2018年02月07日

足の悩み

足がデカい。このおかげで毎回、靴を探すのに困ってる。
以前は靴のサイズは27センチを選んでいたんだけれど、
一昨年、ひどい捻挫をやって以来、真剣に靴を選ぶことになり、
それまでは「多少窮屈でもいいか」という考えだったのが、
あらためて自分に合った靴を選ぶと、サイズは28センチになり、
それに幅広、甲高なので4Eがベストという、難儀な結果になった。
4Eとなると見た目がかなり地味というか、カッコ悪いものが大半で、
かなり選択枠が狭くなる。細身のシルエットのカッコいいスニーカー
なんてまず履けないし、選ぶとしたら中高年向き(中年ですけど)の
ウォーキングシューズが多いような気がする。元々、人より歩く方なので、
ウォーキングシューズには抵抗はないんだけれど、ほんとデザインが。
服には無頓着な性格ではあっても「これは…」というのがほんと大半で。
メーカーによっても微妙にサイズが異なり、ニューバランスなど4Eでも
小さくてほんとに4Eなんか?と思ってしまう。結局、あれ履きこれ履き
これもあれも破棄、と試してるうちに流れ着いたのがスポルディングの4E…
ただ、見た目は黒一色の地味なやつがあり、横にジッパー付いちゃってるけれど、
足優先を考えなきゃならないので、これ以上は文句も言えない。
まだこれがあって有り難いという感じ。それでしばらく他の靴を交互に履いたリ
しながら去年は凌いでいたんだけれど、今度は足底筋膜炎という難儀なトラブルに
なってしまい、またしても足で悩むことに。
で、次はインソールにこだわる様になり、ワークマンで売ってた1000円くらいの
インソールを入れてみると、これがなかなか具合がいい。なんで今までインソールに
気が付かなかったんだろうというくらい履いてると楽になった。しかし。
侮るな足底筋膜炎、ということで、楽にはなったが、やはり歩き過ぎると痛くなる。
おまけにYouTubeで見つけた足底筋膜炎のストレッチ動画を試していると、
やり過ぎたのか踵を痛めてしまい、ぷっくり腫れて外科〜整骨〜カイロの流れ。
結局、いつものお世話になってるカイロの先生のところで筋肉を正常に戻していただき、
その後の回復は早かった。でもまだ歩き疲れた夜は湿布を貼ったりする事が多い。
そこでふたたび、「もう少し靴を探すしてみるか」と考え、ネットで調べていると、
ナイキのダウンシフターで4Eが出ていることを知った。ナイキと言えば、
以前とてつもなく異臭を放ち、電車内の客が他の車両に移動するという騒ぎが
起きてしまい、、「ナイキは臭い」という(お前が悪い)イメージがつき、
何かと敬遠していたんだけれど、写真で見ると、見た目も悪くないし、
これは一度試そうかと決め、近くにある靴屋数件を回ってみたが、
ナイキのダウンシフターは置いてあるんだけれど、4Eは置いてないという、
いつもの結果になり、店員に尋ねれば「あー、4Eですか…」とか
「そうっすねー、種類があんまないっすよねー(笑)」などネタになるような始末。
ネットでは送料込み4000円きってるし、勘で買ってみるかと思いつつ、最後に寄った
靴流通センターに置いあった。それも微妙にちがうレボリューションとかいう4Eも。
さっそく2種類とも試着させてもらうと、これがなかなかいい感じ。おー、じゃあ、
ここの店、税込6000円近くするから、ネットで、という輩が多いんだろう、
店員のおっちゃんが「お客さんは逃しません!」な態勢でそんな風にしれっと店を
出れる状況でもなく、わしも商売人の端くれ故、ここは買っとこかと即お支払い。
4Eサイズの靴を置いてくれてありがとうございますと心の中で感謝の意を述べ、
意気揚々と帰宅。さっそくインソールだけは交換しようと元のインソールを剥がそうと
したら、これががっちり接着されており、剥がせない。ちょっと誤算だったが、
仕方ないので、少し薄いインソールを使い、二重にして敷いた。それで現在まで
履いてみた感想は、今まででいちばん足の疲労がなく、とても快適。これはいい。
よくウォーキング用とランニング用の靴は違うから、歩くならちゃんと
ウォーキング用を選ぼう、とか分かり切ったような事を書いてる記事があるけれど、
これはほんと人それぞれ。ダウンシフターは一応、ランニング用のようだけど、
軽いのに振り子のように自然と足が前へと運ばれる感じだし、インソール効果もあり、
たいへん満足なスニーカーになった。もう1足買っといてもいいかも知れない。


IMG_6466.JPG
中で仔猫が住めるレベルの大きさだが仕方ない(笑)
posted by 裸木 at 19:05| モスクワ | 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

怪獣棚

IMG_6540.JPG

最近飾ってる怪獣ソフビ。ちょくちょく入れ替えてるけれど、
いまはバンダイのプラタグ期のジェロニモンが新入り。
トサカと手がデカくてカッコいい。
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

アレ



この日は実家に顔を出し、両親の様子を窺った。母親は相変わらずだったが、
親父は魂が抜けかけてるような表情で、やや悪化していると思えた。
母親曰く「これでもマシになってる」との事だったが、以前、知人より
教えて貰った漢方薬をちゃんと処方してもらってるかどうかなど
母親に訊いたりした。家を出て、ショッピングモール内の本屋に立ち寄った。
去年に文庫化された加門七海先生の『霊能動物館』を購入。行く先々の本屋では
置いてなかったのでこれでやっと読める。
実家に戻り、母親に「あれ、どこに閉まってある?」と尋ねると、
「そう!うちもアレが悪いんと違うかと思ってた!」と何やら勘違いし、
祖母が種子島から持ってきたサビサビのアレを出してくれた。
まあ、なんぞ勘違いしてる様子だったが、「なんで見せなあかんのじゃ!!」
と言われる事も覚悟していたので、祖父母が誘導してくれてたのかも知れない(笑)
母親の五島の実家にもあったようだが、家人が包丁に作り替えようとしていたところ、
たまたま寺のお坊さんに見せたところ、これは人を斬ったやつだから駄目だと言い、
お寺で供養してもらったとの話だった。ちなみに母親は私と似ている面も持っていて、
信心深い一面も持っていたりする。が、かなり曲がってしまってはいるが。
アレはいつの時代のものかわからないが、種子島の家には長いの短いのが
数本あった内の1本で、私が幼少時、祖母が生きてる時には神棚に飾っていた。
祖母が私に言ってたのが「いじめるような奴がおったら、おばあちゃんがこれで
斬ったる」と。その頃はまだここまで錆びてなかったように思うが、記憶が曖昧。
まあ、嫁姑の件でよく持ち出さなかったなとは思う。で、このサビサビのアレ、
この手はまったく詳しくないので適当に触って写真撮ったりして、今日の所は
ここに置いて帰る事にし、後日、骨董屋の知人らにでも聞いてみるかと思い、
今日はおとなしいスメアゴルな母親と別れ、夕方に帰宅。しかし、帰ってきてから
寒気が酷い。いくら寒気が来てるとは言っても手が冷たくて仕方がない。
風邪かインフルエンザかもなと考えたが、ちょっと違う寒気。ああ、アレかもな…と。
とりあえず風呂はやめることにし、背中にカイロ2個貼って早めに眠った。
最近、実家に帰るとかならず体調を崩してる。

何も聴かず。
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

遺品

超嫌々競歩の日曜日.意外とちらほら買う物があって、まあいいかの日。
昨日の分を取り戻すかの如く、とりあえず買う。ただそれだけ。

ひと回り歳下の剛腕業者と立ち話。話題はもっぱら遺品整理のこと。
ヘルニア持ちで頑張り過ぎやろと突っ込んだが、なにを憑けて帰ってきても
へっちゃらというか分からないので、だからガンガンやれるんだろうとは思う。
金銭的な面では羨ましい反面、分かる側にとっては羨ましくもなくも思え…
まあ、それそれの立ち位置というのがある訳で、言い出すと限がないか。

帰り、買ったばかりホヤホヤのばらちゃん、知人が「欲しい」と言うので、
どうせ私物になるものだったし、右から左となった。しかし底に小さな
ヒビあり、カビ汚れも多々あったので、綺麗にしてから後日わたす約束に。



IMG_6338_1.jpg
綺麗なったのばらちゃん貯金箱。


今日聴いたCD
Solitude - Reach for the Sky

posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

マト増殖


2018020219230000.jpg


嫌々な早朝競歩。珍しくインドネシア女性に心射貫かれてしまい、
これからは行くのが楽しみになってきたという中年の土曜日の春。

しかしながら手ぶらに近く、「家にあるだろ」「これ買って売るより
現場にあるだろが」とか、そんな声がどこからともなく聞えてくる気がして、
大したものも買わず、知人のところで義理買いしたのみのイマイチな日。
しかし別の知人から「マトリョーシカ持ってきたで」と嬉しいお声が。
マイブームのマトリョーシカ。世間で流行ったのは10年くらい前になるのか。
ちょうどブームも過ぎた頃、「いらねえ」「飽いた」と今は手放す人が
増えてきた頃かもしれないので、ゆっくりお安く集めるのはいい時期かも。
持ってきてもらったのは4個。どれも収集範囲とは少し外れるものだったが、
よく見るとどれも面白いし嫌いじゃない(既に免疫付きすぎて幅拡大してる)。
にやにやしながらそれなりの金額を知人に渡し、私「一気に4個も増えてうれし」、
知人「あ、意外とくれた。それにしてもなんでマトリョーシカなん?(笑)」
と呟き、お互い意味は違えど微笑みながら「また頼む」「あいよ」で別れた。

スタート時刻辺りから、長年付き合いのある知人業者のブースでお手伝い。
終いにはギター二人とも弾きだしたりして、売る気あるんかおっさんら、
といった具合で、互いの胸元みれば「Columbia」のロゴが目に留まったりして、
「どこで買ったの?」「いくらした?」「温いですよね」とか言い合いながら
昼過ぎに現地を離れた。腹を鳴らしながら「今日は天牛書店に寄らない」と
決めたはずなのに、「ちょっと見るだけ」と言い、結局、二店舗みることに。
天牛書店の古書、1500円均一となれば読みたくそそられる本が多い事!
中でもタイトルが『霊能者名鑑』だったか分厚い本があり、日本の霊能者が
たくさん掲載されている内容で、もしや!?と思い、目次を見てみると、
おお、皆本幹雄先生も載ってるやないか!と嬉しくなり、思わず買いそうになったが、
他にも様々な能力者の方が載ってるので、下手な氣を受けたら大変だと思い直し、
何も買わずにそのまま店を出た。他にも読んでみたいと思わせる本もあったが、
現在、まだ読んでる本が3冊あるので、また次の機会でも。
帰りの電車内では五木寛之『隠された日本 大阪・京都 宗教都市と前衛都市』を
読みながら帰宅。



今日聴いたCD
Bathory - Hammerheart
Solitude - Reach for the Sky
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 人生色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

軍歴証明書


1週間ほど前、ふと「祖父のことをもっと調べなくては」と思い立ち、
去年とった除籍謄本等を見直し、現時点で分かっている事、亡くなった年月日や
場所、それと海軍だった事等、さらにネットでフィリピンでの旧海軍のことを
検索していると、同日に戦死された方の資料が引っ掛かり、もしやこの船に
祖父も乗っていて、そこからマニラに上陸して戦死したのでは?と考えたが、
それ以上の手掛かりはないので、じゃあ、厚生省で詳細が分かるかもしれないと
さっそく連絡してみた。海軍戦没者の軍歴を調べる為に必要なことを記載した
書類を送ってくれるそうで、さっそく書類を取り寄せ、こちらも必要なものを用意し、
届いた翌日には厚生省の元へ送り返した。ここで去年、面倒な謄本類を取っていた
甲斐があったというもの!実はこの日の為にあったんじゃないかと思わせるくらい。
はっきり言って電話や資料請求など面倒な事ではあるんだけれど、何故かやらんと
いかん!と思いながら調べたりしていたが、気が付いてみれば、あれだけ存在が
遠く薄く思えていた祖父が、今はとても身近に感じている。これは正直うれしい。
軍歴証明が届けば親父に見せてやるつもり。親父は5歳で生き別れてそれっきりな訳で、
互いにどれだけ辛く寂しい思いをしていたかを考えると、心がとても痛む。
やはり祖父と親父が何か『繋がる』きっかけを持たしてあげたいと。
劇的な何かを期待しているわけではないけれど、現在、暗闇を彷徨っている
親父の糧に少しでもなるのでは?という期待はやはり捨てきれない。




今日聴いたCD

Kanashimi - Inori
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ ☁| 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

春駒


五木寛之『サンカの民と被差別の世界』の中で、サンカの民が生業としている
川魚漁が厳しい冬の時期、竹細工などの仕事の他、ハレの日には門付芸で
家々を回っていた方もいたそうだ。本には門付芸のひとつである『春駒』を
実演されてる様子が写真で掲載されていた。これを読んでいて、ふと、
「もしや以前に私が頭の中で浮かんだやつかも」と思い、ネットで調べると、
別の地域だったが、YouTubeで門付芸の春駒を見ることができた。
そこでは『異界歴程』を読んでる時に聴こえてきたおなじ太鼓の音、
団扇太鼓が使われていた!私が聴いたのは、団扇太鼓の音をバックに
初春を祝うかのようなゆったりとした音色の横笛が乗っかり、
その音楽と一緒に着物姿の痩せたじいさんがひとり唄い踊っている
といった映像だった。さっきみた動画とは少し違っていたが、
まだ他にもあるだろうし、これは久々に「おお!」と合点ボタン連打。
よし、ちゃんとキャッチできてる。

これとは関係ないけれど、いまは私の祖父の事も進めていってるので、
また次回にでも書きます。さて、本の続きを読みましょう。


今日聴いたCD
Darkthrone - Preparing for War
posted by 裸木 at 21:59| モスクワ | 夢、超自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

隠された日本

IMG_6253.JPG

五木寛之『隠された日本』シリーズの2冊が届いた。
昔、五木さんの本は個人的には重苦しい印象があって
避けていたのだが、行きつく先に氏の著書にぶつかるので、
じゃあ、先ずは『隠れ念仏と隠し念仏』を買ってみて
読み始めると、これがとても興味深く面白い内容だったので、
以前から気になっていた他の2冊も購入。このシリーズは
ちくま文庫から出てるので、大型書店なら置いてるだろうと思いきや、
意外と店頭には置いてなく、今回も仕方なくネットの古本を選んだ。
さっそく『サンカの民と被差別の世界』を読み始めたが、
やはりぐいぐいと引きこまれてしまう。氏が浄土真宗なので、
どうしても真宗寄りな内容になるところもあるけれど、
自分が仏教徒ではないのもあり、特に影響されるわけでもなく、
いい意味で距離を置いて読めてしまう。それと創作意欲が
湧いてくる内容なので、今夜も本の世界に浸るとしよう。


今日聴いたCD
Bathory - Hammerheart
Solitude - Reach for the Sky
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ 🌁| 平穏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

マトリョーシカ

IMG_6260.JPG

籠って録音作業するか山に行きたいのが本音なので、
ほんと嫌になりつつも仕方なく早朝恐歩の日。

なーんにもなく、「だめだこりゃ」とつぶやき歩いてると、
写真のマトリョーシカが目に留まった。この産地のものは
まだ持ってないし、しっかりと収集範囲のUSSR時代のもの。
裏には購入者の名前と年月日が記入されており、モスクワで
1971年5月に買ったもののようだ。これひとつで幸せになるおっさん。
そのまま別の場所へ(骨董市ではない)出向き、あれこれ物色し帰宅。
マトリョーシカ収集、本気です。


今日聴いたCD
Bathory - Hammerheart
Solitude - Reach for the Sky
Metallica - Death Magnetic
メタリカ買い戻し。最近2枚組ライブ盤『Through The Never』
を聴いてたせいか、買ってすぐに売り払ったデスマグネティックを
今は違和感なく聴けてしまう。やはり売らんとしばらく寝かさなあかんなあと。
あとはロードとリロードか…
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ 🌁| 玩具、古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

お手伝い

IMG_5749.JPG

久し振りにねこさんところのバザーのお手伝いへ。
場所はなんとイ●ン。わしが手伝って大丈夫かいな、と思いきや、
特に何も問題なく、私は設置やら裏方をメインに、販売はやはり
女性陣がやる形に自然となり、今日は気候にも恵まれて、
お客も途絶えることなく、あっという間に時間が経っていった。
途中で売り物追加の為、別の場所に置いてある荷物を取りに
会の女性と車でその場所まで行った。段ボール5箱積み込み、
再び会場へ向ったのだが、車中、後ろの荷物からおっさんの
咳払いが聞え、「ん?!」と思い振り向くが、もちろん誰も
いるわけもなく…まあ、いつもの事、かと。ついてくんなよ〜

この日、私は仕事があるので昼過ぎには帰宅したけれど、
夜にメールで売り上げを聞いて、おお、意外とあるもんだなあと
少し驚きつつ、やはり嬉しくなった。毎度のことながら、
私も売り物の提供と僅かながら寄付をさせて頂いた。
会は結構メンバーが変わってしまったけれど、
一匹でも不幸な猫を減らしたい思いは皆さん同じ。
これからも機会あれば手伝いたいと思います。



今日聴いたCD
Bathory - Hammerheart
posted by 裸木 at 00:00| モスクワ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする