2017年02月11日

月の魔力


C4YTCnVVUAAbrnH.jpg

昨日の大雪、あいも変わらず一時だけ吹雪いたのみで、
積もる事もなく寒いだけの一日だった。

夜、月明かりが眩しい。月と光に照らされた雲とのコントラストに
とても惹かれてしまい、寒さに震えながらも写真を数枚撮った。
なかなか妖しくも美しい。北欧ブラックメタルの世界。
ご機嫌でTwitterにアップして、色々と写真を拡大して見直すと、
またまた大小さまざまな顔が写っていた。いや、今回ばかりは
自然のイタズラだろうとは思ってみたけれど、ほんとブラックメタル
のジャケットに使用されるような雰囲気の顔が複数写っている。
これはこれで美しいかも知れない。それにしてもその手の写真が
よく撮れるようになってきた。なんの自慢にもならないが。

月より下の方を中心に拡大したりして見てください。

2017021122220000.jpg

今日聴いたCD
Amorphis - Karelian Isthmus
Ofra Haza - Kirya
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

異界

あっという間の木曜日。この時期は停滞気味の割に忙しくなるのが毎年の傾向。
2月に入ってから春の陽射し、空気を感じるので、気持ちが昂る時があるが、
動物的本能に従って素直に動いてしまうと、意外と駄目なのも例年どおり。
外では子供と年寄りが早くも春の気配を受け取り、何かと騒いでる。
我が家の猫フィオも、嬉しそうにベランダまで走っていき、ゴロゴロと
転がってる。でもまだ寒いので、5分くらいで慌てて部屋に入ってきてるけれど。

今ぼちぼち読んでる前田速夫著『異界歴程』の中で、民俗学者としての小泉八雲
(ラフカディオ・ハーン)の項目があり、その波乱に満ちた生涯に興味を抱いた。

この項目のところで、被差別部落を訪れたハーン氏が、ここで継承されてきた
口承文芸、『大黒舞歌』を披露して貰っている頁を読んでいると、頭の中で
和太鼓の音が鳴り始め、笛の音、それと唄が聴こえてきた。そのままずっと、
10分くらいだろうか、その音楽と唄が鳴り止まず、最後まで聴くことができた。
実際の『大黒舞歌』は知らないし、きっと違うんだろうけれど、このまま自分の
中の曲にできそうな気がしたので、忘れないうちにメモしておいた。

去年の暮れ、南方熊楠氏の事もあらためて調べてみるかと思い、
気になり出して調べると、なんと今年が生誕150周年記念にあたるという。
いつもの事ながら、しっかり拾ってしまってる自分に苦笑いした。
まずは伝記を読もうかと図書館へ行ったが、残念ながら置いておらず、
「なるべく店頭で」の願望も叶わず、最後の手段のAmazonで本を注文した。

そういえば『異界歴程』の本もネットで知り、図書館で借りたのだけれど、
借りて驚いたのがカバー写真が円空仏だったこと。ネットで見てたのが
去年でた復刊本の方だったので、カバーが円空仏とはしらなかった。
何やら自分が昔から惹かれているものに変わりはないんだなと、あらためて感じた。




今日聴いたCD
Amorphis - Karelian Isthmus
「安かった」という理由で買った国内盤には
『Privilege Of Evil』が収録されておらずがっかり。

Amorphis - Tales from The Thousand Lakes
posted by 裸木 at 20:22| モスクワ ☁| 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

取引

今日は雨。引き籠って仕分けとメンテと梱包作業。数日前、「届いてないんだけど」
「ちゃんと送ってくれました?」「配送業者どこですか?」「追跡番号教えてほしい」
「不在なんちゃらなんて届いてないんだけど」「無くなるのはおかしいですね」等々、
分かり切ってる事を知って訊ねてくるし、1分おきに連絡とか、自分の虚しさ寂しさを
紛らわすために他人を揶揄い、絡んでくる人間かと判断し、いつものように不着の場合
の対応、誠意を見せると「すいません。ポストに入ってました」とだけ返事あり、
ここ数日粘着していた割にあっさりと終了。予想どおりの終わり方。
昔、電話してきて「届いてないんですがー」「調べて。ねえ、調べてくれるよねえ?」
とべったり甘え絡まれた事もあり、その時も同様の対応をすると、スッと離れて行った。
て、霊みたいですけど。まあ、問題ある方にはそれなりの者が憑いてますから。
とことん霊的なものに否定的な方にも。ああ、話が反れてしまった。

ついでに思い出した過去の取引の話をもうひとつ。ある駄玩具を買ってくれた方がいて、
終了後にとつぜん電話があり「あのさー、さっきの値段まけて欲しいんだよねー」
「気持ちだけでいいからさー、ね、ちょっと負けてよ」と値引きを要求、
終いにはこの方、博物館を地方でやっててYouTubeで自分の動画や紹介PVがあるから
ぜひ見てよとごり押しされ、天然の力に負けて、気持ち値引きし、感想求められてるし、
動画の観覧数見たら一桁だし、これは「見ました」と言ってもバレるなあと思い、
渋々動画を観たら、本人のたどたどしいナレーションと安いBGMをバックに、
地方の城下町をオープンカーでトロトロと走る白のタンクトップ(と言っても
肌着で裸の大将風)を着た50代男が映っており、「こんなん誰が見るねん」といった
ものであった。たぶん、途中から駄玩具を語り、紹介している場面に切り替わると
思われたが途中で止めた。これはまだ後で笑える話だからまだ良いんだけれど。
なんだかんだ言っても、取引は良いことの方が多く、数百円の品で喜び感謝される
方も結構おられるので、どこにでもありそうな安い物でも相手が喜んでくれるなら、
これからも喜んで売らせて頂きます。物がちゃんと行くべき所に行って、
落ち着くのが一番ですからね。

今日聴いたCD
Cannibal Corpse - Tomb of the Mutilated
Hurusoma - Sombre Iconoclasm

posted by 裸木 at 21:49| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

エコバッグ

IMG_0010.JPG



ガラ、雑品の仕分け作業&引き取りを数日。個人的に「お!」という物はない。
しかし雑品とは言っても量だけはそこそこ多く、仕分けや手入れに時間が掛かりそう。
ずっと探していたエコバッグ、手ごろで色とデザインが気に入って自分で使おうと思い、
友達に見せたら「リボンの絵が付いてるよ」と指摘され、よく見ると、でかいリボンが
描かれていた。このおっさんは色と動物のデザインしか見てなかった模様。
「またこれ持ってたらゲイかと間違われるで」と茶化されたが、髭面おっさんでも可愛い
ものも好きなので仕方ない。って、だから勘違いされるような気もする。
ちなみにearth music&ecologyのバッグ。思いっきり女子のものだった。




IMG_0002.JPG

夜は眠いなーと思いつつ、久々の洋画観賞。『Vフォー・ヴェンデッタ』という
独裁政権下の未来のイギリスが舞台のサスペンスアクション映画。
俳優(ナタリー・ポートマン)の感情が伝わってきて目頭が熱くなった場面もあり、
最後まで画面に惹きつける内容ではあったが、観賞後は意外と心に残り難いという、
何とも良いのかそうでもないのか判断しにくい映画だった。嫌いじゃないけれど。



今日聴いたCD
Cannibal Corpse - Tomb of the Mutilated
RamboV:Original Motion Picture Soundtrack
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

新年

すっきりとはしないが、風邪はほぼ治った。が、色々と溜まっており、
昨日から夕方まで作業したり、業者らに連絡したりとどうにか夕方には落ち着き、
局に行った帰りに図書館に寄り、今月号のナショナルジオグラフィックを読んだ。
雑誌の内容とは別に、企業広告も楽しみのひとつで、大分麦焼酎の『いいちこ』
なんて毎回「また飲もうかな」とその気にさせるようなこと書いてある。
ほんと、小瓶持ってふらりと旅に出たい。←簡単に洗脳されている。


最近は本に時間を割き過ぎて映画はご無沙汰で、DVDで大江戸捜査網を観ている。
もっぱら杉良太郎版のものばかり選んでおり、今更ながら「スギリョウかっこええな」
と言ってたりする。これこそ大人の為のアクションヒーロー番組かと。

今年のカレンダーをやっと買った。文房具屋の投げ売りで50円だった。
どこかで貰えるだろう、と思っていたが、今年は貰う機会がなく、
売っていてもデザインやサイズが気に入らないなどあって買えず、
あっという間に1月も終わってしまった。2月から新年だと考えてるので、
まあ、ちょうどよかったかも知れない。



昨年の暮れに続き、偉大なるブリティッシュ・ボイスのベーシストが亡くなった。
今夜は『In The Court Of The Crimson King』と『Red』を聴くとしよう。


さて。異界と接触持ったり何かと奇怪なものにも触れ、どこまでこれが製作に
影響するのだろうかと我ながら楽しみでもある。単に影響強すぎて何もできない
とかなったら困る。いや、大いにあるが。さて。





今日聴いたCD
Probot - Probot
Ofra Haza - Kirya
RamboV:Original Motion Picture Soundtrack
posted by 裸木 at 17:49| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

IMG_0003_2.JPG

昨日で熱が下がって関節痛も治まり、風邪は少し楽になった。
しかし鼻と軽い咳が鬱陶しい。このまま花粉の季節に行くと咳が厄介。
思えば、ベビメタの狐面風のキツネが胸元に写って翌日、親父から電話があり、
ああ、また始まったか、というような雰囲気だったので、電話を母親に替わって
もらうと「千枚通し握りしめて夜中に出て行った」とか「寝てたら草刈り鎌で
突かれて起こされた」等々、あかん方向に傾き始めたので、キツネ刺激したのが
拙かったのか、実家に禍が行ってしまった。親父は潜在意識にある母親に対する
怒りが行動に出たように思うのだが、やはり私がまずはしっかりしておかないと、
何かと不都合な出来事が起こりやすくなると分かった。しかしひとつ防いだとしても、
本人らはもう変わりようがないので、焼け石に水状態、いくらでも出てくるし、
私も強くないので今度は捻挫や腰くらいじゃすまないと思われる。とにかく、
どの方面から見ても自分自身がしっかりしておかないと始まらない。
ただ、今回の親父との聞き取り難い話の中で、「お互いに愛情はなかった」と、
ポツリと本音を喋ってくれて驚いた。こういった事は頑なに口にはしなかったが、
認知症というのは何もすべて悪い事ばかりじゃないんだなと思った。
母親の方がその言葉を認められないのでまた家出しそうになっていたが、
これもまあ仕方がない。親父の本音はここにあるんだろうけど。
結局、親父、母親の話を30分ずつ1時間ほどじっくり聞いてあげた。
(現在、何とか平静さを取り戻してる)。で、その日の晩から風邪を引き、
咳が「コンコン」とで始め、「キツネかい」と自ら突っ込みつつ、寝込む。
土曜日、知人業者に「好きなやつあるで」と勧められたのが狐の親子の置き物。
陶器でできた、加藤工芸のキツネ親子のミニチュアで、可愛いし好きだけど、
もうこれは笑うしかない。諦めて、今夜はきつねうどんでも食べようかと思ってる。



2017012418430001.jpg

他人よりも異常なくらい入り込む時があるので今は読むのを止めている本。
うまく距離をあけつつ読まないと。チャンネルが繋がりやすいのです。


今日聴いたCD
Crossing The Bridge -The Sound Of Istanbul-
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

かつおぶし

IMG_0006.JPG
気配を殺しながら(バレバレですが)鰹節を狙う。


IMG_0007.JPG
「駄目ですよ」とフィオに軽く窘められる。


IMG_0008.JPG
ネオはさらに気配を殺し、鰹節一点のみに集中してる。


IMG_0009.JPG
さすがに苛立ったフィオ、大振りな寸止め猫パンチ。


IMG_0010.JPG
素に戻ったネオはいつものようにキレてフィオを睨む。フィオ、何気に視線を逸らす。




ネオは鰹節だけには執着心が強く、まあ、大好物というだけなんだけれど、
フィオがそれほど好物でないことを知ってか、自分の分をサササと食べた後、
フィオの分まで横取りする毎日。ほんと毎日やってる。フィオは未だに
ネオの事が少し怖いので、「食べちゃ駄目!」と猫パンチをお見舞い
しようとするのだけれど、耳を少しかする程度の寸止めしかしない。
育ちが良い(自信あり)ので、妙に行儀が良かったりする。おっぴろげ以外。
2016121822520000.jpg
ネオはこの欲張り根性さえなければ、いや、これだから猫はおもしろい。
欠点がひとつくらいあった方が可愛いし。今夜も相変わらず。
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

マスクマン

IMG_0003.JPG

トーリン・オーケンシールドの「呪われよ!」ということで、風邪をひいた。
珍しく熱もあり、37度前半〜後半をふらふらと彷徨ってる。時たまなる1週間熱。
しかし今日は電車で出掛けないとならないので、珍しくマスクを着用した。
マスクって暖かい。自分の息でこんなに暖まるものなのか。それに自分の気配を
消せるというか、帰宅してからも人の氣を被ってないのが分かる。熱で身体は
だるいが、いつものように他人と色々話していたにもかかわらず、心が軽い。
これからはマスクか。ただ、今日は駄目曜日な内容で、家で寝ててもよかった
んじゃ…と過ったが、まあ、それはそれ。あれはほれ。これはどれ。なんじゃいな。


聴いたCD
Ihsahn - The Adversary
Emperor - Prometheus: The Discipline of Fire and Demise
Metallica - Kill 'Em All
posted by 裸木 at 20:50| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

2017012806480000.jpg
posted by 裸木 at 06:50| モスクワ ☁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

こんこん

0124095044442.jpg

■金曜日■
証明写真が必要になり、ホームセンター横のボックスへ。
数回撮り直したにもかかわらず、かなり人相が悪く写ってしまった。
タレ目疲れ目猫大好きテロリスト風。この手の写真で満足できる人っているのか。
普段から自撮りでもやってればうまく撮れるのかも知れないが…まあ、いいか。

■土曜日■
他所では骨董市がやってるというのに、朝から住吉大社へお参りに。
参拝後は近所のお寺の縁日を覗いて知人らを冷かし、お昼過ぎに帰宅。
別に神社仏閣巡りが趣味ではないのだが、周囲からは趣味のように思われてる。

■日曜日■
早朝競歩。ここでは今年お初。空模様が怪しくて、あるようで特に何もなく。
知り合いは恒例の万引きにやられ、こんなものが毎回あるというだけで
良い環境とは言えないけれど、ただ値の張るもの(値札みて決めてる)を狙って
盗むようで、「じゃあ、一見、高価そうな重い置き物とかに大そうな値段つけて
置いておけば持って行ってくれるんじゃないか?」とアイデア一つ提案してみたり。
あとは売り物を手に取って投げるように箱に戻す年配らに切れてたり。
天気悪いし集る客筋も悪いで散々な日だったようで。お疲れさまです…

■月曜日■
声明のCDを部屋で聴いていると、どうも体調がおかしい。変。微妙に揺らいでる。
時折、ザワ…と首筋辺りがするので、「ああ、憑いてるのが反応してる」と思い、
あえてCDを聴き続け、デジカメ持ってきて自分に向けてシャッターを切る。
しかし、デジカメを向けるとざわつきがおさまってしまう。普段とは違い、
何故か少し知恵のあるようなものが居るような気がした。それならば、
出て行っていただく為に線香を焚き、煙と一緒に撮れば霊体が立体化
しやすいんじゃないかと考えた。以前から一心寺で何気に写真を撮って
数回、その手のものが写ってしまい、その日の夜に魘されてしまった経験
から思いついた。線香を焚き、語り掛けながら連写で撮った中の1枚に
写っていた。煙で絵を描いたような姿。狐さんだった。右肩の下辺りに
まるで着ていた服のプリントのようにはっきりと…。さすがに狐だと
思ってなかったので、焦る。それから長々とあれやこれやとやって、
離れたように思われるが、正直、まだご滞在なのかも知れず。
うまく隠れるというか、普段のとは違うので、どうなんだろか…
記憶をたどれば、多分、去年の夏ぐらいからいるような気がする。
原因はだいたい分かってるけれど、もう少し様子見。とりあえず、
今はこの時よりも身体は軽くはなっているが。写真は消さずに置いてる。
他人が見ても「うわぁ…」と言いそうな写真。おっさんは何をしてるん
でしょうか(苦笑)と自分自身に言いたい。まあ、あまり色々と深入り
し過ぎ、やり過ぎの結果が招いたので反省。もう少し距離を置きながら
接しないと。相手が悪いとかじゃなく、自分自身が引き寄せている、
という事だし…ほんと、神秘なもの、異形なものに惹かれるには理由が
あるんだなと。今更ながらですが、お好きな方はそれなりに御覚悟を。

■火曜日■
叔父の月命日なので天王寺の一心寺と知人の眠る四天王寺へお墓参り。
一心寺の丸々と太った立派な池の鯉を見て、「我が家のフィオの背中だ」
と毎回思いながらお寺を後にし、そのまま日本橋まで歩いて行き、
店を色々と見て回る。以前の海外からの御客向けバブル価格よりかは
少し安めになってきたかのように思ったが、時期的なものなのかも。
結局、中古CD屋で1枚購入し、高野線〜阪和線で帰宅。空は雪やこんこん。

聴いたCD
Ihsahn - The Adversary
Emperor - Prometheus: The Discipline of Fire and Demise
Tiamat - Wildhoney
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする