこなし、今日は今日でバタバタと。

現場ではオタク氏と自転車の話題。ロードの泥よけを買うと言うので、
いまだ泥よけ付けてない私の分もいっしょに注文してもらう事にした。

週末競歩では知人より「わしの青春の音、xxさんにやる!聴いて!」
と渡されたニール・ヤングとジャクソン・ブラウンのベスト盤。
それとボブ・ディランの63〜65年ニューポート・フォーク・フェスティバル
のライブDVDも頂いた。この辺りの音源は売ったりする場合が多いので、
いざ聞きたいときには手元になかったりするのでとても有り難い。
帰りはバングラディシュ人の方と喋りながら帰宅。
今後、おもしろい展開になったりして。



日曜は朝から移動距離が異常。ドッペルゲンガー状態。
実際、「おまえ、さっきあっちでおったよな?!」と聞かれる始末。
午後は実家にも顔を出したが、親父は死んだように熟睡していたので、
声も掛けずにそっと用事だけ済まし、家を後にした。



IMG_7193.JPGIMG_7195.JPG

しかし!買い物は大したものもなく、帝都物語とランボーの下敷き
(新品)を買って知人業者におおいに受けた、といったくらい。

IMG_7112.JPG

後はメーカー不明、国産のチープなウクレレを買った。
指板とフレットがプラスチックの一体型、ゼロフレットまで付いてる…て、
要はゼロフレットついたウクレレの指板から型を起こして抜いたやつ
なんだろうと思う。ボディはもちろん合板。力木なし(苦笑)
おまけに当時の持ち主のサインが書いてある。miyashitaさんか。
メーカー不明の名無しなのでそのままミヤシタとしよう。
ちなみにウクレレを弾くのはあまり好みではなく、ハワイの音楽が
体質にあまり合わないというか(好きな方すいません)。
なので未だにウクレレは下手。弾いてもウクレレぽくない(苦笑)
知り合いのギター/ウクレレ弾きの方がウクレレ弾くと、
いかにもらしい音がする。思わず「おお!」と言ってしまうくらい。
でも昔の、特に国産ウクレレの素朴な雰囲気が好きなので、
安ければよく買ってるように思う。木だけに郷土玩具や民芸品の
延長で買ってるのかも知れない。書いてていま気が付いた。

IMG_7196.JPG
修理後。







IMG_7201.JPG

今日、祖父の軍歴証明書が届いた。字が潰れてたり読み難いので
まだはっきりした事は分からないけれど、どうやら21歳の時に
海軍に入隊しており、赤紙が来てから入隊したわけではなかった。
高卒で職業は鍛冶職人だった。最終の階級は二等機関兵曹。
明日は終日休む予定なので、じっくり読みたいと思う。
ギターの録音もやりたい。



今日聴いたCD
neil young - greatest hits
週末から珍しくニール・ヤングのベスト盤をよく聴いてる。
今はボブ・ディランのDVDを流しながら。
posted by 裸木 at 19:54| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

マージナル・マン


IMG_7102.JPG
先日、図書館で借りて読んだ五木寛之『風の王国』の文庫本を購入。
気に入った本は何回も読み返すので、節約と本を増やしたくないのもあり、
図書館を利用するも結局は買ってしまってるという。これは仕方ないな。

サンカという人々になぜか惹かれる。以前からロマ(ジプシー)にも惹かれてる。
民俗学者、沖浦和光氏の本を読んでいると、サンカの民たちのことを
辺境の人、または境界の人という意味で『マージナル・マン』と呼んでいた。
五木氏の著書にも同じように『マージナル・マン』という言葉が出てくる。
マージナル・マンと聞いて、サンカに惹かれている理由が分かった気がした。
自分自身の立場がまさに『境界人』なのだと。『歩行』と『境界人』。
今はやっとここに辿り着けた、といった気持ち。



今日聴いたCD
Vahagni - Broken Compass
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

あだ名

IMG_6856.JPG

バンダイのイカルス星人。普通に売られてた時は買う事は
なかったような気もするが、最近のお気に入りのひとつ。
元々イカルスが好きなのかと今さら気がついた。




「おい、ヨコヒゲ」と私の事を呼ぶ爺さんがいる。
どうやら名前を知らないからと言って以前から私の事を
「ヨコヒゲ」と呼んでいたらしい。けったいな爺さんだが、
その辺によくいる悪意であだ名をつける輩とは違い、
悪気があってあだ名を付けて呼んでる様子もなく、
どこか素朴な雰囲気もあり、紀州特有の人ぽい。
なので本名を教えることなく、「ヨコヒゲでいいですよ」
と言うと、「ヨコヒゲはどこでもおるの。どこ行っても
お前を見かける」などと言う。そういや私もこの爺さんの
名前を聞いてなかったので、見た目からして「マリオ」
と呼ぶことにしよう。マリオ爺さんがいいか。

今日聴いたCD
Bathory - Blood Fire Death
Bathory - Hammerheart


posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☀| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

歩行

IMG_6637.JPG
左端から『風の王国』までが今年に入ってから読み終えた本。
右端の残り3冊が今読んでるものとこれから読む本。
『風の王国』で歩行(ほぎょう)という言葉がでてきて
まさに自分にはこれだと。さて、まだまだ読みたい本がある。
posted by 裸木 at 23:08| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

ヒトガタハンター

IMG_6609.JPG

IMG_6628.JPG

なんとか多少見れる程度に修復したマトリョーシカ。
ロシアか東欧辺りの民族衣装なんだろうけれど、どこの国かは詳しくは分からない。
木を活かしたタイプのマトリョーシカではなく、前面塗装のニスどぼ漬けタイプは
落っことした時に塗装が剥がれてこんな感じになりやすい。このままの状態だと
さらにパラパラと剥がれるだけなので、補強の意味も込みで何とか色塗りし、
最後にニスを塗って保護した。さすがに下手過ぎて申し訳ない出来になった。
写真はちょっと遠目で(笑)



日曜は早朝ほんと嫌な競歩のはしごの日。とっとと帰りたい。
ひとつは復活した場ではあったが、駄目な気配を感じ、30分弱で退去。
そこから20分強で次の場へ。ここでも隙間風がやや吹いてる感じで、
知人らも退屈そうにしている。他の場所での被りで分散、かと。
私に毎回のようにヒトガタ提供し続けてくれてる婆さん、今日こそは!と
「これでどうじゃ!?」と見せてくれたヒトガタを、まあこれならと
やっとこさ買った私を見て、「あー!やっと買ってくれたわ!ほんま、
あれも違うこれも違うばっかりで難しかったわぁ…」と愚痴っぽく
言われたが、別に無理せんでいいですよと言っておいたにもかかわらず、
この言葉が挑発的に感じ燃えたのか、それから見事にハズレなやつを
持ってくる持ってくる…。持ってきてくれたからには極力買う方だが、
さすがにこれはどうもならん、といったものが大半だった。
「郷土玩具?!あ、藁人形やんか…」とか過去にあったのでほんと困る。
でもどこからか一応、それらしいものを毎回持ち込む辺り、凄いとは思う。
婆さんから最後にベルギーチョコを貰ったりして、さすがに
「次回もよろしく」とは言わなかったけれど、また持ってくるんだろうか。


今日聴いたCD
Bathory - Hammerheart

イラン・ケルマンシャーのクルド音楽~セイエド・アリ・ハーン

タンブールのかき鳴らすフレーズがとにかくかっこいい。
聴いてると熱くなる。
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

足の悩み

足がデカい。このおかげで毎回、靴を探すのに困ってる。
以前は靴のサイズは27センチを選んでいたんだけれど、
一昨年、ひどい捻挫をやって以来、真剣に靴を選ぶことになり、
それまでは「多少窮屈でもいいか」という考えだったのが、
あらためて自分に合った靴を選ぶと、サイズは28センチになり、
それに幅広、甲高なので4Eがベストという、難儀な結果になった。
4Eとなると見た目がかなり地味というか、カッコ悪いものが大半で、
かなり選択枠が狭くなる。細身のシルエットのカッコいいスニーカー
なんてまず履けないし、選ぶとしたら中高年向き(中年ですけど)の
ウォーキングシューズが多いような気がする。元々、人より歩く方なので、
ウォーキングシューズには抵抗はないんだけれど、ほんとデザインが。
服には無頓着な性格ではあっても「これは…」というのがほんと大半で。
メーカーによっても微妙にサイズが異なり、ニューバランスなど4Eでも
小さくてほんとに4Eなんか?と思ってしまう。結局、あれ履きこれ履き
これもあれも破棄、と試してるうちに流れ着いたのがスポルディングの4E…
ただ、見た目は黒一色の地味なやつがあり、横にジッパー付いちゃってるけれど、
足優先を考えなきゃならないので、これ以上は文句も言えない。
まだこれがあって有り難いという感じ。それでしばらく他の靴を交互に履いたリ
しながら去年は凌いでいたんだけれど、今度は足底筋膜炎という難儀なトラブルに
なってしまい、またしても足で悩むことに。
で、次はインソールにこだわる様になり、ワークマンで売ってた1000円くらいの
インソールを入れてみると、これがなかなか具合がいい。なんで今までインソールに
気が付かなかったんだろうというくらい履いてると楽になった。しかし。
侮るな足底筋膜炎、ということで、楽にはなったが、やはり歩き過ぎると痛くなる。
おまけにYouTubeで見つけた足底筋膜炎のストレッチ動画を試していると、
やり過ぎたのか踵を痛めてしまい、ぷっくり腫れて外科〜整骨〜カイロの流れ。
結局、いつものお世話になってるカイロの先生のところで筋肉を正常に戻していただき、
その後の回復は早かった。でもまだ歩き疲れた夜は湿布を貼ったりする事が多い。
そこでふたたび、「もう少し靴を探すしてみるか」と考え、ネットで調べていると、
ナイキのダウンシフターで4Eが出ていることを知った。ナイキと言えば、
以前とてつもなく異臭を放ち、電車内の客が他の車両に移動するという騒ぎが
起きてしまい、、「ナイキは臭い」という(お前が悪い)イメージがつき、
何かと敬遠していたんだけれど、写真で見ると、見た目も悪くないし、
これは一度試そうかと決め、近くにある靴屋数件を回ってみたが、
ナイキのダウンシフターは置いてあるんだけれど、4Eは置いてないという、
いつもの結果になり、店員に尋ねれば「あー、4Eですか…」とか
「そうっすねー、種類があんまないっすよねー(笑)」などネタになるような始末。
ネットでは送料込み4000円きってるし、勘で買ってみるかと思いつつ、最後に寄った
靴流通センターに置いあった。それも微妙にちがうレボリューションとかいう4Eも。
さっそく2種類とも試着させてもらうと、これがなかなかいい感じ。おー、じゃあ、
ここの店、税込6000円近くするから、ネットで、という輩が多いんだろう、
店員のおっちゃんが「お客さんは逃しません!」な態勢でそんな風にしれっと店を
出れる状況でもなく、わしも商売人の端くれ故、ここは買っとこかと即お支払い。
4Eサイズの靴を置いてくれてありがとうございますと心の中で感謝の意を述べ、
意気揚々と帰宅。さっそくインソールだけは交換しようと元のインソールを剥がそうと
したら、これががっちり接着されており、剥がせない。ちょっと誤算だったが、
仕方ないので、少し薄いインソールを使い、二重にして敷いた。それで現在まで
履いてみた感想は、今まででいちばん足の疲労がなく、とても快適。これはいい。
よくウォーキング用とランニング用の靴は違うから、歩くならちゃんと
ウォーキング用を選ぼう、とか分かり切ったような事を書いてる記事があるけれど、
これはほんと人それぞれ。ダウンシフターは一応、ランニング用のようだけど、
軽いのに振り子のように自然と足が前へと運ばれる感じだし、インソール効果もあり、
たいへん満足なスニーカーになった。もう1足買っといてもいいかも知れない。


IMG_6466.JPG
中で仔猫が住めるレベルの大きさだが仕方ない(笑)
posted by 裸木 at 19:05| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

遺品

超嫌々競歩の日曜日.意外とちらほら買う物があって、まあいいかの日。
昨日の分を取り戻すかの如く、とりあえず買う。ただそれだけ。

ひと回り歳下の剛腕業者と立ち話。話題はもっぱら遺品整理のこと。
ヘルニア持ちで頑張り過ぎやろと突っ込んだが、なにを憑けて帰ってきても
へっちゃらというか分からないので、だからガンガンやれるんだろうとは思う。
金銭的な面では羨ましい反面、分かる側にとっては羨ましくもなくも思え…
まあ、それそれの立ち位置というのがある訳で、言い出すと限がないか。

帰り、買ったばかりホヤホヤのばらちゃん、知人が「欲しい」と言うので、
どうせ私物になるものだったし、右から左となった。しかし底に小さな
ヒビあり、カビ汚れも多々あったので、綺麗にしてから後日わたす約束に。



IMG_6338_1.jpg
綺麗なったのばらちゃん貯金箱。


今日聴いたCD
Solitude - Reach for the Sky

posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

マト増殖


2018020219230000.jpg


嫌々な早朝競歩。珍しくインドネシア女性に心射貫かれてしまい、
これからは行くのが楽しみになってきたという中年の土曜日の春。

しかしながら手ぶらに近く、「家にあるだろ」「これ買って売るより
現場にあるだろが」とか、そんな声がどこからともなく聞えてくる気がして、
大したものも買わず、知人のところで義理買いしたのみのイマイチな日。
しかし別の知人から「マトリョーシカ持ってきたで」と嬉しいお声が。
マイブームのマトリョーシカ。世間で流行ったのは10年くらい前になるのか。
ちょうどブームも過ぎた頃、「いらねえ」「飽いた」と今は手放す人が
増えてきた頃かもしれないので、ゆっくりお安く集めるのはいい時期かも。
持ってきてもらったのは4個。どれも収集範囲とは少し外れるものだったが、
よく見るとどれも面白いし嫌いじゃない(既に免疫付きすぎて幅拡大してる)。
にやにやしながらそれなりの金額を知人に渡し、私「一気に4個も増えてうれし」、
知人「あ、意外とくれた。それにしてもなんでマトリョーシカなん?(笑)」
と呟き、お互い意味は違えど微笑みながら「また頼む」「あいよ」で別れた。

スタート時刻辺りから、長年付き合いのある知人業者のブースでお手伝い。
終いにはギター二人とも弾きだしたりして、売る気あるんかおっさんら、
といった具合で、互いの胸元みれば「Columbia」のロゴが目に留まったりして、
「どこで買ったの?」「いくらした?」「温いですよね」とか言い合いながら
昼過ぎに現地を離れた。腹を鳴らしながら「今日は天牛書店に寄らない」と
決めたはずなのに、「ちょっと見るだけ」と言い、結局、二店舗みることに。
天牛書店の古書、1500円均一となれば読みたくそそられる本が多い事!
中でもタイトルが『霊能者名鑑』だったか分厚い本があり、日本の霊能者が
たくさん掲載されている内容で、もしや!?と思い、目次を見てみると、
おお、皆本幹雄先生も載ってるやないか!と嬉しくなり、思わず買いそうになったが、
他にも様々な能力者の方が載ってるので、下手な氣を受けたら大変だと思い直し、
何も買わずにそのまま店を出た。他にも読んでみたいと思わせる本もあったが、
現在、まだ読んでる本が3冊あるので、また次の機会でも。
帰りの電車内では五木寛之『隠された日本 大阪・京都 宗教都市と前衛都市』を
読みながら帰宅。



今日聴いたCD
Bathory - Hammerheart
Solitude - Reach for the Sky
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

新年


2018010411270001.jpg
あけましておめでとうございます。
初夢は柄の長い柄杓に入れたジャガイモとコンニャクを
落っことすという、「あーあ」な内容だった。






IMG_5950.JPG

去年からマトリョーシカがころころぽこぽこ顔を出すようになり、
旧ソ連時代のものに絞って収集してると、年末に初の11ピース
ものが手に入り、飾る場所がないのにもかかわらず、ぽこぽこ
開けては並べ、ぱこぱこ閉じての繰り返しして喜んでるという…
さすがに11ピースもあると、最後の方は「小さいのにまだある!」
と嬉しくなってしまうのは私だけでしょうかね、やはり…
そういえば昔、アンパンマンのソフビ人形の首を外し、
「中に指人形とかお菓子を入れるようになってるんですよ♪」
と素で勧めてきた女性がいたのを思い出した。
ソフビ人形全般、そういう風にも言えなくもない、か。



元日から3日間、静かに読書し、楽器と録音機材と格闘もし、
あとは何か食べて猫と遊び、一緒に眠るだけという、
とても贅沢な三が日の過ごし方。今日、久し振りに郵便局と
店に買い出しに出掛けた。初詣はまだどこにも行かず。

去年の御先祖の調査の件も新たにまた進めて行こうかと
思ってるのだけど、その流れで本当に自分に合っている
神社さんはどこだろうか?と考えたり。本来は産土神社
や現在お世話になっている土地のところの神社にお参り
するのが筋なんだろうけど、様々なことを理解した上で、
生まれも現在地にも自分がどう頑張っても愛着が持てず、
このまま違和感を感じたまま参拝してもよくないのではないか?
などと疑問ばかりが過ってしまい、別の角度から、たとえば
自分の干支から祭神を割り出して神社を調べたりしていると、
以前からお参りしている某神社がいつも引っ掛かるという…
やはりここはご縁がある神社さんのひとつなんだとあらためて思い、
それでは今年もちゃんとご挨拶に行かなくてはと、心に強く決めた次第。
実は水晶の腕輪を返納した時に、この土地にはもう来ないようにしようと
思ってたんだけれども。それにブログでは削除済みのあの狐の写真、
ここのお稲荷さんに居た狐がずっと私に憑いていたような気もするし、
まあ、この写真はどこかでお披露目する予定なのだが。
それも含めてご縁があるのかも知れない。さて、今年はどうなるやら…

今日聴いたCD
Infernal Necromancy/Kanashimi-光と闇
渓間のガザル〜カシミールのラバーブ
posted by 裸木 at 19:06| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

家出


IMG_5825.JPG

朝、叔母の事を思い出してると、昼に叔母から電話。
叔母が私の実家へ顔を出した際、母親が「次に(親父から)
何かあれば家出の準備をしてる!元々この家に嫁ぐ
つもりはなかった、好きで結婚したんじゃない云々」と、
今更なに言うとんじゃと突っ込み放題の文句を吐き出していたとのこと
(私は既に本人から聞かされてた)。
鹿児島県の小桜組(カワイイ)のヤクザの娘と駆け落ちして大阪までやってきた
親父に惚れて、強引にヤクザの娘から親父を奪ったと聞いてたのだが…(苦笑)
「今は両親と姉に任せておけばいいよ。あいだに入れば八つ当たりされるだけ。
結局、あの3人で解決していってるから。家族内の犠牲的役割に戻る必要なんて
ないからな、今は近づかん方がええよ。様子みてまた近況連絡するから」と
半分、自らに言い聞かせるように叔母に話した。後は種子島の土地の件。
名義を私に変えたらどうかと。急かさんでも時期が来ればそうするように思う。

叔母も叔父の墓参りくらい這いつくばってでも行け!というのが私の本音だが、
叔母の鬱またはだれも止められないヒステリーにスイッチを入れたくはないので、
毎回脳裏をよぎりつつも黙っている。ガタガタデコボコ一家。でもこれが現状。

今日聴いたCD
シュピルマン:オリジナル・レコーディング
Amorphis - Tales From the Thousand Lakes
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

慰撫



IMG_5777.JPG

本年度最後のもう嫌早朝競歩の日。厳しい場所での再開で、
また最後の予感しかしない場の雰囲気の中、適当に物を買い、
後は知人らと喋るだけ。CD売りの知人は幅広なジャンルの趣味が
割と自分と似ているような気もするので、会話していて楽しい。
暇だから、パチンコやるよりいいから、ストレス買いだから、
買っても後は見ること触ることすらない等など、そんな人が結構多い場なので、
こういった方と喋れるのはホッとする。そうじゃないとむなし過ぎる。
ここで久石譲などを購入。別の場所に移動するも遅れて行ったのであとの祭り。
しょせんモノ〜といつものように切り替えて、ここでも知り合いらと馬鹿話で
じゃれ合い、適当に話を切り上げて会場を出た。帰り道、天満宮に寄って参拝。

2017122519220000.jpg

ここは空気がよいので一度はお参りしたいと考えていた神社なんだけど、
何故かこの日までタイミングが合わずにいた。昼前には帰宅。
帰宅してからここ数カ月買ってきた物を出してきて整理したり磨いたリ。


IMG_5776.JPG
IMG_5774.JPG
IMG_5770_1.jpg

ソビエト時代のマトリョーシカ2種に軽く蝋を塗り、メガネ拭きで丹念に磨いた。
木製玩具を眺めて触ってると、ソフビなんかの玩具はもういいかな〜、
すべて処分しようかなとよぎる事が多くなってきた。
そういう日が近いのかも知れない。とか言いつつ、数日前まで「サンガッツの
死神が〜」とか言ってた奴なので、うかつに信じたら駄目。信用度ゼロ人間。





今日聴いたCD
鼓童/BEST OF KODOU1994-1999
久石譲/ETUDE~a Wish to the Moon~
久石譲/アナザー・ピアノ・ストーリーズ~ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド~
ザ・タイマーズ/デイ・ドリーム・ビリーバー(8pシングル)
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

師走:U

IMG_5529.JPG



多忙で身体もトラブったりしつつ、仕事と合間に読書、作曲の日々。
曲は湧いてくるときがあるので、すかさずメモ録音してる。
やっとテーマ別に分類し、ばらしたパーツを組み替えたりの段階。
テーマは色々。心霊関係の事もあれば、ラフカディオ・ハーン、
山窩、ダモイ、ニホンオオカミとか。ハーン氏の本を読んでる時に
聴こえてきた山窩の曲は仕上げたいのだけど、和太鼓と笛が必要。





深夜に実家の親父からイタ電がある。ワン切りとか(苦笑)
一カ月以上、顔を出してないからだと思われるが、
前回は深夜の3時半頃、携帯のバイブで起こされ、
寝ぼけて電話に出たら親父の声ではなく、少し離れた所から
「またっ!誰に掛けてんねん!!」と母親の怒鳴り声が聞え、
そのまま「ガチャ」と電話が切られた。起こされいきなり
母親の怒鳴り声、その後、電話が切れるという…悪夢か。




先日のヤフオクでの代行業者落札、1週間待ってやっと完了。
後から同じものが出てきたのでそれが終わる日にやっと支払いか。
その間、無駄なナビのやり取りが数回。おまけに支払い額が
100円足りないという…面倒なので何も言わずそのまま終わらせた。
いくら売れたとしても、他人のもので勝手に遊ばれてるようで
気持ちのいいものではない。代表的な代行さんは安定してて
何も問題ないですけれど。







今日聴いたCD
Vahagn"Vahagni" Turgutyan - Short Stories

posted by 裸木 at 20:47| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

師走

多忙でやること黙殺されてる状態。入ってきた物をその日か翌日には点検手入れし
収納、という流れが崩れかけた。なので、人の気、物の気にやられそうになり、
やはり掃除、整理整頓は大切だと再認識しながら何とかペースを取り戻した。

終末恒例行痔の早朝恐歩での話。中国人女に恨まれ、人糞擦り付けられ、
最後はマイカーをパンクさせられた話には引いた。やられた知人は
何食わぬ顔で毎週見掛けるので、まさかそんな事があったとは思いもよらず。
しかしどんな恨みを買ったんだか・・・下手すりゃ刺されてたんじゃないかと思う。


初見の若夫婦ブースで大和銀行の鉄腕アトムのカウンターサイズが売ってた。
造形はありえん貯金箱タイプのもので見るからにニセモノと分かるんだけど、
冷かしで値段を聞くと「500えん…」とぽつり。「これ…」と私が言いかけると、
店の女性が「アメ村のちゃんとした店で買ったんです…」となにやら言い訳の
ような事を勝手に喋ってくれたので「マ●クカンパニーですか…」と訊ねるも
店の名前まで覚えてなかった様子。しかし久々にこの手のニセモノ見たけど
やはり酷い代物やね…

IMG_5294.JPG

ゴルドンさん。状態よいものだった筈なのに、
ガンプラブームの時に「子供の頃に買ってもらった怪獣、
リアル塗装にしたろ」てな感じで尻尾と片足以外、
綺麗にリアル塗装されてしまってて残念無念。
数あるシリーズの中でゴルドンを選択したのは分かるような気もする。
それだけ造形が素晴らしい。カッコいいのでしばらく我が家のオブジェと
化して頂きましょう…


嶌信彦著『日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた』
2日間で読み終えた。これは普通に感動作!2,3度、泣きそうになった。
面倒なのでレビューはググってAmazonのものでも読んでください。
この本はいずれ買おう。


今日聴いたCD

Kanashimi - Inori
Sentenced - The Funeral Album

魂が抜けてゆくような素晴らしい作品と
魂が震えるような素晴らしい作品。
posted by 裸木 at 19:16| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

詐欺師

オタク氏から「ちょっと話があるのですが…」と。
どうも厄介なおっさん連中とのトラブルに巻き込まれそうだと。
私も20代〜30代の頃に似たような経験がたくさんあるなあと。
今回と同じ話の泥棒野郎(こいつは未だに現役なのだろうか)、
最後は結婚詐欺野郎だった中国人とか。これは40代の時やないか・・・
いま思い返せば「こうすればよかった」「ああすればよかった」
と後悔の念の連続なので、自身の反省の思いも込めて、
とにかく感情まかせの言動をグッとこらえて冷静に、
出来るだけきれいに終わらせるようにとアドバイスした。
「日曜が本番なんですよ…何かあればメールします…
でもお話訊いて頂けてよかったです。お金返してもらう事ばかり
考えてました…」という彼もどうかと思ったが、私も他人の事を
言えるような人間でもないので、余計な言葉はできるだけ避けて、
とにかくトラブルに巻き込まれない様にと。
そういや、結婚詐欺をしたW氏の話をこの際かいておく。
私に中国から出稼ぎに来た女性と「籍いれるだけ、○○さんに10万上げる。
それだけよ、面倒なことないよ」と持ち掛け、信頼関係を築いていたW氏が、
まさかそんな事を私に持ち掛けるとは思いもよらず、何の事だかさっぱり
理解できずにいたのだが、冷静になって考えると「詐欺か」と気付き(←遅い)、
ふざけんなボケ!と言ったきり、縁を切ったのだが、その後の後日談として、
氏の店に出入りしている70代のスケベ爺がまんまと引っ掛かり、その女性と入籍?、
新婚旅行に金がいるとして後で増やして返すからと何故かW氏に大金を踏んだくられ、
W氏含む三人で中国に新婚旅行、部屋はW氏とその女性が一緒、爺は一人部屋(笑)、
言葉も通じず異国でブチ切れる爺を放置して、W氏はその女性と一晩中お楽しみ。
その女性と普段から店で昼夜問わずやってたようで。なんてことはない、不倫ですな。
結局、当然ながら爺には金は返さず、女性に関しては籍を抜いて(入れてなかった?)
中国に帰ったらしい。もうここまでいくと腹立つのを通り越して笑う。
しかしこの爺の役を私にやらそうとしてたのかと思うと、素で「呪うぞ」と思うが、
W氏はびっくりするくらい二面性がある人物ので、「まさかそこまでするとは」と
いうのも正直な気持ち。なので、この日からW氏の事をゴラム、またはスメアゴルと
呼ぶことにしてる。正にあんな感じ。うちの母親もそれっぽいが・・・
あれだけ欲深くて、毛皮、剥製、貴金属等を仕入れては売ってたら、そりゃなんぞ
良くないものが憑いてるのは間違いない。還暦超えても年齢以上にタフなのも
憑いてるものに生かされてるといった感じか。憑き物が落ちたら終わりですな。


今日聴いたCD
Vahagni - Imagined Frequencies
Symphony X - Divine Wings of Tragedy
posted by 裸木 at 21:05| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

買ったもの、読んだものなど


IMG_5189.JPG

今月買った本の追加。『大阪府の歴史散歩上下巻』という歴史見学の手引書。
「学校の歴史教育に携わり、地方史研究を行っている教員らが協力し合い、
実際に現地に足を運んで史実を確かめ…」とある。ライフワークのひとつ、
地域の歴史を調べる際には割と役立ちそうだったので2冊100円で購入。
いちいちネットで検索するのは性に合わないし、やはり私は本、という事で。
あと、シルクロード、ウズベキスタンのキーワードに惹かれて嶌信彦著
『日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた』を図書館で借りた。
まだちゃんと読んでないけれど、内容も面白そうなので今から楽しみ。

もうじき読み終える『又鬼と山窩』が思いのほか面白い。
てっきりタイトルどおりマタギとサンカの話だけかと思ってたら、
民俗学者である著者が訪れた宇和の大島での龍神の祟りの話や
イタコ、オシラサマ、死体を奪う火車、舟幽霊等の事も書かれている。
オシラサマに霊験いただき、イタコのようなト占や祈祷をするというのは
初めて知った。まあ、自称、神と名乗る何者かが憑いて言わせてるのが
大半だと思われるが、その土地でそれが神様として祀られてる歴史文化が
あるのなら、そこでは神様なのだろうとは思う。
オシラサマとは別の話だけれど。


音楽はクラシックの作曲家で好きなスメタナ、その中のモルダウが目的で
100円で購入。指揮者のスメターチェクのモルダウはちょっとテンポが
速いけれど、外でこのアルバムを聴きながら歩くのはなかなかいい。





IMG_5190.JPG

やっとこさ手に入れたソ連時代のマトリョーシカ。
いちばんよく見かけるタイプだと思うけれど、
目の前に現れるまでじっくり待ってたら先週末に来てくれた。
今時のギンギラ派手派手なマトリョーシカよりも、
この時期の素朴なものがいちばんいいと思う。


IMG_5193.JPG

あと、オマケで頂いたスイスはベルンのクマのぬいぐるみマスコット。
なかなか雰囲気いいんだけれど、片方のドールアイが欠品してる。
またドールアイ探して直してあげないと。
日本の玩具や郷土民芸品も好きだけど、海外のものも同じくらい好き、
という事をここ数年で自覚した。ドイツのオストハイマー等の木彫りも
素朴でいいのがたくさんある。というか、オストハイマーの木彫りは
素敵過ぎる!自分でも作ってみようかなと考えたけれど、また妙な
妖怪やら怪しい方向にいく気もしないでもないので(笑)やめておきます。



IMG_5194.JPG

ガレキのゴジラ。背びれ折れで素人塗装なので格安だった。
自分で塗装し直すか、飽きたら売るかといったところ。
今更ながらゴジラはいいなと。個人的にはキンゴジが最高。



…といった感じなので、あいかわらず誰もついてこれず独走しております。

posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

今月買った本

IMG_4918.JPG
今月買って読んでる本。

11月が始まってから走り回る日々。
合間に探求本や好きな本を見つけて買ってる。
とにかく興味のある方へと自然に手足が伸びる質。
どうやら『民族』という事柄にいつも惹かれてる様子。
霊的なことでもすぐに引っ張られるので連れて帰るし、
魘されたりも多々ある(苦笑)
音楽もルボッブ(テールピース改造しなければ)入手してから固まった。

家の方は家族に対して一定の距離を保つことでどうにかやってる。
身も心もゆだねられないというのはとても悲しい事なのだけれど、
昔からどこか私の事を余所者扱いするかのような雰囲気であったが、
それを正面から受け入れた瞬間、「あ、孤立してるのか」と初めて
気が付いた次第。今まで家族の事は色々と理解してたと思っていた
自分に少し情けなくなったが、反面、いい意味で落ち着いた気持ち
になった。根本から歪んでる一家なんだから、奇妙な家族関係でも
いいんだと。自分にとって一番だった亡き人と魂で繋がるという事を
体感できてるし、特に寂しさもない。ニセモノの愛には流されない。

明日は月に一度の身体のメンテ。戦い続ける為に。


今日聴いたCD
ニキル・バネルジー/ニキル・バネルジーの才気 第1集
posted by 裸木 at 00:07| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

呪われてますか?


2017103123550000.jpg


さて、そろそろエンジン掛けるかと思い、呪いのサングラスを譲った知人業者の倉庫へ。
「どう、呪われてる?」と聞くと「あれカッコイイよ。バイク乗る時してる」との事。
やはりこの人には大丈夫なようだった。正直、ホッとした(笑)

ガサゴソ倉庫片付けしながら探すも良い物はある訳なく、適当に寄せ集めたものを
ひと山買って帰った。せっかく木彫りして静かな自分を取り戻したが、
また切り替えてやらんとなあ…


今日聴いたCD
Poccolus - Ragana
Al-Namrood - Kitab Al Awthan
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする