2017年03月09日

秒速5

2017030920120001.jpg



やっと心霊の話ができて嬉しい週。
これで自分の幸せ度が上がるのも困ったもの。


叔母から電話あり「秒速5センチメートルっていうアニメに
兄さん(私の親父)と一緒にすごした中種子町が舞台に
なってる場面あるから兄さんに見せてあげたい。だからDVD探して〜」
とのリクエストが。まったく知らない名前だったので、調べると
新海誠監督のアニメーションか。なるほど。で、YouTubeで予告編を
見てみると、これは親父には無理やろが(苦笑)自分が見たいだけやろっ
というのが分かり、まあ、元々、叔母は漫画好きだったりするし、
欲しいのであれば買っても良いのだが…甥(私)はサスペリアの
DVDボックスの方が欲しいのだが、親父に見せた日には妙に影響受けて…
なんだかんだ言っても叔母は毎月あるという種子島の会報紙を取り寄せ、
今回、親父に送ったそうだ。今日辺り届いてる頃と思う。良いとこある。


エリザベス・バトリック著『ピーターラビットの生みの親-ビアトリクス・ポター』
を読み終える。ビアトリクス氏の母親って自分の母親とかなり似た性格
だったんだと分かり、妙に親近感を抱いて2日で読んでしまった。
多少のブラックなユーモアも含んでるけれど、ただ可愛らしいだけの
絵本のキャラクターの世界とは違った、頑固でたくましい人間像が見え、
男から見てもかっこいい生き方された方だったんだなと。
やはり先日の原画展に行ってよかった。何だかやる気をもらえた気がする。



今日聴いたCD
Wolves in the Throne Room - Celestial Lineage

posted by 裸木 at 20:16| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

コリン星人





3週間ほど前から胸と腹辺りに赤く蕁麻疹のようなものができ、
以前なったヘルペスかと疑い、薬箱の中にあった目玉に塗る
ヘルペス用の期限切れの薬を塗ってみるがまったく効果なく、
ちょっと普通じゃないかもと思い、近所の内科にみてもらうと、
「ヘルペスじゃないで。コリン性蕁麻疹ちゃうかな?!」と診断され、
心霊妖怪に遭うのは慣れたが、とうとう宇宙人、それもコリン星人に
身体を侵されたかと思ったが、どうも面倒な蕁麻疹の類らしく、
「長くかかるよ」と言われ、取り敢えず飲み薬のみ処方してもらった。
原因は大雑把に言うとストレスかと。それと過剰なカフェイン摂取、
要は刺激物の取り過ぎもあったんじゃないかと自己判断し、
とにかくコーヒーや訳の分からんドリンク剤などは飲むのをやめ、
紅茶と緑茶に切り替えた。あと、辛いものもなるべく避けてみた。
当初、胸と腹にポツポツと赤いかぶれのようなものがあり、
首筋にも薄ら赤くかぶれが出来たり消えたり、次第にかぶれが
小さい水泡に変わるものもあった。水疱瘡や麻疹も疑ったが、熱もなし、
感染するものでもなし、やはりコリン性?なのかネットで調べても
コリン星人とはちょっと違う気がし、さほど痒みもない状態。
その後、手や足の方にも症状が移行し、幸い、顔にはニキビの
ような程度のものが2つくらいできたくらいですぐに消えてくれた。
そして1週間前くらいから腹と胸の赤みが殆どなくなり、手足にできていた
水泡のようなものもほぼ消えた。今までもストレスや疲労が重なると、
蕁麻疹のようなものができた事があったので、今回もその親戚のような
ものだと思われる。その前の風邪も影響したのかもしれない。



今日聴いたCD
Bathory - Octagon
Paradise Lost - One Second
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

散歩

2017022719570000.jpg



ここ10日ほど、山越え谷越えしてようやく今日の夕方に落ち着いた。
昼、親父の「一緒に歩いて買い物行くか?」の一言で、両親と店まで散歩。
親父のペースに合わせて山手の田舎道を歩いた。未だに雉が来るという、
雑木林の辺りを指差しながらガイドする親父を見て、まだ大丈夫かなと。
母親は怒鳴り口調には変わりないが、珍しく私とタッグを組んで一仕事を
終えたばかりの為か、先ず先ずの状態。悪い影も出てこないし。
今回は皆本幹雄先生(と呼ばせて頂きます)の本で乗り切ったように思う。
さて、一歩前へと進んだので、また次に行きますか。これからじゃ。

帰りの電車内はハイキング帰りの老夫婦らが多かった。時間あれば山へ行きたい。



今日聴いたCD
Metallica - Metallica
posted by 裸木 at 20:25| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

2017022020030000.jpg

砂の嵐のトッピング。バニラビーンズではなかった…


昨日、春一番でお空が轟々と唸るほど天気も荒れ、我が家も波乱。
精神的なダメージを食らい、いつもの冷静さを失いかけたが、
あちらの方面、こちらの方面、両面を見つめながらやることを整理し、
何とか今日は落ちつけた。しかし、必ず忙しい時期に限って一波乱起きる。

今朝、夢で蛇を生きたまま喰らってるおっさんが出てきた。
何を意味する夢なのかと思わなくても、これはそのままか。
思えば去年、菊理媛命にお参りしたその日のうちに、飾ってある
家族写真の妙な部分に気が付いた。今までまったく気が付かなかったのに。
多分、教えてくれたんだと思う。それで昨日のおっさんが、そのものかと…


マイナンバーカードを役所で受け取った。こんなもの、とは思うが、
まあ、仕方がない。ただ、写真の背景にピンクはやめい。余計にゲイぽい。

2017022117480000.jpg

午前中、近所のお寺へ。もう梅の季節か。



今日聴いたCD
「アンネの日記」オリジナル・サウンドトラック
Dimmu Borgir - For All Tid
posted by 裸木 at 18:05| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

カランバ

IMG_0001.JPG



悩み考え続け、昨夜見た夢を思い返していると「あ、やられてる」と気が付き、
すっきりした本日の朝。だから身内は怖い。やはり黒い大蛇を見せるだけある。
みんな知らないし、理解しようともしない。でも自分はそれに気が付いた。
だから自分のやれることをやればいい。笑う奴は笑わせておけばいい。



さて、春の気配を感じる朝、自転車と電車で早朝競歩へ…
意外とお金を使いそうなブースもなく、退屈凌ぎに以前から映画のチラシを
売っているところで20枚ほど購入。1枚10円だというし、懐かしさもあって
カランバとか殺人魚フライングキラー、エンティティー霊体、ヘルナイト等々。
カランバはテレビでCM流してたよなあ。当時、友達と何かの2本立てか3本立て
の時に地元にあった映画館で観た想い出がある。そういや、この時代は学校の
通学路にポルノ映画の看板や宣伝ポスターを設置していたよなあ、等など、
20枚ほどのチラシを眺め、昔の記憶を思い起こしてひとり楽しんだ。
紙ものだけは、本以外は手を出さずにしようと思っていたのだけれど、
やはり懐かしさ(値段にも)には負ける。ただ、持って帰るのにビニール袋
に入れてくれたので、リュックの中だと他の荷物に押しつぶされるし、
そのまま袋を手に持ち、曲がらないよう気を遣うのがやはり少々面倒だった。


帰宅後、今週たまった売り物などのメンテ。後は梱包と帳簿付け。
30分くらい眠ったが、起きてからは南方熊楠の本の続きを読む。
今年はまた和歌山に行きたくなってきたな、こりゃ。



今日聴いたCD
Death - Individual thought patterns RE-ISSUE 2CD
Paradise Lost - Gothic
Ihsahn - The Adversary
posted by 裸木 at 21:30| モスクワ ☀| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

父親

IMG_0007.JPG


昼過過ぎ、携帯に叔母からの着信あり。良い話だといいのだけれど、
良い話があった事の方が少ないよなあと思いつつ、夜に電話を掛けた。
親父から電話があったようで、昨日、実家に様子を見に行った事を伝える内容だった。
あれからギロンを持ち出してガメラを突いたとかはなく、精神面よりも、
肉体的な衰えの方が気になったようだった。
親父は私が幼少の頃に仕事で椎間板ヘルニアを患い、当時はろくな治療法もなく、
治療のことで病院側と揉めた後、脊髄を削る?という、聞くだけで顔を歪めて
しまうような粗い手術を施されたらしい。現在に至るまで慢性的に痛みはあったが、
老いてからはその削ったカ所が陥没し、歩いてると腰が90度近くまで曲がってしまい、
そのまま歩けなくなる。ただ、椅子に座らせておにぎりを食べるとまた腰がまっすぐに
戻り、歩き出すという、吉本新喜劇のような嘘のような本当の話。
そんな過去の無茶な手術をしたにも関わらず、これまで好きな海山を十分に楽しみ、
去年は御先祖に呼ばれたのか、前日に「行こう」と思い立ち、慣れない電車で翌日には
鹿児島市内にある墓まで云十年振りのお墓参りまで済ませた。
ここまで持ったのはある意味、奇跡じゃないのか、だから今はもう仕方がないんじゃ、
というのが私と叔母の意見であった。ただ、近いうち、車椅子の生活になるのは目に
見えてるので、その準備もしなければいけないと。それは叔母にも言えるが…

母親とは揉めなかったか?との私の問いに、叔母は揉めることはなかったが、
親父の側で聞えよがしに現在の親父の変化を馬鹿にし過ぎと。それから昔の話に遡り、
母親は若い頃の方が常に苛々し、おまけに嫉妬深くて誰も近づけなかったと言っていた。
まあ、私の母親なので、できれば中立の立場で物事を見聞きしたいと思うのだけれど、
その事に関してはほぼ同意する。幼少の頃より、文房具ひとつ頼むのに鬼のような
形相でねめつけ、怒りを殺したような口調で渋々買ってもらってた記憶が染みついてる。
段々とそれが恐ろしくて学校からの連絡事項すら伝えられず、家と学校で二重に叱られる
日々が4,5年間は続いた。その間に精神面を救ってくれたのは叔父と叔母だったので、
不細工でも何とかここまで生きてこれたと言っても過言ではない。ほんと。
特別、家が貧しかったわけでもなく、後年、嫁姑の関係、叔母との確執の事を知り、
その為に日頃から苛々していたんだろうとは思ってみたが、今もそれは変わらないので、
皆、それぞれ癖のある性格ではあるけれど、母親に勝てる者がいるか?と訊かれたら、
きっと誰もいないだろうと思われる。本人曰く、子供の頃から朝晩の味噌汁に入れる
蟹を雨の日も風の日も五島の岩場にしがみついて獲ってたんやと。だから自分は強い、
と言いたいんだろうけれど、思わず指輪物語のゴラム(スメアゴル)を思い出した。
なんとも野性的というか、野獣な一面を持ってるというか。
それでも現在まで、母親は母親なりに奮闘はしているので、先日、新しいリュックが
欲しいと頼まれ、小型のしっかりとした作りのリュックをプレゼントした。
喜んでる時などは素朴な田舎の子供のようで、まあやり易いんだけど…
あと霊的な話になると、根底にご先祖同士の因縁(詳しく書くと長いがある意味面白い)
があると私は睨んでいるので、その為にごく普通にご先祖供養をしている。
ただ、私の出来る範囲は限られているので、やるだけの事はやって、あとはもう成り行き
任せにしようかと。徐々に介護の方に移行になるだろうし。まあ、頑張らねば。



追記:婆さんの生まれから亡くなるまでの話をちゃんと聞けたのは大きかった。
若い時に胃を患い、戦争帰りの近所の爺さんからモルヒネ貰って打ってたとか。
前日に倒れ寝込み、そのまま眠るように亡くなったとか。婆さんの想い出は
あるけれど、より身近に感じれるようになったので話してくれてよかった。
途中で種子島の話題になった際、ついつい「種子島といえば狗神憑き…」
と頭を過ったが、お前、今は余計な事を聞くんじゃないよと、第三の手で
頭を小突かれたような気がして叔母に尋ねるのはやめた。





今日聴いたCD

Paradise Lost - Gothic

posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

南方

IMG_0003_1.JPG

連日のゴタゴタ等で疲労蓄積、近所の内科へ。面倒やなあと思う診断あり。
昼、発送物を局に投げ込んだ後、モスバーガーに行ってソイモスとオニポテお持ち帰り。
オニモテなら嬉しいのに、という年齢でもなくなってきたな、と寂しくレジの女性に
もらったチョコレートを眺め、ポケットに突っ込んだ。
神坂次郎 『縛られた巨人―南方熊楠の生涯―』 が届いた。ぼちぼち読みましょか。



IMG_0007.JPG


今日聴いたCD
Winter - Into Darkness
posted by 裸木 at 19:49| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

取引

今日は雨。引き籠って仕分けとメンテと梱包作業。数日前、「届いてないんだけど」
「ちゃんと送ってくれました?」「配送業者どこですか?」「追跡番号教えてほしい」
「不在なんちゃらなんて届いてないんだけど」「無くなるのはおかしいですね」等々、
分かり切ってる事を知って訊ねてくるし、1分おきに連絡とか、自分の虚しさ寂しさを
紛らわすために他人を揶揄い、絡んでくる人間かと判断し、いつものように不着の場合
の対応、誠意を見せると「すいません。ポストに入ってました」とだけ返事あり、
ここ数日粘着していた割にあっさりと終了。予想どおりの終わり方。
昔、電話してきて「届いてないんですがー」「調べて。ねえ、調べてくれるよねえ?」
とべったり甘え絡まれた事もあり、その時も同様の対応をすると、スッと離れて行った。
て、霊みたいですけど。まあ、問題ある方にはそれなりの者が憑いてますから。
とことん霊的なものに否定的な方にも。ああ、話が反れてしまった。

ついでに思い出した過去の取引の話をもうひとつ。ある駄玩具を買ってくれた方がいて、
終了後にとつぜん電話があり「あのさー、さっきの値段まけて欲しいんだよねー」
「気持ちだけでいいからさー、ね、ちょっと負けてよ」と値引きを要求、
終いにはこの方、博物館を地方でやっててYouTubeで自分の動画や紹介PVがあるから
ぜひ見てよとごり押しされ、天然の力に負けて、気持ち値引きし、感想求められてるし、
動画の観覧数見たら一桁だし、これは「見ました」と言ってもバレるなあと思い、
渋々動画を観たら、本人のたどたどしいナレーションと安いBGMをバックに、
地方の城下町をオープンカーでトロトロと走る白のタンクトップ(と言っても
肌着で裸の大将風)を着た50代男が映っており、「こんなん誰が見るねん」といった
ものであった。たぶん、途中から駄玩具を語り、紹介している場面に切り替わると
思われたが途中で止めた。これはまだ後で笑える話だからまだ良いんだけれど。
なんだかんだ言っても、取引は良いことの方が多く、数百円の品で喜び感謝される
方も結構おられるので、どこにでもありそうな安い物でも相手が喜んでくれるなら、
これからも喜んで売らせて頂きます。物がちゃんと行くべき所に行って、
落ち着くのが一番ですからね。

今日聴いたCD
Cannibal Corpse - Tomb of the Mutilated
Hurusoma - Sombre Iconoclasm

posted by 裸木 at 21:49| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

エコバッグ

IMG_0010.JPG



ガラ、雑品の仕分け作業&引き取りを数日。個人的に「お!」という物はない。
しかし雑品とは言っても量だけはそこそこ多く、仕分けや手入れに時間が掛かりそう。
ずっと探していたエコバッグ、手ごろで色とデザインが気に入って自分で使おうと思い、
友達に見せたら「リボンの絵が付いてるよ」と指摘され、よく見ると、でかいリボンが
描かれていた。このおっさんは色と動物のデザインしか見てなかった模様。
「またこれ持ってたらゲイかと間違われるで」と茶化されたが、髭面おっさんでも可愛い
ものも好きなので仕方ない。って、だから勘違いされるような気もする。
ちなみにearth music&ecologyのバッグ。思いっきり女子のものだった。




IMG_0002.JPG

夜は眠いなーと思いつつ、久々の洋画観賞。『Vフォー・ヴェンデッタ』という
独裁政権下の未来のイギリスが舞台のサスペンスアクション映画。
俳優(ナタリー・ポートマン)の感情が伝わってきて目頭が熱くなった場面もあり、
最後まで画面に惹きつける内容ではあったが、観賞後は意外と心に残り難いという、
何とも良いのかそうでもないのか判断しにくい映画だった。嫌いじゃないけれど。



今日聴いたCD
Cannibal Corpse - Tomb of the Mutilated
RamboV:Original Motion Picture Soundtrack
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

新年

すっきりとはしないが、風邪はほぼ治った。が、色々と溜まっており、
昨日から夕方まで作業したり、業者らに連絡したりとどうにか夕方には落ち着き、
局に行った帰りに図書館に寄り、今月号のナショナルジオグラフィックを読んだ。
雑誌の内容とは別に、企業広告も楽しみのひとつで、大分麦焼酎の『いいちこ』
なんて毎回「また飲もうかな」とその気にさせるようなこと書いてある。
ほんと、小瓶持ってふらりと旅に出たい。←簡単に洗脳されている。


最近は本に時間を割き過ぎて映画はご無沙汰で、DVDで大江戸捜査網を観ている。
もっぱら杉良太郎版のものばかり選んでおり、今更ながら「スギリョウかっこええな」
と言ってたりする。これこそ大人の為のアクションヒーロー番組かと。

今年のカレンダーをやっと買った。文房具屋の投げ売りで50円だった。
どこかで貰えるだろう、と思っていたが、今年は貰う機会がなく、
売っていてもデザインやサイズが気に入らないなどあって買えず、
あっという間に1月も終わってしまった。2月から新年だと考えてるので、
まあ、ちょうどよかったかも知れない。



昨年の暮れに続き、偉大なるブリティッシュ・ボイスのベーシストが亡くなった。
今夜は『In The Court Of The Crimson King』と『Red』を聴くとしよう。


さて。異界と接触持ったり何かと奇怪なものにも触れ、どこまでこれが製作に
影響するのだろうかと我ながら楽しみでもある。単に影響強すぎて何もできない
とかなったら困る。いや、大いにあるが。さて。





今日聴いたCD
Probot - Probot
Ofra Haza - Kirya
RamboV:Original Motion Picture Soundtrack
posted by 裸木 at 17:49| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

マスクマン

IMG_0003.JPG

トーリン・オーケンシールドの「呪われよ!」ということで、風邪をひいた。
珍しく熱もあり、37度前半〜後半をふらふらと彷徨ってる。時たまなる1週間熱。
しかし今日は電車で出掛けないとならないので、珍しくマスクを着用した。
マスクって暖かい。自分の息でこんなに暖まるものなのか。それに自分の気配を
消せるというか、帰宅してからも人の氣を被ってないのが分かる。熱で身体は
だるいが、いつものように他人と色々話していたにもかかわらず、心が軽い。
これからはマスクか。ただ、今日は駄目曜日な内容で、家で寝ててもよかった
んじゃ…と過ったが、まあ、それはそれ。あれはほれ。これはどれ。なんじゃいな。


聴いたCD
Ihsahn - The Adversary
Emperor - Prometheus: The Discipline of Fire and Demise
Metallica - Kill 'Em All
posted by 裸木 at 20:50| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

こんこん

0124095044442.jpg

■金曜日■
証明写真が必要になり、ホームセンター横のボックスへ。
数回撮り直したにもかかわらず、かなり人相が悪く写ってしまった。
タレ目疲れ目猫大好きテロリスト風。この手の写真で満足できる人っているのか。
普段から自撮りでもやってればうまく撮れるのかも知れないが…まあ、いいか。

■土曜日■
他所では骨董市がやってるというのに、朝から住吉大社へお参りに。
参拝後は近所のお寺の縁日を覗いて知人らを冷かし、お昼過ぎに帰宅。
別に神社仏閣巡りが趣味ではないのだが、周囲からは趣味のように思われてる。

■日曜日■
早朝競歩。ここでは今年お初。空模様が怪しくて、あるようで特に何もなく。
知り合いは恒例の万引きにやられ、こんなものが毎回あるというだけで
良い環境とは言えないけれど、ただ値の張るもの(値札みて決めてる)を狙って
盗むようで、「じゃあ、一見、高価そうな重い置き物とかに大そうな値段つけて
置いておけば持って行ってくれるんじゃないか?」とアイデア一つ提案してみたり。
あとは売り物を手に取って投げるように箱に戻す年配らに切れてたり。
天気悪いし集る客筋も悪いで散々な日だったようで。お疲れさまです…

■月曜日■
声明のCDを部屋で聴いていると、どうも体調がおかしい。変。微妙に揺らいでる。
時折、ザワ…と首筋辺りがするので、「ああ、憑いてるのが反応してる」と思い、
あえてCDを聴き続け、デジカメ持ってきて自分に向けてシャッターを切る。
しかし、デジカメを向けるとざわつきがおさまってしまう。普段とは違い、
何故か少し知恵のあるようなものが居るような気がした。それならば、
出て行っていただく為に線香を焚き、煙と一緒に撮れば霊体が立体化
しやすいんじゃないかと考えた。以前から一心寺で何気に写真を撮って
数回、その手のものが写ってしまい、その日の夜に魘されてしまった経験
から思いついた。線香を焚き、語り掛けながら連写で撮った中の1枚に
写っていた。煙で絵を描いたような姿。狐さんだった。右肩の下辺りに
まるで着ていた服のプリントのようにはっきりと…。さすがに狐だと
思ってなかったので、焦る。それから長々とあれやこれやとやって、
離れたように思われるが、正直、まだご滞在なのかも知れず。
うまく隠れるというか、普段のとは違うので、どうなんだろか…
記憶をたどれば、多分、去年の夏ぐらいからいるような気がする。
原因はだいたい分かってるけれど、もう少し様子見。とりあえず、
今はこの時よりも身体は軽くはなっているが。写真は消さずに置いてる。
他人が見ても「うわぁ…」と言いそうな写真。おっさんは何をしてるん
でしょうか(苦笑)と自分自身に言いたい。まあ、あまり色々と深入り
し過ぎ、やり過ぎの結果が招いたので反省。もう少し距離を置きながら
接しないと。相手が悪いとかじゃなく、自分自身が引き寄せている、
という事だし…ほんと、神秘なもの、異形なものに惹かれるには理由が
あるんだなと。今更ながらですが、お好きな方はそれなりに御覚悟を。

■火曜日■
叔父の月命日なので天王寺の一心寺と知人の眠る四天王寺へお墓参り。
一心寺の丸々と太った立派な池の鯉を見て、「我が家のフィオの背中だ」
と毎回思いながらお寺を後にし、そのまま日本橋まで歩いて行き、
店を色々と見て回る。以前の海外からの御客向けバブル価格よりかは
少し安めになってきたかのように思ったが、時期的なものなのかも。
結局、中古CD屋で1枚購入し、高野線〜阪和線で帰宅。空は雪やこんこん。

聴いたCD
Ihsahn - The Adversary
Emperor - Prometheus: The Discipline of Fire and Demise
Tiamat - Wildhoney
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

暖冬台

2016123013540001.jpg


昨日から緩々とウォーミングアップしながら、ぼっちらぼっちらスタート。
暖かな1月で、師走の時のような恰好で出歩くと、帰りには汗ばんでいる。
今年は正月らしく過ごした感じはなく、食事も餅すらなく、普段のものと同じ。
でも年末から大晦日までの空気がいつもよりも素敵に思えたので、これで満足かも。
どの時期もそうだけれど、この時にしか味わえない、肌で感じる空気感がまたいい。
郵便局に行った帰り、図書館で本の取り寄せと予約1件ずつ。相変わらず歴史や神話の
『裏側』的な事柄に惹かれてるので、自分の体質を思えばまた危なっかしい事をしてる
とは思うが、知りたいのでこればかりは仕方がない。「気にしない、気にならない」は
まだ少し無理なようで。昨年は今まででいちばん怖いなと思う体験を数回してしまった。
ただ、大きなものが自分から離れると、以前なら気が付かなかった小さな気配などを
感じ取れるようになったり。それでも不快なものは不快だし、好きだったものが
突然受け付けなくなってしまったものもあり、最初は少しショックだったけれど、
こればかりは仕方がない。たとえば音楽を聴くだけで演奏している人の事が
見えてくることがあったりするし、余計なものが自分の思考に入り込んでくる
ことほど煩わしくて辛くなるものもない。何もしてなくても本当にそれだけで疲れる。
でもすべての物に感じるかといえばそうでもなく、未だ鈍感だなとも言えるけれど。
また妙な事を言い始めてるというか思われるだろうけど、本当だからどうしようもなく。
ただ、それらと新たな距離をもって付き合っていかなければ飯も食えず(苦笑)、
それに前はそれさえも麻痺して分からなかったんだなと、自分が大変な位置で生きて
いるんだと再確認はできたけれど。そういや「生きているだけでまる儲け」だと
確か明石家さんまが言ってたと他の方のブログを見て知ったのだが、普段はお笑い
タレント等が苦手な私も「おっしゃるとおり!」と声に出して言いそうになった。
受け取る意味は多少の違いはあるだろうけれど、本当にそのとおり。
なんだか纏まりがなくなってきてしまった…とにかく、今年も生きましょ。

今日聴いたCD
Crossing The Bridge -The Sound Of Istanbul-
Metallica - Metallica
Tiamat - Clouds
posted by 裸木 at 18:15| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

大晦日

大晦日。いい天気。今朝、叔母が夢に出てきたので、独り暮らしで
何かと寂しかろうと思い、お昼前に叔母の住むマンションへと出掛けた。
元々痩せた体系の叔母は、更にやせ細っており、見るからに衰えているようにも
見えたが、精神的なところではまだまだ健在といった感じで、電話でもそうだったが、
会話している分には昔の叔母と何ら変わりなく、元気な様子ではあった。
半面、叔母の飼っている元捨て猫はかなり大きくなり、目も真ん丸で可愛く、
我が家のフィオと同じくらいの体系に育っていた(牛柄の肥満系の雌)。
叔母が溺愛しているのが猫を見ていて分かったし、家中が猫グッズに
なっているのも頷けた。テレビでは映画『天使にラブソングを』が放映されており、
それを見て「○○さん(叔父の事)とよく観たわ」と、叔父との想い出を少しだけ口にし、
自ら叔父の話題を出すのは珍しいな、と思った。「今があるのは子供の頃に二人に映画や
音楽とか教えて貰えたお陰やわ。ありがとう」と改めてお礼を言うと、叔母は黙ったまま
微笑んでいた。会話の半分は猫の話で楽しかったが、身体の具合はどうかと聞くと、
手足のリュウマチの状態を初めて見せてくれ、特にダリのような足指の曲がり具合を
知らなかった私は言葉を失ってしまった。やはり叔母とは定期的に連絡をとらないと
何かと心配過ぎる。リュウマチ以外にも悪いところも多いし…亡き叔父にも「頼む」
と言われているような気がしてる。「今度、猫グッズお土産にまた来るわ」と言い、
お昼過ぎに叔母のマンションを出た。今日は会いに行ってよかった。ほんとそう思う。

夕方まで遊女と稲荷系の神社の関係を調べる。表向きの話は大方分かっているけれど、
調べているのはあくまでも霊的な隠された部分を。大晦日でも相変わらずこんな事に
嵌ってしまっているという…適度にブレーキは掛けてますが。

音楽は聴かず。

posted by 裸木 at 23:03| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

方向音痴

2016123013510000.jpg


早起きして東大阪の長瀬神社へ今年最後の参拝に。いつもは近鉄の長瀬駅で
下車していたのだけれど、「JRの方が少し安くて便利やないか」と今ごろ気が付き、
JR阪和線〜JR関西本線〜JRおおさか東線でJR長瀬駅へ。事前に見ていた神社の場所と、
駅前の地図を見る限り、距離的には近鉄駅からも長瀬神社までは同じくらいの距離。
よし、と気持ちを引き締め歩き出したのだが、思いっきり反対方向へと歩いて行って
しまったという…我ながら酷い方向音痴。パンフでは赤い矢印でしっかりと右の方角を
指しているにもかかわらず、なんで左の方へと歩いたのか…自分でも謎。
普通に行けば一キロにも満たない距離を30分以上歩き、途中でサロンシップを
肩に貼りまくった洗濯物を干している最中の婆さんに道を丁寧に教えてもらい、
何とか長瀬神社へと行きついた。お参りした後、来た道を逆戻り、今度はスムーズに
駅までたどり着いた。次回こそはこれで行こう。次回こそ。
帰りは天王寺まで出て、阿倍野周辺のモールなどをぶらぶらと回り、ひとり買い物。
東急ハンズとLoftで猫グッズの多さにニヤけ呆れつつ、思わず一つ買いそうになった。
結局、ジャケット1着と小物を買って帰宅。自分にしては高い買い物かなとも思ったが、
特に気にもならず、欲しい物が買えた喜びの方が強く、いつもの参拝後のすっきりした
気分と合わさって上機嫌で帰宅。昼飯を食べて疲労感に襲われて2時間ほど眠った。
起きてからはエレキギターでの練習。すっかりアコースティックに馴染んでる身体には、
エレキのボディが薄くてとても弾きづらいし物足りない。



今日聴いたCD
姫神/縄文海流 -風の縄文V
Barney Kessel - Perfect Jazz Collection
posted by 裸木 at 19:54| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

隙間風

IMG_0005.JPG

ゴロンと自分が生まれ落ちた日。落ちたというより、堕ちた、
と言った方が正しいような出来事もあったが、冷静にスルー。
知人の優しいフォロー、勝手に半額で売ってくれた知り合い業者、
旅行好きの知人にお土産をまた頂いたり、何故か優しくされた日でもあった。
買ったものは100均の円盤だけ。後はなし。何もなし。ほんとなし。
帰りは成城石井で牛乳を買った。後は別のスーパーで菓子パンひとつ。
ああ、チャン・イーモウ監督作品、高倉健主演の『単騎、千里を走る。』は
まだ観てなかったので嬉しい一枚。今夜、体力あれば観よう。

最近、新作が出たからとかじゃなく、時々来るMetallicaマイブーム中。
今朝の道中は『...And Justice For All』を。「ベースの音を探してやる」
という、よくわからないお題を現地に着くまで自分に課せ、意識を集中して
聴いていた。タイトルトラックの中間部とか、ベースの音がわずかに聴こえる
ところはあった(The Princeは除外で)。でもハイミッド辺りのみの痩せた音
しか聴こえないけれど。ドラムの音は個人的には別に嫌いじゃない。とりあえず
アルバム通しで聴いても疲れないのがいい。最近のカチコチ(という表現で分かる
かどうか)した音は疲れる。おっさんには空間が必要。隙間が。あ、隙間風が。

今日聴いたCD
Metallica - ...And Justice For All
posted by 裸木 at 12:56| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

寒休

IMG_2096.JPG

寒い日曜競歩。人は多くて物も多いが個人的にピンとくるものは無く。
買ってもいいけどやはり基本は好きでないものは売り物としても
やる気も出ず、手を付けないのがマイルールの中にあるようで、
たまに魔が刺し買っても面倒だったり、売れてもあまり嬉しくもなく。
買って狩って売って(たまに)打っての連続ばかりじゃ辛いので、
どこかで息抜きできるような、休まるような物との出会いもほしい。


妖怪好きな方にダブってる妖怪の民芸玩具を一つあげた。
売る気はないジャンルなので、好きな方にもらって頂ければうれしい。
妖怪を感染させましょう。

知人ブースでCD数枚購入。レコードで持ってるものや、まだ未聴だった
ものなど。Otepは1曲目聴いて疲れて止めた。聴ける日が来るのだろうか(汗)
つげ義春先生の文庫本は持ってたけれど、ボロボロクタクタなので、50円だし、
という事で買った。持ってるやつはさすがに破棄しよう。ページも外れてるし…
つげさんの本、久々に読むとやはり面白い。スッと惹きこまれてしまう。
音楽よりどちらかというと本寄りな師走、か。

今日聴いたCD
姫神/森羅万象

posted by 裸木 at 21:31| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

ふっき・きふ

12070512535.jpg
左上:毎朝、腹の上に乗ってご満悦。右上:何故か不信感を抱いてる。
左下:ソフビの寅の首を触って遊んでる。右下:ネオを威嚇?してる。



まだ少し「ザワザワ」と肌が感じる時があるけれど、水晶も綺麗になり、
まあなんとか復帰。神仏心霊を信じない人は語る必要なし。神仏心霊を
信じ感じる人は語るのは慎重に。という教訓を得たか、しら。しら〜。
ただ、ここ1週間ほどメタルが聴けなくなり、ああ、ここまで…と思ったが、
昨日、恐る恐るAmorphis辺りを取り出して聴いたらどうにか大丈夫だった。
今日はfuneral mothの2nd。今の自分にピタリと嵌る音で心地よく沈んだ。
とにかく、来年に向けて音に真摯に向き合わないと。


捨て猫保護の団体に少しだけど、寄付をさせて頂いた。ネコ貯金という、
自分のところの猫も含めて、猫に関して何かあった時用に小銭を貯めて
あるので(貯金箱も陶器の猫だったりする)、今後もまた寄付したい。

今日聴いたCD
Funeral Moth - transience
posted by 裸木 at 20:30| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

茶臼山

2016120320440000.jpg

師走。忙しくしたくはないけれど、やはり慌ただしくなりがち。
空いている時間といえば今日くらいしかないし、この1週間は自分でも
可愛そうなくらい疲弊した目になってるので(苦)、ここで気持ちを
入れ替えて、毎月恒例の一心寺と四天王寺のお墓参りに出掛けた。
先ずは四天王寺さんからお参り。六時堂〜亀井堂側の馬頭観音菩薩さん
〜亀井不動さんと巡り、最後に知人のお墓へ。土曜日とあってか、
海外からの観光客(全体の半分近く?)が多かった。

2016120320450000.jpg


その後、叔父の眠る一心寺へ。こちらの境内は狭いので、人でごった返し。
本当は人混みを避けたい気分だったが、まあ、お寺さんだし文句は言えない。
叔父にこの一月にあった事と叔母の事も知らせて、自らの反省も少し聞いて
もらっている時、「パラパラパラパラパラパラパラパラパラパラパラパラ…」
と背後で大量の賽銭を投げ入れてる音が。おかげで気が散ってしまった。が、
さすが一心寺。いつも何かある…お参りが済むと、今日はじゃりン子チエ』
の歌にでてくる、あの山に登ってみようと思い立ち、初の茶臼山へ。

2016120320450000.jpg



2016120320450000.jpg

やはりNHK大河ドラマ『真田丸』のお陰で観光客が多く、真っ赤な真田のぼり旗
がいたる場所で立てられていた。いざ茶臼山に登ってはみたものの、普通の小山と
いった感じで、特に何がある訳でもなく、でもここがあのじゃりン子チエの舞台の
ひとつ、茶臼山かと今更ながら物思いにふけっていたが、周囲にいる人たちには、
真田丸の茶臼山なんだろう、きっと。当たり前か。小山を降りて、橋を渡り、
美術館前を通り、家族連れとカップルで大混雑している、てんしばを抜け、
キューズモールに寄って用事を済ませてJR阪和線に乗り込み帰宅。
普通に騒いでるだけの他人の声に軽いダメージを受けるほど弱り気味な今週だが、
それがあったからこそ、「自分自身の事をまず反省せい!」「心身共に本気で
精進しなければ先はないぞ!」と強く誓う。辛く厳しい師走の始まりであったが、
これで来年の抱負が決まった。音楽は聴かず。
posted by 裸木 at 22:03| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

災苦リング

2016112317420000.jpg
燃料補給。



祝日。2件はしごの早朝競歩。1件目、全くダメダメ。出てる店の人も準備を
しながら嘆いてる始末。じゃあ、早いとこ2件目に行くか、今日は自転車を
駅に停めてから電車に乗って行こうと決めていたので、自転車に跨ったら、
背後から東亜細亜ハーフの50代の知人が声を掛けてきた。「ここはあかんな。
今からあそこの場所行くやろ。自転車でいっしょに行こか!なあに、1時間も
掛からんよ、こっちこっち」と断る隙もなく、あれよあれよと引っ張られて、
片道約10キロを自転車で行くことになった。涙。今日は休みたかったのに…
知人の方は22インチか?!というくらい、小型でオンボロのママチャリ。
どうやら昔は空港の辺りまで自転車で行ってたらしい。それも折り畳み式で…
一昨日は骨董市、20日は同じようにママチャリでハシゴした後のようで、
まったくの疲れ知らずのその気力体力には恐れ入りました…そんなこんなで、
40代と50代のおっさんが肩を並べて朝から国道沿いをサイクリング。
今朝、目が覚めた時にはこんな事になるなんて思ってもみなかった。
しかし、得るものもあるというもので、知人ののんびりとしたベダルの
漕ぎ方は、実は長距離でも疲れない自転車の乗り方なのかも、とも思え、
向こうのペースに合わせながら、足には力を入れずにこちらも自転車を漕いだ。
あっという間とは行かないけれど、思っていたよりも早く別会場に到着し、
狙い物が違う知人とはこの場でお別れ。会話していても悪い気はしない方なので、
今日のこの誘いもきっと何かの縁だろうと言い聞かせていっしょにここまで来たが、
なるほど、私はいつも自転車を漕ぐ際、力を入れ過ぎていたので疲れやすかったの
かも知れないなと思った。別会場では懐かしい方が店を出しており、久し振りだし
少し多目にここで品物を買った。メタラーのN嬢も出ており、「勾玉探してました
よね?持ってきてますよ」と言うので、オニキスの勾玉ネックレスをひとつ購入。
帰り際、小銭を地面にパラパラとばら撒いては拾い、また危なっかしい手付きで
財布に小銭を入れようとしてまた落とすのを繰り返していたおっちゃんがいた。
よく見ると、昔わたしが出店していた頃によく銀行貯金箱を買ってくれていた
おっちゃんだった。少し躊躇したが、声を掛けると向こうも懐かしそうな表情をし、
挨拶もそこそこに玩具や漫画などの話を喋りまくる。歳を尋ねるとなんと今年で74。
うちの親父とあまり変わらないので驚いてしまった。確かに見た目は年相応だけど、
話す事が若い。企業物や鉄人などのブリキ玩具、石ノ森章太郎、水木しげるなどの
漫画の話がぽんぽんと出てくるので、うちの親父ならあり得んなあと驚きつつ、
楽しい時間を過ごさせて頂いた。しかし、今から思えば、自分の親と同じような
年齢の方に、かなり強引な売り方してたかもと過去を振り返り、反省した。
次にまた会った時はもっと話をしよう。こういう話ができる人はいないと
言ってたし、何となく親父と同じ雰囲気だったりするし、それに、似た兆候も
見られたし…これからこういう事、増えていくやろなあ…帰り道、当然の如く、
行きと同じ距離を自転車で走ることになり、冷たい向かい風と緩やかな上り坂
に体力を一気に奪われて、帰宅後、爆睡。早死。若死。夕方、なんとか蘇生。



今日聴いたCD
Ruination - Visionary Breed
Ray Sandoval - Proxima Parada


posted by 裸木 at 23:06| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする