2014年05月07日

ガッパの想い出

2014050618140000.jpg

ガッパのソフビ。

約10年前、オークションでガッパのソフビ人形を落札した事があり、
その出品者さんは、実家で怪獣ソフビが見つかる度に直接メールをくれて、
向こうも相場を分かったうえで、少し安めの値段でソフビの怪獣を譲ってくれていた。
向こうが売り手、私が買い手の立場で。譲ってもらったのは日東とかブルマァク等で、
ほとんどがスタンダードサイズの怪獣だった。
今から考えるとこれだけでも不思議なやり取りだったなあと思うんだけれど、
この方とのメールで毎回話していたのが、老子、孔子、荘子のことだった。
たしか評価をみて、その手の本を買っていたので私から話題を振ったのが切っ掛けだったか。
10体くらい譲ってもらったところで「前回ので終わりのようです」みたいな連絡あり、
それでこの方とのやり取りは終わったと記憶している。
玩具つながりで、孔子なんかの話ができたのはこの方と空想雑貨の神谷さんだけだった。
あの時に譲ってもらったのはスタンダードサイズのガッパだったけれど、
大小関係なく、ガッパのソフビを見るたびに、必ずこの方との事を思い出す。
子供の頃ではない、大人になってからの、おもちゃの良き想い出のひとつ。
posted by 裸木 at 22:41| パリ ☀| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

ビニパラ

2014042619100000.jpg

このワサビ味は美味しかった。定番にすればいいのに。
今日は2日前から作ってる曲の続き。


写真の怪獣ソフビはマーミットのビニパラ未塗装。
ウルトラQの怪獣では好きな方なんだけど、いまいち人気がない。
そんなのばっかり好きになる...ボスタングとか。本編では可哀想だった。
しかしこのシリーズは緩いというか、ぬるい造型。
80年代のファンシーグッズのようなディフォルメ具合で。
素材も硬くて分厚いのでソフビじゃなくプラスチックのよう。
ただ、M1号製のはありきたり過ぎて自分には面白みなく、
なんじゃこりゃなこのマーミット製の方に惹かれる。
そういえば以前載せたベアモデルの雲外鏡は、薄くて硬めの素材で手に持った時がよかった。
このゴルゴスも色を塗れば雰囲気は変わるので、時間見つけて塗ろうかと。
posted by 裸木 at 19:23| パリ | 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

ヤマトタケル

2014040518420000.jpg
左からクマソガミ、アマノシラトリ、ゴッドカイシン、フィオ。

今頃本気で嵌まってしまい、また他人との距離ができてしまうソフビシリーズ…
これらが出た94年の当時は玩具など興味なく、そのあと中古で買ったものもありましたが、
(ウツノイクサガミ、ゴッドカイシン、ヤマタノオロチは持ってた)
当時から映画も玩具も人気なかったようで、中古探すより
未だに新品で買った方が早くて安いという… 嬉しい限り!
ウツノイクサガミはいずれ買うとは思うけど、ヤマタノオロチは大きすぎて無理。
ちなみにヤマタノオロチは骨董市で2500円で買い、帰りの電車では
オロチの尻尾が紙袋から飛び出しており、子供にガン見されたまま帰った想い出。
今とあまり変わらないですが。


たぶんきっとどうでもよくて誰も気にとめないけれど、今年で20周年。
posted by 裸木 at 18:59| パリ | 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

リペイント

2014040319030000.jpg

今日は丸一日家の中。掃除、手入れ、猫とベランダで遊び、ギター弾く。
疲れたまってきたせいか、今頃になって花粉症がきつい。


午後、先日のモンチッチの鼻の色が剥げてたので、ラッカー塗料で塗り直した。
退色した唇と頬も普通はこのままだけど、同じく色が剥げてるので塗り直そうと思ったが、
必要な色の塗料を持ってなかったのでまた次回にでも。
毛を整えて、鼻を塗るだけでいい感じにはなった。唇は色が難しいな。
昔のものだから、出来るだけ自然な色合いで塗らないといけない。
人形の顔はちょっとした事で変わるので難しい。
posted by 裸木 at 19:19| パリ | 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

ビッグフット

2014032521380000.jpg
汚れてるわ、全身毛玉でぐちゃぐちゃだわ、鼻の色は落ちてるわと、
昔のぬいぐるみにはよくある状態。だからといって放置したらあまりにも哀れなので、
綺麗に洗い、櫛で全身の毛を整えてる最中。あとは片腕と背中と尻尾の毛のみ。
結構時間が掛かるけど、人形が息を吹き返して元気になっていく姿はやはりいい。


posted by 裸木 at 22:00| パリ ☔| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

2014031821440000.jpg

自分が好きじゃないと物の良さが分からない。なので必然的に物を買い、物が増える。
いちど自分の中に取り込み、吸収するかたちを取ると、買い手の気持ちも理解できる。
と思うのだけど、そうでもない方の場合も多いみたいで…
以前はいかにして手持ち減らしながらと試したものの、やはり無理なようで、
去年辺りから原点回帰という感じで自分なりに楽しみながら物を収集してる。


ソフビの玩具…昔のスタンダードサイズは一昔前に惚れ込み集めたり好きだったりしたけれど、
一度リセットしてからは、どうも現在の自分との相性もうひとつで、
良さは理解できても、手放す傾向にある。近年は元々所有してないけれど…
写真の2体だけはずっと持ってます。やはりミニ、ミドルあとは
所謂バンダイサイズが好みの感じ。例外もあるし、ソフビに限っての話で…
レトロタイプと復刻ものは妙に毛嫌いしてた時期あり、現在はこだわりが無くなった。
変だと個人的に思う復刻物でも、何がきっかけでどうなるかなんて分からないし。
物にもそれぞれの役割がある。
posted by 裸木 at 22:11| パリ ☁| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

コレクター


DSCF1334.JPG

先月に引き続き、今月も雑誌「BRUTUS」に引っ張られた。
なんと表紙にパチ怪獣のミニソフビがずらっと並んで載ってるではないですか。
自分はまったく関係ないのに、我が子が日の目を見るかのように表紙を見てにやけた。
特集として、手放す時代のコレクターとあり、パチ怪獣のソフビを収集されてる
有名な方の記事などたくさん載っていた。先月は個人的にあれだったけど、
自分が集めない、他の方の変わったコレクションというのは見てて面白い。
つげさんと同じく、また続けて別の雑誌なんかでパチ怪獣の特集とかやったりして。
posted by 裸木 at 23:18| パリ ☁| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

鼻血

2014012822140000.jpg

むかし色々試して一番強力だった除光液で落書きを拭き取り、
多少薄くなったので、一週間ほど外にだして日光浴をさせてたらほぼマジック跡が消えた。
これで元の表情に戻ったけれど、今度は口が鼻血に見えなくもない。
しかし紫外線恐ろしいや。
posted by 裸木 at 22:26| パリ ☁| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

珍しく

DSCF1217.JPG
◆何となく一緒に飾ってる弘前馬コと昭和40年代の青森銀行あっちゃん貯金箱。
残念ながら廃絶してしまった弘前馬コは新品をいくらか持ってたんだけど、
ちょっともったいない売り方したと珍しく後悔している。
値段の問題じゃなく、もっと丁寧に売れば良かった。
あっちゃん貯金箱は郷土の祭りシリーズだったかで種類も豊富。
むかしの銀行貯金箱は郷土玩具と並べると相性がいいように思う。




◆この間から毎日のようにロシアのArkonaのCDを聴いている。まさかこんなに嵌まるとは。
超がつくくらい珍しく、他のアルバムも少しオーダーしてしまった。
posted by 裸木 at 22:56| パリ 🌁| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

茅渟

DSCF1037.JPG
DSCF1036.JPG

昨日訪れた茅渟神社の『干支神楽』土鈴と、黒鯛のおみくじ。
土鈴のデザインは今時のかわいいものではありますが、
やはり黒鯛を抱いているという事で購入。ここだけでしょう、チヌは。
おみくじの黒鯛は紙で出来ているというお話でしたが、おみくじを入れる穴があり、
ちょっと重い感じではあるけれど、一応、張り合わせで中は少し空洞あるので張子になるのか。
同じく縁起物のセルロイドの鯛と型が同じようにも見える。
ちなみにこの黒鯛を竿先の金属フックで引っ掛ける(釣る)のが難しく、ちょっと難儀した。

posted by 裸木 at 22:24| パリ ☔| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

カンちゃん

2014010319320000.jpg

昭和30〜40年代の銀行貯金箱。本来、右の頬にある赤い線が口なんだけど、
前所有者の方(子供?)にはこの位置に口があるのが納得できなかったようで、
蛍光ペンで新たに頬の線と口を描きたしてくれたみたい。うーん…
そのお陰でいまは手元に残ってるのではありますが。
このペンの部分だけ色褪せないかと紫外線に当てたりしてますが、なかなか。
変なコレクションはこうやって増えていく。

posted by 裸木 at 19:58| パリ ☁| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

グランドキング

2013120322080000.jpg

フィオの事は嫌いでも結構影響されてるネオ。若さ貰ってる気がする。



先日、どうしようかと迷っていたスーパーグランドキングのソフビを購入。
某電気屋のポイントで半額以下で買えた。
恥ずかしながら、グランドキングはプラタグ期のものから、
その後でた限定品も含めて一度も入手したことがなかった。
近年のものも興味が失せてた時期だったので買ってなかった。
プレ値で買う気はないので、自分で探したり、知り合いからまとめて買ったりしても、
巡り合わせが悪かったのか、10年以上経った今でもゼロ。
で、今回は昔とは少し形が違ってはいるけれど、店に普通に並んでるという事で
とりあえず一つ買ってみた。実際見ると悪くない。エンドスケルトン横に並べても
似合いそうな感じ。そうでもないか…暫くはタグ取って飾っておこう。

一つあると物が物を呼ぶ時があるから、本家が来ますように。

DSCF0210.JPG


画像貼り忘れたのでついでの話を...
バンダイのプラタグのベムラーも運悪く、一度も手に入れた事がない。
ウルトラ怪獣系はベムラーとグランドキングくらいか。
東宝系はキングコングが未入手。カマキラスは2つ買えたのに。
ちなみにカマキラスはガラクタ市で帰り際、ゴムの虫とか売ってる箱に
ひとつだけ入ってあるのを見付けて買った。その頃はクローバーとか
マルシン恐竜ソフビも同じような扱いが多かったので、ゆっくり買えたりした。
もちろんどれも中古での話。新品で店頭にぶら下ってたとかは別で。
後発の人間だったけど、外でそれなりに楽しませてもらった想い出。
まだたくさんあるけど書いたらちょっとアレなのでこの辺で...
posted by 裸木 at 22:50| パリ | 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月26日

カワイイ

DSCF4940.JPG

先日、右端の牛鬼と同じものがガラクタ市で売ってあって、
かなり汚れてたので、家にあるのと同じかどうか手にとって見ていたら、
売り手の若者?が「それいいでしょ。ウシ?牛。可愛いよねー」
デタラメな売り文句は聞きなれすぎて自然と反対の耳から出ていく
ようにはなってはいますが、珍しくこの男の言葉にカチンときてしまった。
この後の「500円でいいよ」のセリフも...だったが、その前に牛鬼のどこが可愛いのか。
熱心に集めてる人間に向かって牛鬼かわいいとか。かわいあるかっ。
posted by 裸木 at 22:51| パリ ☁| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

宇和島名物 八ツ鹿おどり

牛鬼のふるさと、愛媛県は宇和島の八ツ鹿踊りの郷土玩具。
鹿踊りといえば東北のものも有名ですが、宇和島のものも
独特な雰囲気を醸し出していて以前から気になってた。
花巻の鹿踊りの郷土玩具はよく見掛けるけど、宇和島のものは
意外と見掛けないので、やっと出会えたといった感じで嬉しかった。

で、いつものようにジャンクだったので、適当な木の枝を取ってきて、
その枝で折れたところや欠損してる角を作って接着した。
序でに不安定な足元のやつを接着しなおしたりして完成。
座ってる格好のものだけは最初から角がない作りだった。
角は白点くらいは塗ろうかと思ってたけれど、
塗らなくても雰囲気でてるのでこのままにしておこう。


DSCF0742.JPG
修理前



DSCF0748.JPG


DSCF0754.JPG

DSCF0755.JPG

修理後


DSCF0743.JPG


posted by 裸木 at 00:10| パリ 🌁| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

アクマニアガッパ

2013110814060000.jpg

今年も残りわずか、半音チューニングでゆるりと行くはずが、
知人の悩み事や個人的な煩いのお陰で、アクマニア星人を買うのを忘れてた。
どうしてくれる。
怪獣繋がりで、昨夜は日活映画の『大巨獣ガッパ』を観た。
観たというか、あまりにゆるゆるな内容だったので途中で寝てしまった。
ガッパは造型はかっこいいけど、動きなんかがつまらない。やはり怪獣は怖くなくては。
あと思い出したのが、確か『恐竜・怪鳥の伝説』という日本の恐竜映画。
子供の頃、夏休みとかの夕方によくテレビでやってたような気がする。
はっきり覚えてはいないけれど、もう一度みてみたい。


posted by 裸木 at 23:42| パリ | 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

木曽っ子

DSCF9877.JPG

長野県の郷土民芸品。『木曽っ子』という名前。
これだけで調べると、ゆるキャラが引っ掛る。
元は長野県の木曽郡で飼育されている日本在来種の馬だそうで、
この民芸品は近年に生まれたもののような。調べても出てこない。
収集してる馬の郷土玩具とのバランスもまあまあだったので一緒に飾ってます。
これを買ったのは先日のことで、売られていたのは去年から。
去年、売り子のおばちゃんが「再来年の干支やで」と言ってたけれど、
値段が何故か高かったので買わなかった。今年に入り、「来年の干支やで」
と言ってたけれど、まだ値段は据え置だったので買わず。
で、先日、やっと値段が安くなってて「来年の干支やでー」と言ってたので購入。
posted by 裸木 at 23:38| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

雪女怪獣

DSCF9829.JPG
9月販売分のウルトラ怪獣500円シリーズではイカルスとこのスノーゴンがお気に入り。
ムルチは途中まで帰りマンのムルチと思ってたら、知らないムルチだった。
商品写真を見たら何じゃこりゃといった印象で、実際見てみると角度によっては
悪くないようなという感じ。結局、買ってみたはいいものの、イマイチ好きにはなれず。
塗装はともかく、ムルチは口を開けてなくては。ゾアムルチも実際の着ぐるみはかっこいいのに。

最近は昔のソフビを見ても触っても惹かれることが減ってしまい、新旧まったくこだわらずに
買える範囲のものを摘んでたり。バンダイ、ポピー、ベアモデルのものに好きなのが多いかも。
ただ、ソフトビニールの感触と匂いだけは昔のものの方が好み。色々理由があるのは分かるけど、
どうも最近のは分厚過ぎるものとか、匂いというより臭いと書いた方がいいのもあったりする。



posted by 裸木 at 18:26| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

発売日

2013080322030000.jpg


朝からレイ・サンドバルのCDを聴く。聴くのも弾くのも回復してきた。

今日は家の中を整理。夕方、フィオのエサを買いにホームセンターへ。
フィオはちょうど一ヶ月で2キロのヒルズのドライフードを完食する。
エサを買ったあと、たまたま、近くではないが、玩具売ってる電気屋まで行き、
怪獣売り場を覗くと、バラバの顔があった。今日が発売日だったらしい。
自然とこれは買わなければモードに入り、周囲の子供らの視線を気にしながら、
散々迷って4体選んでレジに並んだ。このおっさんの姿が妙にヒットしたちびっこが1名おり、
レジで会計済ませて帰るまでじっとこちらを見たままだった。
そのレジにて、女性店員に「お子さんは何人ですか?」と笑顔で訊ねられ、
思わず「二人」と答えてしまい、(脳内では毛むくじゃらの娘二匹)
二枚のウルトラマンの団扇をくれた…

今回のこのシリーズはあかん。嵌まる。まだ欲しいのもあるし…
写真より実際見た方がいいからこれまた余計に困る。来月のムルチとか。
怪獣が近くにいないと寂しがる世代なので、居るとホッとする。
posted by 裸木 at 22:38| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

ウルトラ怪獣500

2013073120350001.jpg

ここ2週くらい湿度が上がってほんと暑い。
今日も汗でべたべたになって帰宅。
夕方、帰宅途中で価格もサイズも抑えられた
バンダイのウルトラ怪獣500のソフビをひとつ購入。
ひとつ買うならザラガスだろうと。自分なら。自分だけか。
8月に出る怪獣のラインナップ、これはあかん。
バラバとかドラゴリーとかシーゴラスとか...
安い店じゃ400円切った価格で売ってるので買ってしまいそう。
最近ギター弾いてもイマイチな日が続くので、怪獣で休憩。
posted by 裸木 at 21:14| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

故郷の玩具

2013071720550000.jpg
昨日のギター、これくらい折れてます。


郷土玩具を収集する方の話を色々と聞いてみたいんだけど、
残念ながら知り合いには誰もいないし、オークションでやたらと
そんな事を聞くのはどうかなとも思うので未だに機会がない。
購入された方が産地と同じ地域だったりすると、余計に興味が湧いてきてしまう。



夕方、GITANEのマカフェリを弾いた。見た目もそうだけどやはり個性的な音色。
このタイプのギターって、自分の感情を音にしやすいギターだと思うんだけど、どうなんだろう。
今宵も『過去のない男』をサントラを。毎日のように聴いてる。
posted by 裸木 at 21:27| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする