2016年01月31日

昭和40年代

2016013120190000.jpg

実家のアルバムを整理していたらでてきた一枚。
私がまだ生まれてない、たぶん昭和43年頃の家。
子供二人が姉、水色のワンピースを着たのが叔母か。
九州から出てきた親族らが集まってる時に写したようで、
田舎から出てきた人達が、新天地でこれから生きてゆく姿を
(何となくだけど)感じ取れて、悪くはないな、と思った。
今は無い家だし。まあ、その後は大半が荒廃していくわけだけど。


今日聴いたCD
「アンネの日記」オリジナル・サウンドトラック

春の匂いを感じた晴天の日曜日。面倒くさい競歩はお休み。
朝からこのサントラを聴きながら買い物に出掛け、後は家でギターと読書。
posted by 裸木 at 20:53| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

位置

2016011612050000.jpg

ヘロヘロの朝。遅めに起きて外に出たら、寒くもなく、気持ちのいい土曜日。
日課の公園の鉄棒(今日は子供軍団おらず)にぶら下がり、背中伸ばしと懸垂。






2016011612050000.jpg

昨日は某所でギター弾いてる方に出会し、会話が弾んでしまって予定より帰宅が遅くなった。
業者じゃないただのギター好きな方だったので、楽器の話題よりも、どちらかというと、
音楽のちょっと深いところまで話せたのが嬉しい。業者同士だとどうしても
下世話な話(あれはいくらだ〜とか、どこそこで物が〜など)になりがちなので、
ああ、ギター、音楽が好きなんだな、というのが伝わってきてこちらも気分が良かった。

帰宅してから書類や頂いた名刺などの整理。そろそろ自分の名刺も無くなってきたので、
また作らないといけない。今月は家電などの買い替えや何だかんだと雑用が多いな…


本は『ノルゲ』をあと少しで読み終える。本がちょっと大きくて持ち歩けず、
読むのはもっぱら眠る前なので、読みやすい内容の長編にも関わらず、
意外と時間が掛かってるけど、内容自体は興味惹かれる事が多くて面白い。
あとは以前から調べては資料や本を漁ってる、ロマ民族(ジプシー)の本を
また借りて読み出している。自分の位置(自身、魂も含め)がどこか近い場所に
あるような気がしてならない。それと読むといつも思い出すのがT氏。
だから彼とはずっと友なんだろうかと思う時が多々ある。



昨日と今日聴いたCD

Ray Sandoval - a la naturaleza

Immortal - Pure Holocaust

Vengo - Original Soundtrack

「アンネの日記」オリジナル・サウンドトラック
posted by 裸木 at 12:29| モスクワ 🌁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

飛距離


2016011020130000.jpg


昨日、出先近くの公園の公衆トイレで用を足していると、隣に小学生が来て、
同じように便器に向かって小便を飛ばし始めたのだが、これが便器との距離が
結構あるにもかかわらず、消防車の放水か?!というくらいの勢いがあった。
それまでは差ほど気に掛ける事でもなかったのだが、横でまざまざと「若さ」を
見せつけられ、自分がすでに失っていたものに気付かされた形になってしまい、
たかが飛距離くらいでと思いつつ、何だかしょんぼりした気持ちになってしまった。
ちなみに、横での放水はあっという間に終わり、先にやってた私はまだ終わらず、
子供はとっとと手を洗ってトイレから出て行った。←これが追い打ちを掛けている。




今日聴いたCD

Casa de los Babys(カーサ・エスペランサ ~赤ちゃんたちの家~
オリジナル・サウンドトラック)
posted by 裸木 at 23:52| モスクワ ☀| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

初わらい

2016011020130000.jpg


昨日10日は今年一発目の早朝競歩。連日の夜間作業で疲労感が残る朝。
日課の下から上への順でやる全身ストレッチから、腕立て50と腹筋200し、出掛ける。

新年一発目なので場はゆったりした雰囲気だったが、時間経つにつれ、人も多くなってた。
前半の暇な時時間帯に、知人女性との立ち話から人生相談めいた話に流れて行き、
話を聞いて欲しいんだろうなあ、そして、こう言って欲しいんだろなあと分かったので、
ほとんど聞き役に徹していると、当初、曇り気味な表情だったのが少し明るくなっていた。
彼女と立場は全く違うけれど、似たような事に陥った経験は山ほどあるのでよくわかる。
あと、他の女性に妙な案内役を自ら勝手でてしまい、「もしかして、ここの案内役ですか!?」
と言われ「そんなわけないやろ」と突っ込みつつ、朝早くから起きて、初な物を探せず、
人の心の初さ見つけてどーすんのどーすんの?!と今度は自分に突っ込み入れていた。
帰り、T氏にこの件を話すと、車のハンドルを叩きながら爆笑していた(内容は伏せる)。
この後、おっさん二人で毎度のスーパーでの買い物に行き、先日、友人に店内カウンター
付近での立ち食いは恥ずかしい、と言われたので、今日くらいは控えようかと思い、
買ったあんぱんとお茶をビニール袋に入れてると、「今日は食べてないなー」とT氏に
半笑い気味で突っ込まれ、理由を話すと声なくしたまま、やっぱりな、といった顔で笑っていた。








2016011020150000.jpg

今日は疲労で朝8時頃まで眠ってたので慌ててゴミ出し。さすがに丸一日「休もう」と思い、
DVDで映画『トロール・ハンター』を。冒頭からノルウェーの大自然に見入ってため息が漏れ、
その山々に生息し、姿をみせる怪物トロール(60mの巨大なやつもいる)がまったく違和感なく
風景と溶け込んでおり、ここならいても不思議じゃないと見ている者に思わせてしまう説得力ある
雰囲気作りに感心した。ノルウェー、それもトロールだけに、ペイガニズムや反キリスト教など
ブラックメタル好きなら惹かれるポイントも随所に見られ、最後まで楽しく観賞できた。
それとこの映画のED曲がブラックメタルだと聞いていたので期待していたら、Kvelertakという
バンドの曲だった。このおっさんはコテコテのノルウェイジャン・ブラックメタルを想像/期待して
いたのでちょっとがっかりした模様。この辺りはまったく知らないけれど、来日もしてたんですね。
これ書いててもう一回観たくなってきた。ただ、ハリウッドのリメイク版は多分あかんやろなあ…


2日間聴いたCD
Swing - Soundtrack
Immortal - Pure Holocaust
posted by 裸木 at 22:27| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

らしさ


ベッキーの不倫騒動のニュースを見て号泣し、2日間寝込んでいた。のは冗談で、
アンプや録音機材などを実家宛てに送ったり、夜の空いた時間に知人に拉致され、
片付けの手伝いなどやり、気が付けば頭も身体も酷使している状態で、
しかし少し時間があればギター抱えていたり、貯め録りしてあるリフを聴きなおし、
脳内だけで組み立てていったり、寝る間も惜しんで借りた小説などや、去年末から
手元にある、水木しげる先生関連の本を適当に選んで読み返したりしている。
昨日は大泉実成氏が書いた、水木先生とのマレーシア旅行記『水木しげるの大冒険』。
今夜はぼちぼち読んでる『ノルゲ』を。





久し振りに映画『僕のスウィング』を観た。ずいぶん前だったか、レンタルでいちど観たきり
(サントラは聴きまくってたが)だったけど、やはりこの映画いい!トニー・ガトリフ作品では
柔らかな内容のように思うけど、魂の入った作品というのはグッと引きこまれる。
最初観た時もそうだったけれど、今回も終始、目頭が熱くなったままだった。この後、ギターを
手にしたのは言うまでもない(笑)この映画の冒頭、おんぼろガットギターに弦が1本ないからと、
その場で自転車のワイヤーを外して切り、弦の代わりに張って、そのボロギターで子供が器用に
弾いてる姿に本物を感じるし、親しみが湧く。先の大泉氏の本の中でも、セノイの人々の
精霊信仰の話を読むととてもホッとしたような、ああ、自分は間違ってないんだ、というような
安心感を与えて貰えた。普段、どうしても内面よりも外見重視寄りの世界に行き来してるので、
本来の自分らしさを失いがちになってしまう。本、映画、音楽、なんでもいいけど、
定期的にどこかでリセットしないと「忙しい」とか言ってどんどん流され、失ってしまう。
これは結構怖いものがあるので、ほんと気をつけよう。


今日聴いたCD
Swing - Soundtrack
posted by 裸木 at 17:57| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

解放感

2016010618340000.jpg

疲労感が残る朝。午前中、急用ができて日本橋〜天王寺へ。
今日は寒の戻りと聞いていたけれど、歩くと汗をかく。
目当ての店で必要な備品などを調達し、急ぎ足で帰るはずだったが、
案の定、ことごとく日本橋の店で引っ掛かり(自分が見たい店に寄ってただけ)、
予定より2時間近く帰りが遅くなった…日本橋から通天閣の足元通り過ぎ、
無料開放されていたとは知らなかった天王寺公園内でまたまた歩き食い。
友人には「恥ずかしいからやめろ」と言われたけれど、「独り身の解放感がそうさせる」
というと苦笑いされた。こればかりはやめられん。やめられんのじゃ。
ただ、今日はどこのコンビニに寄っても我が愛するあんぱんが売り切れており、
この微妙な気温であんぱん病が流行った為か、または私への嫌がらせなのか!、
ほんと売ってなかった。公園内はまだ子供らが冬休みということもあって、
家族連れやカップルなどがとても多くて、また、カフェが何軒も出来ており、
コンビニまでがカフェのようになっていたりして、自分には少し眩し過ぎて、
持ってるアイスクリームのようにちょっと溶けそうな気分になった。
綺麗になってゆく天王寺も良いんだけれど、昔の雰囲気の方が落ち着くかも。


2016010618340000.jpg

夕方、図書館にて予約していた『ノルゲ/佐伯一麦』を取りに行ったら文庫本じゃなかった(苦笑)
文芸文庫の目録を見ていて読みたくなって頼んだものだから、図書館に所蔵しているものも
文庫本と思い込んでいた。自分で受け取って「あ、デカい」と苦笑いした。まあ、いいけれど。


今日聴いたCD

Al-Namrood - Kitab Al Awthan
Solitude - Virtual Image
Def Leppard - High 'n' Dry

posted by 裸木 at 21:01| モスクワ 🌁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

大晦日

2015123120520000.jpg

安物じゃないカイロは最後まで硬くならず軟らかいままだったとは…





何だか昨日で今年も終わった感、いや、新年なんぞ来ないような気分になり、
今日は引き籠って何時ものごとく、仕入れたものの検品や手入れなどやり、
これも日課の猫と遊び、風邪ぽいので食欲がいつもよりもあり、間食多々、
昼飯を食べてからは2時間昼寝した。寝起きがとてもだるい。
夕方、珍しくクラシックのCDを何枚も聴きながら、以前から気になってた
テレビ番組をネットで検索して探すことにした。で、一つは1986年に
関西テレビが放送したテレビドラマ『現代恐怖サスペンス』の中のひとつ、
「誘惑〜京都嵯峨野」と分かり、長年のもやもやが晴れてスッキリ!
そよ風に吹かれる竹林の音が何ともいえない静寂感があって、そこだけ
強く印象に残っており、どうしてもあれば何のドラマだったか知りたかった。
今見ると、記憶違いもあるかも知れないけれど、確かめることが出来ないのが残念。
あとひとつは前にも書いたことのあるNHKの『にんげんドキュメント』でのグルジアの人形劇。
これがいくら探しても分からない。検索したがトップがこのブログという(苦笑)
当時はビデオで録画して何回も観たので記憶違いはないと思うんだけれど。
音楽は加古隆氏の名曲「黄昏のワルツ」だったし。でも探しても見つからないのは
やはり何か自分の記憶違いなのかも知れない…あ〜このモヤモヤ感が非常に気持ち悪い。
このスッキリしない気持ちのまま年越し、か。さて、今夜は大好きなBBCドラマ
『エキストラ』を観て〆よう。では良いお年を。


今日聴いたCD
クラシックたくさん
Dark Water - Soundtrack
posted by 裸木 at 21:26| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

下を向いて歩く



さすがに重たくなってきた身体を伸ばしつつ、今日は自宅。
昨日から見ているニュースで、亡くなった方や傷を負った人々
の気持ちを無視した、心無い数々の言葉に苛々しながら、家の掃除。
死者の悲しみが癒えてないのが分かるので、表向きでの政治的な
謝罪などよりも、互いに争わず、傷ついた心、亡くなった方々へ
心からの追悼が本当は必要なのに。命の重さはみな同じなのに。


鼻がグズグズし、どうも風邪っぽいので、昼飯を食べた後、久し振りの昼寝。
15時過ぎに起きて、今年最後の局とスーパーに買い物に出掛けた。
歩きながらアニメ映画『アンネの日記 The Diary of Anne Frank』
のサウンドトラックを聴く。音楽はマイケル・ナイマンが担当しており、
ナイマンが手掛けてる映画のサントラは何枚か聴いたけれど、やはり
『ピアノ・レッスン』が一番かと探求は諦めていたが、日曜に買ったCDの中に
入っていたこの『アンネの日記』は今日の気分に合うらしく、朝から何回も聴いている。
音楽に浸りながら、いつもの大型スーパーを徘徊していると、さすがに30日とあって
家族でぞろぞろと歩いていたり、夫婦でのペアも目立ち、シングルでウロウロするのは
根底にある劣等感を擽り、何となく居心地も悪くなってきた所へ、ある方のペアでの姿を見、
考えるまでもなく、年齢を思えばシングルな筈もなく、そんな事は分かっちゃいるが、
だがしかし、何かが散ったような感が過り、何なんだこの気持ちは、暮れにパンチか等と
店を出る頃には下を向いたまま歩いてると、ちょうどイヤホンから流れてきたのが"If"。
おお…

今日聴いたCD
「アンネの日記」オリジナル・サウンドトラック
posted by 裸木 at 17:53| モスクワ ☀| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

なまぬるい日


2015122417060000.jpg


朝から知人業者の店へ。この時期らしく、見慣れない顔もちらほらいて、
パソコン見てる人、梱包してる人、デカい布切りハサミを鼻に突っ込んで
鼻毛を切ろうとしてる人、知人はどこぞの議員と電話で話し込んでいる。
私はごそごそ物を漁り、「外れ箱ばっかやなー」と心の中だけで呟き、
特に何も買わずに軽く挨拶して店を出た。家を出る際、録音機材を少し
持って来てあったので、それらを実家まで運ぶ。環境整えただいま準備中。
家は誰もおらず、途中で買ってきたあんぱん食べてから、よせばいいのに
イオンモールまで自転車で行った。案の定、今日は男と女の組み合わせが多い。
「こやつらは、オレの生まれた日に託けて、勝手に楽しみやがって〜」
「達郎もマライアもワムもオレに少しは印税くれなあかん。でも、
今日だけは皆を許してやろう。おお、太っ腹な人間」とか訳の分からない、
気持ちの悪い妄想しながら、寂し気に楽器屋で弦を買い、買わないくせに
タワレコ(また略語!序にマルブルて言い方は普通に響きがカッコ悪いし臭い)
冷やかして、Åℬcマートを軽くねめつけながらイオンを出た。ふふん。

夕方、局に行き、その足で図書館へ。鶴田知也『コシャマイン記・ベロニカ物語』
を借りて帰宅。今夜も読書。


今日聴いたCD
Orphaned Land - Mabool
Latcho Drom - Original Soundtrack
Goblin - Suspiria
posted by 裸木 at 18:37| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

同意

2015122221140000.jpg


どこもかしこも不発な状況。「中身無いのに値段だけ揃えてもなー」とボヤく日が増え。
家が一番あるじゃないかと思う日も増えた気がする。まあ、いつもの事。猫でも分かる。


夕方、例のアレの為に鉄棒にぶら下がり、背面を伸ばすストレッチをやってると、
近くにいた小学男子らが、「俺達には、クリスマスケーキというものは存在しないぜ!」
と普段は関西弁だろうに、舌でも噛みそうなくらいのたどたどしさで、
謎のカッコいい言葉吐き捨てる1人がおり、これが妙にツボに嵌まってしまい、
鉄棒を掴んでる腕から力が抜けてしまった。いやしかし、
あの子は本当にクリスマスケーキを買ってもらえない家庭なのかも知れない、
それかサタニストへの目覚め、かも知れない。近くに教会があるし、
やっちゃうかも知れない、最近の子は何するか分かったもんじゃないから怖っ、
とか変な想像もしながらストレッチ終了。何かのごっこなら面白いけど、
ほんとだったら切ないので、X'masはともかく、あの子がケーキくらい食べられますように。



帰宅したら猫のフィオが甘える。その後、遊べ〜とじゃれまくる。
要望に答え、途中、ネオも遊びに参加して、終われば腹の上に乗って甘えにくる。
猫にはモテモテ。しかし人間にはからっきし駄目。…ク、クリスマスケーキなどは存在しない。




今日聴いたCD
Darkthrone - A Blaze In The Northern Sky
posted by 裸木 at 21:52| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

2015121619350001.jpg

昨日、加藤諦三『嫌いなのに離れられない人』を読み終える。
毎回、ハッ!とさせられっぱなしの氏の本であるけれど、
今回は7割方は私の事、それを取り巻く周囲の事を書いてるような
内容だったので、これは大事な本だと痛感し、機会あれば購入しようと思う。


2015121619310000.jpg

2015121619310000.jpg

今日は少し早めの今年最後の墓参りのために天王寺へ。
毎回、お水だけだと寒かろうと、叔父と、今日が月命日にあたる、
四天王寺にお墓がある知人へ、あったかいお汁粉を買って墓前に供えた。
お寺からの帰り、相変わらずアジアの観光局が多いな、喧しいな、と思い、
若い女性らの団体の横を通ると、聞こえてきたのは関西弁だったりして。
塗りたくった真っ白い顔に濃ゆい眉と赤い唇、トマト擦り付けたような頬、
下はケミカルウォッシュのジーンズにヒール履いてたりして、韓国の人か、日本の人か
まったく区別がつかなかった。そういやケミカルウォッシュで思い出したのだけど、
近所に住んでる婆さんは、今の時期から春先まで、この柄したジージャンをずっと
着続けているのだけど、やっと一周してきてまた流行りになったようで、ぶれないというか、
迷いがないというか、貫きとおすカッコよさとはこういう事なのかと思った。違うか。
私はあの柄だけはもう勘弁したい世代なので、あれを着るくらいなら、下はトランクスのまま
「これは短パンだ」と言い張り、コンビニに買い物へ行くほうがマシ。かもしれない。

2015121619310000.jpg

昼飯に道具屋筋の松屋(うどん屋)でかき揚げそば(240円也)を食べ、あちこち徘徊。
とある店で、どうにもクサイ塗りした企業ものがあり、これの贋作あるのかどうか知らないけど、
ちょっとこれは無いよ〜な雰囲気だったり、さすがに後塗りて分かるやろ、なものを見たり、
しかしどれも値段は相場並みだったりして…もう自分が「これが欲しい」と思うかどうかの問題か。

3時頃、南海高野線から帰ろうと思ったら、人身事故。いつ電車が動くかあやしいので、
改札で切符の払い戻しをして貰い、難波から天王寺までまた歩いて帰ることにした。

2015121619310000.jpg

天王寺動物園の場所に差し掛かった時、向かいから歩いてくる、たぶん同世代くらいと
思われる男が、「ふ〜ねが、出るぞ〜い!」と連呼する。あまりに大きな声で言い続けるので、
「オ、オレの乗る船に間に合わねえ!」と焦り植え付けられ、速足でJR天王寺駅へと向かった。
おかげで船?に乗り込むことができ、早めに帰宅できた。船が出るぞいのおっさん、ありがとう。
今日も歩き過ぎ。でも今から猫と遊びましょう。




ここ2日聴いたCD
DEATH - Individual thought patterns RE-ISSUE 2CD
MERIDIAN PAIN - Far East Barbaric Black Deathrash
Ozzy Osbourne - Scream
ハウルの動く城 サウンドトラック
千と千尋の神隠し サウンドトラック
posted by 裸木 at 20:49| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

空師走

2015121218230001.jpg


昨日は天気予報に騙されながら夜までお出掛け。夕方、T氏より誘いがあり、
「明日は完全お休みにしよう、そうしよう」と決めた上での遠出だったのに、
誘われると断る理由もなく、珍道中へと行く事となってしまった。
真っ暗な帰り道、向かいから無灯、逆走、スマホしか見てない、
イヤホン装着の男とぶつかりそうになり、反射的に怒鳴ってしまった。
しかしスマホの灯りで顔だけぼやっと照らしながら、その男は終始無言でこちらを見るだけ。
世をふて腐れて生きてるといった表情だった。関わったら面倒なタイプ。
無灯逆走スマホ見ながら事故ってどうにかなるのはそいつの勝手だが、
どうぞその際は独りでよろしくお願い致します。巻き沿いは御免。



今日は朝4時にネオに起こされ、「ああ、ご飯がないのか」と起床。眠い。
猫二匹と喋りながら朝飯食べて、ストレッチ&筋トレしてT氏号で出発。
天気良いので運転手は元気。しかし会場ではCD2枚を百円で買ったくらい。
後は小物を少し…スカ。人は多くとも、厳しい師走かな。
暇だったので、オーディオ詳しい知人を捕まえて、CDラジカセでカセットデッキが
良いのはないんかな?と訊くと、「CDが出てからはカセットはオマケ扱いに
なったから、ない」と言われて、そんな気はしてたけど、ちょいと残念。
諦めてチープなラジカセを買うかな。まあ、使ってれば慣れるだろうし。


帰りの車中、T氏と昼飯の話。何年も前からこの話題ばかりで、
昼前で腹ペコなので大概は今すぐ食べたい物を言い合い、
どの銘柄が美味いとか、あのスーパーでは高い安いとか、飽きもせず繰り返す。
しかし家に帰るとさっき言ってた飯ではなく、違う物を食べるという、これも毎回同じ。
ちなみに私は「ギョーザ、ギョーザ」をよく口走ってる気がする。あとコロッケ。
しかし今はベジタリアンの端くれなので、本日はアボカドの天ぷらと味噌汁。それと玄米。

夕方、講談社より文芸文庫の解説目録が届いた。文芸文庫シリーズ好きなのでこれはうれしい。

さて、明日も生きるため、歩きましょ。



今日聴いたCD

Black Sabbath - 13
ゲド戦記 サウンドトラック
鬼束ちひろ the ultimate collection
posted by 裸木 at 19:05| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

カセットテープ

2015121013130000.jpg

朝からロブに渇を入れられながら走る。今年から他所でも売り(玩具じゃないけど)
を始めたので、さすがに夜は疲れて久石譲のCDに手が伸びる。




長年愛用していたステレオのカセットデッキが壊れ、仕方なく使っていたCDラジカセも
ヘッドがかなり劣化しており、テープを再生しても音が籠りがちで、メンテしても変わらない、
元々効きが悪いイコライザーを調整したところで音質が改善される事もなく、そろそろ買換え時。
懐具合と住居スペースを考えると、CDラジカセのような小さなものがよいのだけれど、
この手のコンパクトなもので高性能(特にカセットデッキの部分が)なんてあるのか。ないか。
後は昔のラジカセでまだ生きてる中古を探すとか。意外といいのがあるかも知れない。



2015121013300000.jpg

これは…ちょっと古過ぎか。




2015121013290000.jpg

やはりこの手のタイプになるのか。






2015121013300000.jpg

重いのに無理やり持たしてるやろ、な雰囲気が伝わってくるラジカセ。
実際けっこう重たいのもあった。強引に取っ手を付けて「持ち運びラク×2」とか。



今はCDも外で聴いてる率がとても高いので、本当は昔のカセットウォークマンなんてのも
あれば良いのだけど、以前、SONYのカセットテープレコーダーのTCM-400だったか、
録音とテープスピードが調整できるやつを新品で買ったら、すぐにテープスピードが壊れ、
とても聴ける代物ではなくなり、たまたまハズレを引いたのか、もしくはこんな程度の
ものなのかと思い、このとき以来、この手のコンパクトなものは探す視野には入れて
なかったのだけど、外で音楽を聴いてる割合が高いから、やはり何か使い勝手がよさげな物
はないか探してみよう。テープをデジタルに変換して〜云々は元々無視し、
論外なのは、音楽をダウンロードして聴くとかあんなオカルト染みた事などき、気持ち悪くて
だれがやるかっ!という、こういう事に限っては、脳が泥濘に埋まって凝り固まった人間なので、
自分でも困ったものだと思う。でも最近、レコードは面倒だと思うようになってきてしまい、
ほぼレコードプレイヤーを可動させる事もなく、盤を買う機会もほぼ無くなった。
まあ、ただ単に自分はカセットテープ自体が好き、という事だけかもしれないけれど。
ほんと気入れて探さないと、手には入れてもまともに聴けてないテープとかが結構ある。
分解修理できる腕があれば良いのだが、機械モノの修理は苦手なので触らない。
そういや先日、アメリカで唯一カセットテープを生産している会社が、創業以来の大黒字だという
ニュースを聞いて、何となく嬉しくなってしまった。やはりカセットテープが好きなのか。



今日聴いたCD

Halford - Live Insurrection

Joe Hisaishi - Piano Stories Best88-08
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

ブーメラン

2015120819220000.jpg

昨夜は深夜2時頃まで作業。朝は5時に起きて、昨夜の続きを黙々と。
朝一に紀州市駅手前の駅下車して某所にて奇妙な事をやり、昼前にまた
電車に乗り込み、某駅で降りて実家へ顔を出し、母親に頼まれていたバッグを渡した。
ショルダーバッグは気に入ってくれたようで、今日は気候も良いし、中々の上機嫌だった。
ただ、上機嫌になると、女ではなく、言動がおっさん化してしまうのが癖で、
昼飯時に親父が「サッポロ一番の味噌ラーメンを買ったら焼きそばやった」という
普通は間違えそうにない、親父らしい失敗の、サッポロ一番みそラーメン味焼きそばを
「これには玉子がいる」と思いながら食べていると、「よっしゃ、喰え。もっと喰え。」
と母親は煮物、ポテトサラダ、生野菜などを次々と並べてくるので、今日は肥った気がする。
週末は堺市の親戚の家まで電車とバスを乗り継ぎ、会いに行くという。その辺りなら
慣れてるから案内しようかと言うと、「そんなもん鹿児島まで行ったんや!行けるわっ!
前に行った事あるから別にいらん、いらん!」と生まれも育ちも九州のはずなのに、
すっかり関西弁になってる荒くたい言葉で捲し立て、機嫌が良ければよいでやり難い母親だった。
それでも、内が一時的にでも安定するというのは嬉しくなるもので、とくべつ外に喜びを
求めなくても大丈夫、というような気持ちにもなり、軽い足取りで駅まで歩いて帰った。
夕方、局に行った帰りに図書館へ寄り、借りていたナショジオ(ああ、略語キライなのに)
を返却し、去年出た加藤諦三氏の本をペラペラ捲って読んでると、初っ端からグサグサと
突き刺さる言葉が書かれており、やはりこいつは定期的に反省、リセットせねば駄目と痛感し、
手にしたその本を借りてきた。あまりに他人の愚痴などを(心の中で)言い過ぎたりすると、
ヒデキが「ブーメラン」を歌いながらこちらに向かって歩いてくるので(なんじゃそりゃ)、
少なくとも飛んで戻ってきて刺さったブーメランの数だけ反省し、精進しなければ。
そんな事をずっと続けてるような気もするけれど、生きてるかぎり出来るだけやらないと。


今日聴いたCD
Immortal - Pure Holocaust
The Hurt Locker - Oliginal Motion Picture Soundtrack 
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日


1週間以上続いてる鬱陶しい咳に苦しみ、前に内科/泌尿器科で処方してもらった
咳止めがなくなったので、ドラックストアで買ってきたコンタックの咳止めを叶姉妹の
アナフィラキシーショックの話を思い出し、恐る恐る昨日から飲んでみたら、
どうにか咳の回数も減ってきたような気もするので、やっと夜も寝れると思ってたら、
薬に利尿作用でもあるのか、今度は夜中に頻尿気味になり熟睡できない。
10月には20年振りくらいに膀胱炎というか、前立腺炎に掛かり、酷い目にあった。
昔にいちど経験した時は、泌尿器科で医者にあられな体勢で尻に指を突っ込まれ、
「ここまでは気持ち悪い?でも、ここから先は、気持ちいい」等と気持ち悪い事を
言われたのが軽いトラウマで、もう二度となるものかと誓っていたのにも関わらず、
風邪と疲労と年齢もあるのだろうか、夜中にふと、股間に違和感を覚えて、
トイレに行って用を足すと嫌な残尿感が残り、翌朝から1時間に2,3回はトイレへ行き、
そのたびに痛みが走り、この場合はこれだと、水飲んで出すの繰り返しで抵抗してみたものの、
その日の夜には出す度に「ぬあ〜!」と言う声を漏らしながらトイレの壁を叩く始末で、
翌朝にはギブアップ、朝一に泌尿器科へ駆け込み、診察を受けることになったのだけれど、
診察前に渡される問診票に書き込んでいると、最後の方の項目には「包茎ですか」はい いいえ
と書いてあり、こういう場合は「いいえ」に直接マルを入れていいのか、正直に少し「はい」
寄りにマルをつけるのかと、熱も38度後半あるのも手伝って、少し考え込んでしまった。
で、おまけに「次の方」と言われて診察室から出てきた人がかなりの年配の女性だったので、
「ここは女医なのか!しまった!」と焦り(ただの看護婦長さんだった)、過去の前立腺チェック
の悪夢がよみがえったが、もうどうにでもなれと診察室へ入ると、普通の男の医者でホッとし、
診察も特にパンツを脱ぐことなく、大病院のように薬の処方がメインの診察だったので、
あっという間に終わってしまった。それから完治と言えるまで3週間くらいは掛かったけれど、
風邪からきた咳の方が酷く、また一月後の現在も再び咳に悩まされてしまってる。
周囲の話では、今年の風邪はどうも咳が酷いのも特徴なので、まあ、納得。
とにかく、はよ治れ。頼む。


今日聴いたCD
Al-Namrood - Estorat Taghoot
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

徒歩歩

2015120612510000.jpg


映画『ホビット 決戦のゆくえ』、3部作中いちばん楽しめた。
クライマックスに向かって話が加速していく為か、全2作よりも
話の筋や繋ぎなど気になることも少なく、初めて最後まで集中して観れた。
ただ、LotRよりも取って付けたようなCG臭が強くて旧作よりもCGが白々しく
見えるというのはちょっとなあと思ったけれども、考えてみればクリストファー・リー
の出演した最後の作品(代役かCGだろうけどアクションシーンがカッコいい)でもあるので、
見方を変えれば感銘深い作品だったりもする。とにかく終わりよければすべて良し、
といった感じで最後にやっと救われた気分になった。正月に時間あれば3作通しで観てみよう。
印象がまた変わるかもしれない。(以上、面倒臭い人のカテゴリ内にいる人の感想)。




今日は早朝競歩。朝一に大阪市内に出向き、知人に会って物を渡し、
そのまま電車に乗って破綻寸前の南部の市に行く為に駅から片道2.5キロ歩き、
滞在時間20分程度でまた逆戻りで2.5キロ歩いて電車に乗って帰宅。毎日歩き過ぎ。
帰りはさすがに疲れて、「人間なんてみな孤独だ、孤独」とかブツブツ吐きながら、
スーパーでアイスクリームを買っていつものように食べ歩き。疲れた時やなんとなく
モヤっとした気分の日は甘い物(あんぱんかアイスクリーム)を食べるに限る。


午後、母親から「探して」と頼まれていたショルダーバッグを友人が買ってきてくれた。
自分の衣類もまともに選ばない人に他人のバッグ、それも女性ものを探させるなど
とんでもない無理があるので(ライフの袋でええやろ、とか言う人なので)、
信頼出来る人にバトンタッチして選んできて貰った。喜んでくれたらいいのだけど。

さて、今夜は川崎長太郎さんの本を読みましょう。



今日聴いたCD
Le Coran - Cheikh Abdelbasset Abdessamad
Tyrant - Under The Dark Mystic Sky
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☔| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

プリマ男

2015120417310001.jpg


昨夜は図書館で借りてきたナショナル・ジオグラフィックの2015年9月号にある
象牙の密漁の記事と写真に引きこまれ、読んでるうちに日付が変わって日記を書けず。
師走くらいは毎日書いてやろうと思ったけれど、無理だった。二日坊主。

「今週はフェイント多数の落札者の方が多くて泣ける」とぼやきながら、
帳簿付けて、昼から実家へ。親父の様子見も兼ねて、昼飯を付き合う事にした。
今日もラーメン(チャルメラ)とご飯のラーメンライス。それと煮込み過ぎたおでん。
親と飯をいっしょに食べるという貴重な時間。ほんと大切にしなくては。
親父の、医学的なところでの幻覚は消え、軽い幻聴はある様子だったが、
表情も安定しており、とりあえずは第一段階が終わった感じか。
ただ、今日は私の着ていたコートを指し、「お前、それもプリマで買ったんか」と
フリマの事をプリマと言っていた。確か前は普通に言えてたはずなんだけど。
親父は母親に「おい、こいつのコート、プリマで500円で買ったんやと。
安いなー。ほんまプリマはなんでも売ってるんやな」とプリマを連発していた。
ご飯を食べた後、中出ギターを実家の部屋に移し、弦を外してネックの反りの修正。
これでしばらくはクラシックギターに触ることなくエレキが弾ける。これくらい
しないとすぐにクラシックギターを手にしてしまう。どこかで線を引かなければ。

帰りに近所のスーパーに寄って夕飯のおかずを選ぶ。レジに行くと、店員がクリスマス
仕様といった感じで、サンタの帽子とトナカイの角を頭に付けていた。ただ、サンタ帽
は良いけれど、トナカイの角は顔の倍以上ある長さなので、ちょっと会釈したり動くだけで
前方に角がしなり気味で、何となく威嚇されてるような気持ちになってしまう。
そういえば数年前のクリスマス時期、カーネルサンダースのあの店では店員の女の子が
顔だけだしてる全身ニワトリの着ぐるみを着せられており、その子も「ちょっと私も
困ってるんです」、みたいな表情で接客をしていたのを思い出した。

今夜は帰りに買ってきた『ホビット』のこれを観ましょ。
もうやめておこうかと思いつつ、とうとうまたこの日がやってきたか。
また愚痴りながら観ようかと思います。ロード・オブ・ザ・リングは大好きなんだけどな…


今日聴いたCD
Bathory - Nordland II
Kanashimi / Happy Days - The Great Depression II
posted by 裸木 at 18:19| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

出会い


2015120111260000.jpg

2015120111260000.jpg

先日、生まれて初めてAℬcマートに行って靴を買った。
異臭を放っていた靴がナイキだったので、次は別のものにしてやろうと思い、
履き易くていちばん安い靴を数種類選び、さんざん迷っていると、店員が
わざわざ靴を履かせてくれたりして、ああ、ちょっと待って、今日は綺麗な
靴下じゃないんです、でも間に合わずアウト、と非常に苦しい場になりながら、
なんとか決め、プーマのスニーカーを購入。プーマ、どことなくフィオの寝姿で
馴染みがあったのかも知れない。ちょっと違うか。次回からは違う店にする。




午前中、呼ばれたので業者の店へ。「お、往復の電車賃が浮いた!」の内容だったので、
ガッツポーズなわけがなく、先月の運気の流れがまだこびり付いてる感じもするので、
焦るな焦るなと自分に言い聞かし、そのまま剛腕業者の知人から大手リサイクル屋と
引っ越し業界の絡みの話などを聞かせてもらったりして、知ってる事もあれば、
初耳の事もあり、ああなるほど、だからあそこはやっていけてるのか等々頷いてると、
美人さんの知り合いからサイト拝見と声を掛けられて嬉しいやら恥ずかしいやら。

午後からはあちこち回ったりして、途中、むかし玩具類を売ってもらった婦人会の女性と
バッタリ会い、先日の選挙からマイナンバーの話などし、今日は仕入れ駄目だったけれど、
知人の女性とよく会う日だ、暖かい日だし悪くはないな、と気持ちもいくらか高揚し、
そのまま局へ行くとまた当たり日だったりして、今日はまだ何かあるかも知れないと思い、
足取り軽く自宅へ向かっていると、以前住んでたところで消息不明となっていた爺さんが
前を歩いている。驚いてこちらから声を掛けると、かなり弱弱しい声で「おお…」と声を
もらしただけで、後に続く言葉は失ったらしく、私から今までどうしてたのか等と訊くと、
病気で入院してたというが、消息不明の噂になってから6年くらいは経ってるのだが…
あまり聞いてくれるなという雰囲気を醸し出していたので、それ以上は聞かない方が
こちらとしてもいいのでそのまま別れたが、この爺さんに会ったお陰でせっかくの気分
も台無しになってしまい、重苦しい気持ちのまま帰宅。声掛けるんじゃなかった。
持ち帰ってませんように…


今日聴いたCD

Ozzy Osbourne - Scream
久し振りに近年のオジーのアルバムを買って聴いたら結構はまってしまった。
お約束なのかは分からないけれど、初期サバス的なリフや展開が随所にあり、
べたつく80年代のキャッチーさよりも、程よく耳に残るサビがまた今日の気分
にピッタリだったようで、今日はこのアルバムばかり聴いてる。
最近、特にメタル界の大御所ボーカリスト、オジー、レミー、ロブ・ハルフォード、
あと亡くなってしまったけどロニー・ディオなどの近年作品での枯れた歌声に
惹かれるものがある。どんな歌い方していてもなんとも言えない哀愁を感じてしまう。
若い者に鈍器で殴られたり刺されたりするような刺激的な音も良いのだけれど、
たまに蹴り返したくなる衝動にも駆られたりもしないわけでもないので、
正味、気合いを入れる時は、丹田に氣を溜めるような(あくまでイメージで)、
今日のオジーのようなアルバムが自分には良いように思う。明日はサバス聴こう。


posted by 裸木 at 18:26| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

関係

2015113018400000.jpg

昨日は午後から野暮用を頼まれていたので、隣の市にある銀行とイオンへ。
年がら年中、相も変わらず営業スマイルと制服マジックにやられ、ニヤつく
気持ち悪い四十男が、イオンの一階にある水売り場で「どれにしようか」と
毎度の如く、飲料水選びにももたもたしているところに偶然現れた某さん。
引き攣った表情で「か、買い物かあ?」と何か後ろめたさ隠しきれないと
いった感じで声を掛けてきたので、「そう、買い物や」と一言だけ返し、
片手をゆっくり振りながらその場を離れた。一発殴られるとでも思ったのか。
『友達』と言っておきながら、目先の利益に目がくらんでその『トモダチ』を
売ろうとした、それも犯罪だし…怒りというよりも悲しかったしとても傷ついた。
某さんは子供のような一面があるので、それが無邪気なようで長所でもあったけれど、
子供ぽさが故に、安易に目先の利益に飛びつき易い面もあり、今まで何回か窘めたりは
しているし、このような商売してるとそういう人が多いのも事実で、(モノと金しか
見てない人間の多い事!)他人どうこうより自分の位置がそういう場なんだというのも
勿論あるけれど、自分の中では『中国人代表』な人だったので、残念で仕方がない。
ちなみにどんな話を持ち掛けられたかは「(笑)」となるので書くのはやめておきます(苦笑)
ほんま、馬鹿たれや。嗚呼、師走。


聴いたCD
Tyrant - Under The Dark Mystic Sky
今もこの日記を書きながら聴いてる。

posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月30日

訃報

2015113018430000.jpg

著名人の訃報を知っても、悲しいとはあまり思った事はないけれど、
水木先生の場合は自分にとって育ての親の内のひとりだったので、やはり悲しい。
でも、これは現世でのお役目を終えられたという事なんだろうと…
水木先生、今まで本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。


今夜はゲゲゲの鬼太郎を観よう。
posted by 裸木 at 20:41| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする